占星術では何通りの人格パターンがあるか


10天体=役者(機能)
12サイン(星座)=役者が演じる役柄(性質)
12ハウス=役者が役柄を演じる舞台(分野)

占星術では何通りの人格パターンがあるのか

10天体12サイン12ハウスについては別の記事で書かせていただきました。

さて、下図は、(既に放送終了してますが)【笑っていいとも!】でレギュラーだった5人の「10天体×12星座(サイン)」を表にまとめたものです。

※セルの赤は火星座、茶は地星座、薄緑は風星座、ブルーは水星座です




この表を観るだけでも、さまざまなことが読み取れるのですが、今回、ここで書きたいこと。

占星術で人格(性格や傾向)を読み取る場合、
10天体と12サイン(星座)の組み合わせで考えると、その組み合わせは

12の10乗=61,917,364,224パターン

が考えられる、ということになります。



ここで、「統計学」という考え方が浮かび上がってきたりするのですが、それにしても、すごいパターンですよね!!

たとえば血液型では4パターンでしか人格を分類できませんが、

占星術では、61,917,364,224パターン!!!

さらにここに「12ハウス」「アスペクト」などの感受点が加わると・・・。

ちょっと、計算するのさえ面倒になります。

まさに、「一人ひとり違うものになる」と言っても過言ではないはずです。


<関連記事>
▶︎占星術とは(1)ホロスコープについて
▶︎占星術とは(2)10天体について
▶︎占星術とは(3)12サイン(星座)について
▶︎占星術とは(4)12ハウスについて
▶︎占星術とは(5)アスペクトについて
▶︎占星術とは(6)何通りの人格パターンがあるか

▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。