1月20日、太陽が水瓶座へ。ブレイクスルーの風が吹いてきました(^^)



miraimikuです。


1月20日(金)AM6時25分、山羊座に別れを告げて、太陽が水瓶座に入宮しました。

今日から2月18日までの約1ヶ月、太陽は、水瓶座の位置から私たちを照らします



二十四節気(にじゅうしせっき)で言うと

「太陽が水瓶座に入宮する日=水瓶座0度になる瞬間」は、「大寒(だいかん)」に当たります。

読んで字の如く「一年で最も寒い時期」のことで、毎年1月20日〜21日ごろを指します。

味噌・醤油・日本酒などの仕込みは、最も気温が下がるこの時期に始まります。

いやあ、しかしほんと、寒いですねー!


20170120-1.jpg



太陽が水瓶座で輝く1ヶ月(1月20日〜2月18日)は、水瓶座のエネルギーが強調されます。


star.gif 水瓶座(1月20日〜2月18日)

◆二 極:男性星座(外側へのエネルギー)
◆三区分:不動宮 (維持・保守・定着エネルギー)
◆四元素:   (知性・思考・言語化・拡散エネルギー)
◆支配星:天王星 (変化・革命・独立・個性)

◆水瓶座のキーワード
【自由】【平等】【フェア】【中立】【人道主義】【理想主義】【未来志向】
【個性尊重】【オリジナリティ】【マイノリティ】【独立心】【独自性】【独創性】
【客観性】【知性】【理性】【理屈】【理論武装】【クール】【淡白】
【頑固】【反逆的】【批判精神】【革命的】【斬新性】
【グローバル】【ネットワーク】【インターネット】【テクノロジー】

◆水瓶座のテーマ
社会的集団・社会的価値観・固定観念・既成概念からの脱却
自分のルール・自分の価値観・自分の選択・自分の足で立つ=自立
「真の自由」を手に入れ、何にも属さない「独立した存在」になること





自由・平等・独立・個性。

(あくまで私の中での)水瓶座のイメージは、「自由の女神像」です。


20170120-3.jpg


〜ウィキペディア自由の女神像から引用〜

足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、
全ての弾圧・抑圧からの解放と、人類はみな自由で平等であることを象徴している。
女神がかぶっている冠には7つの突起がある。
これは、7つの大陸と7つの海に自由が広がるという意味である。





──水瓶座が追求する「自由」というのは、「価値観の自由」「選択の自由」です。

性別・年齢・国籍・地域・役割・肩書き・言語・媒体・・・

世間の常識・社会通念・既成概念から解放された「真の自由」を手に入れること。

男(夫)ならこうするべき、女(妻)ならこうするべき、

親ならこうするべき、社会人ならこうするべき、日本人ならこうするべき───

強制されること・押し付けられること・決め付けられることに対しては、

徹底的に反発します。



人は人、自分は自分。
あなたもわたしも、「どれを選ぶか」は自由。
何が正しくて、何が必要で、何をしたいか。
【幸せの基準】は、自分で決める。



「どれを選ぶか」きちんと吟味したいからこそ、

広い視野を持って、多様な価値観・多数の選択肢に目を向けていく。

そして、自分で選んだものに対しては絶対的な確信とこだわりを持つのです(不動宮)。



これは余談ですが・・・

私の経験上、水瓶座の人達に「私たちって似てるね」「同じだね」と言うと、

たいてい、「うーん・・そうかな?」などなど、

不服なような、腑に落ちていないような、微妙な反応をします(笑)。

「似てるね」「同じだね」というのも、「押し付け」「決め付け」になるわけですからね。

とにかく「自分という人間を、一部分だけ取り上げて、決め付けないでほしい」のです。

誰の真似でもない、誰とも一緒ではない「自分」にこだわりがあるからこそでしょう。

あなたもわたしも「自由」、あなたもわたしも「個性」。

「同じ部分」よりも「違う部分」にフォーカスする。

それが水瓶座の信条なのです。

ちなみに、水の星座(蟹座・蠍座・魚座)の場合は、

一緒であること・同化すること・共有すること・共感することに喜びを感じるので、

「似てるね」「同じだね」と言うと、嬉しそう(笑)。



──やや脱線してしまいましたが。




水瓶座シーズン1ヶ月のテーマは


自分らしさ・個性の追求。

色々な人達と話してみて、
「やっぱり自分はコレだ」と再確認する。

違和感があるものは捨てて、
シンプルにする。



◆思い込み・固定観念・常識・「〜べき論」に疑いの目を向けてみる
◆無意識の習慣・ルーティンワークを見直してみる
◆狭い視野・狭いコミュニティから脱却する

◆視野を広げる、ネットワークを広げる
◆「全体」の中から「選別」する(いる・いらない)
◆「全体」を俯瞰する中で、「個」を浮かび上がらせる






冬至から春分までの3ヶ月は、「次のサイクル」への準備期間ですが、


水瓶座シーズンの1ヶ月は、
春分から始まる「新しいステージ」に向けての
ブレイクスルー期間


──だと言えそうです。



太陽・水瓶座のみなさま。

年に一度の「水瓶座シーズン」を満喫してくださいね。

主役はアナタですっ!!


▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











太陽が射手座へ。「直感」を信じて動くのが吉。



miraimikuです。


11月22日(火)AM6時24分、蠍座に別れを告げて、太陽が射手座に入宮しました。

今日から12月21日までの約1ヶ月、太陽は、射手座の位置から私たちを照らします



二十四節気(にじゅうしせっき)で言うと

「太陽が射手座に入宮する日=射手座0度になる瞬間」は、「小雪(しょうせつ)」に当たり、

毎年11月21日〜22日ごろを指します。

まだ本格的な冬ではないけれど、雪がチラホラと降り始める頃。

12月7日頃に「大雪(たいせつ)」を迎え、ここからが「本格的な冬の到来」になります。

それにしても、毎年毎年、「春」と「秋」の時間がどんどん短かくなっているような・・・。

「秋」をゆっくり感じる間もなく、あっという間に「冬」がやってきましたね。



20161122-1.jpg



より遠く、より高く、より広い世界へ──。


射手座のシンボルマークの弓矢 ♐️ は、【ここではない、どこかへ】という意味合いを持ちます。


  20161122-2.jpg


天秤座で広げ、蠍座で深めた人間関係を断ち切り、「旅」に出る=外の世界に飛び出していくのが射手座です。


◆天秤座:広く浅く、繋がる(多様性の享受)
◆蠍座 :狭く深く、繋がる(深掘りと同化)
◆射手座:「答え」を探して、外の世界へ!(昇華)




物質・肉体・人間関係に束縛されることなく、

《精神性》《意味》《真理》を探求しつづけることが射手座のテーマ。

人生は冒険であり、《答え》に辿り着くための「宝探しゲーム」なのです。

維持継続より新規開拓

新しい体験、新しい感性、新しい価値観、新しい世界を開拓していきますが、

そこに《答え》に辿り着くための“ヒント”が隠されているかもしれないという無意識の感覚を持っているがゆえです。

また、射手座はハンター(狩人)のサインです。

本能的に“獲物”を追いかけます。

ターゲットを追いかけているときにキラキラするのは牡羊座と同じですが、

牡羊座が体当たり・駆け引きなし・ストレートに追いかけていくのに対して、

射手座は「知恵」を使い、時には「変化球」も織り交ぜながら追いかけます。

【作戦を練る】というプロセスも含めて、追いかけているときが楽しいのです。

【直感・ひらめき】については、火のサインの特徴。

牡羊座は「内側から衝動的に着火する直感」。

獅子座は「内側から確信的に染み出す直感」。

射手座「天から神のメッセージが降ってくるような直感」です。



太陽が射手座で輝く1ヶ月は、射手座のエネルギーが強調されます。

また、射手座の支配星(守護星)は木星ですので、木星のエネルギーも活性化します。

今日からの1ヶ月は、ぜひ、射手座太陽 × 天秤座木星の「拡大・発展エネルギー」を活用していきましょう(^^)

ポイントは

◆新しい世界/未知の体験/スピリチュアル
◆直感を信じて動く、動きながら考える



特に、11月29日の射手座新月から、射手座のテーマが本格化していきます。


star.gif 射手座(11月22日~12月21日)

◆二 極:男性星座(外側へのエネルギー)
◆三区分:柔軟宮 (破壊・変化・適応エネルギー)
◆四元素:   (情熱・直感・上昇エネルギー)
◆支配星:木星  (幸運・拡大・発展・成長・楽観)

◆射手座のキーワード
【自由】【好奇心】【冒険】【探究】【成長】
【直感】【ひらめき】【変化】【スピード】【神出鬼没】【無謀】
【精神性】【スピリチュアル】【哲学】【宗教】【学問(学ぶ/教える)】【文武両道】【旅】【グローバル】
【ハンター】【標的に向かって一直線】【まっしぐら】【熱狂】【遊びごころ】【子供っぽさ】
【とりあえず】【トライアンドエラー】【楽観的】【寛容】【臨機応変】

◆射手座のテーマ
ベクトルは常に「ここではないどこかへ」
外の世界(未知の世界)に出ていく、外側にアウトプットしていく
「生きる意味」を探求しつづける(精神性・哲学・真理)
直感を信じて動く、動きながら考える




私は太陽星座が射手座なので、年に一度の「太陽回帰=ソーラー・リターン」

「おっしゃ!今年も自分の季節がやってきたど!!」です。

自分の太陽星座のシーズン(太陽回帰)がやってくると、誰でもワクワクしますよね(^^)

射手座のみなさんは、今日からハッピーソーラーリターン、ハッピーバースデーです。



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











蠍座で輝く太陽。「拡大・拡散」から「集約・集中」へ



こんばんは。miraimikuです。


更新のタイミングが遅くなってしまいましたが・・!

10月23日(日)AM8時47分、天秤座に別れを告げて、太陽が蠍座に入宮しました。

11月22日までの約1ヶ月、太陽は、蠍座の位置から私たちを照らします



二十四節気(にじゅうしせっき)で言うと

「太陽が蠍座に入宮する日=蠍座0度になる瞬間」は、「霜降(そうこう)」に当たり、

毎年10月23日~24日頃を指します。

朝晩の冷え込みが増し、北国や山里では霜(氷の結晶)が降り始める頃。

まさに、朝晩はすっかり冷え込むようになってきましたね!

それにしても、毎年毎年、「春」と「秋」の時間がどんどん短くなっているような・・・。

四季(春夏秋冬)ではなく、二季(夏冬)に収束しているような気がして、寂しい限りです(泣)



20161026.jpg



さて、みなさまにとっての「天秤座シーズン1ヶ月」はいかがでしたでしょうか?


おそらく、「忙しい日々」でしたよね・・?
私も、9〜10月は 「超絶!忙しい日々!」でした(笑)



木星が天秤座入りした9月9日前後から、

太陽が天秤座入りした9月22日(秋分)

天秤座で新月を迎えた10月1日・・・と、

「動く」「始まる」「広がる」を実感されていた方が多いと思います。

天秤座エネルギー(人脈・交流・シェア・拡散)の影響はもちろん、

宇宙全体図として、「活動宮サイン」が優勢になったり、

逆行していた天体が次々と順行に戻ったり、

皆が、世の中全体が活発に動いていく流れにありました。



──こうした慌ただしさは、太陽が蠍座(不動宮サイン)に入ったことで、落ち着いていきます。

太陽が蠍座で輝く1ヶ月は、蠍座のエネルギーが強調されます。


広げたものから選別し、集中していく。
「動く・始まる・広がる」から、「深める・集中する・根付かせる」へ。



9〜10月で手にした「新展開」を

「丁寧に深める」「集中する」「根付かせる」ことを

意識していくとよいでしょう。

こちらの記事でも書かせていただいたとおり、

10月31日の蠍座新月から、蠍座のテーマが本格化していきます。


star.gif 蠍座(10月23日~11月22日)

◆二 極:女性星座(内側へのエネルギー)
◆三区分:不動宮 (維持・保守・定着エネルギー)
◆四元素:   (感情・情緒・共感エネルギー)
◆支配星:冥王星 (死と再生・破壊と創造・極限性・変容)

◆蠍座のキーワード
【一極集中】【オールオアナッシング】【ゼロか100か】【偏愛】【極端】
【掘り下げる】【深める】【極める】【徹底する】【追求する】
【信じる】【信じ抜く】【信念】【情念】【秘めた情熱】【執着】【狂気的】【強烈】
【吸収】【同化】【一体化】【変容】

◆蠍座のテーマ
内側に吸収・蓄積・定着・所有していく
対象(相手)に集中し、同化し、一体化し、変容する
理屈ではなく魂の部分で信じ抜く
狭く、深く、濃く、奥の奥まで、裏の裏まで、味わい尽くす





私も、9〜10月で、色々な「新展開」がありました。

見事に動いていくな〜!広がっていくな〜!と

「宇宙と繋がっていること」を痛感しながらも、

ちょっと「散らかり放題」の状況・・・!!

それらをどう根付かせていくか、

どこにどうエネルギーを分配していくか、

しっかり考えていきたいと思っています。



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











乙女座シーズン突入!「本番デビュー」に向けての「総仕上げ」へ



こんにちは。miraimikuです。


8月23日(火)1時38分過ぎ、獅子座に別れを告げて、太陽が乙女座に入宮しました。

二十四節気(にじゅうしせっき)で言うと

「太陽が乙女座に入宮する日=乙女座0度になる瞬間」は、「処暑(しょしょ)」に当たります。

「暑さが和らぐ時期」を意味し、毎年8月22日~23日頃を指します。



さて、みなさまにとっての「獅子座シーズン1ヶ月」はいかがでしたか?


大人も子供もポケモンGOと一緒に遊び
オリンピックに熱狂した獅子座シーズン。

ありがとう、さようなら。
全力で楽しんだ夏の想ひ出───。




華々しく活躍したオリンピック選手たちが、

酷使した身体をメンテナンスし、日々の地道なトレーニングに戻っていくように。

私たちも、「現実的に考える」「メンテナンスしていく」期間へ───

本日8月23日から「乙女座シーズン1ヶ月」に突入です。

「乙女座ピーク」は9月1日の乙女座新月

この新月では、日蝕なうえに、太陽・月・水星・木星の4天体が乙女座にズラリと並びます。

乙女座大感謝祭ですね(^^)



20160823-1.jpg



乙女座は現実的な地のサイン、支配星は水星です。

水星は、知性・情報・コミュニケーション・言語活動・学習スキル・仕事スキル・・・などを司る天体。

水星を支配星に持つサインは双子座乙女座ですが、

差別化するとしたら、

◆双子座(風)=知性や情報の収集と拡大(拡散
◆乙女座(地)=知性や情報の実用化(整理体系化


だと言えるでしょう。




現実的な地の性質/頭脳明晰な水星の性質をひっくるめて考えて。

乙女座を一言であらわすなら「ツッコミの星座」

だと私は思っています。


本当にそれでいいの???
それを目指す理由は?
ターゲットは?
成功の見込みは?
具体的根拠は?

本末転倒になってない?
目的とズレてない?
誰かの役に立ってる?

関係各位への報告は行き届いてる?
スケジュールや予算は大丈夫?
体調管理は大丈夫?



精神論や情熱だけで突っ走るのではなく、現実的に、厳しい目で「ツッコミ」を入れる。

きめ細やかにテコ入れしていく(微調整していく)。

乙女座の「ツッコミ」には、隙がありません(笑)。


──というのも、

乙女座は、(次の天秤座からの)本番デビューに向けて
個人能力の総仕上げ=完成】を目指すサイン


だからです。


西洋占星術では、12星座の前半と後半で、「成長テーマ」が切り替わります

◆12星座の前半(牡羊座〜乙女座)=個人能力の育成と完成
◆12星座の後半(天秤座〜魚座) =社会性の育成と完成



◆牡羊座:意志(存在)
   ↓
◆牡牛座:肉体(五感)
   ↓
◆双子座:知性(思考)
   ↓
◆蟹 座:情緒(こころ)
   ↓
◆獅子座:主観性(個性・自我の確立)
   ↓
◆乙女座:客観性(最適解)
   ↓
<個人能力の完成。天秤座からの社会デビューへ>





乙女座は、牡羊座→牡牛座→双子座→蟹座→獅子座で培ってきた知識や経験を総括し、

内省し、分析し、ヌケ・モレがないか最終チェックをかけたうえで、

天秤座からの後半戦にバトンを渡す重要な役割を担っているのです。

獅子座の情熱を、乙女座で最終チェックして、天秤座でデビューする。

(獅子座の情熱のままデビューすれば、頓挫します)

豊熟したブドウを、選別して・絞って・瓶に詰めて・栓をして・ラベルを貼って───世の中にリリースしてく

まさに、「獅子座シーズン」あってこその「乙女座シーズン」であり、
「乙女座シーズン」あってこその「天秤座シーズン」なのであります。




冒頭でも書いたとおり、9月1日乙女座新月(乙女座大感謝祭)を経て、

9月9日からは「木星@乙女座の一年」から「木星@天秤座の一年」に入っていきます。

ここ最近の記事でずーっと書いてきたように、

8月から9月で、ガラッと切り替わっていきます。


〜 以下、8月13日「射手座土星が順行へ」の記事から引用 〜


star.gif8月→9月でガラッと切り替わります

◆8月3日 :獅子座新月/火星が射手座入り
◆8月13日:3月末から逆行していた土星が、射手座9度で順行に
◆8月18日:水瓶座満月(月蝕)
◆8月23日:太陽が乙女座入り
◆8月24日:順行の火星・土星が射手座9度でコンジャンクション(0度)

━━9月以降は「スピード出し過ぎ注意報」━━

◆9月1日 :乙女座新月(乙女座木星)(日蝕)
◆9月9日 :木星が天秤座入り
◆9月17日:魚座満月(月蝕)
◆9月22日:太陽が天秤座入り
◆10月1日:天秤座新月(天秤座木星)




「乙女座シーズン1ヶ月」は、「切り替わる前の最終総仕上げの1ヶ月」として

最後に与えられたチャンスだと言えるでしょう。


「乙女座シーズン1ヶ月」のテーマは

◆自分自身に「ツッコミ」を入れる
◆振り返り・整理整頓
◆内省・分析
◆改善・見直し・微調整
◆最終確認
◆総仕上げ
◆本番に向けてのテスト・シミュレーション
◆金銭管理・スケジュール管理・体調管理

いわばプレゼン前夜。
本番デビューに向けての「最終チェック期間」です。





▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら




太陽のシーズン!「獅子座祭り」に突入しました



こんばんは。miraimikuです。


7月22日(金)18時30分過ぎ、蟹座に別れを告げて、太陽獅子座に入宮しました。

みなさまにとっての「蟹座シーズン1ヶ月」はいかがでしたか?

私は、

実家で食事をしたり

中学高校時代の同級生仲間と久しぶりに集まったり

いくつかの家族で集まってバーベキューをしたり

旦那さんとプチ旅行に行ったり

幼馴染と会ったり

疎遠になってしまっていた人と、また繋がることができたり──。

大好きな人達と、たくさん会った1ヶ月。

特に意識していたわけではないのに、改めて振り返ってみると、

「ああ、蟹座のシーズンだったんだなあ」としみじみ思います。

「蟹座の愛」が、あたたかく降り注いでいたのねと。。。

蟹座シーズン最後だった今日も、

ずっとお会いしたかった方にお会いすることができて、とても素敵な一日でした(^^)



さて、冒頭に戻りまして、本日7月22日夜から「獅子座シーズン1ヶ月」に突入です。

ここから7月31日深夜までは、太陽・水星・金星の3天体が獅子座に君臨します。

月は、魚座→牡羊座→牡牛座→双子座→蟹座と移動していき、

8月3日早朝に獅子座新月太陽・月が獅子座コンジャンクションを迎えます。

8月3日の獅子座新月では、太陽・月・金星の3天体が獅子座に。

年に一度の獅子座祭りです(^^)



二十四節気(にじゅうしせっき)で言うと

太陽が獅子座に入宮する日=獅子座0度になる瞬間」は、「大暑(たいしょ)」に当たります。

文字通り「一年で最も暑い時期」のことで、毎年7月22日~23日頃を指します。



20160722.jpg



獅子座は情熱の火の星座、支配星は太陽です。

獅子座は、太陽の本来の居場所=「ホームグラウンド」です。

獅子座シーズンは、太陽がもっとも伸び伸びと、生き生きと輝く1ヶ月。

私は太陽は獅子座ではないですが(月と火星は獅子座です)

「太陽のシーズン」だと思うと、やっぱりワクワクします



太陽は、太陽系で唯一の恒星=自ら光を放ち、自ら輝く天体

自分は動かず(実際には動いていますが)、自分を中心に、

自分の光を受けながら、自分の周りを囲むように、他の天体たちが公転しています。

地球上の生きとし生けるものはすべて、太陽の恵みを受けて存在しています。



【自分が光り輝くことで、周囲を照らし、周囲にパワーを与えること】


それが太陽の(獅子座の)使命であり、幸せでもあります。

「獅子座は注目されたい・褒められたい」というのは《12星座占いの定説》ですが、

闇雲に賞賛されたいわけではなく、

実績や裏付けがあったうえで賞賛されたいので、その努力たるや、並大抵のものではありません。

小手先や偽物の輝きではなく、本物の輝き。

プライドを持って、本物の輝きを追求するのが獅子座です。

そして、獅子座が自ら輝いているとき、そこには何かしらの「自己表現」が含まれているはずです。

自分を磨き、自分を表現し、それが注目され、賞賛されたときにこそ、

このうえない幸せと満足感を得られるのです。

また、単なる「ひとりよがりの自己満足」なだけではなく、

自分の光によって、相手にもプラスの影響を与えたい、相手にも輝いてほしいと願っているのです。



獅子座シーズンのテーマは

◆自分らしさの追求
◆自己肯定
◆自己実現
◆自己表現活動(自己アピール)
◆セルフブランディング
◆セルフプロデュース

◆自分を解放すること
◆自分を好きになること
◆自分を満足させること
◆自分自身が楽しむこと
◆自分自身がドキドキワクワクすること



遊ぶこと、楽しむこと。
「自分の人生」を謳歌すること。
自分自身が輝くこと。
自分自身が輝くことで、周囲の人々を輝かせること。




多少、強引でもいい。相手任せではなく、受身ではなく、主体的で積極的な行動が功を奏します。

自分自身を否定していたら、輝くことはけしてできません。

自分自身を否定してしまうのは、「自分の人生を全力で生きていない」という自覚があるからです。


せめて年に一度くらい、年に1ヶ月くらい、

「自分大好き!」「自分最高!」と大声で言ってやりましょう(^^)

いざ、獅子座祭りへ!



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら