《月》×12サインの傾向


月が表すもの

▶︎「月が表すもの」については、こちらの記事をご覧ください。

基本的には、太陽のサインの性質月のサインの性質を組み合わせて捉えていきます。

たとえば、

◆太陽=オフィシャル(昼の顔)/月=プライベート(夜の顔)
◆太陽=建前/月=本音
◆太陽=理性/月=感情
◆太陽=自覚している自我/月=無意識の自我
◆太陽=方針/月=実務
◆太陽=決断/月=迷い


・・・といった具合です。


太陽が【理想の自分=こう在りたい自分】
月が 【本来の自分=こうでしかない自分】


というのが一番わかりやすいかもしれないですね。



太陽と月が同じサイン(同じ星座)の人は、新月のときに生まれたことになります。

表と裏がなく、本人の中での矛盾や葛藤が少ない、一貫性のある人格だと言うことができます。



月×12サインの傾向

感情をどのように表現するか、反応するか。どんなことで不安定になりやすいか。

私なりに、月を12サインごとに捉えたものを箇条書きしていきます。



×  月星座:牡羊座

◆直情的で直接的な感情・反応
◆弱点:待たされること、我慢すること

<猪突猛進・ゴーイングマイウェイ>
◎条件反射的なスピーディな反応
◎正直で率直、ストレート
◎思ったことをそのまま口に出す
◎せっかちで待てない
◎短気、すぐカッとなる(でもすぐ忘れる)
◎負けず嫌い




×  月星座:牡牛座

<イグザルテーション>
◆安定した感情・反応
◆弱点:急かされること、美味しいもの

<保身的>
◎落ち着き、安定感
◎おっとりのんびりマイペース
◎美意識の発達、五感の発達
◎ものすごく頑固
◎慎重で確実性を求める
◎受け身




×  月星座:双子座

◆臨機応変で多彩な感情・反応
◆弱点:突き詰めること、深刻な雰囲気

<鋭い反射神経>
◎親しみやすさ
◎コロコロ変わる流動性・スピード
◎おしゃべり好きで話が飛ぶ
◎少年少女のような無邪気さ
◎知的好奇心
◎ミーハー
◎要領が良い




×  月星座:蟹座

<ディグニティ>
◆女性的な感情・反応
◆弱点:他人の涙、合理性

<喜怒哀楽・情緒>
◎豊かな感受性
◎感傷的、気分屋
◎母性、優しさ
◎世話好き
◎相手に深入りする
◎家族愛、身内びいき
◎巣づくり願望




×  月星座:獅子座

◆自己満足な感情・反応
◆弱点:無視されること、客観性

<自己表現>
◎エンターティナー
◎人間愛、あたたかさ
◎表現することで人を楽しませたい、喜ばせたい、注目されたい
◎人を惹きつけるカリスマ性
◎プライドが高い
◎承認欲求
◎自意識過剰




×  月星座:乙女座

◆高潔な感情・反応
◆弱点:露骨な感情表現、不潔で乱れたもの

<ストイック>
◎気配り、気遣い
◎秩序と常識
◎役割意識
◎完璧主義
◎几帳面、整理整頓
◎清潔、潔癖
◎神経質、心配性




×  月星座:天秤座

◆調和的で洗練された感情・反応
◆弱点:醜態をさらすこと、争い、不公平さ

<バランス感覚>
◎第一印象がよい
◎バランス重視
◎平和主義
◎八方美人
◎優柔不断
◎面倒くさがり
◎受け身




×  月星座:蠍座

<フォール>
◆見えない感情・反応
◆弱点:裏切り、干渉、社交辞令

<閉鎖的>
◎絶対領域、立ち入り禁止のテリトリー
◎猜疑心と洞察力
◎なかなか心を開かない
◎秘密主義
◎秘めた情熱
◎ブラックホールのように際限のない奥深さ
◎相手を支配したがる




×  月星座:射手座

◆拡散する感情・反応
◆弱点:忍耐、拘束

<こころの旅人・ここではないどこかへ>
◎気さくでフレンドリー
◎率直で飾り気がない
◎神出鬼没
◎心ここにあらずで落ち着きがない
◎その場のノリで乗り切る
◎溢れ出す好奇心と冒険心
◎あちこち手をつけるが、すぐに投げ出す




×  月星座:山羊座

<デトリメント>
◆抑圧された感情・反応
◆弱点:感情表現、地位や肩書きやブランド

<社会意識・現実意識・感情を抑える>
◎社会性
◎責任感
◎現実志向
◎冷静で理性的
◎抑圧的
◎上昇志向、野心
◎管理能力




×  月星座:水瓶座

◆客観的な感情・反応
◆弱点:強制、集団行動

<客観性・中立性>
◎客観的、フェア
◎一匹狼で群れない
◎自分だけのルール、習慣、ジンクス
◎オリジナル、独創性
◎刺激、新しさを求める
◎ナルシスト
◎批判精神、反逆心




×  月星座:魚座

◆共感的な感情・反応
◆弱点:現実、自分が崇拝する人物

<想像力・妄想癖>
◎ロマンチスト、妄想癖
◎ファンタジックで神秘的
◎クリエイティブ
◎人の感情に敏感
◎人に流されやすく迷走する
◎相手に依存的
◎男女ともに憎めないかわいらしさ


※ 注 ※
◆居所(ディグニティ):その天体の「本来の居場所」。その天体の力を正常に発揮できる場所
◆障害(デトリメント):その天体の力を発揮できない場所(ディグニティの反対側)
◆高揚(イグザルテーション):その天体が最も勢いを持つ場所
◆下降(フォール):その天体が最も勢いを持てない場所(イグザルテーションの反対側)




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















【太陽】の意味・象徴(西洋占星術/ホロスコープ)



sun2018.jpg


10天体についての記事でもサラッと触れましたが、この記事では《太陽》に的を絞って書きます。


[太陽][火星]が男性原理をあらわす【攻め】の天体であるのに対して、
[月][金星]は女性原理をあらわす【受け身】の天体です。




“ohitsuji.jpg"uo.jpg

《太陽》SUN




<太陽の基本データ>

◆大きさ:地球の約110

◆並び順:太陽>水星→金星→地球(月)→火星→木星→土星→天王星→海王星→冥王

◆ギリシャ神話:太陽神ヘーリオス

◆ローマ神話:ソル

◆人物像:父親・夫・家長・社長・皇帝・国王・権力者・支配者

◆タロットカード:太陽、皇帝、力、世界

◆曜日:日曜日

◆数字:1

◆色:金色・黄色・オレンジ

◆宝石:ダイアモンド

◆動物:獅子・サラブレッド

年齢域:26〜35歳

◆肉体:心臓・細胞・全身

◆支配サイン:獅子座(ディグニティ※)

◆品位
・居所(ディグニティ※):獅子座
・障害(デトリメント※):水瓶座
・高揚(イグザルテーション※):牡羊座
・下降(フォール※):天秤座





※ 注 ※
・居所(ディグニティ):その天体の「本来の居場所」。その天体の力を正常に発揮できる
・障害(デトリメント):その天体の力を発揮できない場所(ディグニティの反対側)
・高揚(イグザルテーション):その天体が最も勢いを持つ場所
・下降(フォール):その天体が最も勢いを持てない場所(イグザルテーションの反対側)




[太陽]は地球の110倍の大きさ!

よく《東京ドーム100個分》なんていう表現に驚愕したりしますが

太陽の場合、《地球110個分》ですよ!?

地球のスピードについて書いた記事でも触れましたが、地球は、時速1700キロで自転しながら、

時速10万キロで太陽の周りを一周しています。

地球の110倍=時速10万キロで一年もかかる太陽の大きさ

実感がわかなさすぎて笑えますよね。



太陽の周りを公転しているのは、地球だけではありません。

太陽に近い順で言うと、

(1)水星 (2)金星 (3)地球 (4)火星 (5)木星 (6)土星 (7)天王星 (8)海王星 (9)冥王星

この順番で、9つの天体がそれぞれ、太陽の周りを公転しています。

※月は、太陽ではなく地球の周りを公転しています※

※9つの天体以外にもさまざまな小惑星がありますが、ここでは省略します※

(地球を抜かして考えると)この8つの天体+月+太陽こそが占星術における主要天体であり、

太陽は最も重要な観点となります。

9つの天体が太陽の周りを公転している様子──

太陽系の動きを視覚で感じることができるすばらしい動画がありますので、ぜひ観てみてくださいね。



出生ホロスコープにおける[太陽]

◎理想の自分像(こうありたい自分)

◎社会的自己(月は内的自己)
◎顕在意識(月は潜在意識)
◎自覚している自我、自意識(月は無意識)
◎オフィシャルの人格(月はプライベート)
◎正装(月は普段着)
◎理性
◎意志
◎人生の目的
◎人生観
◎生き方
◎人格統合
◎父親
◎理想の夫像(女性のホロスコープ)



 10tentai



star.gif こちらの記事も合わせてご覧ください。(自分の中にある10個の人格)



[太陽]は【こうありたい自分】/[月]は【こうでしかない自分】

言うまでもなく、[太陽]は 占星術において最も重要な観点です。

【君、何座?】と聞かれたときに答える【アタシ、乙女座】は、

「アタシが生まれた瞬間に、地球から見て、[太陽]が乙女座のサインにあった」ということ。

いわゆる世間でいう「12星座占い」は、占星術の中でも

[太陽]だけしか観ていない超超超・簡略版の星占いです。

つまりそれほど[太陽]の存在が大きいということなのですが

わかりやすく説明するなら、

[月][水星][金星][火星]・・・が持つそれぞれの性質を
[太陽]が中心となって集約・統合しながら一人の人格を形成している


というイメージです。

[太陽]のサインより、[月][水星][金星][火星]に強いサインがあったりすると

本人は《12星座占いの性格診断は当たっていないと感じる=自分の太陽星座に違和感を覚える》かもしれません。



特に、[太陽]は[月]とペアで対比して考えられることが多く

◆[太陽]が【表の自分】なら月は【裏の自分】
◆[太陽]が【顕在意識】なら月は【潜在意識】
◆[太陽]が【正装】なら月は【普段着】


──といった具合です。

ひとことで簡単に説明するなら

◎太陽=理想の自分(こうでありたい自分)
◎月 =本来の自分(こうでしかない自分)


となります。



たとえば、ものすごくカンタンに言うとすれば

[太陽]が男性的な星座で[月]が女性的な星座の場合、表面的には堂々としているが実は繊細。

[太陽]が女性的な星座で[月]が男性的な星座の場合、表面的には控えめだが実は気性が強い・激しい。

[太陽]と[月]月が同じサイン(近いサイン)であれば、自分の中での葛藤や矛盾はわりと少ない。

・・・などです。


基本的に[月]の性質は自覚していないことが多く、自分ではコントロールができないのに対し、

[太陽]の性質は自覚していることが多く、自分でコントロールができます。

[月]の性質は、自分自身より家族や親しい友人のほうが、感じ取っているかもしれません。

実際の[月]が満ち欠けするように、[月]の性質はとても不安定です。

不安を感じているときほど、[月]の性質が出やすくなると言われています。

また、[太陽]=男性(父)/[月]=女性(母)を象徴しています。



[太陽]は男性原理の象徴

[太陽]は男性原理を象徴します。

[火星]も男性を象徴しますが、[火星]が性的な意味合いが強い【男性性】をあらわすのに対して、

[太陽]は【父性】

どのような父親を理想とするかをあらわすとも言われ、

特に女性のホロスコープにおいては、【理想の父親像】であるとともに【理想の夫像】でもあります。

男女の恋愛相性を見るのは[金星]と]火星]ですが、結婚相性を見るのは]太陽]と]月]です。



[太陽]に関する記事はこちら

▶︎太陽星座:牡羊座(3/21〜4/19生まれ)
▶︎太陽星座:牡牛座(4/20〜5/20生まれ)
▶︎太陽星座:双子座(5/21〜6/21生まれ)
▶︎太陽星座:蟹座(6/22〜7/22生まれ)
▶︎太陽星座:獅子座(7/23〜8/22生まれ)
▶︎太陽星座:乙女座(8/23〜9/22生まれ)
▶︎太陽星座:天秤座(9/23〜10/23生まれ)
▶︎太陽星座:蠍座(10/24〜11/21生まれ)
▶︎太陽星座:射手座(11/22〜12/21生まれ)
▶︎太陽星座:山羊座(12/22〜1/19生まれ)
▶︎太陽星座:水瓶座(1/20〜2/18生まれ)
▶︎太陽星座:魚座(2/19〜3/20生まれ)



<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします😊 とても励みになります!!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 384万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















【水星】の意味・象徴(西洋占星術/ホロスコープ)



mercury2018.jpg


10天体についての記事でもサラッと触れましたが、この記事では《水星》に的を絞って書きます。




uo.jpg

《水星》MERCURY




<水星の基本データ>

◆大きさ:地球の約0.38

◆並び順:太陽>約88日かけて一周(約88日で12星座を一周)

◆ギリシャ神話:商業の神ヘルメス

◆ローマ神話:太陽神の使者マーキュリー(メルクリウス)

◆人物像:青少年・中性的な少年・若い人・知識人・教養人・文化人・学生・教師・記者・郵便局員

◆タロットカード:魔術師、女教皇、隠者、運命の輪、正義

◆曜日:水曜日

◆数字:5

◆色:ライトブルー

◆宝石:トルコ石・エメラルド

◆動物:オウム・インコ・伝書鳩・昆虫類・猿・小型犬

年齢域:8〜15歳(義務教育期)

◆支配サイン:双子座・乙女座(ディグニティ※)

◆肉体:脳・神経・声帯・口・耳・目

◆品位
・居所(ディグニティ※):双子座/乙女座
・障害(デトリメント※):射手座/魚座
・高揚(イグザルテーション※):水瓶座
・下降(フォール※):獅子座





※ 注 ※
・居所(ディグニティ):その天体の「本来の居場所」。その天体の力を正常に発揮できる
・障害(デトリメント):その天体の力を発揮できない場所(ディグニティの反対側)
・高揚(イグザルテーション):その天体が最も勢いを持つ場所
・下降(フォール):その天体が最も勢いを持てない場所(イグザルテーションの反対側)




出生ホロスコープにおける[水星]

◎脳、神経
◎思考のクセ
◎考え方
◎言語・言語活動
◎コミュニケーション能力
◎知性
◎情報・通信・流通
◎仕事の仕方・仕事の能力
◎勉強・学習(学び方)
◎記憶力
◎兄弟姉妹
◎移動(旅行・引っ越し など)



 10tentai



双子座と乙女座は、ともに[水星]が支配星であり

12星座の中で【頭の回転が早い】星座(サイン)の “2トップ”と言えますが

両者を差別化するなら

◆双子座=知識の拡大(情報の収集と拡散)
◆乙女座=知識の実用化(情報の処理と整理体系化)


でしょう。


star.gif こちらの記事も合わせてご覧ください。(自分の中にある10個の人格)



[水星]はコミュニケーション・知性の象徴

[太陽]と[火星]が男性原理をあらわす天体であり

[月]と[金星]が女性原理をあらわす天体であるのに対して

[水星]は中性的な天体です。



[水星]は、太陽系の中でもっとも小さく、また最も太陽に近い天体です。

そして、一番早く動くスピーディーな天体。

太陽系の中で一番小さくて、一番早くて、「小回りが効く天体」というイメージです。



[水星]は、人間の【知・情・意】で言うと【知】を司る天体。

脳・思考・知性・言語 を象徴する 天体のため、

[水星]のサインを見れば、その人がどんなコミュニケーション( 言語活動・表現手法)を取るのか、

どんな分野に頭を働かせるのかなどを知ることができます。

仕事の仕方や仕事能力を観るときも、[水星]は非常に重要です。



[水星]の逆行│出生ホロスコープで[水星]が逆行している人

水星の【逆行】については、こちらの記事で詳しく解説しています。




<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします😊 とても励みになります!!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 384万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















【月】の意味・象徴(西洋占星術/ホロスコープ)



moon2018.jpg


10天体についての記事でもサラッと触れましたが、この記事では《月》に的を絞って書きます。


[太陽][火星]が男性原理をあらわす【攻め】の天体であるのに対して、
[月][金星]は女性原理をあらわす【受け身】の天体です。




“ohitsuji.jpg"uo.jpg

《月》MOON




<月の基本データ>

◆大きさ:地球の約0.25

◆並び順:太陽>水星→金星→地球→火星→木星→土星→天王星→海王星→冥王(※月は地球の周りを公転)

◆公転周期:自転しながら地球のまわりを約29.5年かけて公転

◆ギリシャ神話:月の女神アルテミス

◆ローマ神話:ルナ・ディアーナ

◆人物像:母親・妻・一般人・市民・国民・大衆・従事者・秘書・保母さん

◆タロットカード:女教皇、女帝、吊るし人、節制、星、月

◆曜日:月曜日

◆数字:2

◆色:銀色・白

◆宝石:真珠・月長石

◆動物:蟹・魚類

年齢域:0〜7歳(幼少期

◆肉体:体液(リンパ液)・血清

◆支配サイン:蟹座(ディグニティ※)

◆品位
・居所(ディグニティ※):蟹座
・障害(デトリメント※):山羊座
・高揚(イグザルテーション※):牡牛座
・下降(フォール※):蠍座





※ 注 ※
・居所(ディグニティ):その天体の「本来の居場所」。その天体の力を正常に発揮できる
・障害(デトリメント):その天体の力を発揮できない場所(ディグニティの反対側)
・高揚(イグザルテーション):その天体が最も勢いを持つ場所
・下降(フォール):その天体が最も勢いを持てない場所(イグザルテーションの反対側)




出生ホロスコープにおける[月]

◎本来の自分像(こうでしかない自分)

◎もっともリラックスしているときの状態
◎内的自己(太陽は社会的自己)
◎潜在意識(太陽は顕在意識)
◎無意識の自我(太陽は自意識)
◎プライベートの人格(太陽はオフィシャル)
◎普段着(太陽は正装)
◎感情のクセ
◎無意識のクセ・習慣
◎生理的欲求・生理的反応・生理的不安
◎インナーチャイルド
◎幼少期の人格
◎母親
◎理想の妻像(男性のホロスコープ)



 10tentai



star.gif こちらの記事も合わせてご覧ください。(自分の中にある10個の人格)



[太陽]は【こうありたい自分】/[月]は【こうでしかない自分】

[太陽]は[月]とペアで対比して考えられることが多く

◆[太陽]が【表の自分】なら月は【裏の自分】
◆[太陽]が【顕在意識】なら月は【潜在意識】
◆[太陽]が【正装】なら月は【普段着】


──といった具合です。

ひとことで簡単に説明するなら

◎太陽=理想の自分(こうでありたい自分)
◎月 =本来の自分(こうでしかない自分)


となります。



たとえば、ものすごくカンタンに言うとすれば

[太陽]が男性的な星座で[月]が女性的な星座の場合、表面的には堂々としているが実は繊細。

[太陽]が女性的な星座で[月]が男性的な星座の場合、表面的には控えめだが実は気性が強い・激しい。

[太陽]と[月]月が同じサイン(近いサイン)であれば、自分の中での葛藤や矛盾はわりと少ない。

・・・などです。



基本的に[月]の性質は自覚していないことが多く、自分ではコントロールができないのに対し、

[太陽]の性質は自覚していることが多く、自分でコントロールができます。

[月]の性質は、自分自身より家族や親しい友人のほうが、感じ取っているかもしれません。

実際の[月]が満ち欠けするように、[月]の性質はとても不安定です。

不安を感じているときほど、[月]の性質が出やすくなると言われています。

また、[太陽]=男性(父)/[月]=女性(母)を象徴しています。



[月]は女性原理の象徴
 
[月]は女性原理を象徴します。

[金星]も女性を象徴しますが、[金星]が性的な意味合いが強い【女性性】をあらわすのに対して、

[月]は【母性】。

特に男性のホロスコープにおいては、【理想の母親像】であるとともに【理想の妻像】でもあります。

男女の恋愛相性を見るのは[金星]と[火星]ですが、結婚相性を見るのは[太陽]と[月]です。



月の満ち欠けの周期は、女性の月経周期とほぼ同じ。

女性は[月]の影響を受けやすいとされ、

女性のネイタルホロスコープにおいては[太陽]ではなく[月]を中心に読み解いていくことも多いようです。

また、女性は[月]のサインの長所が出やすく、男性は[月]のサインの短所が出やすいという説もあります。



[月]に関する記事はこちら

▶︎「月×12サインの傾向」については、こちらの記事をご覧ください。
▶︎理想の恋愛 VS 現実の恋愛 @金星と火星
▶︎恋愛中の彼 VS 結婚後の彼


<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします😊 とても励みになります!!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 384万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















【金星】の意味・象徴(西洋占星術/ホロスコープ)



venus2018.jpg


10天体についての記事でもサラッと触れましたが、この記事では《金星》に的を絞って書きます。


[太陽][火星]が男性原理をあらわす【攻め】の天体であるのに対して、
[月][金星]は女性原理をあらわす【受け身】の天体です。




“ohitsuji.jpg"uo.jpg

《金星》VENUS




<金星の基本データ>

◆大きさ:地球の約0.95

◆並び順:太陽>水星→約225日かけて一周(約225日で12星座を一周)

◆ギリシャ神話:愛の美の女神アフロディーテ

◆ローマ神話:ヴィーナス(ウェヌス)

◆人物像:・彼女・愛人・若い女性・独身女性・美女・女優・金持ち・貴族・快楽主義者・芸術家

◆タロットカード:女帝、恋人、正義、星

◆曜日:金曜日

◆数字:6

◆色:ピンク・パステル調の色

◆宝石:エメラルド・緑玉石・サファイヤ

◆動物:猫・ウサギ・白鳥

年齢域:16〜25歳

◆肉体:女性生殖器・リンパ腺・甲状腺・内分秘腺・腎臓

◆支配サイン:牡牛座・天秤座(ディグニティ※)

◆品位
・居所(ディグニティ※):牡牛座/天秤座
・障害(デトリメント※):蠍座/牡羊座
・高揚(イグザルテーション※):魚座
・下降(フォール※):乙女座





※ 注 ※
・居所(ディグニティ):その天体の「本来の居場所」。その天体の力を正常に発揮できる
・障害(デトリメント):その天体の力を発揮できない場所(ディグニティの反対側)
・高揚(イグザルテーション):その天体が最も勢いを持つ場所
・下降(フォール):その天体が最も勢いを持てない場所(イグザルテーションの反対側)




出生ホロスコープにおける[金星]
 
◎好きなもの、幸せ、好みの状態
 (どのようなことに真の喜びや楽しさを見出すのか)

◎好み・喜び・幸せのツボ
◎価値観
◎趣味嗜好
◎愛情(恋愛)
◎受け身の愛(求める愛)
◎社交性(人間関係)
◎魅力・長所
◎芸術性・美意識
◎金銭感覚・お金に対する価値観
◎物質に対する価値観
◎味覚



 10tentai




◎[金星]がプラスに働くと・・・幸せ・魅力
◎[金星]がマイナスに働くと・・・享楽・贅沢・依存・ルーズ



[金星]は、あなたの“幸せ”がぎゅーっと詰まっている【宝箱】。
[金星]を紐解いていけば、自分がどういうことに幸せを感じるのかが見えてくるはずです。



牡牛座と天秤座は、ともに[金星]が支配星であり

12星座の中で【美意識・美的感覚に優れる】星座(サイン)の “2トップ”と言えますが

両者を差別化するなら

◆牡牛座=自己満足的な美意識
◆天秤座=相対的な美意識(第3者の目線や評価が介入しての美意識)


でしょう。

牡牛座と天秤座の【美意識】の違いについての記事も、合わせてご覧ください。


star.gif こちらの記事も合わせてご覧ください。(自分の中にある10個の人格)



[金星]は女性性の象徴

[金星]は、「宵の明星」「明けの明星」としても有名で、非常に美しい天体です。

太陽の近く(地球の内側)を公転しており、太陽の次に明るい天体です。

シンボルマークが♀であるように、[金星]は女性的エネルギー・女性性の象徴でもあります。

[火星]とペアで考えられることが多く、

[金星]が《受け身》の性質を表し、[火星]が《攻め》の性質を表すとされます。

好みの愛され方や扱われ方など、私たちが外側に何かを求めるとき。

私たちの《受け身》の性質を表す天体が[金星]です。



女性の出生ホロスコープでの[金星]

◎自分がこうありたいと思う女性像
◎女性としての魅力
◎恋愛中の自己演出
◎相手に求める愛(愛され方の好み)
◎理想の恋愛ストーリー



男性の出生ホロスコープでの[金星]

◎惹かれる女性のタイプ(理想の恋人像)→理想の妻像は「月」
◎どんなタイプの女性を惹きつけるか
◎自分の中にある女性的な面(愛され方の好み)



[金星]の逆行│出生ホロスコープで[金星]が逆行している人

金星の【逆行】については、こちらの記事で詳しく解説しています。




[金星]に関する記事はこちら

▶︎理想の恋愛 VS 現実の恋愛 @金星と火星
▶︎恋愛中の彼 VS 結婚後の彼

▶︎《金星》で見る『彼の好みの女性像』〜火のサイン編〜
▶︎《金星》で見る『彼の好みの女性像』〜地のサイン編〜
▶︎《金星》で見る『彼の好みの女性像』〜風のサイン編〜
▶︎《金星》で見る『彼の好みの女性像』〜水のサイン編〜

▶︎《金星》が牡羊座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が牡牛座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が双子座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が蟹座にある人  〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が獅子座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が乙女座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が天秤座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が蠍座にある人  〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が射手座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が山羊座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が水瓶座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が魚座にある人  〜何に幸せを感じるか〜


<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら

▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします😊 とても励みになります!!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 384万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















【火星】の意味・象徴(西洋占星術/ホロスコープ)



mars2018.jpg


10天体についての記事でもサラッと触れましたが、この記事では《火星》に的を絞って書きます。


[太陽][火星]が男性原理をあらわす【攻め】の天体であるのに対して、
[月][金星]は女性原理をあらわす【受け身】の天体です。




“ohitsuji.jpg"uo.jpg

《火星》MARS




<火星の基本データ>

◆大きさ:地球の約0.53

◆並び順:太陽>水星→金星→地球(月)→約2年かけて一周(約2年で12星座を一周)

◆ギリシャ神話:軍神アレス

◆ローマ神話:マルス(マーズ)

◆人物像:・彼氏・若い男性・独身男性・軍人・軍隊・狩人・冒険家・スポーツ選手・外科医・暴力者

◆タロットカード:戦車、塔、力、皇帝、悪魔

◆曜日:火曜日

◆数字:9

◆色:赤

◆宝石:ルビー・サファイヤ

◆動物:虎・鷹・鷲

年齢域:36〜45歳

◆肉体:男性生殖器・筋肉

◆支配サイン:牡羊座・蠍座(ディグニティ)

◆品位
・居所(ディグニティ※):牡羊座/蠍座
・障害(デトリメント※):天秤座/牡牛座
・高揚(イグザルテーション※):山羊座
・下降(フォール※):蟹座




※ 注 ※
・居所(ディグニティ):その天体の「本来の居場所」。その天体の力を正常に発揮できる
・障害(デトリメント):その天体の力を発揮できない場所(ディグニティの反対側)
・高揚(イグザルテーション):その天体が最も勢いを持つ場所
・下降(フォール):その天体が最も勢いを持てない場所(イグザルテーションの反対側)




出生ホロスコープにおける[火星]

◎エネルギーを集中する分野
 (どのようなことに情熱を注ぎ、どのようなことに怒るのか)

◎対外的に打ち出す力(外界への働きかけ)
◎自己主張
◎行動力
◎実行力
◎情熱
◎本能
◎衝動
◎闘争心
◎獲得欲求(攻めのエネルギー)
◎攻撃力(怒りのエネルギー)
◎嗜好、SEX
◎攻めの愛、与える愛、愛情表現
◎トラブルの原因、怪我



 10tentai



◎[火星]がプラスに働くと・・・ 情熱的・主体性・行動力
◎[火星]がマイナスに働くと・・・攻撃性・トラブル・怪我


[火星]は、人間の【知・情・意・足】で言うと【足】を司る天体。

つまり、【行動力】【実行力】をあらわします。

頭で考えたこと・こころで感じたことを、どんなふうに行動に移すのか。

あるいは、移せないのか。

ネイタルホロスコープの[火星]においては、そのあたりも観ていきます。


star.gif こちらの記事も合わせてご覧ください。(自分の中にある10個の人格)



[火星]は男性性の象徴

名前のままですが、火のように赤い天体[火星]。

「戦い」を司る星とされています。

シンボルマークが♂であるように、[火星]は男性的エネルギー・男性性の象徴でもあります。

[金星]とペアで考えられることが多く、

[金星]が《受け身》の性質を表し、[火星]が《攻め》の性質を表すとされます。

私たちが積極的に何かを獲得しようとする《攻め》のとき。

あるいは興奮したり、怒ったりしたときに起動する天体が[火星]です。



女性の出生ホロスコープでの[火星]

◎惹かれる男性のタイプ(理想の恋人像)→理想の夫像は「太陽」
◎どんなタイプの男性を惹きつけるか
◎自分の中にある男性的な面(愛し方)
◎自分が相手に与える愛・自分の愛し方(愛情表現の仕方)



男性の出生ホロスコープでの[火星]

◎自分がこうありたいと思う男性像
◎男性としての魅力
◎愛し方(愛情表現の仕方)



[火星]の逆行│出生ホロスコープで[火星]が逆行している人

火星の【逆行】については、こちらの記事で詳しく解説しています。




[火星星座一覧・火星運行表]

ご自分の火星星座が分からない方は、こちらをご確認ください。



[火星]に関する記事はこちら

▶︎【12星座別】火星星座で見る傾向(どのようなことに情熱を注ぐか)
▶︎理想の恋愛 VS 現実の恋愛 @金星と火星
▶︎恋愛中の彼 VS 結婚後の彼



<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら

▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします😊 とても励みになります!!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 384万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















太陽星座:牡羊座(3/21~4/19生まれ)



“ohitsuji.jpg" ◆◆◆牡羊座◆◆◆
 ニ極/男性星座
 三区分(クオリティ)/活動宮
 四元素(エレメント)/火
 支配星(ルーラー)/火星

─────────────────────────────
◆牡羊座の芸能人(順不同)

<男性>
西島秀俊、堂本剛、的場浩二、岩城滉一、館ひろし、
島田紳助、加山雄三、坂東英二、武田鉄也、
原田泰造、宮迫博之、田原総一郎 etc

<女性>
沢尻エリカ、木村佳乃、竹内結子、神田うの、西川史子、
小嶋陽菜、高橋みなみ、渡辺麻友、上原さくら、
宮沢りえ、工藤静香、真鍋かをり、桃井かおり、
青木さやか、松本明子、篠原ともえ、RICAKO、
和田アキ子、上沼恵美子、野村沙知代 etc

◆牡羊座を表すキーワード
チャレンジ精神/勇気/負けず嫌い/せっかち/我慢できない


【CHECK!!】音楽で喩える「牡羊座の世界観」

─────────────────────────────

勇気とエネルギーの星、「火星」が守護星です。

牡羊座は四区分でいうと「火の星座」ですが、守護星も「火星」。

炎のように、ホットで情熱的な星座であることが伺えます。

まず、上記の芸能人を見てください。特に女性!
みなさま、とっても強そうですよね(笑)

同じ「火の星座」である獅子座も強いですが、獅子座のほうが、腰が据わっている。
牡羊座は、考える前にパッと飛び出していっていまう、せっかちで衝動的な傾向が強くあります。

長距離ランナーではなく、まちがいなく短距離ランナー。
《いまでしょ!》《鉄は熱いうちに打て》などの格言は、牡羊座のためにあるのではないかと思ってしまうほどです(笑)。

とにかく、瞬発的なエネルギーと行動力は、12星座で一番と言ってよいでしょう。
たとえ失敗したとしても、這い上がるスピードも早い。
前進あるのみ、の星座です。

牡羊座は一番若い星座ですので、《子供っぽさ》もキーワードになってきます。
我慢することが極めて苦手でワガママですが、率直で悪気がないので、憎まれることは少ないでしょう。
ちなみに、我慢することができないので、貯金や節約はできません(笑)。

また、ユーモアのセンスがあり、皮肉を含みつつ、思わず笑ってしまうような絶妙なトークをします。
他者にとっての牡羊座は、一緒にいて刺激的な人でしょう。

牡羊座のキーフレーズは《 I am 》《私は存在する》です。



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















太陽星座:牡牛座(4/20〜5/20生まれ)



“oushi.jpg" ◆◆◆牡牛座◆◆◆
 ニ極/女性星座
 三区分(クオリティ)/不動宮
 四元素(エレメント)/地
 支配星(ルーラー)/金星

─────────────────────────────
◆牡牛座の芸能人(順不同)

<男性>
奥田民生、秋元康、浜田雅功、太田光、王貞治、
上田晋也、三宅裕司、安藤政信、上川隆也、
槇原敬之、渡辺徹、美川憲一、美輪明宏、藤原竜也、
井ノ原快彦、武田修広 etc

<女性>
安田美紗子、鶴田真由、坂井真紀、裕木奈江、常盤貴子、
遠山景織子、菊地桃子、山崎千里、藤あや子、生稲晃子、
かたせ梨乃、森光子、光浦靖子 etc

◆牡牛座を表すキーワード
五感の発達/強欲/のんびり/上品/物質主義

【CHECK!!】音楽で喩える「牡牛座の世界観」
─────────────────────────────

天秤座と同じく、愛と美の女神ヴィーナス=「金星」が守護星です。

金星から受ける影響として、愛情に満ち溢れ、美しいものをこよなく愛し、そして《快楽志向》な部分があります。

快楽志向といっても、享楽に溺れるわけではなく、
衣・食・住に一定レベルを求めるというか、「心地よく安定した環境を維持していたい」という本能的欲求が強い。

そのため、リスクを背負ったり賭けに出たりすることに対しては、守りの姿勢になるというか、慎重になってしまうのです。

穏やかでソフト、のんびりゆったりした雰囲気で、とてもマイペースです。

自己主張するのはどちらかというと苦手で、できれば隅の方でこっそりしていたい、受身のタイプです。

また、表向きがどんなにカジュアルでフランクな態度であったとしても、非常に高貴で高潔な星座です。
どんなに品のない言動を取ったとしても、滲み出てしまう《品性》があります。

牡牛座を一言で言うとすれば、《五感の人》だと思います。

《理論より感覚》の人ではあるのですが、じゃあスピーディかというと、そうではありません。

手で触って、目で見て、耳で聴いて、匂いを嗅いで、味を確かめて、自分で納得してから行動に出るため、どちらかというとスローペースになります。
しかし、時間はかかりますが、確実な結果を出していくでしょう。

牡牛座には、グルメな人が多いと言われています。
エンゲル係数は高め!?
食欲に限らず、物欲(所有欲)、性欲などの欲も強い星座です。

牡牛座のキーフレーズは《 I have 》《私は所有する》です。



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















太陽星座:双子座(5/21〜6/21生まれ)



“kani.jpg" ◆◆◆双子座◆◆◆
 ニ極/男性星座
 三区分(クオリティ)/柔軟宮
 四元素(エレメント)/風
 支配星(ルーラー)/水星

─────────────────────────────
◆双子座の芸能人(順不同)

<男性>
有吉弘行、坂上忍、又吉直樹、三村マサカズ、田村亮、
唐沢寿明、二宮和也、福士蒼汰、溝端淳平、三浦翔平、
哀川翔、つるの剛士、大竹まこと、北野大、ガッツ石松、
伊東四郎、石坂浩二、内藤剛志、小倉智昭、細川たかし、本田圭佑 etc

<女性>
長澤まさみ、新垣結衣、相武紗季、国仲涼子、麻生久美子、
釈由美子、黒木メイサ、伊東美咲、梨花、眞鍋かをり、
田中麗奈、松たか子、大塚寧々、鈴木京香、
石田ひかり、夏川結衣、若槻千夏、ミムラ、
山田邦子、森口博子、松本伊代、いとうあさこ、
沢口靖子、美空ひばり etc

◆双子座を表すキーワード
二面性/知性/好奇心/多才/軽やか

【CHECK!!】音楽で喩える「双子座の世界観」 
─────────────────────────────

乙女座と同じく、知性・コミュニケーション・理性・言語を司る「水星」が守護星です。

シンボルマークはローマ数字の「2」を表し、「双子」とともに、《二面性》を象徴しています。

陽気でよくしゃべりよく笑うかと思えば、急に不機嫌になって押し黙ってしまったりします。

また、調子が良いときは、発作的に、次々にアイデアや企画が思い浮かんだりしますが、すぐに忘れてしまったりします。
ただし、本人自身は、そのへんはあまり気にしていません(笑)。

若々しく、フレキシブルでアグレッシブな人が多いのが双子座です。
見た目だけではなく精神的な若さもあり、いくつになっても少年・少女のような無邪気さを失いません。

なにごとからも《遊びの要素》を見出す天才ですが、
手芸とかパズルとかルービックキューブとかプラモデルとか、何かを組み立てていくような、頭と手先を同時に使うようなことが好きです。

「見たい!聴きたい!食べたい!やってみたい!」。

《好奇心旺盛》という点では射手座とかぶりますが、射手座ほど熱狂的にのめり込んだりはしません。あくまでライト、身軽です。

また、同じ「水星」を守護星とする乙女座と違うのも、やはり《軽やかさ》です。
頭は良いですが、乙女座ほどストイックで批判的ではなく、あくまでフレキシブル。

良い意味で、こだわりがありません。こだわって留まりつづけることを毛嫌いします。

個人的な話ですが、双子座のイメージは「小鳥」です。
ちょこちょこ動き回り、チュンチュンとさえずり、すぐに飛んで行ってしまうような感じ(笑)。

ただし、軽やかな割には、自分の“非”を認めたがらないところがあります。ムキになって反論したりして・・。
でも、そういうことさえも、すぐに忘れてしまいます(笑)。

基本的には、明るく楽しい人が多いのが双子座です。

双子座のキーフレーズは《 I think 》《私は思考する》です。



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















太陽星座:蟹座(6/22〜7/22生まれ)



“kani.jpg" ◆◆◆蟹座◆◆◆
 ニ極/女性星座
 三区分(クオリティ)/活動宮
 四元素(エレメント)/水
 支配星(ルーラー)/

─────────────────────────────
◆蟹座の芸能人(順不同)

<男性>
明石家さんま、内村光良、岡村隆史、遠藤章造、
ケンドーコバヤシ、草なぎ剛、赤西仁、三宅健、
斎藤和義、藤井フミヤ、藤木直人、永瀬正敏、遠藤憲一、
阿部寛、沢村一樹、椎名桔平、板尾創路、三谷 幸喜、
松方弘樹、緒方拳、久米宏、関口宏、愛川欽也 etc

<女性>
優香、井川遥、能年玲奈、広末涼子、長谷川京子、
吉高由里子、石橋杏奈、山本美月、山田優、板谷由夏、
前田敦子、板野友美、柏木由紀、北原里英、松浦亜弥、
南野陽子、水野美紀、松下由樹、大竹しのぶ、中村玉緒、
浅野ゆう子、松坂慶子、古手川祐子、森公美子 etc

◆蟹座を表すキーワード
母性/献身/感傷的/気まぐれ/共有

【CHECK!!】音楽で喩える「蟹座の世界観」

─────────────────────────────

守護星の「」は、母性・理想の母親像を表します。

また、「蟹」のハサミは、一旦くっつくと離れようとしない資質を象徴しています。

面倒見が良く、きめ細やか。身内・家族・仲間を慈しみ、非常に大切にします。
優しく、慈悲深く、自分の感情や希望を犠牲にしてでも、尽くすところがあります。
一方で、内弁慶ではなく外弁慶というか、心許せる人以外には攻撃的で冷たい部分があります。

母性と言うと包容力を連想しますが、父性的なスケールの大きな包容力ではなく、あくまで女性的な包容力です。

「何かのために」「誰かのために」奉仕することに喜びを見出す性質で、甲斐甲斐しく一生懸命尽くすのですが、
そのことに気づいてもらえないと、急にヒステリックになったりします。

海の満ち引きのように、不安定で気まぐれな部分があり、感情のコントロールに苦悩します。
感情に振り回される恐怖は本人が一番自覚しているので、普段は(蟹の硬い甲羅の中に)感情を隠しています。

巣作り本能の影響からか、長年の伝統や歴史を重んじます。
「昔からある古いもの」に愛着を示す傾向にあり、変化や革新には戸惑いを覚えます。

芸能人を見ると、これまた納得の面々です。
男性は繊細で優しそうな、あたたかい雰囲気の人が多いですね。

女性ですが、同じ水区分の蠍座にミステリアスな色気を醸す女性が多いのとは対照的に、
まろやかでやわらかで、良妻賢母になりそうな人が多い。
「色気」というよりは「癒し」のニュアンスのほうが強いです。

優香さんや井川遥さんが蟹座だなんて、個人的には、まさにイメージ通り!という感じです。

いずれにせよ、蟹座・蠍座・魚座の水区分の女性は、女性らしい、いかにも女っぽい人が本当に多い気がします。

蟹座のキーフレーズは《 I feel 》《私は感じる》です。



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。