【運勢】とは何か(2)miraimikuの鑑定スタンス


20180409-2-00.jpg



前回の記事〜【運勢】とは何か(1)〜 のつづきです。





(1)【運勢=外側】を知ろうとする前に【自分=内側】を知る


好きな人との恋の行方、自分の仕事の成り行き、結婚のこと、家族のこと、お金のこと、健康のこと──

占う目的は人によってさまざまでしょう。

でも、共通しているのは『今の自分の状態を、良くしたい』という想いのはず。



ここで、【運勢】を知ろうとするのは大きな間違い。

前回の記事で書いたとおり

自分の人生の【主導権】=【舵】を握っているのは自分自身です。

うまくいかない状態をうまくいかせたいのであれば

(運勢を良い方向に変えたいのであれば)

現在の自分の考え方・行動の仕方を理解したうえで──

現状の自分をしっかり把握したうえで<改善する=工夫する>必要があります。




そうはいっても、自分で自分のことを理解することは至難の技。

そこで活用できる“一つの手段”として

占星術 があり、出生ホロスコープ(ネイタルホロスコープ)があるのです。



(既にいろいろな記事で書いていますが)

私が西洋占星術──“12星座占い”ではなく本格的な“占星術”──に出会ったのは20年ほど前。

「へー!おもしろい!」で終わることなく、そこから独学を始めた理由は

一言で言えば【自分がどういう人間なのか知りたかったから】

次に、【周囲の人達がどういう人間なのか理解したかったから】です。



多くの人は、たとえば 就職活動の一端で「自己分析」をすると思います。

前職で10年間、就職活動支援・採用活動支援・人材育成・社員教育 の仕事に携わっていた私は

業界最前線で、多くの【自己分析ツール】【自己分析のための方法論】に触れ合ってきました。

そのうえで、それでもなお、

占星術(ホロスコープ)を通してのアプローチが一番 だと思っています。


私にとって占星術は《自己理解》《他者理解》を深めていくにあたって、最高のパートナー。

今までもずっと、そしてこれからもずっと

それは変わりません。


20180407group.jpg




(2)出生ホロスコープ=【魂のレントゲン写真】


占星術の世界では

私たちはみな、何かを成し遂げるために
「自分のホロスコープ=絶好のタイミング」を選んで生まれてきている


と言われています。

自分はなぜこのホロスコープ、このタイミングを選んで生まれてきたのか?

世界に一つしかない自分のホロスコープを読み解くことで、

自分という人間の「存在理由」や「運命」を理解し、

「自分の人生」を最大限に生きる、

「自分の人生」をより良い方向に変えていくことができるはずです。



出生ホロスコープは、ひとことで言えば <自分取扱説明書=トリセツ> です。

育った環境などの後天的影響を受ける前の「命の初期設定」が埋め込まれているものと考えます。

その人の「強み」や「弱み」、「欲」や「恐れ」・・・

あらゆる可能性やヒントが凝縮されている <宝の山> です。


star.gif 出生ホロスコープから読み取れるもの

◆先天的資質(性格・思考・感情・クセ)
◆顕在意識/潜在意識
◆得意なこと/強み/能力/魅力
◆苦手なこと/弱み/コンプレックス/トラウマ
◆好きなこと/好み
◆嫌いなこと
◆人間関係のこと(家族・恋人・友人・仕事仲間・お客さま)
◆愛情面のこと(恋愛・結婚)
◆仕事面のこと(適職・天職・転職・能力・役割)
◆経済面のこと(お金との関わり)
◆ラッキーポイント(色・方角・アイテム・強みなど)



20170107-1.jpg



これを “活用” しない手はない!! と、言い切りたいほど。

( 膨大な「情報の宝庫」なので、的を絞る必要はありますが )

いまの自分を「変える」のではなく、

「本来の自分に気づかせてくれる」のが出生ホロスコープです。

「本来の自分」を理解することができれば、工夫したり改善したり──

【自分の命】を最大限に活用することができます。

電化製品だって、<取扱書>を持っているのと持っていないのとでは、雲泥の差ですよね。

「使える機能」「故障しやすい部分」が分からないのでは、

その「商品」を最大限に使いこなすことはできません。


ホロスコープ=魂のレントゲン写真。

star.gif 医者が見るのは【 肉体 のレントゲン】
star.gif 占星術師が見るのは【のレントゲン】




──だからこそ、鑑定の現場においては

もしかしたら「裸体」を見られるよりも恥ずかしいくらい、

極めてプライベートで神聖なもの=出生ホロスコープ(生年月日)を見ることを許してくださること、

さらけ出してくださることに、身が引き締まる思いになるのです。




(3)miraimikuの鑑定スタンス


長くなりましたが、そういうわけで、私の占星術鑑定スタンスとしては

【出生ホロスコープ=ネイタルホロスコープ】を徹底的に掘り下げること に重点を置いています。

自分自身(内側)を掘り下げる前に

運勢(外側)ばかりを先回りして知ろうとする姿勢を

サポートするわけにはいかない・・・という意固地なスタンスなのです。

そこはもう、ある意味「押しつけ」かもしれませんが(笑)

・・・そういう意図もありまして

まず自分自身をきちんと理解する【初回鑑定=ネイタル】を受けていただくことを

鑑定の根幹(踏み絵)とし、鑑定メニューをご用意させていただいている次第です。



繰り返しになってしまいますが

【運勢あっての自分自身】ではなく
【自分自身あっての運勢】


うまくいかせるのもいかせないのも、自分次第。

【主導権=舵】を握っているのは自分です。

「うまくいきますかねえ?」「私は何が好きなんですかねえ?」

・・・というような 傍観者的な(受身な)ご質問 には、お答えしかねます。

うまくいくように、私も真剣に一緒に考え、

「持って生まれた資質」「強みの活用の仕方」「良い時期」をお伝えしていきます。


鑑定スタンスにご納得いただける方のお申し込みを、心よりお待ちしております。



(4)占星術の魅力(メリット)


自分の【過去】に納得し、
自分の【現在地】を確認し、
自分の【未来】を信じる──



最後に、私が考える占星術の魅力(メリット)をまとめます。


【1】人間関係が円滑になる

◆楽しみながら《自己理解》《他者理解》を深められる
◆長所も短所も“個性”だと思えるようになり、自分のことも人のことも好きになる
◆自分に対しても、人に対しても、寛容になれる



【2】前向きになれる

◆宇宙レベルで(笑)、視野が広くなる
◆人間という存在に、神秘性やロマンを感じる
◆存在している時点で「奇跡」という思考になる





20年分の実体験を通したうえで、お薦めしたい。

占星術を【ライフパートナー】にして
一度きりの人生を最大限に生きたい。
生きて欲しい。



心からそう思います。




20180409-2.jpg




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします😊
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

2018/5/3(木)・5/19(土)【初心者向け】ホロスコープ鑑定会
ご予約受付中



star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧














【運勢】とは何か(1)私は結婚できますか?成功できますか?



20180409-00.jpg



星読みカウンセラー・miraimikuです。

2016年6月に書いた記事をリライトのうえ再アップします。




(1)私は結婚できますか? 私は成功できますか?


◆結婚できますか?
◆成功できますか?



対面鑑定の現場に出ておりますと、こういったご質問を非常に多くいただきます。

私はプロの占星術師として、運勢読みをして、

結婚運が良い時期・仕事運が良い時期・・・をお伝えします。

けれど、職務放棄しているわけではなく、言い逃れしているわけではなく・・・

結論的にはどうしても【ご本人さま次第】としか言えないのです。

「運勢」というものはあくまで【外的要因】であって、

それを活かせるか活かせないか、波に乗るか乗らないかは自分次第。


【うまくいきますか?】ではなく
【うまくいかせるのか・いかせないのか】

【できるか・できないか】ではなく
【するのか・しないのか】



「私は結婚できますか?」ではなく、自分は結婚するのかしないのか。

「私は成功できますか?」ではなく、自分は成功するのかしないのか。

「どうなるか?」ではなく、「自分がどうするか」。

「どう進んでいくのか?」ではなく、「自分がどう進むか」。


受身ではなく、自分の人生(船)の舵を握っているのは

自分以外にいないのです。



20180409-0.jpg





(2)そもそも【運勢】とは何か


結婚に良い時期・転職に良い時期・・・そもそも【運勢】とは何か。

占星学では、天体の動きが地球上のあらゆる現象に影響を与える──

【宇宙と人間はリンクしている】

という考え方が根底にあります。

宇宙の天体の動きや位置から、一定の法則を分析し、私たち人間への影響を推理するのが占星学です。



そもそもこの考え方──【宇宙と人間はリンクしている】という考え方に

抵抗感を感じてしまう方もいらっしゃると思います。

もっと言うと

『 自分の人生に“宇宙の話”を持ち出すなんて現実逃避だ。現実を見ろ 』

と言って、苦笑いされる方もいらっしゃるかもしれません。

抵抗感を感じてしまう方については、まあ、分かります。

ただ、 “笑う” 方については、私はこう思うのです


自分をこの世に生み出した両親との因縁は信じるのに、
宇宙との因縁は笑うのか?と。



【人間中心主義】と言うと大袈裟かもしれませんが、“奢り”があると言いますか。

「人間は宇宙から独立した存在」だとでも思っているのですか?(何様ですか?)

・・・と思ってしまうわけです。



現実逃避でもなんでもなく、
『私たち人間は宇宙によって生み出された存在である』
『私たち人間は宇宙の中で生かされている生命体である』

ということは、紛れもない【事実】【現実】です。

両親と自分が親子関係であるように
宇宙と自分も親子関係にあるということは、
けして突飛な話ではなく
いたって当たり前の【事実】【現実】なのです。




そして

【宇宙と人間はリンクしている】という前提のもと

宇宙の天体の動きが私たち一人ひとりに与えるであろう影響を読み解くもの──

それが【運勢】です。

快晴・晴れ・曇り・霧・雨・台風・・・という天気模様のように

宇宙の天体の動きにも

清々しく晴れ模様のときがあったり

波風なく穏やかなときがあったり

台風のように荒れ模様のときがあったり

エネルギーの波(波動)のようなものがあります。

自分にとって、「追い風模様」のときもあれば、「向かい風模様」のときもある。

結婚運が良い時期(追い風)・結婚運が悪い時期(向かい風)もありますし

仕事運が良い時期(追い風)・仕事運が悪い時期(向かい風)もあります。




(3)【運勢】は変えられる


【運勢】というものは、サーフィン に喩えて考えると分かりやすいと思います。

どんなに素晴らしい【ビッグウェイブ=追い風】が来ていても、

それを 砂浜で体育座りしてボーーッと眺めているだけ では、何も起こりません。

自分で「サーフボード」を持って、自分から波に乗って初めて、動きが出てくるのです。

(結婚についても、仕事についても、同じです)


20160613-1.jpg



サーフィンの喩えのとおり、

たとえば運勢的に「結婚運が良い時期=追い風ウェイブ」が来ていても、

肝心の本人自身が結婚したいと思っていなければ、

あるいは結婚につながる行動を起こさなければ、

意味がないのです。


【運勢あっての自分自身】ではなく
【自分自身あっての運勢】



あくまでも【主導権】は自分にあります。

【運勢】が、「運命の人」を、「結婚」を、「成功」を、「幸せ」を

運んで来てくれるかもしれないという【他力本願】ではダメ。

自分から動かなければ何も起こりません。



だからこそ私は

【運勢】よりも【出生ホロスコープの深堀り=自己理解】こそが<占星術の醍醐味>だと考えています。

自分自身にベクトルを向けたうえで、「運勢を参考にする」「運気を取り入れる」のであれば

それはおおいにアリだと思います。



【外側=運勢】に振り回されても、うまくいきません。

逆に【内側=自分自身】がしっかりしてさえいれば、

たとえ良くないウェイブが来ても乗り越えられるはずですし、

ラッキーウェイブも 2倍・3倍にできるはず。

むしろ、何もないところから「自分でウェイブを起こす」こともできるでしょう。

運勢=ウェイブは、自分次第で、いかようにも変えられる のです。


次の記事につづきます



20160613-2.jpg


▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします😊
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

2018/5/3(木)・5/19(土)【初心者向け】ホロスコープ鑑定会
ご予約受付中



star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧