【火星・土星・アンタレス合】昨日、ちょっとしたトラブルに遭遇しました



こんにちは。miraimikuです。


8月24日がピークだった射手座9度付近での【火星ー土星ーアンタレスの合】

みなさまはその後、いかがでしょうか。



▼火星・土星・アンタレスのコンジャンクション(画像引用元:AstroArts
20160824-1.jpg



もちろん、「影響している」と断定することはできませんが、

大きなレベルで言うと、やはり、8月24日3時36分(日本時間10時36分)に起きた

イタリア中部地震が思い浮かんでしまいます。

ちなみに、熊本で地震が起きた4月14日も、

火星とアンタレスが射手座9度付近で合/土星は射手座16度付近を逆行中でした。



個人レベルで言うと、

「自分の出生ホロスコープのどこで、火星ー土星ーアンタレスの合が起きているか」ですね。

(射手座9度付近が、自分の出生ホロスコープのどこに当たるのか、です)

まったく影響を感じない方/ガチガチで影響を感じている方、それぞれだと思います。

ちなみに、ここ3日ほど、

誕生月別:なりやすい病気/なりにくい病気という記事のアクセス数が異様に伸びているのですが

果たして偶然なのでしょうか??



前回の記事でも書かせていただきましたが

たとえば私の場合は、自分の出生ホロスコープで、射手座10度の太陽(4ハウス)を持っています。

出生ホロスコープにおける太陽は、自分自身の生き方・目的・価値観をあらわすのと同時に、

自分の父親・夫をあらわします。

出生ホロスコープにおける4ハウスは、家族・両親・故郷(実家)・家・自分の居場所をあらわします。

私に関して言えば、

これらに関連したことで、【火星ー土星ーアンタレスの合】の影響を受けやすいということになります。



そもそも今年3月下旬以降、射手座10度付近で(自分の4ハウス太陽の付近で)

運行の火星と土星が順行したり逆行したり、ずーっとウロウロしている状況でしたので

いろいろと、本当にしんどかったのですが

(火星+土星ダブルの影響って凄まじいなと痛感)



やっぱり、ピークは8月24日前後の【火星ー土星ーアンタレス合】だろうと思っていて

前々から用心はしていました。

特に、自分の両親・祖父・夫に対しては、

「病気・怪我・事故・トラブルにくれぐれも用心するように」と、再三、お願いしていました。


それが「運命=必然」であるならば、避けられないのかもしれませんが

最悪な事態を少しでも避けられるかもしれないと信じてしまいますからね。。。



──で、8月24日のピークを過ぎてみて、

「個人レベルで影響を受けた可能性として挙げられるのは、私の場合は以下のとおりです。

◆8月24日:右耳のピアスの穴から出血
◆8月26〜27日:とにかく眠くて眠くて、ベッドから出られず
◆8月28日:父親の愛車がトラブル




ピアスの穴を開けて20年は経ちますが、出血したのは初めてです。。。

いつもつけているピアスをつけていたし、

どこかにぶつけたりこすったりしていないのに。

突然痛みを感じて、指でさわってみたところ、流血していました。



26〜27日は、やらなければならないことはたくさんあるのに

とにかく眠くて眠くて、食事もせず、ひたすらベッドで寝ていました。

体調が悪いわけではなく、「ただただ異様に眠くて仕方がない」「何もできない」という感じでした。



極め付けは、28日(昨日)、父親の愛車のトラブル。

この日は、父親の愛車で、父・母・妹・夫と一緒に食事に出かけていたのですが

食事が終わって、父親が駐車場から愛車を出す時に、

「車止め」との接触で、愛車のフロントバンパーがぶっ壊れまして。

私は車内(後部座席)にいたのですが

「バーン!!!」という物凄い大きな破裂音?がして、

一瞬、何が起きたのか分からず、とても怖かったです。。。

警察の方・駐車場の管理会社の方などをお呼びして、

1時間ほど、駐車場内で揉めました。

結論的にはこちら側に不手際は一切なく、駐車場の設計上の問題だったのですが

愛車のバンパーが壊れて、うなだれる父親を尻目に

「怪我も何もなく、本当にひと安心。これで済むなら万々歳!」

と思ってしまった私です。

本当に、この程度で済んでほしい。

9月中旬くらいまでは安心できません。



それにしても、たいしたトラブルではないとはいえ

警察沙汰になる・愛車が破損するという「非日常的なトラブル」ですし、

父親とは離れて暮らしているにもかかわらず、

たまたまこの日は私も一緒にいた、

「トラブルの場に居合わせた」ということが、なんとも感慨深いのです。




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら




【火星・土星・アンタレス合】何との戦い/決着なのか? 射手座9度で合(2016/8/24)



こんばんは。miraimikuです。


8月〜9月は、宇宙の動きが激しくて、ブログも大忙しです。

〜 以下、8月13日「射手座土星が順行へ」の記事から引用 〜


star.gif8月→9月でガラッと切り替わります

◆8月3日 :獅子座新月/火星が射手座入り
◆8月13日:3月末から逆行していた土星が、射手座9度で順行に
◆8月18日:水瓶座満月(月蝕
◆8月23日:太陽が乙女座入り
◆8月24日:順行の火星・土星が射手座9度でコンジャンクション(0度)

━━9月以降は「スピード出し過ぎ注意報」━━

◆9月1日 :乙女座新月(乙女座木星)(日蝕)
◆9月9日 :木星が天秤座入り
◆9月17日:魚座満月(月蝕)
◆9月22日:太陽が天秤座入り
◆10月1日:天秤座新月(天秤座木星)




──というわけで、前々から強調していたとおり

8月24日の20時頃、順行の火星と土星が、射手座9度でピッタリ重なります。

さらに言うと、

火星・土星・アンタレスの3天体が、射手座9度で重なります。

(火星・土星・アンタレスがトリプルコンジャンクション



アンタレスは、「蠍座の心臓」と呼ばれる部分ですが、占星術上では射手座9度付近にあります。

全天に21ある一等星の1つ(恒星)で、直径は太陽の720倍、明るさは太陽の6.5万倍です。

アンタレスは、ギリシャ語由来では、火星に対抗する(アンチ:アレス)の意味があります。

(火星は戦争をイメージさせるものとして、ギリシャ神話では軍神アレスの姿とされました)

「宿敵」であり、どちらも血気盛んな火星とアンタレスが重なるわけですから、穏やかではありません。

また、あまりこういう言い方はしたくありませんが、火星も土星も占星術上では「凶星」に分類されます。

火星・土星・アンタレスが重なることは、いったい何を意味するのでしょうか。





▼火星・土星・アンタレスのコンジャンクション(画像引用元:AstroArts
20160824-1.jpg


▼アンタレスの大きさ




火星と土星がアンタレス付近に並ぶ現象は、およそ30年に一度レベル。

それだけでもビッグイベントですが、


火星・土星・アンタレスの3天体が
ここまでタイトに接近するのは(2016年8月24日)
過去200年を見ても、例がないようです。



直近で言うと1986年2月、アンタレス射手座9度35分/火星・土星が射手座8度58分ですが

今回2016年8月24日は、アンタレス射手座9度59分/火星・土星が射手座9度54分、かなりタイトです。



火星の象意=情熱・本能・衝動・行動力・積極性・攻撃性・怒り・戦い・男性性。

土星の象意=現実・責任・試練・制限・圧力・体制・ルール・権力。

アンタレスの象意は、蠍座・火星・冥王星の象意を合体させたような意味──破壊と創造・死と再生・カルマ・宿命・復讐──。

火星・土星のコンジャンクション「過去との決着」「区切り」

火星・アンタレスのコンジャンクションは、冒頭でも書いたとおり、「血気盛んな宿敵同士」であり、

「戦い」「戦争」「紛争」「テロ」「地震」「天災」「疫病」「事故」を暗示すると言われています。


では、火星・土星・アンタレスのトリプルコンジャンクションは──?



すみません。あまりにも大きすぎて、私も捉えきれません。

絶大で強烈なエネルギー。

不可抗力。

何かが終わって何かが始まる。

犠牲や痛みや覚悟を伴う「死と再生」。

いずれにしても、極めて男性的なエネルギーです。

今後一週間くらいは(もっと言うと9月1日の乙女座新月あたりまでは)気がかりです。



現在は、太陽が乙女座にあること。

魚座の海王星が、火星・土星・アンタレスの合に対してスクエアを形成していること。

これらを踏まえると、

この強烈で絶大なエネルギーを、正義・奉仕・癒しのエネルギーに転換していくこと

を忠告されているようにも思えます。




ちなみに私は、自分の出生ホロスコープで、射手座10度の太陽(4ハウス)を持っています。

自分の太陽と、火星・土星・アンタレスがタイトに重なるわけです。

ただでさえ、今年の射手座での動き(火星と土星の逆行)はしんどかったですが

追い討ちをかけての、アンタレス合・・・。

「何が起きてもおかしくないな」と思いながらも

何も起きないことを、無力に祈るばかりです。

(個人的には9月過ぎるくらいまでは気が抜けません)


※8月29日追記▶︎火星・土星・アンタレス合】個人的所感




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら