【火星・土星・アンタレス合】何との戦い/決着なのか? 射手座9度で合(2016/8/24)



こんばんは。miraimikuです。


8月〜9月は、宇宙の動きが激しくて、ブログも大忙しです。

〜 以下、8月13日「射手座土星が順行へ」の記事から引用 〜


star.gif8月→9月でガラッと切り替わります

◆8月3日 :獅子座新月/火星が射手座入り
◆8月13日:3月末から逆行していた土星が、射手座9度で順行に
◆8月18日:水瓶座満月(月蝕
◆8月23日:太陽が乙女座入り
◆8月24日:順行の火星・土星が射手座9度でコンジャンクション(0度)

━━9月以降は「スピード出し過ぎ注意報」━━

◆9月1日 :乙女座新月(乙女座木星)(日蝕)
◆9月9日 :木星が天秤座入り
◆9月17日:魚座満月(月蝕)
◆9月22日:太陽が天秤座入り
◆10月1日:天秤座新月(天秤座木星)




──というわけで、前々から強調していたとおり

8月24日の20時頃、順行の火星と土星が、射手座9度でピッタリ重なります。

さらに言うと、

火星・土星・アンタレスの3天体が、射手座9度で重なります。

(火星・土星・アンタレスがトリプルコンジャンクション



アンタレスは、「蠍座の心臓」と呼ばれる部分ですが、占星術上では射手座9度付近にあります。

全天に21ある一等星の1つ(恒星)で、直径は太陽の720倍、明るさは太陽の6.5万倍です。

アンタレスは、ギリシャ語由来では、火星に対抗する(アンチ:アレス)の意味があります。

(火星は戦争をイメージさせるものとして、ギリシャ神話では軍神アレスの姿とされました)

「宿敵」であり、どちらも血気盛んな火星とアンタレスが重なるわけですから、穏やかではありません。

また、あまりこういう言い方はしたくありませんが、火星も土星も占星術上では「凶星」に分類されます。

火星・土星・アンタレスが重なることは、いったい何を意味するのでしょうか。





▼火星・土星・アンタレスのコンジャンクション(画像引用元:AstroArts
20160824-1.jpg


▼アンタレスの大きさ




火星と土星がアンタレス付近に並ぶ現象は、およそ30年に一度レベル。

それだけでもビッグイベントですが、


火星・土星・アンタレスの3天体が
ここまでタイトに接近するのは(2016年8月24日)
過去200年を見ても、例がないようです。



直近で言うと1986年2月、アンタレス射手座9度35分/火星・土星が射手座8度58分ですが

今回2016年8月24日は、アンタレス射手座9度59分/火星・土星が射手座9度54分、かなりタイトです。



火星の象意=情熱・本能・衝動・行動力・積極性・攻撃性・怒り・戦い・男性性。

土星の象意=現実・責任・試練・制限・圧力・体制・ルール・権力。

アンタレスの象意は、蠍座・火星・冥王星の象意を合体させたような意味──破壊と創造・死と再生・カルマ・宿命・復讐──。

火星・土星のコンジャンクション「過去との決着」「区切り」

火星・アンタレスのコンジャンクションは、冒頭でも書いたとおり、「血気盛んな宿敵同士」であり、

「戦い」「戦争」「紛争」「テロ」「地震」「天災」「疫病」「事故」を暗示すると言われています。


では、火星・土星・アンタレスのトリプルコンジャンクションは──?



すみません。あまりにも大きすぎて、私も捉えきれません。

絶大で強烈なエネルギー。

不可抗力。

何かが終わって何かが始まる。

犠牲や痛みや覚悟を伴う「死と再生」。

いずれにしても、極めて男性的なエネルギーです。

今後一週間くらいは(もっと言うと9月1日の乙女座新月あたりまでは)気がかりです。



現在は、太陽が乙女座にあること。

魚座の海王星が、火星・土星・アンタレスの合に対してスクエアを形成していること。

これらを踏まえると、

この強烈で絶大なエネルギーを、正義・奉仕・癒しのエネルギーに転換していくこと

を忠告されているようにも思えます。




ちなみに私は、自分の出生ホロスコープで、射手座10度の太陽(4ハウス)を持っています。

自分の太陽と、火星・土星・アンタレスがタイトに重なるわけです。

ただでさえ、今年の射手座での動き(火星と土星の逆行)はしんどかったですが

追い討ちをかけての、アンタレス合・・・。

「何が起きてもおかしくないな」と思いながらも

何も起きないことを、無力に祈るばかりです。

(個人的には9月過ぎるくらいまでは気が抜けません)


※8月29日追記▶︎火星・土星・アンタレス合】個人的所感




↓↓ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 占い
0002.jpg
人気ブログランキング


ブログ開設14ヶ月で、総アクセス数【 102万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら




《太陽》が表すもの〜太陽×12サイン〜


10天体についての記事でもサラッと触れましたが、この記事では《太陽》に的を絞って書きます。

太陽火星が男性原理をあらわす【攻め】の天体であるのに対して、
金星は女性原理をあらわす【受け身】の天体です。



“ohitsuji.jpg"uo.jpg

《太陽》SUN




◆大きさ:地球の約110

◆並び順:太陽>水星→金星→地球→火星→木星→土星→天王星→海王星→冥王星(月は地球の周りを公転)

◆ギリシャ神話:太陽神ヘーリオス

◆タロットカード:太陽、皇帝、力、世界

年齢域:26歳〜35歳

◆居所(ディグニティ※):獅子座
◆障害(デトリメント※):水瓶座
◆高揚(イグザルテーション※):牡羊座
◆下降(フォール※):天秤座



太陽は地球の110倍の大きさ!

よく《東京ドーム100個分》なんていう表現に驚愕したりしますが、
太陽の場合、《地球110個分》ですよ!?

地球のスピードについて書いた記事でも触れましたが、地球は、時速1700キロで自転しながら、
時速10万キロで太陽の周りを一周しています。

地球の110倍=時速10万キロで一年もかかる太陽の大きさ

実感がわかなさすぎて笑えますよね。


太陽の周りを公転しているのは、地球だけではありません。

太陽に近い順で言うと、

(1)水星 (2)金星 (3)地球 (4)火星 (5)木星 (6)土星 (7)天王星 (8)海王星 (9)冥王星

この順番で、9つの天体がそれぞれ、太陽の周りを公転しています。

※月は、太陽ではなく地球の周りを公転しています※

※9つの天体以外にもさまざまな小惑星がありますが、ここでは省略します※

(地球を抜かして考えると)この8つの天体+月+太陽こそが占星術における主要天体であり、太陽は最も重要な観点となります。

9つの天体が太陽の周りを公転している様子、太陽系の動きを視覚で感じることができるすばらしい動画がありますので、ぜひ観てみてくださいね。



ホロスコープの《太陽》

◆社会的自己(月は内的自己)
◆顕在意識(月は潜在意識)
◆自覚している自我、自意識(月は無意識)
◆オフィシャルの人格(月はプライベート)
◆理性
◆意志
◆人生の目的
◆人生観
◆生き方、軸
◆創造性
◆人格統合
◆父親
◆理想の夫像(女性のホロスコープ)


こちらの記事も合わせてご覧ください。(自分の中にある10個の人格)



太陽が「表」/月が「裏」

言うまでもなく、太陽は、占星術において最も重要な観点です。

【君、何座?】と聞かれたときに答える【アタシ、乙女座】は、

「アタシが生まれた瞬間に、地球から見て、太陽が乙女座のサインにあった」ということ。

いわゆる世間でいう「12星座占い」は、占星術の中でも、太陽だけしか観ていない超超簡略版の星占いです。


つまりそれほど太陽の存在が大きいということなのですが、わかりやすく言うなら、

月・水星・金星・火星・・・が持つそれぞれの性質を、太陽が中心となって集約・統合しながら一人の人格を形成しているというイメージです。

太陽のサインより、月〜火星に強いサインがあったりすると、
本人は《12星座占いの性格診断は当たっていないと感じる=自分の太陽星座に違和感を覚える》かもしれません。


特に、太陽は月とペアで考えられることが多く、
太陽=男性(父)/月=女性(母)を象徴しています。

太陽が「表」なら月は「裏」、太陽が「顕在意識」なら月は「潜在意識」、太陽が「アウトプット」なら月は「インプット」といった具合です。

基本的に月の性質は自覚していないことがほとんどで自分ではコントロールができないのに対し、
太陽の性質は自覚していることが多く、自分でコントロールができます。

ざっくり言うと太陽がオフィシャルな顔、月がプライベートな顔と捉えられるため、

たとえばその人の仕事について知りたいときは、私はその人の太陽と火星を中心にしてホロスコープを観ていきます。



《太陽》は男性原理の象徴

太陽は男性原理を象徴します。

火星も男性を象徴しますが、火星が性的な意味合いが強いのに対して、太陽は「父親像」。

どのような父親を理想とするかをあらわすとされ、
特に女性のホロスコープにおいては、理想の父親像であるとともに、理想の夫像でもあります。

男女の恋愛相性を見るのは金星と火星ですが、結婚相性を見るのは太陽と月です。



《太陽》に関する記事はこちら

▶︎太陽星座:牡羊座(3/21〜4/19生まれ)
▶︎太陽星座:牡牛座(4/20〜5/20生まれ)
▶︎太陽星座:双子座(5/21〜6/21生まれ)
▶︎太陽星座:蟹座(6/22〜7/22生まれ)
▶︎太陽星座:獅子座(7/23〜8/22生まれ)
▶︎太陽星座:乙女座(8/23〜9/22生まれ)
▶︎太陽星座:天秤座(9/23〜10/23生まれ)
▶︎太陽星座:蠍座(10/24〜11/21生まれ)
▶︎太陽星座:射手座(11/22〜12/21生まれ)
▶︎太陽星座:山羊座(12/22〜1/19生まれ)
▶︎太陽星座:水瓶座(1/20〜2/18生まれ)
▶︎太陽星座:魚座(2/19〜3/20生まれ)



※ 注 ※
◆居所(ディグニティ):その天体の「本来の居場所」。その天体の力を正常に発揮できる場所
◆障害(デトリメント):その天体の力を発揮できない場所(ディグニティの反対側)
◆高揚(イグザルテーション):その天体が最も勢いを持つ場所
◆下降(フォール):その天体が最も勢いを持てない場所(イグザルテーションの反対側)

↓クリックいただけたら、励みになります!


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


《水星》が表すもの


10天体についての記事でもサラッと触れましたが、この記事では《水星》に的を絞って書きます。



uo.jpg

《水星》MERCURY




◆大きさ:地球の約0.38

◆並び順:太陽>水星→金星→地球→火星→木星→土星→天王星→海王星→冥王星(月は地球の周りを公転)

◆公転周期:自転しながら太陽のまわりを約88日かけて公転

◆ギリシャ神話:商業の神ヘルメス

◆タロットカード:魔術師、女教皇、隠者、運命の輪、正義

◆年齢域:8歳〜15歳(義務教育期)

◆居所(ディグニティ※):双子座/乙女座
◆障害(デトリメント※):射手座/魚座
◆高揚(イグザルテーション※):水瓶座
◆下降(フォール※):獅子座



ホロスコープでの《水星》

◆コミュンケーションの方法
◆思考のクセ
◆脳、神経
◆知性
◆言語活動
◆情報
◆能力
◆学習(学び方)
◆記憶力
◆移動



双子座と乙女座は水星が支配星ですが、差別化するなら、双子座は知性の拡大、乙女座は知性の実用化

双子座は情報の収集と拡大、乙女座は情報の処理と整理体系化と言えそうです。

こちらの記事も合わせてご覧ください。(自分の中にある10個の人格)



《水星》はコミュニケーション・知性の象徴

水星は太陽系の中でもっとも小さく、また太陽に最も近い天体です。

また、一番早く動くスピーディーな天体。

太陽系の中で一番小さくて、一番早くて、「小回りが効く天体」というイメージです。

コミュニケーションや知性を象徴する天体のため、
水星のサインを見れば、その人がどんなコミュニケーション(表現手法)を取るのか、
どんな分野に頭を働かせるのかなどを知ることができます。

個人天体の中ではそれほど強い影響力を持つ天体ではないですが、
全体的な解釈の方向性を調整する点で大きなヒントになる天体だと思っています。



※ 注 ※
◆居所(ディグニティ):その天体の「本来の居場所」。その天体の力を正常に発揮できる場所
◆障害(デトリメント):その天体の力を発揮できない場所(ディグニティの反対側)
◆高揚(イグザルテーション):その天体が最も勢いを持つ場所
◆下降(フォール):その天体が最も勢いを持てない場所(イグザルテーションの反対側)


↓クリックいただけたら、励みになります!


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


《月》が表すもの



10天体についての記事でもサラッと触れましたが、この記事では《月》に的を絞って書きます。


太陽火星が男性原理をあらわす【攻め】の天体であるのに対して、
金星は女性原理をあらわす【受け身】の天体です。



“ohitsuji.jpg"uo.jpg

《月》MOON




◆大きさ:地球の約0.25

◆並び順:太陽>水星→金星→地球→火星→木星→土星→天王星→海王星→冥王星(月は地球の周りを公転)

◆公転周期:自転しながら地球のまわりを約29.5日かけて公転

◆ギリシャ神話:月の女神アルテミス

◆タロットカード:女教皇、女帝、吊るし人、節制、星、月

年齢域:0歳〜7歳(幼少期)

◆居所(ディグニティ※):蟹座
◆障害(デトリメント※):山羊座
◆高揚(イグザルテーション※):牡牛座
◆下降(フォール※):蠍座



ホロスコープでの《月》

◆もっともリラックスしているときの状態
◆内的自己(太陽は社会的自己)
◆潜在意識(太陽は顕在意識)
◆無意識の自我(太陽は自意識)
◆プライベートの人格(太陽はオフィシャル)
◆感情のクセ
◆欲求
◆素顔
◆不安
◆反応
◆無意識の習慣
◆幼少期の人格
◆母親
◆理想の妻像(男性のホロスコープ)


こちらの記事も合わせてご覧ください。(自分の中にある10個の人格)



太陽が「表」/月が「裏」

太陽とペアで考えられることが多く、太陽と同等に重要視されます。

太陽=男性(父)/月=女性(母)を象徴しており、太陽が「表」なら月は「裏」、太陽が「顕在意識」なら月は「潜在意識」、太陽が「アウトプット」なら月は「インプット」といった具合です。

わかりやすく言うなら、太陽が「社会的自己=オン」で、月が「内的自己=オフ」


たとえば、ものすごくカンタンに言うとすれば

太陽が強いサインで月が弱いサインの場合、表面的には堂々としているが実は繊細。

太陽が弱いサインで月が強いサインの場合、表面的には控えめだが実は気性が激しい。

太陽と月が同じサイン(近いサイン)であれば、自分の中での葛藤や矛盾はわりと少ない。

・・・などです。


また、太陽の性質は自覚しているため自分でコントロールできますが、
月の性質は自覚していないことがほとんどで、自分ではコントロールができません。

自分自身より家族や親しい友人のほうが、本人の月の性質を感じ取っているかもしれません。

また、実際の月が満ち欠けするように、月の性質は「不安定」。

不安を感じているときほど、月の性質が出やすくなると言われています。



《月》は女性原理の象徴
 
月は女性原理を象徴します。

金星も女性を象徴しますが、金星が性的な意味合いが強いのに対して、月は「母性」。

男女の恋愛相性を見るのは金星と火星ですが、結婚相性を見るのは太陽と月です。

月の満ち欠けの周期は、女性の月経周期とほぼ同じ。

女性は月の影響を受けやすいとされ、
女性のホロスコープにおいては太陽ではなく月を中心に読み解いていくことも多いようです。

また、女性は月のサインの長所が出やすく、男性は月のサインの短所が出やすいという説もあります。



《月》に関する記事はこちら

▶︎「月×12サインの傾向」については、こちらの記事をご覧ください。
▶︎理想の恋愛 VS 現実の恋愛 @金星と火星
▶︎恋愛中の彼 VS 結婚後の彼


※ 注 ※
◆居所(ディグニティ):その天体の「本来の居場所」。その天体の力を正常に発揮できる場所
◆障害(デトリメント):その天体の力を発揮できない場所(ディグニティの反対側)
◆高揚(イグザルテーション):その天体が最も勢いを持つ場所
◆下降(フォール):その天体が最も勢いを持てない場所(イグザルテーションの反対側)

↓クリックいただけたら、励みになります!


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


《金星》が表すもの


10天体についての記事でもサラッと触れましたが、この記事では《金星》に的を絞って書きます。

太陽火星が男性原理をあらわす【攻め】の天体であるのに対して、
金星は女性原理をあらわす【受け身】の天体です。



“ohitsuji.jpg"uo.jpg

《金星》VENUS




◆大きさ:地球の約0.95

◆並び順:太陽>水星→《金星》→地球→火星→木星→土星→天王星→海王星→冥王星(月は地球の周りを公転)

◆公転周期:自転しながら太陽のまわりを約225日かけて一周

◆ギリシャ神話:愛の美の女神アフロディーテ

◆タロットカード:女帝、恋人、正義、星

◆年齢域:16歳〜25歳(思春期)

◆居所(ディグニティ※):牡牛座/天秤座
◆障害(デトリメント※):蠍座/牡羊座
◆高揚(イグザルテーション※):魚座
◆下降(フォール※):乙女座


ホロスコープでの《金星》
 
◆好きなもの、幸せ、好みの状態(どのようなことに真の喜びや楽しさを見出すのか)
◆欲求の満たされ方
◆愛情(恋愛)
◆受け身の愛、求める愛
◆社交性(交友関係)
◆趣味思考
◆好み・喜び
◆価値観
◆魅力・長所
◆芸術性・美意識
◆金銭感覚
◆味覚
◆物質


◎金星がプラスに働くと・・・幸せ、魅力
◎金星がマイナスに働くと・・・依存、享楽、堕落、贅沢

金星は、あなたの“幸せ”がぎゅーっと詰まっている【宝箱】。
金星を紐解いていけば、自分がどういうことに幸せを感じるのかが見えてくるはずです。


牡牛座と天秤座は金星が支配星ですが、差別化するなら、牡牛座は絶対的な喜びや楽しみ、天秤座は相対的な喜びや楽しみ

牡牛座は「自己満足」、天秤座は「他者の目線が介入しての満足」と言えそうです。

牡牛座と天秤座の違いについての記事もご覧ください。

金星の役割については、こちらの記事も合わせてご覧ください。(自分の中にある10個の人格)



金星は女性性の象徴

「宵の明星」「明けの明星」として有名な天体。
太陽の近く(地球の内側)を公転しており、太陽の次に明るい天体です。

シンボルマークが♀であるように、金星は女性的エネルギー・女性性の象徴でもあります。

火星とペアで考えられることが多く、金星が《受け身》の性質を表し、火星が《攻め》の性質を表すとされます。
好みの愛され方や扱われ方など、外に何かを求めるとき、《受け身》の性質を表す天体=金星です。



女性のホロスコープでの《金星》

◆自分がこうありたいと思う女性像
◆女性としての魅力
◆愛され方の好み



男性のホロスコープでの《金星》

◆惹かれる女性のタイプ(理想の恋人像)→理想の妻像は「月」
◆どんなタイプの女性を惹きつけるか
◆自分の中にある女性的な面(愛され方の好み)



《金星》に関する記事はこちら

▶︎理想の恋愛 VS 現実の恋愛 @金星と火星
▶︎恋愛中の彼 VS 結婚後の彼

▶︎《金星》で見る『彼の好みの女性像』〜火のサイン編〜
▶︎《金星》で見る『彼の好みの女性像』〜地のサイン編〜
▶︎《金星》で見る『彼の好みの女性像』〜風のサイン編〜
▶︎《金星》で見る『彼の好みの女性像』〜水のサイン編〜

▶︎《金星》が牡羊座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が牡牛座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が双子座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が蟹座にある人  〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が獅子座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が乙女座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が天秤座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が蠍座にある人  〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が射手座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が山羊座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が水瓶座にある人 〜何に幸せを感じるか〜
▶︎《金星》が魚座にある人  〜何に幸せを感じるか〜



※ 注 ※
◆居所(ディグニティ):その天体の「本来の居場所」。その天体の力を正常に発揮できる場所
◆障害(デトリメント):その天体の力を発揮できない場所(ディグニティの反対側)
◆高揚(イグザルテーション):その天体が最も勢いを持つ場所
◆下降(フォール):その天体が最も勢いを持てない場所(イグザルテーションの反対側)

↓クリックいただけたら、励みになります!


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


《火星》が表すもの


10天体についての記事でもサラッと触れましたが、この記事では《火星》に的を絞って書きます。

太陽火星が男性原理をあらわす【攻め】の天体であるのに対して、
金星は女性原理をあらわす【受け身】の天体です。



“ohitsuji.jpg"uo.jpg

《火星》MARS




◆大きさ:地球の約0.53

◆並び順:太陽>水星→金星→地球→《火星》→木星→土星→天王星→海王星→冥王星(月は地球の周りを公転)

◆公転周期:自転しながら太陽のまわりを約2年かけて一周

◆ギリシャ神話:軍神アレス

◆タロットカード:皇帝、戦車、力、死神、塔

年齢域:36歳〜45歳

◆居所(ディグニティ※):牡羊座/蠍座
◆障害(デトリメント※):天秤座/牡牛座
◆高揚(イグザルテーション※):山羊座
◆下降(フォール※):蟹座


ホロスコープでの《火星》

◆エネルギーを集中する分野(どのようなことに情熱を注ぐのか)
◆対外的に打ち出す個人の力
◆外側への対処の仕方
◆挑戦のテーマ
◆情熱
◆獲得欲求
◆本能
◆衝動
◆行動力
◆主張
◆積極性
◆攻撃性(怒り)
◆仕事
◆性的嗜好、SEX
◆攻めの愛、与える愛、愛情表現
◆トラブルの原因、怪我


◎火星がプラスに働くと・・・情熱、行動力
◎火星がマイナスに働くと・・・攻撃性、トラブル、怪我

こちらの記事も合わせてご覧ください。(自分の中にある10個の人格)



《火星》は男性性の象徴

名前のままですが、火のように赤い天体、火星。「戦い」を司る星とされています。

シンボルマークが♂であるように、火星は男性的エネルギー・男性性の象徴でもあります。

金星とペアで考えられることが多く、金星が《受け身》の性質を表し、火星が《攻め》の性質を表すとされます。

積極的に何かを獲得しようという《攻め》のとき、あるいは興奮したり、怒ったりしたときに起動する天体=火星です。



女性のホロスコープでの《火星》

◆惹かれる男性のタイプ(理想の恋人像)→理想の夫像は「太陽」
◆どんなタイプの男性を惹きつけるか
◆自分の中にある男性的な面(愛し方)



男性のホロスコープでの《火星》

◆自分がこうありたいと思う男性像
◆男性としての魅力
◆愛し方(愛情表現の仕方)


《火星》に関する記事はこちら

▶︎火星×12サイン 〜どのようなことに情熱を注ぐか〜
▶︎理想の恋愛 VS 現実の恋愛 @金星と火星
▶︎恋愛中の彼 VS 結婚後の彼


※ 注 ※
◆居所(ディグニティ):その天体の「本来の居場所」。その天体の力を正常に発揮できる場所
◆障害(デトリメント):その天体の力を発揮できない場所(ディグニティの反対側)
◆高揚(イグザルテーション):その天体が最も勢いを持つ場所
◆下降(フォール):その天体が最も勢いを持てない場所(イグザルテーションの反対側)

↓クリックいただけたら、励みになります!


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


ゾロ目の意味


今日から7月ですね。

ついこないだ2015年になったくらいに思っていたら、もう一年の半分まで来てしまったようで。

年を取れば取るほど、時間が経つのが早くなるものですよね。

個人的には、例年、後半になればなるほどラッキーなことが起こりまくる傾向にあるので、
今からいろいろと楽しみです



さてさて。

見てください!







じゃじゃじゃーん!! ゾロ目レシート、ゲット!


こういうの、大好きです。
「エンジェルナンバー」などと言うそうですね。

やっぱりなんとなく縁起がいいような気がするし、
深く深く押し込めている“ギャンブラーの血”が騒いでしまうと言いますか(^^)

(※今は、海底2万マイルの奥底に沈めておりますので、ご心配なく!笑)



数字ごとのゾロ目の意味を解説している記事を見つけたので、引用させていただきますね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゾロ目が教える宇宙からのメッセージ「777」は勇気を持つ時、「999」は終わりの時
━━━━━━━━━━━━━━━━━



それにしても、デジタル時計の表示やレシートでゾロ目を見るときって、
妙に重なったりしませんか?

ゾロ目を無意識に「受け取っている」時期というか、
潜在意識の世界に関係するのかもしれないですね。


↓クリックいただけたら、励みになります!


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら