出生ホロスコープ 解釈のコツ(3)



ご自分でホロスコープを読んでみたい方に向けて

「出生ホロスコープ解釈のポイント」を、何回かに分けて連載しています。



今回(3)は、ハウスやアスペクトを含めて解釈するにあたっての考え方です。


 20160405



<出生ホロスコープ解釈の基本>

(1)天体+サイン・・・性質や志向を読む

(2)ハウス・・・どんな世界で(1)を発揮するかを読む

(3)アスペクト・・・(1)を発揮すると、どうなりやすいかを読む



◆天体+サインは【性質】。ハウスは【場所】。アスペクトは【結果】です。

◆天体=「何を」/サイン=「どのように」/ハウス=「どこで」/アスペクト=「どうなる」




star.gif <その1>性質や志向を読む(天体+サイン)

(1)の記事でも書いたとおり、まずは、

「天体+サイン」をしっかり解釈できるようにすることが最優先

だと思います。

つまり、【自分がどんな武器(性質)を持っているかを把握する】のです。




star.gif <その2>どんな世界で発揮するのかを読む(ハウス)

自分がどんな武器(性質)を持っているのかが把握できたら、次に、

【自分が持っている武器(性質)を、どこで発揮するのか=ハウスを把握します。

たとえば私の金星は蠍座で、3ハウスにあります。

「蠍座の性質を帯びた金星を持っていて、それを3ハウスで発揮するらしい」ということが分かります。



───ここまで(天体・サイン・ハウス)は、いわゆる《スペック》です。

どんな武器を持っていて(WHAT)、どこでその力を発揮するのか(WHERE)。

つまり、ここまでは、あくまでも静的な世界です。

スペックだけで、人物は実際には動いていません。

動いていない状態では、何も起こりません。

宝を持っていても、「宝の持ち腐れ」になります。

自分は強いぞ!と思っていても、実際に動かしてみると、そうでもないかもしれません。



私は競馬観戦が好きなので、競馬で喩えてみます(笑)。

競馬新聞に書いてある、それぞれの馬の情報は《スペック》ですよね。

おお!いい血統だな。気質は荒いが、爆発力はありそうだ。(天体+サイン)

2000メートル前後の中距離レース・芝コースでその力を発揮するらしい。(ハウス)

なるほど、コイツは勝てそうだぞ!


──と思っても、これらはあくまで《スペック》であって、

実際のレースで走ってみないことには、どうなるか分かりませんよね。


20160405-2.jpg

(ちなみに私、サイレンススズカの大ファンです笑)





star.gif <その3>発揮した結果、どうなるかを読む(アスペクト)

では、持っている武器(性質)を実際に使うと、どうなるか。

それがアスペクト。

静的なスペック(天体+サイン+ハウス)を、
動的にするのがアスペクトです。



具体的な例で書いてみます。

私の金星は蠍座で、3ハウスにあります。

「金星蠍座/3ハウス」という情報だけでも、

占星術師(読み手)によって多様な解釈があると思いますが、

ここでは、なるべく分かりやすいように解釈してみます。


◆天体=金星は、愛情・社交・趣味嗜好・喜び・美意識などを司る機能です。

◆サイン=蠍座は、狭く深く一極集中的な性質です。

◆ハウス=3ハウスは、言語活動・情報発信・コミュニケーション・近親者などを象徴する世界です。


ここまでを合わせると、

「狭く深く一極集中的な」
「愛情・社交・趣味嗜好・喜び・美意識を」
「言語活動・情報発信・コミュニケーション・近親者の世界で使う」


───そういう人物らしい。ということが分かります。

ここまでは人物情報。あくまでスペック。静的な世界です。

これを実際に使うとどうなるか、動的な結果がアスペクトになるわけです。

では、アスペクトを観てみましょう。

私の「金星蠍座/3ハウス」は、「土星乙女座/12ハウス」と、

90度(スクエア)のハードアスペクトを形成しています。

さあ、みなさまはどのように解釈しますか?




──たとえば金星を「趣味嗜好」の機能として捉えた場合、

「狭く深く一極集中的な」(蠍座)
「趣味嗜好を」(金星)
「言語世界で発揮する」(3ハウス)

──と解釈できますが、乙女座の土星が、強い圧力で、具体性や確実性や正確性を強要してくる


──みたいなことになるわけです。

アクションを起こした結果として、

狭く深く一極集中的な趣味嗜好が、具体性・確実性・正確性を伴いながら、言葉でアウトプットされる。

──という解釈ができます。(違う解釈もできますが、一例として)

実際に私は、

大好きな西洋占星術を(狭く深く一極集中的な趣味嗜好を)

ブログで(言語世界で)アウトプットしていますが、

土星から、強い圧力で、具体性・確実性・正確性を強要されているような感覚があります(笑)

もっと踏み込んで書くと、

私の「金星蠍座/3ハウス」は、土星と90度(スクエア)であると同時に、

MCとも180度(オポジション)を形成していますので、

趣味嗜好がそのまま仕事になりやすいんですね。



アスペクトは、0度60度90度120度180度の場合(メジャーアスペクト)を優先します。

それぞれの角度の詳細についてはそれぞれの記事で書いていますが、

端的に言うと

0度(コンジャンクション)であれば、天体同士が合体しますので、相乗的にエネルギーが強まります。



ソフトアスペクトであれば、天体同士が仲良く連携して、穏やかにスムーズに行きやすいでしょう。

60度(セクスタル)であれば、適度に刺激が加わりながら、スムーズに進みます。

120度(トライン)であれば、スムーズに行き過ぎるので、その効果を実感していない場合が多いでしょう。



ハードアスペクトであれば、天体同士の間に摩擦や葛藤が生じて、良くも悪くも強いエネルギーが加わります

90度(スクエア)であれば、自分の内側で摩擦や葛藤が生じ、強いエネルギーを生じます。

180度(オポジション)であれば、摩擦や葛藤によって生じた強いエネルギーが、外側に向けて発散されやすくなります。



アスペクトの解釈の仕方も、本当に人それぞれで、「正解」はないですが

ソフトアスペクト(60度/120度)は、ほど良く優しい力が加わる

ハードアスペクト(90度/180度)は、強い圧力や摩擦が加わる


──これだけでも、なんとな〜く、解釈できると思います。



先ほどの私の例で言えば、

「金星蠍座/3ハウス」に対して、乙女座の土星が、強い圧力をかけてくるということになります。



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











アスペクトについて



このブログでは、占星術の基本の基本(10天体12サイン12ハウス)を深めていこうと考えていますが、

占星術の重要な観点として【アスペクト】という考え方もあります。

(日本語では「座相」といいます)



アスペクトとは、『ホロスコープ上で天体同士が形成する角度』のことです。

0度〜180度の中で、天体同士がある特定の角度を形成した場合に、特別な意味を持つという考え方です。

アスペクトは、吉凶もしくは影響力の強さで、種類の分け方があります。


アスペクトの種類:吉角/凶角

一般的に、良い影響をもたらすとされる吉角ソフトアスペクトもしくはイージーアスペクトと呼びます。

逆に、悪い影響をもたらすとされる凶角ハードアスペクトもしくはディフィカルトアスペクトと呼びます。

ただし、ソフト(イージー)が必ずしも良いとは言えず、

ハード(ディフィカルト)だからこそ、葛藤が生じるからこそ、強烈なパワーを発揮する場合もあります。



アスペクトの種類:メジャー/マイナー

特に影響力が強いとされる重要な角度をメジャー・アスペクト(第1種座相)と呼び、

それ以外をマイナー・アスペクト(第2種座相・第3種座相)と呼びます。

メジャー・アスペクト(第1種座相)については確定的ですが、

マイナー・アスペクトについては、第2種なのか第3種なのか、占術する人によって曖昧なところがありますので、

このブログではメジャー・アスペクト(第1種座相)についてのみご紹介したいと思います。


<メジャー・アスペクト> ※影響力が強い順

star.gifコンジャンクション=0度(吉凶混合)(詳しくはこちらへ)
star.gifオポジション=180度(やや凶)(詳しくはこちらへ)
star.gifスクエア=90度(凶)(詳しくはこちらへ)
star.gifトライン(トリン)=120度(吉)(詳しくはこちらへ)
star.gifセクスタイル=60度(やや吉)(詳しくはこちらへ)

それぞれの詳細については、別の記事で書きたいと思います。



オーブ

オーブとは、『許容できる誤差の範囲』のことです。

ここまでで既にお気づきかもしれませんが、

実際のホロスコープ上で、アスペクトがキリのいい角度になっていることはほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

きっかり180度とか90度になることは非常に稀だということです。

そこで、オーブという“許容幅”を持たせるのですね。

オーブの度数は一定ではなく、メジャーアスペクトほど寛容に、オーブを広く観ることが多いようです。

諸説ありますが、一般的には、

◆メジャーアスペクトであれば±5度(前後10度幅)
◆マイナーアスペクトであれば±2.5度(前後5度幅)


の誤差を許容すると言われています。

誤差の少ないものを「タイト」、大きいものを「ルーズ」もしくは「ワイド」と呼びます。

もちろん、誤差の少ない「タイト」なアスペクトほど重要視されます。



ノーアスペクト

どの天体ともアスペクトを形成していない、独立した天体の状態『ノー・アスペクト』と呼びます。

つまり、“一匹狼”の天体のことです(笑)。

孤立してしまっておとなしくなるか、どこまでも突き進んで暴走するか。

機能しないか、過度に機能するか。

いずれにしても、珍しい状態であることには違いありません。


<関連記事>
▶︎占星術とは(1)ホロスコープについて
▶︎占星術とは(2)10天体について
▶︎占星術とは(3)12サイン(星座)について
▶︎占星術とは(4)12ハウスについて
▶︎占星術とは(5)アスペクトについて
▶︎占星術とは(6)何通りの人格パターンがあるか





▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧