射手座新月。「メンタルブロック」の外へ!(2016/11/29 射手座新月)



miraimikuです。


11月29日(火) 21時19分、射手座の位置で、新月を迎えます。


【スタート】を意味する新月が、
【自由・冒険・勇気・成長・変化・直感】をテーマとする射手座にある。



射手座の支配星(守護星)は「拡大・発展・追い風」の木星ですので、

木星のエネルギーも活性化します。

この新月の影響下においては、タイトルの通り、

メンタルブロック(心の壁)を取り払うこと。


「新しい自分/未知の世界に飛び込む」には最適なタイミングです。

射手座に主要天体をお持ちの方はもちろん、そうでない方も、

「射手座エネルギー」を意識して活用することで、開運できる時。

「射手座エネルギー」を活用するとは、つまり、

メンタルブロックを取り払って、とことん自由に、自分が好きなように、無謀に、ぶっ飛んじゃうこと。

意識・妄想レベルでも構いません。

射手座シーズンに萎縮していては、もったいない!

いいんです、次の山羊座が、しっかり地に足をつけてくれますから(^^)

「短所・苦手なこと・できないこと・現実」にフォーカスするのではなく

長所・得意なこと・できること・夢」にフォーカスしてください。



ちなみに私 miraimikuは、射手座女。

今回は松岡修造さん並みに暑苦しく書いてしまうと思いますが、説得力はあると思います!

どうかご容赦いただき、最後までお読みいただければ幸いです(笑)



20161129-1.jpg


新月=生まれたての月。始まりの時


新月は月齢0。 【スタート】【生まれ変わり】の時。

およそ1ヶ月に1度ペースで訪れる新月は、新しいものを生み出す生命力に満ち溢れ、

新月の日は「願望実現」のパワーが最も強いときだと言われています。

また、意志(太陽)と感情(月)が一致する(重なる)という意味でも、

願望実現に向けてスタートを切るタイミング。

ですから、願いごと(目標設定)をするのは、満月のときではなく新月のときです。

新月のときに立てた目標(願いごと)を、満月のときに見直すという「一連のサイクル」を繰り返します。

イメージとしては、こんなかんじです。


◆新月(スタート):新しいテーマに切り替わる
   
◆満月(達成/振り返り):新月のテーマを振り返り、テコ入れをする
   
◆新月(スタート):新しいテーマに切り替わる




今回の射手座新月のテーマは、次の山羊座新月(12月29日)まで続きます。

つまり、「2016年の総決算/総仕上げ」とも言える新月。


また、今回の新月ホロスコープでは、2017年上旬の鍵を握る大きなフォーメーションが既に形成されています。

2016年を振り返り、次の2017年を意識したうえで、

願いごと(目標設定)をすると良いでしょう。


star.gif新月の願いごと(目標設定)

◆新月から48時間以内(8時間以内が理想)
◆ノートなどに手書きで書く
◆願いごとは2項目以上、10項目まで
◆自分を主語にし、既に叶った形の肯定文(アファメーション)で書く
◆一日一回、特に何も考えなくていいので、書いたものに目を通す




20161129-2.jpg



射手座新月のテーマ/願いごと


star.gif 射手座(11月22日~12月21日)

◆二 極:男性星座(外側へのエネルギー)
◆三区分:柔軟宮 (破壊・変化・適応エネルギー)
◆四元素:   (情熱・直感・上昇エネルギー)
◆支配星:木星  (幸運・拡大・発展・成長・楽観)

◆射手座のキーワード
【自由】【好奇心】【冒険】【探究】【成長】
【直感】【ひらめき】【変化】【スピード】【神出鬼没】【無謀】
【精神性】【スピリチュアル】【哲学】【宗教】【学問(学ぶ/教える)】【文武両道】【旅】【グローバル】
【ハンター】【標的に向かって一直線】【まっしぐら】【熱狂】【遊びごころ】【子供っぽさ】
【とりあえず】【トライアンドエラー】【楽観的】【寛容】【臨機応変】

◆射手座のテーマ
ベクトルは常に「ここではないどこかへ」
外の世界(未知の世界)に出ていく、外側にアウトプットしていく
「生きる意味」を探求しつづける(精神性・哲学・真理)
直感を信じて動く、動きながら考える




◆天秤座:広く浅く、繋がる(多様性の享受)
◆蠍座 :狭く深く、繋がる(深掘りと同化)
◆射手座:「答え」を探して、外の世界へ!(昇華)



より遠く、より高く、より広い世界へ──。

射手座のシンボルマークの弓矢 ♐️ は、【ここではない、どこかへ】という意味合いを持ちます。

天秤座で広げ、蠍座で深めた人間関係を断ち切り、

自分探しの旅」に出る=外の世界に飛び出していくのが射手座です。


 20161122-2.jpg


射手座は、宇宙(銀河系)の中心にあるサインです。

物質・肉体・人間関係に束縛されることなく、

◆「精神の自由」を追求すること(精神性・哲学・宇宙意識)
◆「自分探し/存在理由・生きている意味の答え探し」の旅に出ること


これらは射手座のテーマですが、

宇宙の中心=生命の源・魂の故郷 に帰ろうとする本能的衝動なのかもしれません。



自分という人間は。

何が好き?
何をしている時が楽しい?
どんな時に、ワクワクする?
どういう時に、時間を忘れる?

子供の頃、何になるのが夢だった?
願いごとが何でも叶うなら、何が欲しい? どうなりたい?



自分で、
自分という人間を、
自分のワクワクを、
感じてみてください。

そして、自由に書き出してみてください。

夢を描くのは自由です。
(夢でまで遠慮してどうする??)


メンタルブロックを、一回、取り払って。

できる・できない、現実的・非現実的かは、
いったん脇に置いておいて。

この際なんでもありで、図々しくてもいいから。

後先考えず、ひたすら自由に大胆に、
自分の好きなこと・やってみたいことを
ぜんぶ書き出してみてください。




射手座新月(11月29日)〜山羊座新月(12月29日)までの間に、是非やってみてほしいことです。

一種の「遊び」「ゲーム」だと思って、是非やってみてください。

「文章で書き出すこと」が、絶対ルールです。

「書き出したよ。 ・・・で? 」とか言わずに。

今は、書き出すだけでいいのです。



11月29日・射手座新月ホロスコープ

 2016/11/29/21:19 東京都 (さくっとホロスコープを利用させていただきました)
20161129-3.jpg

<2016/11/29 射手座新月 ホロスコープ ポイント>

◆活動4/不動2/柔軟5(ASC含む)
火6/地2/風2/水1(ASC含む)
◆天王星が逆行中(海王星は11/20に順行へ)

◆射手座に、太陽・月・水星・土星
◆射手座新月─魚座海王星がスクエア(90度
◆射手座土星─水瓶座火星─天秤座木星が小三角
◆射手座土星─天秤座木星─牡羊座天王星が調停
◆山羊座金星&冥王星─天秤座木星─牡羊座天王星がTスクエア(直角三角形)




内側へ内側へ、ベクトルが集中していた蠍座新月とは打って変わって、

外側へ向かうエネルギー。

ホロスコープ全体図を見ても、ここまで書いてきたことと、大テーマは変わりません。


天秤座新月のときも外側へ開かれたエネルギーでしたが、

「他者の存在」が必要不可欠でした。

今回の射手座新月は、どちらかと言うと、

一人で外側へ向かう、ゴーイングマイウェイなイメージ。

周囲と連携・協調するとか、周囲を受け入れるとかではなく、

「自分自身を追求するために外界へ飛び出す」というかんじです。



今回の射手座新月に、もっとも強力なエネルギーを送るのは魚座の海王星

魚座の海王星は、ちょうど11月20日に逆行から順行に転じて、良い状態にあります。


射手座&魚座タッグの新月は、まさに直感・精神性・宇宙意識が冴え渡るもの。


夢見がちで、現実離れし過ぎてしまう危うさもありますが、

今回は、そういったエネルギーをむしろ積極的に取り入れてしまいましょう。

ただし、薬物・お酒・ギャンブルなどに陶酔してしまいやすい時ではあるので、

そこは注意してください。



また、既に書いたとおり、2017年上旬の鍵を握る大きなフォーメーションが既に形成されています。

2016年を振り返り、次の2017年を意識したうえで、

願いごと(目標設定)をすると良いでしょう。


2017年は、どういう自分にしますか?


 20161129-4.jpg




▼最新記事情報/友達&フォロー大歓迎です(^^)
 (下の画像をクリックしていただくと、miraimikuのFBページに飛びます)




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 占い
0002.jpg
人気ブログランキング


ブログ開設17ヶ月で、総アクセス数【 148万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gif対面鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


天秤座新月。満を持しての「開店開業」(2016/10/1 天秤座新月)



miraimikuです。


10月1日(土) AM9時13分、天秤座の位置で、新月を迎えます。


◆【12星座の後半戦・第1ランナー】天秤座 の位置で
◆【スタート】を意味する 新月(太陽&月)
◆【拡大・発展・追い風】作用のある 大吉星・木星が重なる日。



12星座の前半戦(個人能力の育成と完成)から、後半戦(パートナーシップ)へ。

前半の第1ランナー:牡羊座(私)から、

後半の第1ランナー:天秤座(私とあなた)へ。



ついに、満を持して、この日がやってきました。
Open the door!
外の世界(社会)への扉が開きます。




おもわず英語(大の苦手)が出てきちゃいましたが、

私のブログを読んでくださっていた方であれば、同じテンションでいてくださるはず(笑)。

皆が、世の中全体が活発に動いていく流れになりますので、

出会いも人脈も広がるし、仕事もプライベートも忙しくなりますよ〜(^^)



20161001-1.jpg



新月と木星が重なるのは一年に一度だけ。今年一番重要な新月!


新月は月齢0。 【スタート】【生まれ変わり】の時。

およそ1ヶ月に1度ペースで訪れる新月は、新しいものを生み出す生命力に満ち溢れ、

新月の日は「願望実現」のパワーが最も強いときだと言われています。

また、意志(太陽)と感情(月)が一致する(重なる)という意味でも、

願望実現に向けてスタートを切るには絶好のタイミング。

ですから、願いごとをするのは、満月のときではなく新月のときです。

新月のときに立てた目標(願いごと)を、満月のときに見直すという「一連のサイクル」を繰り返します。


──そして。

今回の新月は、拡大・発展・追い風作用のある【大吉星・木星】と重なります。
生命力と希望に満ち溢れ、絶大なエネルギーを持つ新月です。



新月と【大吉星・木星】が重なるのは、一年に一度だけ。

前回は2015年9月の乙女座新月、次回は2017年11月の蠍座新月です。

つまり、今回の新月は、2017年11月までの一年間の【幸運の鍵】を握る新月であり、

天秤座に主要天体をお持ちの方はもちろん、

すべての人にとって、今年一番重要な新月になるはずです。


20161001-3.jpg




この新月から、「天秤座木星の一年」が本格始動


(ここ最近の記事でくどいくらい書いてきましたが)

しかし、この10月1日・天秤座新月に至るまでの経緯は、本当に見事だった・・・しみじみ思います。

◆火星・土星・アンタレスの合。(過去200年でもっとも接近)

◆月蝕・日蝕の連続。

◆水星・土星・冥王星の、逆行→順行。

◆柔軟宮優勢→活動宮優勢へ。



この10月1日・天秤座新月に帳尻を合わせて、宇宙が体勢を整えていっていたとしか思えません。

さらに、10月は、新月が二度も起こります(10月1日/10月31日)

どんだけアピールしてくるんですか!?というくらい、

「10月はターニングポイントだよ!!!」

何度も何度も、宇宙の星々が「信号」を送ってきているというか、

「宇宙の超本気」を感じます。


◆8月13日:3月末から逆行していた土星が順行に <再開/前進> 
◆8月18日:水瓶座満月 <月蝕>
◆8月23日:太陽が乙女座入り
◆8月24日:火星・土星・アンタレスが合 <決着>
◆9月1日 :乙女座新月 <日蝕>
◆9月9日 :木星が天秤座入り <天秤座木星の一年へ>
◆9月17日:魚座満月 <月蝕><最後の追い込み>

━━<天秤座シーズン/12星座の後半戦へ >━━

◆9月22日:太陽が天秤座入り <秋分><水星が順行に>
◆9月27日:火星が山羊座入り <4月中旬から逆行していた山羊座冥王星が順行に>

◆10月1日:天秤座新月(太陽・月・木星が天秤座)
◆10月7日:水星が天秤座入り
◆10月16日:牡羊座満月
◆10月31日:蠍座新月

※10月は新月が2回!




「宇宙の超本気」とは、もちろん「天秤座エネルギーの強調」です。

木星が天秤座入りした9月9日から、既に「天秤座木星の一年」に突入していますが、


今回の天秤座新月(太陽・月・木星トリプルコンジャンクション)を持って、
「天秤座木星の一年」が本格始動します。

外の世界(社会)への扉は、もう開きます。



前半戦(牡羊座〜乙女座の半年間)であたためてきたことが

評価されたり、認められたりと、日の目を見るようになってくるでしょうし、

「まだ無理〜!準備できてないよ〜!」と尻込みしている場合でも、

なかば巻き込まれるような形で、外の世界(社会)に出て行くことになるはずです。


<天秤座新月><天秤座木星の一年>のテーマ

◆出会い・人間関係が広がっていく一年
◆他者との交流・人脈に「宝」「ヒント」「成長」のある一年


・他者との関係性の中で、個人の能力を発揮していくこと
・一人で動くのではなく、周囲と繋がっていくこと
・一人で抱え込むのではなく、周囲と協力していくこと
・多種多様の人々と交流し、調和/協力すること
・お互いの個性・価値観・違いを受け入れ、活かしていくこと
・ギブアンドテイク/共栄共存/相乗効果の精神

<キーワード>
【出会い】【社交】【交流】【人脈】【友好】【愛】【調和】【平和】【公平性】
【共栄共存】【パートナーシップ】【バランス感覚】【美的感覚】
【結婚】【契約】【提携】【受注・発注】【コラボ】【協同作業】【チーム活動】




今年一番重要な新月。

天秤座のテーマを意識したうえで、願いごと/目標設定を具体的に書き出してみることをオススメします。

(できれば新月の瞬間から8時間以内に)

私も、「宇宙の超本気」に応えるべく、超本気で書き出しますよー!



天秤座新月のホロスコープ

 2016/10/01/09:13 東京都 (さくっとホロスコープを利用させていただきました)

20161001-2.jpg

<2016/10/01 天秤座新月 ホロスコープ ポイント>

活動6/不動2/柔軟3(ASC含む)
◆火2/地3/風3/水3(ASC含む)
◆天王星・海王星が逆行中(水星は9/22・冥王星は9/27に順行へ)

◆太陽・月・木星が、天秤座でトリプルコンジャンクション(0度)
◆上記に対して、山羊座火星&冥王星がスクエア(90度
◆上記に対して、射手座土星がトライン(120度
◆射手座土星ー魚座海王星がスクエア(90度
◆蠍座金星ー魚座海王星ー山羊座冥王星が小三角
◆逆行中の天王星がノーアスペクト




注目ポイントはいくつかありますが、

天秤座で重なる太陽・月・木星に対して、
山羊座の火星・冥王星が強烈なエネルギーを送っていること。


とにもかくにも、これに尽きると思います。



山羊座の冥王星は、4月中旬から逆行を続けていましたが、9月27日に順行に戻りました。

時を同じくして9月27日、火星も山羊座入り。

生を死に、死を生に変えてしまうほどの極限的エネルギーを持つ冥王星

情熱・行動力・積極性・戦い・男性性を意味する火星が、

どちらも山羊座にある・・・。

天秤座新月+天秤座木星のエネルギーもスゴイですが、

山羊座火星/山羊座冥王星の存在感もスゴイ。

天秤座エネルギーと山羊座エネルギー(活動宮)が強烈に強調されている新月ホロスコープです。



というわけで、今回の新月ホロスコープから浮かぶメッセージは

◆開店開業
◆社会人1年目/社会人生活スタート
◆社会の枠組みの中での「Win-Winの関係性」「成果」




自分が好きなことだけやっていればいい、好きな人とだけ関わっていればいい学生時代と変わって、

「社会人1年目」になると、あらゆる価値観を持った人々との交流が一気に拡大しますよね。

自己主張するよりも、相手の声に耳を傾けて、相手の意図を理解しなければならない。

嫌いな人や苦手な人とも協力し合っていかなければならない。

これってまさに、

牡羊座の自己主張(春分)蟹座の身内意識(夏至)天秤座のバランス感覚(秋分)の話です。

そして、「社会人1年目」といえども、成果や実利も出さなければならないという点は、

山羊座のテーマとシンクロします。



「社会人1年目」に求められること、やっておいたほうがよいことは何か?

もちろん、社会人1年目はとっくの大昔に過ぎ去っている私ですが、

ターニングポイントのこの新月、初心に返ったつもりで考えてみたい。




人間関係は(良くも悪くも)どんどん広がっていく運気ですが、

皆が【実利・生産性・有益性・メリット】を強く意識することになるでしょう。

「この人と付き合うことで、メリットはあるか?」

こちらが相手を値踏みするように、

相手もこちらをシビアに見極めていますよ。




↓↓ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 占い
0002.jpg
人気ブログランキング


ブログ開設15ヶ月で、総アクセス数【 115万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら




秋分の日。「太陽も木星も天秤座」をチャンスに、いざ後半戦へ!



おはようございます。miraimikuです。


9月22日(木) は【2016年 秋分の日】。


「 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日 」と法律で定められた【国民の祝日】です。

秋分の日は、春分の日と同じく、太陽が真東から昇って真西に沈むため、昼と夜の長さがほぼ同じになります。

そしてこの日から冬至にかけて、昼がだんだん短くなり、夜が長くなります。

西洋占星術では、太陽が天秤座に入宮する日=天秤座0度になる瞬間」が【秋分に当たります。

2016年は、9月22日(木) 23時21分(日本時間)に、「その瞬間」を迎えます。

23日ではなく22日が【秋分の日】になるのは、1896年以来の116年ぶりだそうです。



20160922-1.jpg



12年に一度の「太陽も木星も天秤座」の1ヶ月をチャンスに、いざ後半戦へ!


西洋占星術では、12星座の前半と後半で、「成長テーマ」が切り替わります

◆12星座の前半(牡羊座〜乙女座)=個人能力の育成と完成
◆12星座の後半(天秤座〜魚座) =社会性の育成と完成



秋分(乙女座から天秤座への切り替わり)は、
前半戦と後半戦が切り替わる「極めて重要なタイミング」です。



秋分(乙女座から天秤座への切り替わり)は毎年起こることですが、

それは太陽の動きだけ(一年に一度スケール)の話。


2016年はなんといっても、
太陽と木星がほぼ同じタイミングで乙女座から天秤座に移動しますので
木星が9月9日/太陽が9月22日)


◆12年に一度スケールでの「前半から後半=乙女座から天秤座への切り替わり」
◆12年に一度スケールでの「個人時代から社会時代への転換期」


になります。



さらに、10月1日の天秤座新月では、太陽・月・木星の3天体が天秤座で重なり、

10月7日には水星も天秤座入りします。


10月以降は、活動宮のサイン(牡羊座・天秤座・山羊座)が優勢になり、
世の中全体的に、活発に動いていく(進んでいく)流れになっていきます。



◆8月13日:3月末から逆行していた土星が順行に <再開/前進> 
◆8月18日:水瓶座満月 <月蝕>
◆8月23日:太陽が乙女座入り
◆8月24日:火星・土星・アンタレスが合 <決着>
◆9月1日 :乙女座新月 <日蝕>
◆9月9日 :木星が天秤座入り <乙女座→天秤座>
◆9月17日:魚座満月 <月蝕><最後の追い込み>

━━<天秤座シーズン/12星座の後半戦へ >━━

◆9月22日:太陽が天秤座入り <秋分><水星が順行に>
◆9月27日:4月中旬から逆行していた山羊座冥王星が順行に/火星が山羊座入り
◆10月1日:天秤座新月(太陽・月・木星が天秤座)
◆10月7日:水星が天秤座入り





──というわけで、しつこいですが・・・
本当に重要な「切り替えのタイミング」なので、【リマインド】。


乙女座新月/魚座満月の時のテーマを再度引用しておきます。



乙女座新月/魚座満月のテーマ から抜粋引用 >


9月17日(魚座満月)から10月1日(天秤座新月)までの期間は、
喩えるなら、12月25日〜12月31日(大晦日)。

天秤座シーズン/12星座の後半戦が
本格始動する前の最終調整期間です。

まだ始めなくていい、走り出さなくていい、焦らなくていい。

10月以降、晴れやかな気持ちでスタートを切れるよう
「振り返り」「内省」「浄化」「準備」に
十分な時間をかけましょう。



◆牡羊座から乙女座までの前半戦(半年間)を、丁寧に、振り返る。
 この半年間で、自分は何をして、何を手に入れたのか?
 不足していたものは何か?

◆振り返るだけではなく、
 許す、受け入れる、浄化する、感謝する。

◆酷使してきた身体・脳・こころを、労わってあげる。

◆家族や身内との会話を心がける。
 自分のルーツを振り返る。

◆相手との関係性、相手の声から自分を見つめ直す。
 相手を「鏡」にして、自分を見つめ直す。


※重要な決断は、できるだけ9月28日以降に!(10月1日以降が理想)





秋分から冬至までは、収穫期(社会デビュー期)


季節の変わり目である春分・夏至・秋分・冬至は、

西洋占星術ではASC・IC・DSC・MCに当たります。

この4点はまとめてアングルと呼ばれ、ホロスコープ(ハウス)において極めて重要な観点になります。


20160322-5.jpg

◆春分=太陽が牡羊座に入る日=ASC(1ハウスの起点)
   ↓
◆夏至=太陽が蟹座 に入る日=IC(4ハウスの起点)
   ↓
◆秋分=太陽が天秤座に入る日=DSC(7ハウスの起点)
   ↓
◆冬至=太陽が山羊座に入る日=MC(10ハウスの起点)




お気づきでしょうか。

牡羊座蟹座天秤座山羊座も、すべて活動宮のサインです。

活動宮のサインの性質は「スタートする」「始める」「自ら動く自発性」ですから、

季節の始まりである春分・夏至・秋分・冬至に対応しているのもうなづけます。

そして春分(牡羊座)、夏至(蟹座)、秋分(天秤座)、冬至(山羊座)の4つのポイントで、

季節が切り替わるのと同時に、私たちのエネルギーも大きく切り替わります。

かなり掻い摘んで書くと、それぞれのテーマは次のとおりです。



<12星座の前半=個人能力の育成と完成>

star.gif春分(牡羊座)=新しい一年がスタート

太陽が牡羊座に入る日。西洋占星術での「新年」に当たり、ここから新しい一年がスタートします。
牡羊座・牡牛座・双子座までは「自分自身」がテーマ。個人能力の開発期間に当たります。



star.gif夏至(蟹座)=熟成期(育成期)

太陽が蟹座に入る日。蟹座・獅子座・乙女座までは「自分と家族/仲間」「身近な集団性」がテーマ。
身近な人との関わり合いを通じて、愛情・情緒性・共感性・自己表現力・調整管理能力を育んでいきます。






<12星座の後半=社会性の育成と完成>

star.gif秋分(天秤座)=収穫期(社会デビュー)

太陽が天秤座に入る日。天秤座・蠍座・射手座までは「自分と相手」「自己理解/他者理解」がテーマ。
様々な人たちとの交流を通じて、社会的人格を形成し、人間理解を深めていきます。



star.gif冬至(山羊座)=完成期(到達点)

太陽が山羊座に入る日。山羊座・水瓶座・魚座までは「自分と社会」「社会的集団性」がテーマ。
社会人としての完成と自己実現。そして社会からの卒業と再生。





秋分(9月22日)から冬至(12月21日)までの3ヶ月間は、
収穫期(社会デビュー期)に当たります。



私たちは、春分から「どの土地でブドウを育てるのか」を模索し、

夏至で土地を定め、種を蒔き、丹精を込めて「ブドウ」を育ててきました。

そのブドウを収穫して、選別して、絞って、瓶に詰めて、ラベルを貼って──

世の中にリリースする時がついにやってきたのです。

12年に一度の「太陽も木星も天秤座」をチャンスに、実り豊かな秋になりますように。

それぞれが愛情を込めた「美味しいワイン」が、

それぞれ必要な人たちに届けられていきますように。



20160922-2.jpg




↓↓ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 占い
0002.jpg
人気ブログランキング


ブログ開設15ヶ月で、総アクセス数【 115万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら




【天秤座木星★続報】繋がる・広がるエネルギーを実感中!



こんにちは。miraimikuです。


前回9月8日に書かせていただいた木星天秤座入り」の記事につきまして。



2015年6月にこのブログを始めて以来、
最高記録の大反響をいただきました。
ありがとうございます!




star.gif Facebook
  いいね! 1,063件/シェア 55件(現時点)

star.gif ブログ訪問者数/PV数
  5,548人13,171PV(9月8日)
  6,859人15,526PV(9月9日)



20160911.jpg






やっぱり、
◆木星は「人気者」なんだなぁ。
◆木星の「拡散エネルギー」はすごいんだなぁ。
◆「天秤座の木星」だからなおさら、拡散・シェアされていくのかもなぁ。



シェアがシェアを読んで、記事がどんどん拡散されていく様子を見ながら

しみじみと「木星パワー」「天秤座木星の効果」を実感してしまった次第です。



FBメッセージやメールなども、たくさんいただきました。

天秤座にアングルや個人天体をお持ちではない方でも、
多くの方が、9月に入ってから
木星天秤座の影響を実感し始めていらっしゃるようです。






私自身、木星天秤座入り」の記事が過去最高記録の反響を呼んだこともそうですし、

それ以外のところでも、木星天秤座の影響を肌で感じています。


まず、8月から9月で、明らかに「波」が切り替わったような感覚。
そして9月以降は、どんどん人と繋がっていくようなかんじ──
──「人と繋がっていく」「縁が広がっていく」。



「ひさしぶり」な方からご連絡をいただいて、「再び繋がる」とか。

「一緒に行ってみない?」「一緒にやらない?」といったお誘いをたくさん頂くとか。

知り合いの紹介を通して、お仕事の依頼をいただくとか──。

とにかく9月に入ってから、連絡やお誘いをいただくことが増えました。

もし自分が占星術を知らなかったら、

「なんでなんだろう?急にどうしたんだろう?」と、首をかしげていたことでしょう。

でも私は「空模様=宇宙模様」を知っている、理由はわかっていますからね〜(^^)

このベストタイミングで繋がるご縁は、

お互いにとってプラスになる「本物のご縁」だと思っています。




みなさまは、実感値として、いかがですか?


天秤座のテーマ=「愛・友好・調和・縁・パートナーシップ・人脈」を
木星が後押ししてくれる一年。

「繋がりたい人」がいる方は、このまたとないチャンスを、お見逃しなく!



特に10月は、「人と繋がっていく」「縁が広がっていく」流れが加速すると思いますよ(^^)




↓↓ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 占い
0002.jpg
人気ブログランキング


ブログ開設15ヶ月で、総アクセス数【 115万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら




【12年に一度 】木星が天秤座へ。今後一年間のテーマは?(2016/9/9)



おはようございます。miraimikuです。


2016年9月9日(金) 20時20分頃、【木星】が乙女座から天秤座に移行します。

次の蠍座に移動するまでのおよそ一年間、

2016年9月9日〜2017年10月10日が【木星@天秤座】の時間になります。


Q:木星が天秤座に入るとどうなるの?
A:人間関係が活性化します!



──だけでは物足りない方、もっと掘り下げたい方に向けて、超長文で書いていきます。

段落ごとに飛べるようにしておきますので、読みたい箇所だけお読みくださいね。



 20160908-1


(1)木星の作用・役割とは

<木星の基本データ>

◆大きさ:地球の約11倍(大きさ・質量ともに太陽系で最大)

◆並び順:太陽>水星→金星→地球(月)→火星→《木星》→土星→天王星→海王星→冥王星

◆公転周期:約12年(12年かけて12星座を一周)

◆ギリシャ神話:全知全能の最高神・ゼウス

射手座の支配星(守護星)

◆木星のプラス作用 :幸運・拡大・発展・成長・援助・可能性(追い風)
◆木星のマイナス作用:堕落・贅沢・怠惰・ルーズ・過剰・キャパオーバー




占星術をかじったことのある方であればご存知だと思いますが、

木星は、太陽系の中で(占星術で扱う10天体の中で)最大の【大吉星】であり、

「天のサンタクロース」「ギフト」などと表現されることもあります。

太陽射手座の自分にとって、射手座の支配星が木星であることは、ひそかな自慢だったりします(笑)

具体的に言うと、木星には、拡大・発展・追い風の作用があります。



太陽系の天体(占星術で扱う10天体)には、それぞれ神話に基づいた名前が付けられています。

「木星=ジュピター」は、ローマ神話に登場する天空神・ユーピテルの英語名です。

ギリシャ神話では、全知全能の最高神(オリンポスの最高神)・ゼウスが木星を象徴します。

神々の王であるゼウスを象徴とするわけですから、

木星はつまり「神の星」なんです、スゴイんです!

木星は「ガリレオ衛星」と呼ばれる4つの大きな衛星を持ちますが、

この4つの衛星には、ゼウスの愛人の名前がつけられていたりします(笑)

大きさの点でもスゴイのが木星。太陽系の中で、大きさ・質量ともに最大です。


▼木星の大きさ




全知全能の最高神・ゼウスを象徴とする【大吉星】木星は、

古代より人々から愛され、求められてきました。

よく雑誌の星占いなどで「今年は○○座が12年に一度の大幸期!」と書かれていたりしますが、

それには一応根拠があって、木星が滞在している星座のことを指しているわけです。

木星は約12年かけて12星座を一周しますので、ひとつの星座に滞在するのは約一年。

だから「12年に一度の大幸期!」なのです。

つまり、雑誌の星占い風に言うと、

2016年9月9日〜2017年10月10日の一年間は、

太陽星座が天秤座の方が「12年に一度の大幸運期」に当たります。

また、木星星座が天秤座の方はジュピターリターン(木星回帰)になりますので、

同じく「12年に一度の大幸期」だと言えるでしょう。

そのほかで特記するとしたら、ASC・MC・DSC・月星座・水星星座・金星星座・火星星座が天秤座の方、

太陽星座が牡羊座の方も、強い影響を受けそうです。

もちろん、それ以外の方にも、影響はあります。

「木星が何座にあるのか/一年のテーマは何か」を把握しておくことは、【開運】につながります。




前述のとおり、【大吉星】である木星には、拡大・発展・追い風の作用がありますが、

こちら側の望む・望まないに関わらず、ひたすら拡大・発展・増幅させていく

という点では、「いいことばかり」とも言えません。

たとえば、仕事の縁や依頼がどんどん広がって、キャパオーバーになるとか。

あちこちから「お誘い」がかかって、交際費が膨れ上がるとか。

喩えるなら、

ひさしぶりに実家に帰省したら、お母さんが「あれも食べなさい、これも食べなさい」と、
どんどんご飯を食べさせてきて、1週間で○○キロも太ってしまった!!


──みたいなイメージです。

もうお腹いっぱい!いらない!と思っても、優しい笑顔でどんどん与えてくれるのが木星です。

どんな人格/物事にも、必ず良い面/悪い面の両極があるように、

どんな天体にも、プラスの作用/マイナスの作用があるのです。



(2)木星は追い風/土星は向かい風

<木星と土星>

◆木星:幸運・拡大・発展・期待・可能性・アメとムチのアメ(追い風)
◆土星:試練・集中・圧力・責任・課題・現実・アメとムチのムチ(向かい風)


木星も土星も【社会天体】であり、

◆外側(社会との関わり)から内側(個人の性格・生活)に影響を及ぼす
◆個人に影響を及ぼすとともに、社会全体の風潮や価値観にも影響を及ぼす




占星術の世界では、(あまりこういう言い方はしたくありませんが)木星は「大吉星」/土星は「大凶星」と呼ばれ、

対比してセットで考えられます。

木星と土星の動きを中心に「運勢」を観ていくケースも多いと思います。

シンプルに言えば、木星は追い風/土星は向かい風。

いま土星は射手座に滞在中なので、射手座の方にとっては「向かい風」のときです)



木星が人気者であるのに対して、土星はどうしても忌み嫌われる存在ですが、

先ほど、どんな天体にもプラスの作用/マイナスの作用があると書いたとおり、

「木星が幸運で、土星が試練」とは簡単に言えません。

たとえば「成長」と一言で言っても、

「追い風」の中で成長する場合もあれば、「向かい風」の中でこそ成長する場合もありますからね。

結果的に振り返って、木星と土星のどちらが「幸運」だったのかは、

一概には言えないものがあるのです。




確実に言えるのは、木星と土星の2天体は【社会天体】と呼ばれ

◆外側(社会との関わり)から内側(個人の性格・生活)に影響を及ぼす
◆個人に影響を及ぼすとともに、社会全体の風潮や価値観にも影響を及ぼす


──と考えられる点では同じです。

もっと突っ込んで言うと、占星術で扱う10天体の中では、

【木星・土星】よりも【天王星・海王星・冥王星】のエネルギーのほうが遥かに上ですが、

【天王星・海王星・冥王星】の影響は、人間の意識や力ではコントロールできないレベルのものです。


たとえば天災生死(存在)に関わるような根本的な問題など、

個人の力ではもちろん、社会の力でもどうしようもできない、

不可抗力的・宿命的な宇宙エネルギーになります。

木星と土星は、あくまで、社会との関わり合いの中で個人が受ける影響(変化)であり、

私たちの意識次第でコントロールできる(プラスエネルギーにできるか、マイナスエネルギーにしてしまうかは自分次第)ということです。



 20160908-2



(3)木星が乙女座から天秤座へ移動することの意味

冒頭に戻りまして、2016年9月9日、木星が乙女座に別れを告げて、天秤座に入宮します。

木星がひとつの星座を移動するのは一年に一度なので、毎回インパクトがありますが、

特に乙女座から天秤座への移動は、大きな意味があると言えます。

西洋占星術では、12星座の前半と後半で、「成長テーマ」が切り替わるためです。

◆12星座の前半(牡羊座〜乙女座)=個人能力の育成と完成
◆12星座の後半(天秤座〜魚座) =社会性の育成と完成


乙女座シーズンから天秤座シーズンへの切り替わりは、前半戦と後半戦が切り替わるタイミングなので、

大きな意味があるのです。




この「前半戦と後半戦=乙女座と天秤座の切り替わり」は毎年起こることですが、

それは太陽レベル(一年に一度スケール)での話。

2016年は、太陽と木星がほぼ同じタイミングで乙女座から天秤座に移動しますので、

◆12年に一度スケールでの「前半から後半=乙女座から天秤座への切り替わり」
◆12年に一度スケールでの「個人時代から社会時代への転換期」


になるわけでです。

さらに、その前後で日蝕・月蝕がつづくということで、もう大変!!


『9月(天秤座シーズン)からはなかば強制的に・他動的に動いていく流れになる。
それまでに、個人能力の総仕上げ(自己分析・内省)を!』


──と、ここ最近の記事でしつこく書いてきたのはそのためです。



star.gif8月→9月でガラッと切り替わります

◆8月3日 :獅子座新月/火星が射手座入り
◆8月13日:3月末から逆行していた土星が、射手座9度で順行に
◆8月18日:水瓶座満月(月蝕
◆8月23日:太陽が乙女座入り
◆8月24日:火星・土星・アンタレスが射手座9度で合

━━9月以降は「スピード出し過ぎ注意報」━━

◆9月1日 :乙女座新月(乙女座木星)(日蝕)(太陽・月・木星が乙女座)
◆9月9日 :木星が天秤座入り
◆9月17日:魚座満月(月蝕)
◆9月22日:太陽が天秤座入り
◆10月1日:天秤座新月(太陽・月・木星が天秤座)





9月9日に木星が天秤座に入宮すると、

木星も土星も12サインの後半戦に入ったということになります。(木星天秤座/土星射手座)

現在は、海王星と冥王星も12サインの後半戦にありますので(海王星魚座/冥王星山羊座)

社会との関わり合いから逃げることはできない流れになっていきます



また、木星が乙女座にあるときは、射手座の土星・魚座の海王星との「柔軟宮の三者連携で、

二転三転しやすい・揺らぎやすい・迷いやすい運気にありましたが、

木星が天秤座に入ると、牡羊座の天王星・山羊座の冥王星との「活動宮の三者連携となり、

前進していく・動いていく運気になることも、大きな意味があるでしょう。

射手座の土星との連携も、発展性が見込めます。



──以上のことから、

木星が天秤座に入宮することで、
社会全体・世の中全体的に、活発に動いていく(進んでいく)流れになる


ことは明白です。

9月22日深夜には、太陽も天秤座に入宮し、木星と重なります。

そして10月1日の天秤座新月では、太陽・月・木星が天秤座で重なります。

「天秤座木星エネルギー」は、もちろん9月9日から始まりますが、

10月1日から本格始動するという感じでしょう。



(4)木星天秤座の一年/ラッキーテーマ

【木星の作用】と【天秤座のテーマ】を掛け合わせれば、

「木星天秤座の一年間」の風潮・トレンド・ラッキーテーマが浮かび上がってきます。


<木星天秤座の一年/ラッキーテーマ>

◆出会い・人間関係が広がっていく一年
◆他者との交流・人脈に「宝」「ヒント」「成長」のある一年


<今後一年間、常に意識するべきこと>
・社会の中、他者との関係性の中で、個人の能力を発揮していくこと
・一人で動くのではなく、周囲と繋がっていくこと
・一人で抱え込むのではなく、周囲と協力していくこと
・お互いの個性・価値観・違いを受け入れ、活かしていくこと
・ギブアンドテイク/共栄共存/相乗効果の精神





天秤座は、【出会い】【社交】【交流】【人脈】【友好】【愛】【調和】【平和】【公平性】【共栄共存】【パートナーシップ】【バランス感覚】【美的感覚】に密接な関係があるサイン。

「多種多様の人々と交流し、調和すること」が天秤座のテーマです。

そういった天秤座のキーワードやテーマに、木星の「追い風作用」が働くわけなので、

出会い・人間関係が広がっていく一年になります。

恋愛・結婚など、男女関係も活性化しそうですし、

契約(受注/発注)・提携・コラボ・協同作業・チーム活動など、

仕事や趣味の面でも動きや広がりが出てきそうな一年です。

天秤座以外の方も、ワクワクしますよね(^^)



ただし、前述のとおり、

木星は、(こちら側の望む・望まないに関わらず)ひたすら広げていく作用もありますので、

不要な人間関係も広がっていきやすいです。

積極的に他者との交流を広げていくことを意識しつつも、

ある程度の見極め(取捨選択)は必要だと言えるでしょう。

天秤座は【バランス感覚】【公平・フェア・対等な人間関係】を意味しますので、

どちらか一方にメリットや負担が偏るような関係性ではなく、

ギブアンドテイクの対等な関係性にこそ「幸運・発展」が舞い込みます。



また、美的感覚や美意識も(社会全体として)活性化しますので、

美しくきらびやかな光景・街並み・装い・芸術・文化も、たくさん目にしそうな一年です。

いろいろと楽しみですね


→つづき記事はこちら!天秤座木星★続報】繋がる・広がるエネルギーを実感中!


 20160908-3





↓↓ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 占い
0002.jpg
人気ブログランキング


ブログ開設15ヶ月で、総アクセス数【 115万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら



日蝕/乙女座新月。「情熱」をカタチにする(2016/9/1 乙女座新月)



こんばんは。miraimikuです。

9月1日(木)18時04分、乙女座の位置で、新月を迎えます。


今回の新月はスゴイです。

◆「新月」だけでもエネルギッシュなうえ、
◆「日蝕の新月」であること!
◆「日蝕の新月」が、木星と同じサイン(乙女座)にあること!!


※木星(ジュピター)は、拡大・発展・追い風作用のある「幸運の星」です



──というわけで、いつも長いですが、今回はひときわ長〜くなります。

段落ごとに飛べるようにしておきますので、読みたい箇所だけお読みくださいね。




20160901-00000.jpg



(1)日蝕とは 〜年2回ほど、新月のときに起こる〜

日蝕とは、地球から見て、太陽と月が同じ方角にある時=つまり新月の時に、

太陽の一部あるいはすべてが月に覆われて見えなくなる現象のことです。

新月は毎月1度ペースで起こる現象ですが、日蝕が起こるのは1年に2回ほどです。

(新月の時に日蝕とは限らないが、日蝕が起こるのは必ず新月の時)



日蝕には、部分日蝕・皆既日蝕・金環日蝕の3種類があります。

◆部分日蝕:太陽の一部が月に隠される現象
◆皆既日蝕:太陽全体が月にスッポリ隠される現象
◆金環日蝕:太陽の中心部が月に隠され、はみ出した外側の部分がリング状に見える現象


20160901-1.jpg
※画像引用元:国立天文台

20160901-2.jpg
※画像引用元:国立天文台




(2)9月1日・乙女座新月は「金環日蝕」

9月1日の乙女座新月は、太陽がリング状に見える【金環日蝕】です。

ただし、観測できるのはアフリカ南部〜インド洋にかけての地域で、日本では観測できません


20160901-3.jpg
Image Credit & Copyright Mikael Svalgaard


2016年は2回、日蝕が発生します(3月9日魚座新月/9月1日乙女座新月)。

前回の3月9日魚座新月は皆既日蝕で、日本では部分日蝕として観測することができました。

ちなみに、次に日本で見ることができる日蝕は 2019年1月6日の部分日蝕(山羊座新月)だそうです。



(3)日蝕=新月のパワーがさらに強くなる

新月は月齢0。 【スタート】【生まれ変わり】の時。

およそ1ヶ月に1度ペースで訪れる新月は、新しいものを生み出す生命力に満ち溢れ、

新月の日は「願望実現」のパワーが最も強いときだと言われています。

願いごとをするのは、満月のときではなく新月のとき。

新月のときに立てた目標(願いごと)を、満月のときに見直すという「一連のサイクル」を繰り返します。

さらに、今回の新月は日蝕でもあります。

日本では観測できないとはいえ、「通常の新月」ではなく「日蝕の新月」であることに変わりありません。

スピリチュアルな影響は確実にあると言えるでしょう。

ヒンズー教では、日蝕は太陽神に害を与える不吉の時とされ、信者は「太陽神を救うために」聖なる川で沐浴して祈りを捧げるそうです。

占星術では「日蝕の時は体調を崩しやすい」と言われていたり、「外ではなく内面に向き合うべき時である」と言われたり。

諸説あるようですが、個人的には 日蝕=新月のパワーが強くなる 程度に解釈しています。



(4)乙女座新月のテーマ

今回の新月(日蝕)は乙女座。(乙女座の位置で、太陽・月がコンジャンクション

乙女座は、12サイン(12星座)の6番目、地のエレメント/柔軟宮/支配星は水星です。


乙女座のテーマは【内省と改善】【主観性と客観性の調整】【セルフコントロール】【個人能力の完全を目指すこと】です。


◆牡羊座:意志(存在)
   ↓
◆牡牛座:肉体(五感)
   ↓
◆双子座:知性(思考)
   ↓
◆蟹 座:情緒(こころ)
   ↓
◆獅子座:主観性(個性・自我の確立)
   ↓
◆乙女座:客観性(最適解)
   ↓
<個人能力の完成。天秤座からの社会デビューへ>




肉体(五感)/知性(思考)/情緒(こころ)を手に入れた獅子座の段階で、個性(自我)は確立します。

「自分として」目指す方向性・理想・信念・情熱は、獅子座で固まるのです。

けれど、私たちは、一人で生きているわけではありません。

集団・組織・社会・他者との関係性、ルールやモラルの中で、どう折り合いをつけていくか。

「全体」の中で、「個」としての能力をどう発揮していくか───。

「ひとりよがりの情熱」だけで突っ走るのではなく、

「全体の中での自分」という現実的で客観的な視点を持つのが乙女座の段階です。

獅子座の揺るぎない情熱に「ちょ、待てよ」とブレーキをかけるのが乙女座

獅子座の情熱を、乙女座で最終チェックして、天秤座でデビューする。

喩えるなら、乙女座は、社会人として本格デビューする前のインターンシップ期間(研修期間)ですね。

「うおおおおお!俺は○○○で社会貢献すると決めた!!」という情熱を持って就職活動をしたけれど、

インターンシップや研修期間で「社会の現実」を思い知って

“出鼻をくじかれる” という感覚に近いかもしれません(笑)

でも、そこで冷静に自分自身を見つめ直す=「周囲の状況やニーズに合わせて自分の能力を発揮する術を模索する」ことによって、

初めて「個人能力の完成」に近づくわけです。

高らかに情熱を掲げるだけなら、誰でもできます。

情熱を現実化させていこうとする、「自分」と「社会」の橋渡しをする乙女座の役割は、極めて重要なのです。



乙女座の新月では、

【自分を見つめ直す】【内省・自己分析】【調整・改善】【合理化・効率化・体系化・秩序化・実用化】

を意識した願いごと(目標設定)がオススメです。

乙女座のテーマについては、こちらの記事 〜乙女座はツッコミの星座である〜 もぜひ。



(5)9月1日・乙女座新月(日蝕) ホロスコープ


 2016/09/01/18:04 東京都 (さくっとホロスコープを利用させていただきました)

20160901-4.jpg


<2016/09/01 乙女座新月(日蝕)ホロスコープ ポイント>

◆活動3/不動0/柔軟8(ASC含む)
◆火3/地5/風1/水2(ASC含む)
◆水星・天王星・海王星・冥王星が逆行中(水星は8/30〜9/22逆行)

◆逆行の水星─金星─木星がコンジャンクション(0度
◆乙女座新月(日蝕)が、木星と同じサイン(乙女座)
◆乙女座新月(日蝕)─射手座火星&土星─魚座海王星がTスクエア
◆乙女座新月(日蝕)─魚座海王星─山羊座冥王星が調停
◆逆行の天王星がノーアスペクト




柔軟サインが優勢で、不動サインがひとつもありませんが、これって結構スゴイこと。

不動サインがひとつもないホロスコープは、2016年の新月・満月では初めてのことです。

もっと言うと、9月17日の魚座満月(月蝕)も、不動サインがひとつもありません。



台風10号が「迷走台風」と喩えられたように。

天秤座シーズン(社会の中の自分)に向けての「総決算」。
台風のように、最後の「揺らし」をかけてくる新月(日蝕)。


──そんな印象です。

本当につくづく、宇宙の動きには意図を感じてなりません(笑)



2015年8月から一年ほどつづいた、乙女座木星─射手座土星─魚座海王星の「柔軟宮Tスクエア」

2016年3月末から5ヶ月つづいた、射手座土星の逆行

【迷走】【混乱】【自分の中で右往左往するだけで前へ進めない】【事態が進展しない】・・・・

長い間、もどかしい状況が続きました。

けれど、

◆5ヶ月逆行していた土星が順行に戻ったこと(8月13日)
◆火星・土星・アンタレスの合(8月24日)
◆月蝕・日蝕がつづくこと(8月18日水瓶座満月/9月1日乙女座新月/9月17日魚座満月)


これらのことで、ようやく「決着」「区切り」が着くタイミングがやってきたのだと思います。

(ここ最近の記事で、ずーーーっと同じような話をしていますが!!)


star.gif8月→9月でガラッと切り替わります

◆8月3日 :獅子座新月/火星が射手座入り
◆8月13日:3月末から逆行していた土星が、射手座9度で順行に
◆8月18日:水瓶座満月(月蝕
◆8月23日:太陽が乙女座入り
◆8月24日:火星・土星・アンタレスが射手座9度で合

━━9月以降は「スピード出し過ぎ注意報」━━

◆9月1日 :乙女座新月(乙女座木星)(日蝕)
◆9月9日 :木星が天秤座入り
◆9月17日:魚座満月(月蝕)
◆9月22日:太陽が天秤座入り
◆10月1日:天秤座新月(天秤座木星)




天秤座シーズンに入っていくと、なかば強制的に・他動的に動いていく流れになります。

その前に、台風のごとく最後の「揺らし」をかけてくる今回の乙女座新月(日蝕)

最後の「揺らし」とはつまり、まさに、乙女座のテーマです。



本当にそれでいいの???
それを目指す理由は?

本末転倒になってない?
目的とズレてない?
誰かの役に立ってる?

関係各位への報告は行き届いてる?
スケジュールや予算は大丈夫?
体調管理は大丈夫?



自分自身に「ツッコミ」を入れる。
内省と改善。
主観性と客観性の調整。
周囲の状況やニーズに合わせて自分の能力を発揮する術を模索する。
セルフコントロール。
個人能力の完全を目指す。
情熱を現実化していく。





ホロスコープのどのポイントを見ても、結局、この乙女座のテーマに立ち戻ってきます。

◆柔軟サインが優勢/不動サインが欠如
 →周囲に合わせて柔軟に自分を変化させること

◆7ハウスで起きる新月(日蝕)
 →周囲との関係性の中で生まれ変わること/周囲との関係性の見直し

◆7ハウスで、乙女座水星が逆行
 →内省・点検・改善/周囲との関係性の見直し

◆乙女座新月(日蝕)─射手座火星&土星─魚座海王星がTスクエア
 →主観性と客観性の調整/理想と現実の最適解

◆乙女座新月(日蝕)─魚座海王星─山羊座冥王星が調停
 →社会という枠組みの中での自己変容

◆木星が、乙女座の最後の最後。9月9日からは天秤座へ
 →乙女座テーマの総決算 (2016年9月9日〜2017年10月10日は天秤座テーマの強調)



──とはいえ、順番を間違えてはなりません。

客観性が先にくるのではなく、「主観性ありきの客観性」です。

自分の中の情熱や信念を、どういう形で外に出していくか。

自分の能力を、どういう形にすれば、「全体の底上げ」につなげていけるのか。

情熱だけで自滅するのではなく、「全体とのバランス」を視点に加えるということです。

蟹座新月(7月 獅子座新月(8月と引き継いできたテーマは、消滅していません。

乙女座新月でも受け継いでいるのです。

あくまで、主軸は自分自身です。




↓↓ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 占い
0002.jpg
人気ブログランキング


ブログ開設14ヶ月で、総アクセス数【 102万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら





自分の中にある10個の人格 〜10天体の成長ストーリー〜



こんばんは。miraimikuです。


12星座の成長ストーリーは、12星座(12サイン)のテーマやキーワードを《一人の人間が成長するプロセス》になぞらえてストーリー形式で書かせていただいたものです。

この記事では、10天体《一人の人間が成長するプロセス》になぞらえて説明していきたいと思います。



10天体についての記事で書いたとおり、西洋占星術では、

<一人の人間の中に10個の人格がある>というような考え方をします。

そしてその10天体には、その天体の力が発揮されやすい「年齢域」というものがあります。



自分のそれぞれの天体を意識しながら読んでいただけると嬉しいです。

たとえば月星座が獅子座の方。

月星座が獅子座である自分を念頭に置きながら(1)を読んでみてください。

『自分の幼少期の頃(0〜7歳)が獅子座の性質を帯びている』
『自分の感情の“クセ”が獅子座の性質を帯びている』ということになります。



(1)月:0〜7歳

star.gifプライベートの人格(夜の顔)、無意識、感情のクセ、欲求、不安、反応

小学校に入る前、親元に守られている頃、幼少期の自分です。
主に「快・不快」「好き・嫌い」という無意識的な感情だけで行動している段階です。
月は、幼少期に形成された、自分ではコントロールできない感情の“クセ”のようなもの。
発達心理学において、7歳までに「心の器」が決まるというような考え方があるように、
この幼少期にどのような感情を経験したかが、その後の人生に大きな影響を及ぼします。

▶︎月が表すものについての詳細はこちら
▶︎月×12サイン別の傾向はこちら


(2)水星:8〜15歳

star.gifコミュニケーション、脳、神経、思考のクセ、知性、言語活動、情報、能力

小学校入学〜義務教育の期間です。
小学校に入ると、身内以外の人に囲まれ、集団生活を学びます。
自分の意志を言葉で伝えることはもちろん、相手の意志も言葉で理解する必要があります。
コミュニケーションを学ぶとともに、さまざまな知識や情報を取り入れていきます。
感情ではなく思考の“クセ”が芽生え、自分の得意分野・不得意分野が浮き彫りになります。

▶︎水星が表すものについての詳細はこちら



(3)金星:16〜25歳

star.gif愛情、社交性、趣味思考、好み、喜び、価値観、美意識、金銭感覚、味覚

高校〜大学〜新社会人。まさに青春真っ盛り、喜んだり悲しんだりと、華やかで多情多感な頃。
親を疎ましく思い、自分の好きなことを追求する時代です。
本格的な恋愛をするのもこの頃でしょう。音楽・映画・スポーツなどの趣味も充実します。
さまざまな経験の中で、好み=「趣味嗜好」が定着します。
バイトも含め、自分で稼いだお金で色々なことをしますから、「金銭感覚」も身につきます。

▶︎金星が表すものについての詳細はこちら



(4)太陽:26〜35歳

star.gifオフィシャルの人格(昼間の顔)、自意識、理性、意志、目的、人生観、人格統合

社会の中での自分の方向性・自分の存在意義を模索する時期です。
月が無意識であるのに対し、太陽は自覚する自分=自意識です。
自己責任・自立のときであり、誰も助けてはくれません。
社会の厳しさを知り、挫折することもあるでしょう。
太陽が自ら光る天体であるように、主体的な行動が求められる時代です。
太陽が輝くか輝かないかは、自分次第です。

▶︎太陽が表すものについての詳細はこちら



(5)火星:36〜45歳

star.gif情熱、獲得欲求、本能、衝動、行動力、主張、積極性、攻撃性、SEX

社会の中である程度のキャリアを積み、それなりの経験をし、目指すべき方向性が確立します。
そしてそれを実現していこうとするのが火星の時期です。
試行錯誤しながらの太陽時代とは異なり、目的が定まったなら全力を出し切るのみ。
外の世界(社会)に対して、時には戦いながら、自分の考えや活動を積極的に押し出していくときです。

▶︎火星が表すものについての詳細はこちら
▶︎火星×12サイン別の傾向はこちら


(6)木星:46〜55歳

star.gif幸運、拡大、発展、期待、可能性、恵まれているもの、アメトムチのアメ

この年代になると、ある程度の「ゆとり」が芽生えてきます。
自分に対して“ありのままの状態であること”を許せるようになってくるのです。
まったりのんびり、ぐだぐだゆるゆるの気楽な時期とも言えます(笑)。
いずれにせよ「自分が自分が」という時代は卒業し、他者(若い世代)の発展に協力・還元するようになります。
木星は「幸運の星」と言われますが、他者の幸せを後押しする役割を持つと言えます。



(7)土星:56〜70歳

star.gif試練、制限、責任、骨組み、ルール、社会的ゴール、コンプレックス、アメトムチのムチ

社会からの「引退」に向けての期間です。
木星で寛容だった頃に比べ、ピリッと気が引き締まります。
社会の中で培ってきた経験を“総括”し、自分なりの“結論”をまとめる時期なのです。
引き際こそが、その人の最終的な「社会的評価」になります。
自分ができなかったことは何なのか。有終の美を飾るために、自分がすべきことは何なのか。
最後の責任を果たすべく、自分自身について厳しく自問自答を重ねます。



(8)天王星:71〜84歳

star.gif改革、変化、方向転換、変革意識、斬新性、独立性、破壊願望

引退後、すべてのしがらみから解放され、真の自由(独立)を手にする時期です。
社会生活を送っていた頃の役割や肩書きなどが意味をなくし、
ある意味、ゼロからのスタート(生まれ変わり)になります。
固定観念や既成観念などの枠組みをぶち壊す「破壊」「改革」の時期です。
場合によっては「反社会的」な行動に出る可能性もあるかもしれません。



(9)海王星:85歳〜

star.gif理想、夢、ビジョン、潜在意識、幻想、忘我、トランス意識、曖昧さ

いわゆるボケが始まったり(忘我)、幼児のような行動特性(無意識)に戻っていく時期です。
現実感覚が薄くなり、現実と夢の境界線が曖昧になります。
夢見がちで、見えないものが見えたりするかもしれません。
神秘の世界です。



(10)冥王星:死後

star.gif死と再生、極限性、不可抗力、逃げられないもの、あらがえない霊的エネルギー

「死」と対面する時期、あるいは「死後の世界」。
目には見えない魂の絶対的エネルギー
不可能を可能にしてしまう可能性もある霊的な極限世界。
現世で成し遂げられなかったことを、後世の自分へつないでいきます。



ブログ開設5ヶ月で、総アクセス数が10万PVを突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


↓クリックいただけたら、励みになります!


<おすすめ記事>
▶︎12星座の成長ストーリー
▶︎10天体の成長ストーリー
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら

西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜

star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 


10天体について


10天体=役者(機能)
12サイン(星座)=役者が演じる役柄(性質)
12ハウス=役者が役柄を演じる舞台(分野)

10天体とは

10天体とは、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星です。

10天体のうちの「どの天体が」「どのサイン(星座)にあるか」「どのハウスにあるか」を観ることで、

その人が生まれ持った性質(どんな性格か、どんな感情の持ち主か、どんな恋愛をするか、どんな仕事をするか・・・など)を読み解くことができます。

前回の記事でも触れましたが、私たちに馴染みの深い《12星座占い》は、10天体のうちの太陽だけしか観ていない“超簡略版の”星占いです。

ですので、

『私は蠍座だけど、飽きっぽくて淡白。雑誌で書かれてる性格と全然ちがうんだけど・・・』

なんていうことは当たり前のように起こります。


10天体=自分の中にいる10個の人格

西洋占星術では、一人の人間の中に10個の人格があるという考え方に基づいています。

10個の人格を投影したものが10天体です。

たとえて言うとすると、

仕事をしているときは太陽火星を使っている。

帰宅してくつろいでいるときはを使っている。

人と会話をしているときは水星を使っている。

恋をしているときは金星を使っている。

喧嘩をしているときは火星を使っている。

ベッドに入り、覚醒された意識になるときは海王星を使っている。

・・・というようなイメージです。



この10個の人格=10天体をうまく使いこなせている人は、皆無に近いと言われています。

たとえば、先ほどの《12星座占い》の場合に

『私は蠍座だけど、飽きっぽくて淡白。雑誌で書かれてる性格と全然ちがうんだけど・・・』

という人は、太陽ではない他の天体を使っていることのほうが多いのかもしれません。

10個の人格=10天体を理解することで、自分の得意・不得意を認識し、軌道修正していくことこそが占星術の醍醐味だと思っています。


10天体の概要

火星を個人天体に含めるか、社会天体に含めるか。
冥王星を10天体に含めるか、含めないか。
キロンを主要天体に含めるか、含めないか。

──などなど、占星術師や流派によって多少の違いがありますが、ここでは一般的なものを書きます。

10個の人格=10天体

個性を表す天体5つ・社会との関係を表す天体2つ・長期的な運命の流れを表す天体3つ

に分けて捉えることができます。

また、肉眼で見ることができる太陽〜土星までを「可視天体」
肉眼では見ることができない天王星〜冥王星を「不可視天体」と呼びます。

※10天体を《一人の人間が成長するプロセス》になぞらえながら説明した【10天体の成長ストーリー】も合わせてご参照ください。

 10tentai


<個人天体>個人の性格、性質、日常生活

太陽・月・水星・金星・火星までの5天体【個人天体】と呼ばれます。

個人の性格、性質、日常生活に直結している<内側の部分>で、自分自身でも実感しやすい部分です。

この5天体が絡み合って一つの人格が形成されます。

言い方を変えると、この5天体以外の天体は、個人の性格としては表面化しません。


star.gif太陽
オフィシャルの人格(昼間の顔)、自意識、理性、意志、目的、人生観、人格統合。男性原理。理想の父親・夫。
(詳しくはこちらへ)

star.gif
プライベートの人格(夜の顔)、無意識、感情のクセ、欲求、不安、反応。女性原理。理想の母親・妻。
(詳しくはこちらへ)

star.gif水星
コミュニケーションの方法、脳、神経、思考のクセ、知性、言語活動、情報、移動、能力。
(詳しくはこちらへ)

star.gif金星
愛情、社交性、趣味思考、好み、喜び、価値観、美意識、金銭感覚、味覚、受身の愛。
(詳しくはこちらへ)

star.gif火星
情熱、獲得欲求、本能、衝動、行動力、主張、積極性、攻撃性、SEX、攻めの愛。
(詳しくはこちらへ)



<社会天体>社会的影響

木星・土星の2天体【社会天体】と呼ばれます。

個人の性格、性質、生活に影響する<外側の部分>です。


star.gif木星
幸運、拡大、発展、期待、可能性、恵まれているもの、アメトムチのアメ(優しい支援者)

star.gif土星
試練、制限、課題、責任、骨組み、ルール、社会的ゴール、コンプレックス、アメトムチのムチ(厳しい監督者)



<霊的・不可抗力的天体>運命的・宿命的要素

天王星・海王星・冥王星の3天体は、特定の呼び方がないかもしれません。

位置づけとしては、霊的・不可抗力的な天体

個人の力ではもちろん、社会の力でもどうしようもできない、宇宙的エネルギー。

あらがえない運命的な要素です。


star.gif天王星
改革、変化、方向転換、変革意識、斬新性、独立性、破壊願望。

star.gif海王星
理想、夢、ビジョン、潜在意識、幻想、忘我、トランス意識、曖昧さ。

star.gif冥王星
死と再生、極限性、不可抗力、逃げられないもの、あらがえない霊的エネルギー。



<関連記事>
▶︎占星術とは(1)ホロスコープについて
▶︎占星術とは(2)10天体について
▶︎占星術とは(3)12サイン(星座)について
▶︎占星術とは(4)12ハウスについて
▶︎占星術とは(5)アスペクトについて
▶︎占星術とは(6)何通りの人格パターンがあるか

クリックいただけたら、励みになります!



西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから