音楽で喩える「天秤座の世界観」



こんばんは。miraimikuです。


占星術を極めるうえで重要なことは、

自分を取り巻く「あらゆる現象」を、12星座(12サイン)に喩えてみるクセをつけること。

──ということで、今年に入ってから【月1】で連載中、

12星座の世界観を、音楽で喩えるシリーズ【その8】です。



いま太陽は天秤座にあるので、今回は天秤座です。 

「天秤座っぽい世界観」を彷彿とさせる曲をいくつかご紹介しますが、

あくまでも私の独断と偏見ということで、面白がっていただけたなら幸いです(^^)



※【その1】魚座の世界観は こちら
※【その2】牡羊座の世界観はこちら
※【その3】牡牛座の世界観はこちら
※【その4】双子座の世界観はこちら
※【その5】蟹座の世界観は こちら
※【その6】獅子座の世界観はこちら
※【その7】乙女座の世界観はこちら



20161020-1.jpg


天秤座は 12星座の7番目、風のサイン、活動宮。

バランス感覚、フェア、公平性、中立性、客観性、正義感、常識感覚、TPO、
社交性、八方美人、協調性、調和力、平和主義、パートナーシップ、役割分担、
オシャレ、美意識、美的感覚、芸術性、審美眼、上品、都会的、洗練、スタイリッシュ、華やかさ、エスコート、淑女・紳士


・・・などの性質を持ちます。


また、その支配星である「金星」とともに、

愛、美意識、美的感覚、美学、芸術性、審美眼、調和、平和、社交性

・・・などを象徴し、12星座でもっともバランス感覚に優れるサインです。

(天秤座のキーフレーズは「 I balance 」=「私は調和する」です)




天秤座といえば、(天秤という名のとおり)【バランス感覚】です。

天秤座の性質である「社交性」「協調性」「客観性」「調和力」「品性」「美意識」・・・などはすべて、

この【バランス感覚】が根底にあると言ってもいいでしょう。



既にいろいろな記事で書いていますが、

西洋占星術では、12星座の前半と後半で、「成長テーマ」が切り替わります

◆12星座の前半(牡羊座〜乙女座)=個人能力の育成と完成
◆12星座の後半(天秤座〜魚座) =社会性の育成と完成



前半戦(牡羊座〜乙女座)で培ってきた知識や経験=「個人力」を、

外の世界に打ち出していくのが天秤座のタイミングです。

ですから、天秤座には

人目にさらす・お披露目する・デビューする・リリースする

・・・といったニュアンスがあります。

自己満足だけでは終われない。

「人目にさらされて、人から評価されてなんぼ」なんです。

「自分自身がどう思うか」はもちろん、

「人から見てどうか」「人から見てみっともなくないか」という客観的な視点を、

天秤座は 常に・強く・無意識レベルで 持っています。

たとえば、花を花瓶に生けたとき。

「美しいかどうか」、数歩下がって、遠巻きに見て確認したりすると思いますが、そういう感覚。

「自分視点」と「他者視点」を常に行き来する性質

天秤座の【バランス感覚】に繋がっています。

(天秤座が「我を見失う」ようなことは、ほぼありません)



さて、「天秤座」「音楽」を絡めて書くにあたっては、

「天秤座の支配星が金星であること」が大きな切り口になります。

「愛と美を司る金星」を支配星に持つのは、牡牛座天秤座

「愛と美を司る金星」を支配星に持つわけですから、

牡牛座天秤座【美意識】【美的感覚】【芸術性】に優れますが、

両者の「美意識」には、「内向き or 外向き」「五感 or 思考」の違いがあります。



牡牛座の『美意識』=自分が美しいと思うかどうか

<内向き・五感型>

“他人から見てどうか”ということはあまり関係なく、自己満足的な性質が強い

第三者が否定しても、本人が美しいと思えば、それは「美しい」のです。

そして、“五感”が優れているからこそ、細かいディティールにこだわります。

たとえば女性を対象にするのであれば、目の大きさとか、髪の毛の質感とか、肌触りとか、足の長さとか細さとか。

そういう部分的なディティール・マニアックなポイントに美しさを見出すんですね。

そして、自分が美しいと思ったものを“コレクション”したがります。

自分一人で眺めて、幸せな気分に浸るのです。



天秤座の『美意識』=他人から見ても美しいかどうか

<外向き・思考型>

先ほどの【バランス感覚】が美意識にプラスされますので、

・他人から見て美しいかどうか
・客観的に見て美しいかどうか
・トータルバランスが取れているかどうか


が【美の基準】になります。

「第三者から見て美しくなければ、美しくない」のです。

そして、五感で“感じる”というより、頭で美を“理解”します。

たとえば女性を対象にするのであれば、「全体的なトータルバランス」にこだわります。

どこかひとつが突出しているのではなく、

全体的にバランス(調和)が取れているかというところに美しさを見出すのです。

そして、自分が美しいと感じたものを、他の人にも見てもらいたがります。



──こうした牡牛座と天秤座の美意識の違いは、「音楽性」にも如実にあらわれていると思います。

是非、牡牛座の音楽の記事と比較して読んでいただきたいなーと思いつつ、

ここで、太陽が天秤座のミュージシャンをご紹介。


◆吉井和哉さん(THE YELLOW MONKEY ボーカル)
◆Toshlさん(XJAPAN ボーカル)
◆Fukaseさん(SEKAI NO OWARI ボーカル)
◆アキヒトさん(ポルノグラフィティ ボーカル)
◆JIROさん(GLAY ベース)
◆tetsuyaさん(L'Arc〜en〜Ciel ベース)
◆郷ひろみさん
◆氷室京介さん
◆浜崎あゆみさん



見事に、「美意識」が高そうな人ばかり!!

音楽や歌詞を参照しなくても、ミュージシャンの面々を見るだけでも、語れますね。

天秤座の音楽は、ビジュアル重視。
「音声」「BGM」だけでは完結しない。


美しさ・華やかさ・オシャレ感・ゴージャス感。

ショー・ミュージカル・演劇・舞台のように、「全体演出で魅せる音楽」。

舞台を見上げるオーディエンス(観客)がいてこそ成り立つ音楽。


どんなに才能や音楽性に優れていても、

【ビジュアル=衣装・演出・照明・舞台装置・・・】が地味だったりダサかったりしたら、

それはもう、絶対にダメなんです。



ちなみに私は、奥田民生さんMr.Childrenエレファントカシマシとともに

THE YELLOW MONKEYの大ファンでもありますが、

THE YELLOW MONKEYは「天秤座音楽のシンボル」

・・・と言ってもいいんじゃないかとさえ思います。



20161020-2.jpg
※画像引用元:THE YELLOW MONKEYオフィシャルサイト



◆まず単純に。メンバー4人全員が、美しく、麗しい(笑)。

◆全員180cm 以上の高身長なので、「衣装映え」がする。
 4人がズラリと並んだ時に、「見映え」がする。
 4人のバランスが取れている。

◆独自のファッション性(ジャパングラムロックの先駆け)。

◆ジャケットやポスターなどのビジュアル性(芸術性)。

◆華やか・ゴージャス・カラフル・クラシカル・貴族的。

◆「日々の日常に寄り添う音楽」ではなく、壮大なテーマ/ドラマ性のある音楽。
 演劇・舞台・ミュージカルを見ているかのような世界観。



SEKAI NO OWARI・XJAPAN・浜崎あゆみさんにも、

同じようなことが言えると思います。

生活感がないというか、芸術性・エンターテイメント性が高いんですよね。

そして、「ビジュアル」「ファッション」への強いこだわりを感じます。




──というわけで、長くなりましたが

「天秤座の世界観」をあらわす音楽を選曲するにあたっては、
「ビジュアルで魅せる音楽=アートミュージック」をテーマにしました。


「目で観る音楽」ということで、あえて解説文や歌詞はつけず、動画を引用していきますね(^^)




◆「ビジュアルで魅せる音楽」THE YELLOW MONKEY(天秤座)











◆「ビジュアルで魅せる音楽」SEKAI NO OWARI(天秤座)











◆「ビジュアルで魅せる音楽」浜崎あゆみ(天秤座)










──いつものとおり、今回も長〜くなりましたが、

ここまでお付き合いくださった方はスゴイ!ありがとうございます(笑)



太陽天秤座のみなさま、残りあと数日の「天秤座シーズン」を満喫してくださいね。

とはいえ、<ラッキースター・木星>は2017年10月まで天秤座にありますからね(^^)

天秤座に、たくさんの幸あれ



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











音楽で喩える「乙女座の世界観」



こんにちは。miraimikuです。


占星術を極めるうえで重要なことは、

自分を取り巻く「あらゆる現象」を、12星座(12サイン)に喩えてみるクセをつけること。

──ということで、今年に入ってから【月1】で連載中、

12星座の世界観を、音楽で喩えるシリーズ【その7】です。



いま太陽は乙女座にあるので、今回は乙女座です。 

「乙女座っぽい世界観」を彷彿とさせる歌詞(曲)をいくつかご紹介しますが、

あくまでも私の独断と偏見ということで、面白がっていただけたなら幸いです(^^)


※【その1】魚座の世界観は こちら
※【その2】牡羊座の世界観はこちら
※【その3】牡牛座の世界観はこちら
※【その4】双子座の世界観はこちら
※【その5】蟹座の世界観は こちら
※【その6】獅子座の世界観はこちら




20160921.jpg



乙女座は 12星座の6番目、地のサイン、柔軟宮。

頭脳明晰、現実的、客観的、理性的、分析能力(整理分類・体系化・秩序化・合理化・実用化・効率化)、
正義感、清廉潔白、白黒つけたがる、生真面目、常識的、自制心、禁欲的、純粋、デリケート、高潔、清潔、衛生観念、潔癖、
完璧主義、正確性、几帳面、手先が器用、マメ、役割意識、奉仕精神、気配り、ケア・サポート・調整管理能力


・・・などの性質を持ちます。

また、その支配星である「水星」とともに、

コミュニケーション、言語活動、学習、思考、知性、知識、情報、理論、理性、分析

・・・などを象徴し、12星座でもっとも頭脳明晰なサインです。

(乙女座のキーフレーズは「 I analyze 」=「私は分析する」です)




西洋占星術では、12星座の前半と後半で、「成長テーマ」が切り替わります

◆12星座の前半(牡羊座〜乙女座)=個人能力の育成と完成
◆12星座の後半(天秤座〜魚座) =社会性の育成と完成




乙女座のテーマ(乙女座の使命)は、【個人能力の完全を目指すこと】。

12星座の前半(牡羊座→牡牛座→双子座→蟹座→獅子座)で培ってきた知識や経験を総括し、

内省・分析・改善・調整し、ヌケ・モレがないか厳しく最終チェックをかけたうえで、

天秤座から始まる後半戦へバトンをつなげていく重要な役割を担っています。

「前半の最後」を任された乙女座の責任の大きさは、計り知れないもの。

これまでの努力を水の泡にしてしまうわけにはいかない、

そういった使命感が、乙女座の厳しさ・ストイックさ・潔癖さ──完璧主義につながっています。

前半で大切につないできたバトンを、汚すことのないように。

社会へ出しても恥ずかしくないように。

現実の枠(常識・マナー・ルール)に沿う形で、理にかなう形で

「最善」を尽くそうとする、「完全な存在」を目指そうと試行錯誤するのが乙女座なのです。




ですから、乙女座が手がけた「作品」は、どれも完成度が高い、クオリティが高い。

「作品」とは、芸術的創作物はもちろん、

Excelの表、PPTのスライド、資料作成、企画書作成、計画書作成などの実務的作業や、

掃除・洗濯・料理・健康管理・美容ケア・スケジュール管理・金銭管理などの日常生活のシーンも含みます。

細部まで緻密に神経を巡らす「きめ細やかさ」は、女性的です。



太陽が乙女座のミュージシャンを見ても、「ストイックに極めている職人」と感じる方が多いです。

◆井上陽水さん
◆石井竜也さん(カールスモーキー石井さん)
◆小田和正さん
◆大江千里さん
◆鈴木雅之さん
◆玉置浩二さん
◆長渕剛さん
◆西川貴教さん(T.M.Revolution)
◆氷川きよしさん
◆マイケル・ジャクソンさん
◆矢沢永吉さん
◆安室奈美恵さん
◆綾戸智絵さん
◆大塚愛さん
◆島谷ひとみさん
◆一青窈さん


「職人気質」という言葉からは、私は牡牛座乙女座を思い浮かべます。

うまく言えないのですが、ミュージシャンで言うのであれば、

牡牛座は「楽器や音の職人で、

乙女座は「世界観=キャラクターの職人」であるように思います。

乙女座のミュージシャンは、

自分に求められているニーズ(役割)を的確に捉え、

商品(自分というキャラクター)の見せ方・打ち出し方を心得ている
方が多いように感じます。




さて、冒頭で使用した白いバラの花言葉は「純潔・高潔・純愛」です。


「完全」を目指そうとする完璧主義な乙女座は、
「愛」にも完全性・完璧性を求めます。



不純物や汚れを取り除いて、取り除いて、

一点の曇りもない「透明度100%の愛=究極の純愛」

現実的に・客観的に・理論的に考えて突き詰めていった結果、

皮肉なことに、現実ではとてもありえないような「プラトニックラブ」に辿り着きます。

そして、リアリストの乙女座は、愕然とするのです。

完全を目指すことを「愛」に当てはめたとき、それは究極のロマンチストになるということに──。



けれど、リアリストの乙女座は、(悲しいかな)ちゃんと頭で理解しています。

「完全な愛は現実世界では叶わないもの=妄想である」ということを。

「透明度100%の愛=究極の純愛」は、リアルになった途端に色褪せてしまう、

純度が落ちてしまう、汚れてしまう。

それは「手が届いてはいけないもの」であり、

つまり「片思いこそが究極の純愛である」という結論に辿り着くのです。



そして、リアリストだからこそ、

誰にも踏みにじられたくない自分だけの「聖域=理想郷」が、

けして手に入れることのできない「愛の完全形」へのひそかな憧れが、

乙女座にはあるのです。

リアリストゆえに、その「聖域=理想郷」は、非常に具体的で緻密なストーリーを描きます。

乙女座の妄想は、「妄想なのに超リアル」なのです(笑)



──というわけで、長くなりましたが


「乙女座の世界観」をあらわす音楽を選曲するにあたっては、
「純愛」「メロディの美しさ」「完成度の高さ」をテーマにしました。



解説文はつけず、ひたすら歌詞と動画を引用していきます。

リアリストとロマンチストの狭間で揺れ動く乙女座の世界観をご堪能ください。




「乙女座の純愛」その1/安室奈美恵さん(乙女座)

《 CAN YOU CELEBRATE? 》安室奈美恵  作詞作曲:小室哲哉

(一部抜粋)

永く・・永く いつも見守ってくれる誰かを
探して 見つけて 失って また探して

遠かった 怖かった でも
時に素晴らしい 夜もあった 笑顔もあった
どうしようもない 風に吹かれて
生きてる今 これでもまだ 悪くはないよね

甘く切ない 若くて幼い愛情 振り返れば
けっこう可愛いね

間違いだらけの道順 なにかに逆らって走った
誰かが教えてくれた

Can you celebrate? Can you kiss me tonight?
We will love long long time
想い出から ほんの少し 抜け出せずにたたずんでる
訳もなくて 涙あふれ 笑顔こぼれてる

Can you hold me tight? Lets a party time tonight
Say good bye my lonely heart
永遠ていう言葉なんて 知らなかったよね

Can you celebrate? Can you kiss me tonight?
We will love long long time
二人きりだね 今夜からは どうぞよろしくね









「乙女座の純愛」その2/大塚愛さん(乙女座)

《 プラネタリウム 》大塚愛  作詞作曲:愛

(一部抜粋)

夕月夜 顔だす 消えてく 子供の声
遠く遠く この空のどこかに 君はいるんだろう
夏の終わりに2人で抜け出した この公園で見つけた
あの星座 何だか 覚えてる?

会えなくても 記憶をたどって 同じ幸せを見たいんだ
あの香りとともに 花火がぱっと開く

行きたいよ 君のところへ 今すぐ かけだして 行きたいよ
真っ暗で何も 見えない 怖くても大丈夫
数えきれない星空が 今もずっと ここにあるんだよ
泣かないよ 昔 君と見た きれいな空だったから

あの道まで 響く 靴の音が耳に残る
大きな 自分の影を 見つめて 想うのでしょう

ちっとも 変わらないはずなのに せつない気持ちふくらんでく
どんなに想ったって 君は もういない

行きたいよ 君のそばに 小さくても小さくても
1番に 君が好きだよ 強くいられる
願いを 流れ星に そっと 唱えてみたけれど
泣かないよ 届くだろう きれいな空に

行きたいよ 君のところへ 小さな手をにぎりしめて
泣きたいよ それはそれは きれいな空だった
願いを 流れ星に そっと唱えてみたけれど
泣きたいよ 届かない想いを この空に・・・。









「乙女座の純愛」その3

《 secret base ~君がくれたもの~ 》ZONE  作詞作曲:町田紀彦

君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望 忘れない
10年後の8月 また出会えるのを 信じて
最高の思い出を・・・

出会いは ふっとした 瞬間
帰り道の交差点で 声をかけてくれたね
”一緒に帰ろう”
僕は 照れくさそうに
カバンで顔を隠しながら 本当は とても とても 嬉しかったよ
 
あぁ 花火が夜空 きれいに咲いて ちょっとセツナク
あぁ 風が時間とともに 流れる

嬉しくって 楽しくって 冒険も いろいろしたね
二人の 秘密の 基地の中

君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望 忘れない
10年後の8月 またであえるのを 信じて
君が最後まで 心から ”ありがとう”叫んでたこと 知ってたよ
涙をこらえて 笑顔でさようなら せつないよね
最高の思い出を・・・

あぁ 夏休みも あと少しで 終わっちゃうから
あぁ 太陽と月 仲良くして

悲しくって 寂しくって 喧嘩も いろいろしたね
二人の 秘密の 基地の中

君が最後まで 心から ”ありがとう”叫んでたこと 知ってたよ
涙をこらえて 笑顔でさようなら せつないよね
最高の思い出を・・・

突然の転校で どうしようもなく 
手紙 書くよ 電話もするよ 忘れないでね 僕のことを
いつまでも 二人の 基地の中

君と夏の終わり ずっと話して 夕陽を見てから星を眺め
君の頬を 流れた 涙は ずっと忘れない
君が最後まで 大きく手を振ってくれてたこと きっと忘れない
だから こうして 夢の中に ずっと永遠に・・・

君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望 忘れない
10年後の8月 また出会えるのを 信じて
君が最後まで 心から ”ありがとう”叫んでたこと 知ってたよ
涙をこらえて 笑顔でさようなら せつないよね
最高の思い出を・・・
最高の思い出を・・・









「乙女座の純愛」その4/小田和正さん(乙女座)

《 キラキラ 》小田和正  作詞作曲:小田和正

ゆらゆらゆら 心は揺れる キラキラキラ 時はかがやいてる
いま もういちど約束する 決して 君のことを裏切らない

遠くに見える その夢を まだあきらめないで
かならず そこまで 連れて行くから

ためらうその気持ちも すべて この手に渡して
出会えてよかったと 言える日がきっと来る

ゆらゆらゆら 心は揺れる キラキラキラ 時は かがやいてる
いつの日にか また戻れるなら その時 帰りたい この場所へ

せつない思い出は ふたり 重ねてゆくもの
また来る哀しみは 越えてゆくもの

今はただ目の前の 君を抱きしめていたい
明日の涙は 明日流せばいい

この愛はどこまでも ずっと続いて行くから
明日のふたりに まだ見ぬ風が吹く

Uh こうして今が過ぎてゆくなら もう 語るべきものはない
いつしか 眠りについた君をみつめれば
キラめく星は 空にあふれてる

今はただ目の前の 君を抱きしめていたい
明日の涙は 明日流せばいい

今だから出来ること それを決して 忘れないで
この時 この二人 ここへは戻れない

この愛はどこまでも ずっと続いて行くから
明日のふたりに まだ見ぬ風が吹く









「乙女座の純愛」その5/長渕剛さん(乙女座)

《 巡恋歌 》長渕剛  作詞作曲:長渕剛

<一部抜粋>

好きです好きです心から 愛していますよと
甘い言葉の裏には
一人暮らしの寂しさがあった
寂しさゆえに愛が芽ばえ
お互いを知って
愛が終わる

別れは涙で飾るもの
笑えばなおさら
みじめになるでしょう

こんなに好きに
させといて
勝手に好きになったは
ないでしょう

さかうらみするわけじゃないけど
本当にあなたはひどい人だわ
だから私の恋はいつも
巡り巡ってふりだしよ

いつまでたっても恋の矢は
あなたの胸には
ささらない









「乙女座の純愛」その6/井上陽水さん(乙女座)

《 少年時代 》井上陽水  作詞:井上陽水 作曲:井上陽水/平井夏美


夏が過ぎ 風あざみ
誰のあこがれにさまよう
青空に残された 私の心は夏模様

夢が覚め 夜の中
永い冬が 窓を閉じて
呼びかけたままで
夢はつまり 想い出のあとさき

夏まつり 宵かがり
胸のたかなりに あわせて
八月は夢花火 私の心は夏模様

目が覚めて 夢のあと
長い影が 夜にのびて
星屑の空へ
夢はつまり 想い出のあとさき

夏が過ぎ 風あざみ
誰のあこがれに さまよう
八月は夢花火 私の心は夏模様








──いつものとおり、今回も長〜くなりましたが、

ここまでお付き合いくださった方はスゴイ!ありがとうございます(笑)



太陽乙女座のみなさま、残りあと1日の「乙女座シーズン」を満喫してくださいね。

乙女座に幸あれ



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











音楽で喩える「獅子座の世界観」



星読みカウンセラー・miraimikuです。



占星術を極めるうえで重要なことは、

自分を取り巻く「あらゆる現象」を、12星座(12サイン)に喩えてみるクセをつけること。



──ということで、今年に入ってから【月1】で連載中、

12星座の世界観を、音楽で喩えるシリーズ【その6】です。



いま太陽は獅子座にあるので、今回は獅子座です。 

「獅子座っぽい世界観」を彷彿とさせる歌詞(曲)をいくつかご紹介しますが、

あくまでも私の独断と偏見ということで、面白がっていただけたなら幸いです(^^)


※【その1】魚座の世界観はこちら
※【その2】牡羊座の世界観はこちら
※【その3】牡牛座の世界観はこちら
※【その4】双子座の世界観はこちら
※【その5】蟹座の世界観はこちら



20160815.jpg



獅子座は 12星座の5番目、火のサイン、不動宮。

プライド、自意識、自立心、自己肯定力、上昇志向、向上心、努力家、自己実現欲求、自己表現欲求、承認欲求、
カリスマ性、リーダーシップ、情熱的、人間愛、親分肌、義理人情、正義感、公明正大、寛大、
ロマンチスト、ドラマチック、感激屋さん、オーバーリアクション、陽気、遊び好き、子供っぽい


・・・などの性質を持ちます。

また、その支配星である「太陽」とともに、

生命力、創造力、自意識、目的意識、意志、生き方、人生観、オフィシャルでの人格、男性原理、父性

・・・などを象徴し、12星座でもっとも生命力・力強さのあるサインです。

(獅子座のキーフレーズは「 I Will 」=「私は志す」です)





獅子座の支配星である「太陽」が自ら光り輝くように、

【自分が光り輝くことで、周囲を照らし、周囲にパワーを与えること】

それが獅子座の(太陽の)使命であり、幸せでもあります。

そして、まさに「獅子座の使命」を体現されている!と私が思う方に、

ナポレオン・オバマ大統領・マドンナがいます。


◆ナポレオン (獅子座/フランス革命家)
◆オバマ大統領(獅子座/前アメリカ大統領)
◆マドンナ  (獅子座/歌手・女優)



「余の辞書に不可能という文字はない」ナポレオン

「 Yes , We Can 」オバマ大統領

マドンナについても、特に説明の必要はないと思いますが

「自分を破壊するのも、創造するのも、自分自身」

「あたしが何かをやるときの基準は、絶対に世間の反応なんかじゃないわ」

───などなど、たくさんの「獅子座ならではの名言」があります。



リーダーシップ。カリスマ性。情熱。力強さ。確固たる意志。不撓不屈の精神力。

誰が何と言おうと、私はできる。私はやる。

その力強い自信、静かな決心に、皆が引っ張られていく───。



自分で自分を否定していたら、周囲にパワーを与えることなんてできません。

まず自分を肯定し、自分自身が輝くことで、周囲にパワーを与えることができるのです。

「獅子座は注目されたい・褒められたい」というのは《12星座占いの定説》ですが、

注目されるため、自分自身が輝くための「努力」は、並大抵のものではありません。

小手先や偽物の輝きではなく、プライドを持って、本物の輝きを追求するのが獅子座です。

そしてそれは、「自分自身との孤独な戦い」でもあるのです。



また、獅子座が力強い光を放っているとき、そこには何かしらの「自己表現」が含まれているはず。

【自己肯定】【自己実現】【自己確立】【自分自身が輝くこと】【自己表現】は、

獅子座が生涯をかけて追求していくテーマなのです。



「自分が光り輝くことで、周囲を照らし、周囲にパワーを与えること」というテーマを考えれば、

獅子座が芸能関係に適性があることは言うまでもありません。

自己表現欲求・承認欲求があり、自己演出能力に長けているので、

テレビドラマ・映画・舞台・宝塚・歌舞伎・ダンス・アイススケート・・・など、

人前で演じる「役者」「俳優」は天職だと言えるでしょう。

実際、獅子座の男優さんや女優さんは多いですし、存在感があります。

芸能関係ではなくても、人前に出る職業───

「裏舞台」ではなく、「表舞台」に立って「表現すること」自体が、獅子座の世界観なのです。



さてここで、太陽が獅子座のミュージシャンです。

◆中居正広さん(SMAP)
◆諸星和巳さん(元光GENJI)
◆吉川晃司さん
◆久保田利伸さん
◆松岡充さん(SOPHIA)
◆スガシカオさん
◆安倍なつみさん(元モーニング娘。)
◆白石麻衣さん(乃木坂46)
◆篠原涼子さん
◆華原朋美さん
◆KEIKOさん(globe)
◆柴咲コウさん


ここで注目したいのは、「グループのリーダー格が多い」ということです。

中居正広さん、諸星和巳さん、安倍なつみさん、白石麻衣さん。

篠原涼子さんも、東京パフォーマンスドールで圧倒的な存在感があり、

小室哲哉さんに見初められて、ソロデビューを果たしました。

華原朋美さん、KEIKOさんも、小室ファミリーにおける「主役級」でした。

グループではありませんが、柴咲コウさんも強い存在感がありますし、

歌手も女優も精力的にこなすのは、やはり、「自己表現欲求」が強いからなのはないかと思います。

──まあとにかく、獅子座の方は、(良くも悪くも)目立つ。

存在感のある人が多いと思います。



──いつもの通り長くなりましたが、ここから先は

獅子座っぽい世界観をあらわしている歌詞(曲)をひたすらご紹介していきます。



「獅子座っぽい世界観」その1。

《世界でいちばん熱い夏 》PRINCESS PRINCESS  作詞:富田京子 作曲:奥居香

(一部抜粋)

世界でいちばん 熱く光る夏
もうこのトキメキ 止めないで

世界でいちばん 大きな太陽
いつまでも 夏を焼きつけて

世界でいちばん 大きな太陽
世界でいちばん 熱く光る夏
世界でいちばん 愛してる




昭和の名曲。

「ベタすぎる」という突っ込みをいただきそうですが、

「獅子座の世界観」というところでは、やはり、この曲ははずせません。

歌詞がどうこうではなく、「太陽」「真夏」「輝き」のイメージが獅子座っぽい(^^)

何度も繰り返される「世界で一番」というフレーズも、獅子座っぽいな〜と思います。

(ボーカルの奥居香さんは、太陽水瓶座です)







「獅子座っぽい世界観」その2。私の中の【名曲ベスト10】に入れたい曲

《 Beautiful 》Superfly  作詞:越智志帆 作曲:越智志帆・蔦谷好位置

遠くに伸びる影 夜の波が消した
涙を流したなんて 気づかれないまま

心を捨てるなら 傷付くほうがマシさ
冷たい風を切って 逃げるように走る

いつかこの雫は 宝石になるのでしょう
美しい心に生まれ変わる そう信じて

世界で一つの 輝く光になれ
私でいい
私を信じてゆくのさ

遠回りしても 守るべき道を行け
私でいい
私の歩幅で生きてくのさ



誰かを羨むのは 避けられない心情?
誰かを許すのは 難しい心情?

ないものを探せば 数え切れないけど
ゆっくり愛してみよう
私というこの命を

世界で一つの 輝く光になれ
明かりのない 明日を迎えたとしても
悲しみの先に 孤独が押し寄せても
息をしてる
今日も息をして 生きている

世界で一つの 私に幸あれ
涙に幸あれ 明日に幸あれ

世界で一つの 輝く光になれ
泣いてもいい
私を歩いてゆくのさ
涙は頬を 流れる星のようさ

私になれ
私を叶えて生きていくのさ




この曲をSuperflyさんが歌っているのをテレビで見たとき、不覚にも、感動して泣きました(笑)

そして、まさに「獅子座の世界観」をあらわしている曲だと思いました。

「世界で一つの輝く光になれ」まさに「太陽」です。

ここでも「世界で一つ」というフレーズが出ましたが、

そういうダイナミックな世界観が獅子座っぽいと、私は思っています。

曲全体にわたって表現されているのは

内側から静かに滲み出るような、自分の中の「決意」「確信」であり、

一番最後の私になれ。私を叶えて生きていくのさは、

純粋でひたむきな祈り、自分の命に対する誠意、そしてプライド
です。

曲のタイトルのとおり、

メロディも、歌詞も、伸びやかに正々堂々と歌うSuperflyさんも、

なんて美しいのだろうと思います。

( Superflyさん自身は、太陽魚座・金星水瓶座です )











「獅子座っぽい世界観」その3。

《 I’m proud 》華原朋美  作詞作曲:小室哲哉

(一部抜粋)

Lonely
くじけそうな姿 窓にうつして
あてもなく歩いた 人知れずため息つく
I'm proud
壊れそうで崩れそな情熱を
つなぎとめる何か いつも探し続けていた

最善を尽くしても わかりあえない人もいた
めちゃくちゃを言ったって 瞳の奥のやさしさを
持っているひと 持っている私をあげたい
忘れないでね 
寂しくたって 私は負けない




獅子座の華原朋美さん、射手座の小室哲哉さん、火の星座の二人による「情熱タッグ」です。

この曲は、華原朋美さんの集大成と言えそうですね。

全盛期のあとは実にいろいろあったけれど、見事に「復活」を果たしました。

復活を果たすに当たっては、並々ならぬ信念・意志・根性・努力があったのだろうと思います。

全盛期のときは「お気楽で世間知らずの朋ちゃん」のイメージが強かったと思いますが、

厳しい芸能界で復活を果たした「ド根性」に、一目置いた方も多いのではないかと思います。

「自分の人生を諦めない不屈の精神と情熱の人」ですね。







「獅子座っぽい世界観」その4。

《 恋しさとせつなさと心強さと 》篠原涼子  作詞作曲:小室哲哉

(一部抜粋)

恋しさとせつなさと心強さと
いつも感じている あなたへと向かって
あやまちは 恐れずに 進むあなたを
涙は見せないで 見つめていたいよ

遠い空を あの日 眺めていた
やりかけの青春も 経験もそのままで
永遠を 夢見ていた あの日を今
もう二度と繰り返さずに 戻らずに生きること
出来なくて あこがれて
でも少しずつ理解ってきた 戦うこと!!




これも、獅子座の篠原涼子さん、射手座の小室哲哉さん、火の星座の二人による「情熱タッグ」です。

篠原涼子さんの、ひざまずきたくなるような美しさと力強さ

そして、獅子座の友達がよくカラオケでこの曲を歌っていたので、

個人的に獅子座のイメージが強烈な曲です(笑)









ラスト一曲!「獅子座っぽい世界観」その5。

《 KISSに撃たれて眠りたい 》吉川晃司  作詞:吉川晃司・松井五郎 作曲:吉川晃司

(一部抜粋)

もっと 裸の心を見せないか
ときめきよ 踊れ わがままに

つらい昨日が鎖になるのなら
孤独よ燃えろ 真心さえ焼きつくせ

たとえ誰に 何を言われてもいいさ
好きにやれる一瞬(いま)があれば それでいい

KISSに撃たれて眠りたいぜ OH YEAH
ロマンティックな夢を いつまでも追いかけて
最後まで 止まらないぜ OH YEAH
俺たちしかやれない 世界だけを狙え

どうせ1000年もない人生さ
涙も笑え 笑い飛ばせ 粉々に

たとえどんな罠も 邪魔すればいいさ
好きで決めた明日があればそれでいい

KISSに撃たれて眠りたいぜ OH YEAH
ロマンティックな愛に 殺されてしまうまで
いつまでも 止まらないぜ OH YEAH
俺たちしか見えない 世界だけのために

たとえ誰に 何を言われてもいいさ
好きにやれる一瞬があればそれでいい




「孤独よ燃えろ、真心さえ焼きつくせ」

獅子座の吉川晃司さん。さすがアツイです!

兄貴〜!!!と拳を挙げたくなりますね(笑)

吉川晃司さんの風貌自体が獅子(豹?)っぽいですが、

この曲も、「自分の人生を貫け」「自分の夢を持て」というメッセージ=獅子座の世界観を感じます。





ちなみに、「たとえ誰に何を言われてもいいさ。好きにやれる一瞬があれば、それでいい」を体現するようなエピソードがあります。

第36回NHK紅白歌合戦。

白組のトップバッターだった吉川さんは、白組にもかかわらず、真っ赤な衣装で豪快に登場し、

舞台にシャンパンをふりまきながら歌い、

最後にはギターに火をつけて燃やしたという武勇伝があるそうです。

「しばらくNHK出入り禁止になった」という噂は本当かどうか分かりませんが、

まさに、「たとえ誰に何を言われてもいいさ。好きにやれる一瞬があれば、それでいい」ですね(^^)




──いつものとおり、今回も長〜くなりましたが、

ここまでお付き合いくださった方はスゴイ!ありがとうございます(笑)



太陽獅子座のみなさま、残りわずかですが、年に一度の「獅子座シーズン」を満喫してくださいね。

獅子座に幸あれ



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











音楽で喩える「蟹座の世界観」



こんばんは。miraimikuです。


占星術を極めるうえで重要なことは、

自分を取り巻く「あらゆる現象」を、12星座(12サイン)に喩えてみるクセをつけること。


──ということで、今年に入ってから【月1】で連載中、

12星座の世界観を、音楽で喩えるシリーズ【その5】です。



いま太陽は蟹座にあるので、今回は蟹座です。 

「蟹座っぽい世界観」を彷彿とさせる歌詞(曲)をいくつかご紹介しますが、

あくまでも私の独断と偏見ということで、面白がっていただけたなら幸いです(^^)


※【その1】魚座の世界観はこちら
※【その2】牡羊座の世界観はこちら
※【その3】牡牛座の世界観はこちら
※【その4】双子座の世界観はこちら



20160714-1.jpg



蟹座は 12星座の4番目、水のサイン、活動宮。

情緒性、感受性、共感性、感情的、感傷的、繊細、敏感、不安定な感情、気まぐれ、
大衆庶民的、郷愁的、下町気質、義理人情、安全欲求、巣作り本能、家族愛、身内意識、帰属意識、仲間意識、
献身、奉仕、保護、育成、世話焼き、面倒見の良さ、お節介、共栄共存、相互扶助


・・・などの性質を持ちます。

また、その支配星である「月」とともに、

女性原理、母性、私生活、日常生活、感情、感受性、好き嫌い、敏感さ、不安定さ

・・・などを象徴し、12星座でもっとも感受性が強く繊細なサインです。

(蟹座のキーフレーズは「 I Feel 」=「私は感じる」です)





蟹座論=日本人論。

「典型的な日本人気質」「日本の国民性をあらわしている」などと言われることが多いのが蟹座です。

「ウチ」と「ヨソ」の線引きがあり、偏りのある人間関係を持つ。

「ウチ」に対する忠誠心・義理人情・帰属意識は強いが、「ヨソ」には閉鎖的になってしまう。

「個性」で目立って抜きん出るよりも【みんな一緒であること】を好み、

「変化」「革新」「刺激」よりも【歴史や伝統】【思い出」【何気ない日常】を重んじる。


そういった気質が、「蟹座は日本の国民性をあらわしている」と言われることが多い所以なのでしょう。



また、蟹座の支配星である月が太陽の光を受けて輝くように、

自分ひとりでは成り立たない、守るべきものがあってこそ輝くのが蟹座です。

守るべきものができたとき、守るべきものがあるときの蟹座の輝きは、本当に力強い。

逆に、守るべきものがないときは、生きる意味を見出すのが難しいかもしれません。

言い方を変えると、「自分はこの家族(仲間)の一員である」という「帰属意識」「自分の居場所」が必要不可欠なのです。

月が満ち欠けしながら常に形を変えていくように、感情的に不安定なところがあるのも蟹座の特徴。

だからこそ、支える/支えられるような「安定的な居場所」を必要とするとも言えます。



さてここで、太陽が蟹座のミュージシャンです。

◆斎藤和義さん
◆藤井フミヤさん
◆GACKTさん
◆YO-KINGさん(真心ブラザーズ)
◆近藤真彦さん
◆中森明菜さん
◆MISIAさん
◆加藤ミリヤさん
◆渡辺美里さん



・・・う〜ん。。。いわゆる「蟹座っぽい!」という人が、一人もいません。

「え?じゃあ、どういう人が蟹座っぽいの?」と言われて真っ先に出てくる有名人は、

優香さん、井川遥さん、広末涼子さん、明石家さんまさん、大竹しのぶさん。

この5人はみなさん蟹座ですし、蟹座っぽいなと思います。

優香さんについては、「ドリフの世界観」に絡めて記事を書いていますので是非読んでみてください(^^)

明石家さんまさん大竹しのぶさん「蟹座同士のカップル」

実際には大家族ではないのに、この二人を並べると「下町の大家族」のイメージが湧きませんか?

また、上記ミュージシャンの中、中森明菜さんと近藤真彦さんも「蟹座同士のカップル」だったんですね。

結果的には結ばれませんでしたが、中森明菜さんは近藤真彦さんと結婚したかったのだろうと思いますし、

「二人にしかわからない運命的な絆」があったのだろうと思います。



──話が少し反れてしまいましたが。

この「音楽で喩える12星座シリーズ」は、

「音楽(歌手・歌詞)を通して、その星座の性質をわかりやすくイメージしていただくこと」

を目的にしているので、無理矢理にでも 「いかにもその星座っぽい歌詞」を抜粋しています。

蟹座のミュージシャンの曲で、蟹座っぽい世界観をあらわしている歌詞があれば理想的なのですが、

残念ながら、上記の方々の曲で、蟹座っぽいものは見つかりませんでした(泣)

たとえば中森明菜さんなどは、おそらく性質的には蟹座っぽい方なのだろうと思いますが

(情緒的/不安定/繊細/敏感/結婚願望が強い/子供の頃の夢は保母さん)

事務所の「イメージ戦略」としては、たとえば蠍座のようなミステリアスなイメージで売っていたと思いますので、

蟹座っぽい曲がないのです。

また、藤井フミヤさんも、実際の人物像(人柄)を調べていくと非常に蟹座っぽい方のようですが、

やはり「イメージ戦略」として「色気」や「個性」を前面に出していますので、蟹座っぽい曲がありません。

──というわけで、今回は、蟹座のミュージシャンにはこだわらず、

蟹座っぽい世界観をあらわしている歌詞(曲)をひたすらご紹介していきます。




「蟹座っぽい世界観」その1。

《 あなた 》小坂明子  作詞作曲:小坂明子

(一部抜粋)

もしも私が家を建てたなら 小さな家を建てたでしょう
大きな窓と小さなドアーと 部屋には古い暖炉があるのよ
真赤なバラと白いパンジー
子犬の横にはあなた あなた あなたがいてほしい
それが私の夢だったのよ

ブルーのじゅうたん敷き詰めて 楽しく笑って暮すのよ
家の外では坊やが遊び 
坊やの横にはあなた あなた あなたがいてほしい
それが二人の望みだったのよ

そして私はレースを編むのよ
私の横にはあなた あなた あなたがいてほしい




昭和の名曲。

「ベタベタすぎる」という突っ込みをいただきそうですが、

「蟹座の世界観」というところでは、やはり、この曲ははずせません。

水の星座は「気持ち」「心の絆」を重視しますが、

蠍座の愛が破滅的・究極的であったり、

魚座の愛がロマンチック・ファンタジックであるのに対して、

蟹座の愛は、あくまでも「現実的」「日々の日常生活」「巣作り本能」「結婚願望」なのです。

また、蠍座や魚座の愛が「男女の愛」であるのに対して、蟹座の愛は「家族愛」のニュアンスが強い。

男性にとっては「優しい妻」、女性にとっては「優しい夫」、

そして愛の結晶(子供)こそが幸せの象徴になるのです。

蟹座の方は、照れ臭くて表面的にはそんな素振りは見せないかもしれませんが、

心の奥底では「幸せな家族像」に絶対的な憧れを抱いている人が多いのではないかと思います。

あるいは、理想や憧れやこだわりがあるからこそ、「神聖化」し過ぎて遠ざけてしまう場合もあるでしょう。








「蟹座っぽい世界観」その2。

《 家族になろうよ 》福山雅治  作詞作曲:福山雅治

「100年経っても好きでいてね」
みんなの前で困らせたり
それでも隣で笑ってくれて
選んでくれてありがとう

どれほど深く信じ合っても
わからないこともあるでしょう
その孤独と寄り添い生きることが
「愛する」ということ
かもしれないから…

いつかお父さんみたいに大きな背中で
いつかお母さんみたいに静かな優しさで
どんなことも越えてゆける 家族になろうよ


小さな頃は身体が弱くて すぐに泣いて甘えてたの
いつも自分のことばかり精一杯で
親孝行なんて出来てないけど

明日のわたしは
それほど変われないとしても
一歩ずつ 与えられる人から
与える人へかわってゆけたなら


いつかおじいちゃんみたいに無口な強さで
いつかおあばちゃんみたいに可愛い笑顔で
あなたとなら生きてゆける そんなふたりになろうよ


いつかあなたの笑顔によく似た男の子と
いつかわたしとおなじ泣き虫な女の子と
どんなことも越えてゆける 家族になろうよ

あなたとなら生きてゆける
しあわせになろうよ




引きつづき「ベタすぎる」選曲ですが、やはり、この曲もはずせません。

「家族愛」はもちろんなのですが、

「100年経っても好きでいてね」で始まるところが大きなポイント。

「永続性」「歴史」「思い出」「積み重ね」「繰り返し」「非日常ではなく日常が変わりなく続くこと」も、蟹座のテーマです。

「与えられる人から与える人へ」の部分もポイントです。

「ギブアンドテイク」「労わり合い」「支え合い」「共栄共存」「相互扶助」も、蟹座のテーマです。








「蟹座っぽい世界観」その3。

《 キセキ 》GReeeeN   作詞作曲:GReeeeN

明日、今日よりも好きになれる 溢れる想いが止まらない
今もこんなに好きでいるのに 言葉に出来ない

君のくれた日々が積み重なり 過ぎ去った日々2人歩いた『軌跡』
僕らの出逢いがもし偶然ならば? 運命ならば?
君に巡り合えた それって『奇跡』

2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして
いつまでも君の横で 笑っていたくて
アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど
せめて言わせて 「幸せです」と


いつも君の右の手の平を ただ僕の左の手の平が
そっと包んでくそれだけで ただ愛を感じていた


日々の中で 小さな幸せ 見つけ重ね ゆっくり歩いた『軌跡』
僕らの出会いは大きな世界で 小さな出来事

巡り合えた それって『奇跡』

うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって!
強がりや寂しさも 忘れられるから
僕は君でなら 僕で居れるから!
だからいつも そばにいてよ 『愛しい君へ』


2人フザけあった帰り道 それも大切な僕らの日々
「想いよ届け!!!」と伝えた時に 初めて見せた表情の君
少し間が空いて 君がうなずいて 僕らの心 満たされてく愛で
ぼくらまだ旅の途中で またこれから先も
何十年続いていけるような未来へ


例えばほら 明日を見失いそうに 僕らなったとしても、、、

うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって!
喜びや悲しみも 全て分け合える
君がいるから 生きていけるから!
だからいつも そばにいてよ 『愛しい君へ』 最後の一秒まで


明日、今日より笑顔になれる 君がいるだけで そう思えるから
何十年 何百年 何千年 時を超えよう 君を愛してる




この曲も、「蟹座の世界観」を連想させるキーワードが全体的に凝縮されている曲です。

タイトルでもあり、歌詞中に何度か出てくる『軌跡』という言葉。

日々の中での小さな幸せを、見つけて、重ねて、寄り添って歩いて。

強がりも寂しさも、喜びも悲しみも、すべて分け合っていく。


ポイントはやはり、「永続性」「歴史」「積み重ね」「労わり合い」「支え合い」「共栄共存」「相互扶助」です。








「蟹座っぽい世界観」その4。

《 日々 》吉田山田   作詞作曲:吉田山田

おじいさんはおばあさんと 目を合わせ あまり喋らない
寄り添ってきた月日の中 ただ幸せばかりじゃなかったんだ

分厚いガラス眼鏡 手のひらのシワ
写真には写らない思い出 笑い出す二人

出逢った日 恋に気づいた日
結婚した日 別れたいと思った日
子供を抱いた日 手を離れた日
溢れる涙よ これは幸せな日々


おじいさんはおばあさんを呼ぶ時も 名前じゃ呼ばない
おこった顔がいつもの顔 ただ嬉しい時には口笛ふく

お気に入りのニット帽 おばあさんが編んだ
子供の頃のように ありがとうが伝えられない

泣かせた日 家を出て行った日
抱き合えた日 背を向けて眠った日
希望を持たせた日  それを恨んだ日
溢れる涙よ やけにデコボコな日々


おじいさんは からだをこわして
おばあさんは 独り泣いた
伝えなくちゃ 大切な気持ち
いつも毎日 本当に・・・・

涙の数だけ きっと 幸せな日々




NHKの音楽番組「みんなのうた」で流れて、一気にブレイクした曲です。

平凡だけど幸せな結婚の縮図。

平凡だけど、だからこそ、かけがえのない幸せ。

一緒に積み重ねていく日々、年月、歴史、思い出、絆。


蟹座が求める幸せ──。

懐かしさのあるノスタルジックなメロディも、蟹座の世界観を醸し出します。








「蟹座っぽい世界観」その5。

《 ひまわりの約束 》秦基博   作詞作曲:秦基博

(一部抜粋)

どうして君が泣くの まだ僕も泣いていないのに
自分より悲しむから つらいのがどっちか わからなくなるよ

ガラクタだったはずの今日が ふたりなら宝物になる
 
そばにいたいよ 君のためにできることが 僕にあるかな
いつも君に ずっと君に 笑っていてほしくて
ひまわりのような まっすぐなその優しさを 温もりも全部
これからは僕も 届けていきたい ここにある幸せに
気づいたから


遠くでともる未来 もしも僕らが離れても
それぞれ歩いていくその先で また出会えると信じて
ちぐはぐだったはずの歩幅 ひとつのように 今、重なる
   
そばにいること なにげないこの瞬間も 忘れはしないよ




ドラえもん映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌で話題になった曲ですね。

歌詞もそうですが、ドラえもんとのコラボによって生み出されたノスタルジックな世界観。

蟹座っぽいです。








ラスト一曲!「蟹座っぽい世界観」その6。

《 Simple 》Mr.Children   作詞作曲:桜井和寿

マイナス思考で悩みまくった結果
この命さえも無意味だと思う日があるけど
「考え過ぎね」って君が笑うと
もう10代の様な無邪気さがふっと戻んだ

10年先も 20年先も
君と生きれたらいいな
悲しみを連れ 遠回りもしたんだけど
探してたものは こんな
シンプルなものだったんだ


喧嘩した時には欠点でもあんだけど
自分に正直で遠慮の無いとこに
ひかれんのさ
互いに背負った傷をいつしか
ちょっとはにかんで交換し合えたならいいな


寂しい曲も 哀しい曲も
君と奏でればいいや
失ったものを さりげなく憂いながら
微かな戸惑いを そっと吐き出しながら

ざあざあ降りの雨を全身で受けながら
凛々と茂るあの草木の様に 強く 強く


10年先も 20年先も
ずっと傍に居て欲しいんだ
悲しみを連れ 遠回りもしたんだけど
探してたものは こんな
シンプルなものだったんだ

君となら 何だって
信じれる様な気がしてんだ
探してたものは こんな
シンプルなものだったんだ




最後は、大好きなMr.Childrenで締めさせていただきます

大好きな曲です。

そして、蟹座を連想させる曲だな〜と、ずっと思っていた曲です。







──いつものとおり、今回も長〜くなりましたが、

ここまでお付き合いくださった方は、ありがとうございます!



太陽蟹座のみなさま、残りわずかですが、年に一度の「蟹座シーズン」を満喫してくださいね。

蟹座に幸あれ


▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











音楽で喩える「双子座の世界観」




星読みカウンセラー・miraimikuです。



占星術を極めるうえで重要なことは、

自分を取り巻く「あらゆる現象」を、12星座(12サイン)に喩えてみるクセをつけること。


──ということで、今年に入ってから【月1】で連載中、

12星座の世界観を、音楽で喩えるシリーズ【その4】です。



いま太陽は双子座にあるので、今回は双子座です。 

「双子座っぽい世界観」を彷彿とさせる歌詞(曲)をいくつかご紹介しますが、

あくまでも私の独断と偏見ということで、面白がっていただけたなら幸いです(^^)



※【その1】魚座の世界観はこちら
※【その2】牡羊座の世界観はこちら
※【その3】牡牛座の世界観はこちら




20160617.jpg



ちなみに↑↑↑の画像、いたずらっぽい表情を浮かべて紙飛行機を飛ばそうとしている少年の画像も

双子座のイメージで選んでいます。

頭の中は、いろいろな知識・情報・アイデア

浮かんでは消え、浮かんでは消えているのです(^^)




双子座は 12星座の3番目、風のサイン、柔軟宮。

多面性、多芸多才、知的好奇心、ミーハー、雑学王、情報通、情報発信、頭の回転の速さ、
臨機応変、柔軟、反射神経、スピーディー、軽やかさ、アップデート、アレンジ工夫性、
若々しい、無邪気、茶目っ気、遊び心、ドジ、忘れっぽい、コロコロ変わる、気分屋、じっとしていられない


・・・などの性質を持ちます。

また、その支配星である「水星」とともに、

コミュニケーション、言語活動(書く・読む・話す・聞く)、思考、知性、知識、情報、スピード、交通、移動

・・・などを象徴し、12星座でもっとも反射神経に優れるサインです。






太陽が双子座のミュージシャンはこちら。

◆宮本浩次さん(エレファントカシマシ)
◆鬼龍院 翔さん(ゴールデンボンバー)
◆TERUさん(GLAY)
◆TAKUROさん(GLAY)
◆小林武史さん
◆亀田誠治さん
◆高橋幸宏さん(YMO)
◆美空ひばりさん
◆松たか子さん
◆ボブ・ディランさん
◆ポール・マッカートニー さん





エレカシ宮本浩次さんについては後述するとして、

歌手というより「アイデアパフォーマー」の鬼龍院翔さん(ゴールデンボンバー)

「プロデューサー」として活躍する小林武史さん、亀田誠治さん、高橋幸宏さん(YMO)

「歌手」としても「女優」としても才能がある美空ひばりさん、松たか子さん

グラミー賞・アカデミー賞・詩人としてノーベル文学賞にもノミネートしたボブ・ディランさん

文化レベルが高い、多芸多才で器用な人が多いなあと。




ところで、この「音楽で喩える12星座シリーズ」は、

「音楽(歌手・歌詞)を通して、その星座の性質をわかりやすくイメージしていただくこと」

を目的にしているので、無理矢理にでも 「いかにもその星座っぽい歌詞」を抜粋しています。

──で。今回の双子座、ありそうでなかなかなかった。苦労しました!

特にGLAYは、TERUさんもTAKUROさんも双子座なのに、

歌詞もメロディも、双子座のイメージのものがなかった・・・。




音階が変わったり転調したり、はずむような、飛び跳ねるような、軽やかで爽やかでポップなメロディ。

「好奇心」「言葉」「メッセージ」「コミュニケーション」「伝える」「届ける」というニュアンス。


──このへんを意識して、やっとの思いで選曲したものを3曲ご紹介します。




「双子座っぽい世界観」その1。

《 全力少年 》スキマスイッチ  作詞作曲:スキマスイッチ

(一部抜粋)

つまずいて転んでたら 置いてかれんだ
泥水の中を今日も よろめきながら進む

積み上げていたものぶっ壊して 身に着けたもの取っ払って
止めどない 血と汗で 渇いた脳を 潤せ
あの頃の僕らはきっと 全力で少年だった
セカイを開くのは誰だ

遊ぶこと忘れてたら 老いて枯れんだ
ここんとこは仕事オンリー 笑えなくなっている

ガラクタの中に 輝いていたものがいっぱいあったろう?
"大切なもの” すべて埋もれてしまう前に


さえぎるものはぶっ飛ばして まとわりつくものかわして
止めどない 血と汗で 渇いた心臓 潤せ
あの頃の僕らはきっと 全力で少年だった
怯えてたら何も生まれない

よどんだ景色に 答えを見つけ出すのはもう止めだ!
濁った水も 新しい希望(ひかり)で すぐに透み渡っていく


積み上げたものぶっ壊して 身に着けたもの取っ払って
幾重に重なり合う 描いた夢への放物線

紛れもなく 僕ら ずっと全力少年なんだ
セカイを開くのは僕だ

視界はもう澄み切っている





何よりも、遊びごころ。 そして(全力かどうかはさておき)少年ぽさ

「しがらみ」や「まとわりつくもの」を振り払って進んでいくかんじ。

アップテンポで疾走感のあるポップなメロディも双子座っぽいなと思いました。

ちなみに、スキマスイッチの大橋卓弥さん(ヴォーカル)は、月と金星が双子座(太陽は牡牛座)です。










「双子座っぽい世界観」その2。

《 ALICE 》My Little Lover  作詞作曲:小林武史

(一部抜粋)

「愛」って 何処にでもあるって言うけど
心の中泳いで キラキラ光って
とどまることさえ知らずに 揺らいだ中に


素敵な迷いはあるから
緑の森泳いで ソワソワしたっていいから
あなたに 罪を 打ち明けたいよ

いけない気持ちだけが 締め出したままで
気を抜いてると ふいに風が
「いいことしよう」って囁く


「性」って 漢字で書いても
なんだか曖昧で わからなくて
だけど 知ってゆく運命は
好奇心を あなただけに向かわせる


体が HEARTに 何か伝えたがっている
✴︎+▼⭐︎▲△×▫︎って 意味を越えている
世界中に広がってゆく ネットワークみたいに
✴︎+▼⭐︎▲△×▫︎ 心を旅する


時を越えてくるメッセージは きっとあるから

Ah 瞳に写る空は 青いキャンパスで
いたずらなパレット 選び出せば
どんな色にも染まる


そしてアリスのように 不思議さを受け止めたら
誰だって いつだって 森に迷い込めるの





太陽・月・水星が双子座の小林武史さんが作詞作曲なので、さすが。

全体的に双子座を連想させるキーワードが散りばめられていて、

「双子座の世界観」があらわれているように思います。

たとえば「愛」とか「性」とか、言葉じりの意味を考えてみる。

いろいろグルグル考えた結果、「✴︎+▼⭐︎▲△×▫︎」ってなる。(←文字化けではありません)

それは「素敵な迷い」になって、心を旅しながら、ネットワークが広がっていく──。










「双子座っぽい世界観」その3。

《 Shuffle 》My Little Lover  作詞作曲:小林武史

(一部抜粋)

スプリンクラー 勢いで回っているよ
ぬけるようなSKY 悲しいほど遠い

やりたいこと 探すこと あきらめないこと
だから今日もTRY でもデータはすぐに version up


答えは無数の星のようで 愛とは宇宙の果てのようで
そして 心に花を持たなきゃって





これもMy Little Lover、小林武史さん作詞作曲。

やっぱり双子座っぽいキーワードが頻出します。

いろいろ迷って、悩んで、探して、TRYしつづけて。

失敗したとしても、データはすぐにアップデート

そして前出の「ALICE」も「Shuffle」も、歌詞だけではなく、

軽やかでポップで跳ねるようなメロディも双子座っぽいイメージです。










宮本浩次さんは、宮本さん自体が双子座っぽい


ここから先は、まだ文章を読む余力がある方へ!


20160617-2.jpg
※右画像引用元:www.pia.co.jp



なぜわざわざ「別立て」で書くかというと、大ファンだからです(笑)

奥田民生さんMr.Childrenの桜井和寿さんはもちろん、

エレカシ宮本浩次さんも昔からずっと大好きです。

そして、【双子座】と言われて思い出す有名人の一人が宮本浩次さんだからです。


宮本浩次さんの、どこが<双子座っぽい>のか

◆大変な読者家(文学の人)であること
◆好奇心旺盛で、情報王・知識王・雑学王・多趣味であること
◆散歩が大好きであること
◆そわそわ落ち着きがないこと(笑)
◆話が飛びまくること(笑)






宮本さんが尋常レベルではない読書家であることは、有名だと思います。

特に、太宰治・夏目漱石・森鴎外など、古典文学が好きなようです。

(太宰治は双子座。 夏目漱石・森鴎外は水瓶座。「知性」の風サイン)

宮本さんの密着番組などを見ていると、いつも本を読んでいたりします。

とにかく本自体が大好きで、本に囲まれているだけで安心するそうです。

自宅には本が5000冊以上あるとのこと。

そして、どんなに忙しくても、全国ツアー中であっても、

ひたすら一人で「本屋さんのはしご」をするらしい。

読書・本屋めぐりを中心に

浮世絵、陶芸、お城、将棋、写真、散歩などなど、とにかく多趣味な方です。

特にクラシカルな伝統的文化に思い入れがあるみたいですね。




もはや名物の「髪の毛を両手でくしゃくしゃにするクセ」。

太陽双子座・火星双子座ですし、

水星と木星がタイトに0度なので、

言葉・情報・伝えたいことがありすぎて、拡散しすぎて

頭の中が高速回転、とんでもない混乱状態に陥る
のだろうと思います(笑)

頭が良すぎるからこそ、頭の中が雑多でごちゃごちゃ。


どれを言ったらいいんだろうって考えちゃう。
どういう風に言うと一番分かりやすいのかなっていうのを考える。
結果的に全然、錯綜していることが多いようなんですけどね、結果的にね。

TBS「私の10のルール エレファントカシマシ宮本浩次」より〜






ファンに愛される所以でもありますが、独特な話し方とか、話が唐突に飛ぶのとか。

下手なコメディアンよりよっぽど面白い。狙っていないのに、素で面白いです(笑)

印象的だったインタビュー動画をご紹介します。(3分39秒)

「スパゲティを作ること」について延々と語っていたかと思いきや

「僕は昔、スーパーマンになりたかったんですよ」

突拍子もないことを言い、インタビュアーが戸惑っています(笑)

高速回転する頭の中で、瞬間的に浮かんだことがパッと口に出てきたりするんだろうなあ。








そしてやっぱり、「結果的に錯綜している」とはいえ、

「伝えること」「わかりやすさ」へのこだわり。

双子座=言語によるコミュニケーションを象徴するサインですから、

音楽より「言葉」、楽しむというより「わかりやすく伝えること」にウェイトがあるような気がします。


◆歌詞はわかりやすく、直筆サインは楷書(漢字)で書く

わからないことはなるべく書かない。
(サインも)誰のサインかわからないと意味がない。
わかりやすくしっかり書いたほうが、
伝わるっていうのもアレですけど、
わりといつもそういう風には思ってる。


◆届け!という一心で歌う
言葉とメロディがしっかり届けっていう一心なんです。

知ってもらいたいんでしょうね。
自分がしっかりやったものを、一人でも多くの人に伝えたいんだろうね。

あらゆるメッセージというか
生きてる表現っていうのは
僕は歌係だから
歌で「答え」を歌うっていうことだとは思うんですけどね。

TBS「私の10のルール エレファントカシマシ宮本浩次」より〜






まあとにかく、双子座ならではでありながら、

強烈な個性・カリスマ性・芸術性・破壊力のある方

であることはまちがいありません。

◎太陽と天王星・冥王星が90度
◎火星と天王星・冥王星が90度
◎金星と海王星が180度


などのアスペクトがありますので、納得です。








──いつものとおり、今回も長〜くなりましたが、

ここまでお付き合いくださった方は、ありがとうございます(笑)




太陽双子座のみなさま、残りわずかですが、年に一度の「双子座シーズン」はいかがでしたか?

双子座に幸あれ




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧















音楽で喩える「牡牛座の世界観」



こんばんは。miraimikuです。


占星術を極めるうえで重要なことは、

自分を取り巻く「あらゆる現象」を、12星座(12サイン)に喩えてみるクセをつけること。


──ということで、

12星座の世界観を、音楽で喩えるシリーズ【その3】です。

いま太陽は牡牛座にあるので、今回は牡牛座です。 

「牡牛座っぽい世界観」を彷彿とさせる歌詞(曲)をいくつかご紹介しますが、

あくまでも私の独断と偏見ということで、面白がっていただけたなら幸いです(^^)


※【その1】魚座の世界観はこちら
※【その2】牡羊座の世界観はこちら




20160511.jpg




ところで、私がMr.Childrenの大ファンであることは、当ブログでもたまに書かせていただいていますが

もう一人、20年以上にわたって大ファンであるミュージシャンがいます。

奥田民生さんです。
そして、奥田民生さんは牡牛座です。


音楽が好きで、たくさんのミュージシャンのLIVEに出向く私ですが、

Mr.Childrenとユニコーン、桜井和寿さんと奥田民生さんは別格中の別格、二代巨頭なのです。

ああ・・・ついについに、奥田民生さんについても、このブログで書く日が来たのね

ドキドキ興奮しております(笑)

長々とお見苦しい記事になってしまいそうですが、どうかご容赦ください。


牡牛座は 12星座の2番目、地のサイン、不動宮。

五感の発達(肉体)、物質主義(コレクション・パーツ)、旺盛な欲求(食欲・性欲・物欲・所有欲・独占欲)、
職人気質(ディティール・フェチズム)、頑固、こだわり、自分ワールド、のんびりまったり、マイペース、
現実志向、安定志向、保守的、慎重、確実性、不変性、継続力、忍耐力

・・・などの性質を持ちます。

また、その支配星である「金星」とともに、

快楽志向(愛・満足・快適・趣味)、芸術性、美意識、美的感覚、美学、審美眼、金銭、グルメ、受動性、女性性

・・・などを象徴し、12星座でもっとも「五感」に優れるサインです。





今回は、まず最初に、太陽が牡牛座のミュージシャンを3人挙げさせていただきます。

◆奥田民生さん。(太陽と金星が牡牛座)
◆岸田繁さん(くるり)。(太陽と水星が牡牛座)
◆森山直太朗さん。(太陽と水星が牡牛座)


ここにもう一人、「特別ゲスト」でプラスさせていただきます。

◆斎藤和義さん。

斎藤和義さんは、太陽は蟹座ですが、金星が牡牛座です。



──いかがでしょうか。

私としては、この4人の名前を連ねただけでも、「牡牛座っぽい世界観」をビシビシ感じてしまう次第です。

JAPAN ROCKが好きな方はご存知だと思いますが

奥田民生さん・岸田繁さん・斎藤和義さん・森山直太郎さんは、

お互いのライブにゲスト出演したり、コラボレーション企画で曲をリリースしたりして、とても仲良しです。

4人に共通することは、「JAPAN ROCK」と「ギター」

明けても暮れてもギターをいじっていた「音楽大好き少年」がそのまま大人になったような、

「音楽オタク」「こだわり音楽職人」であることです。



この「こだわり」「マニアック」「職人気質」「オタク気質」「美学」が牡牛座っぽいのですが

より具体的に、よりわかりやすく説明するために、

Mr.Childrenの桜井和寿さん(魚座)と対比させながら書いてみます。

桜井和寿さんを【 魚座の音楽(水)】、奥田民生さんを【 牡牛座の音楽(地)】としてみます。

(私はどちらも大ファンですし、どちらがいい・悪いではなく、単純な比較論=違いです)



桜井和寿さんの【 魚座の音楽(水)】は、情緒的・心理描写的

音(メロディー)と同じくらい、もしかしたらそれ以上に「歌詞」の存在が大きい。

「音(メロディー)」と「言葉による心理描写」で成り立つ音楽

聴き手それぞれが、歌詞の主人公に自分を重ね合わせて「感情の疑似体験」をする。

「耳で聴く音楽」ではなく「心で聴く音楽」だと言えます。

聴き手によって変幻自在にカラーが変わる「カタチのない音楽」とも言えます。

そして、桜井さんと聴き手を強く繋いでいるのは「共感性」という絆です。

作り手と聴き手の間の境界線をいかに取っ払うか。

思い出を共有すること、想いが溶け合うこと、「魂の叫びのシンクロ」を目指している音楽なのだと思います。

そういった意味では、「音楽を楽しむ」というよりも、感傷的なニュアンスが強い。

作り手である桜井さんにも「生みの苦しみ=苦しみを伴う作品づくり」のイメージがあります。




奥田民生さんの【 牡牛座の音楽(地)】は、純粋に「音」を楽しむ=音楽

おそらく、歌詞は、なくてもいいくらいの位置付けなのだと思います。

ある雑誌のインタビューで、奥田さんはこんなことを仰っていました。

たとえば、歌詞の意味が分からなかったり、外国の歌で何を言ってんのか全然分からなかったりしても、

何となくノリが良いとか、この曲楽しいなとか良いなとか。そういう感覚あるじゃないですか。

僕にとってはそっちが重要というか。

音楽で何を伝えたいかと言われれば、音楽はこんなに楽しいってこと。

音楽を通して何かのメッセージを伝えようとかは思ってない。




思想とか心理描写とかではなくて

ギター、ベース、ドラム、キーボード、パーカッション・・・などの「楽器」をいかに楽しむか。

音はもちろん、ディティールやリズム、ビート、コード、アレンジなどの技術も含めて、

肉体で、五感で、耳で聴いて、音を楽しむ=音楽。

むしろ、音楽に「ことば」「こころ」の介在は“ご法度”なのかもしれません。

そしてどちらかというと、メジャー路線よりもマニアックなマイナー路線、

「共感」されることよりも「なんだこれ??」と思われるような音楽づくりを目指している。

一緒に「音楽を楽しむこと」をテーマにしていながらも、

いい意味で、聴き手を突き放しているというか、一線を引いている。

「音楽職人」としてのこだわりやプライドを感じます。

また、作り手である奥田さん自身が、誰よりも一番「音づくり」を楽しんでいる。

ギターはもちろん、ベースやドラムもこなしてしまう奥田さんは、

ボーカルとギター以外の演奏も、全部自分一人で手掛けたアルバムを出しています。

いろいろな「音のパーツ」を組み合わせながら、「音」をカタチにしていく

奥田さんは、プラモデルを組み立てるように「音楽で遊んでいる」イメージがあります(笑)



──長くなってしまいましたが、

「音楽で喩える牡牛座の世界観」、なんとなくおわかりいただけたでしょうか。

以降は、ひたすら歌詞を引用していきますので、ご興味ある方だけご覧ください(^^)




まずは、ああ、牡牛座っぽい!と唸る歌詞を。

これだけ奥田民生さんについて書いておきながら、一発目は斎藤和義さん(笑)。

「牡牛座っぽい世界観」をわかりやすく伝えられる歌詞として、トップバッターで引用します。

《 君の顔が好きだ 》斎藤和義  作詞作曲:斎藤和義

(中略あり)

僕が僕であることを 人に説明することの無意味さを
君の表情はいつでも教えてくれる
言葉はいつも遠回り、空回り
風に乗って消えちまう
形あるものを 僕は信じる

君の顔が好きだ 君の髪が好きだ
性格なんてものは 僕の頭で勝手に作り上げりゃいい
君の肩が好きだ 君の指が好きだ
形あるものを 僕は信じる


君の声が好きだ 君の顔が好きだ
この瞬間が続くことを祈る




「性格」なんていう目に見えないものよりも

目が大きいとか、声が可愛いとか、足が細いとか、肌の質感がいいとか、

目に見える部分、五感で感じる部分で恋をする。

そして、トータルバランスよりも、パーツとかディティールにこだわったり

何かのフェチであることが多かったりする牡牛座の性質が

とてもよくあらわれている歌詞だなと思います。









そしてここからはごめんなさい、大好きな奥田民生さんの歌詞を、ひたすら引用しまくります(笑)

奥田さんの歌詞は、心理描写的な言葉は最低限

そのかわり、目で、耳で、鼻で、肌で、五感で感じる「景色の描写=写実的描写」はけっこう多いです。

五感が研ぎ澄まされた「牡牛座っぽい世界観」を感じていただけるかなーと思います。(一部抜粋)

アスファルトが溶けている
道端の木も枯れている
ボンネットの上 焦げている
下から何か漏れている
ついてくるなよ 黄色い太陽

ラジオが話しかけている
バナナが腐りかけている
そうすることに決めたから 
狭い角度に決めたから
邪魔をするなよ 黄色い太陽
俺の辞書に 文字なんてないよ

(あくまでドライブ/奥田民生)




電線の上 ビルディングの上 月が落ちてきそうだ
暗闇の色 カラフルな光 深い深いスカイだ
愛を 夢を 丸いまんまで ゆらゆら転がした

電柱の下 アーケードの下 叫んでしまいそうだ
揺るぎない闇 ほろ苦い光 すばらしいこの世界だ
愛を 夢を 胸に抱いといて 歌いながらずんずん進む
左か右かは何ひとつ知らん そういう明日はどうだ

(明日はどうだ/奥田民生)




伝えたいことが そりゃ僕にだってあるんだ
ただ笑ってるけれど

伝えたいことは 言葉にしたくはないんだ
そしたらどうしたらいいのさ

そこで 目を閉じて 黙って 閃いて 気持ちこめて
適当なタイトルで ギターを弾いてみました

頭の中が見せられるなら 見せるんだ
ただ笑ってるだけですむのさ

だから 目を閉じて 気取って 間違えて 汗をかいて
あやふやなハミングで 歌を歌ってみました
叫びました

(CUSTOM/奥田民生)









最後に、奥田民生さんの曲の中で、特に大好きな曲を2曲。

墓場まで持っていきたいくらい大好きな2曲です。

1曲目は、寡黙で頑固で揺るぎないVer.の「牡牛座の世界観」です。

《 何と言う 》奥田民生  作詞作曲:奥田民生

言葉はなお そこいらじゅう やたらと 増えつづけている
古いことわざを待ち出したりした日にゃ
13巻くらいの辞書になるだろう

たのしいとき 何て言う?
たのしいですと言う
それでいいだろ 言葉なんか

俺は今NOW 君に会いに行く 準備を整えつつある
これを歌にして録音したりした日にゃ
15分くらいのバラードになるだろう

君に会って何て言う?
うれしいですと言う
あたりまえだろ ほんとなんだ
それだけかと言ったら それだけですという
ゆるぎないだろ 男なんだ

君に会って何て言う?
うれしいですと言う
あたりまえだろ ほんとなんだ
悲しい返事だったら 悲しいとは言わない
潔くなろう 男なんだ



腹が立つほど、なんてカッコイイのでしょう

「歌詞はどうでもいい」と言いながら、言葉少なながら、

女心を鷲掴みにしてしまう歌詞も書けてしまうのです。

ギターサウンドもプロモーション映像も相当カッコイイのですが、動画を発見できず。。。残念。





そして最後は、誰もが知っている名曲。

のんびりまったりVer.の「牡牛座の世界観」です。

この曲の再生回数は、全国1位だという自信があります(笑)

それにしても、若干30歳でこの歌詞を書けてしまうのだから、やっぱり只者ではないですよね。

《 イージュー★ライダー 》奥田民生  作詞作曲:奥田民生

何もないな 誰もいないな 快適なスピードで
道はただ延々続く 話しながら 歌いながら

カレンダーも 目的地も テレビもましてやビデオなんて
いりませんノンノン僕ら
退屈ならそれもまたグー

僕らの自由を 僕らの青春を
大げさに言うのならばきっとそういうことなんだろう


何もそんな難しいこと 引き合いに出されても
知りません全然 だから 気にしないぜ とにかく行こう

気を抜いたら ちらりとわいてくる
現実の明日は やぶの中へ

僕らは自由を 僕らは青春を
気持ちのよい汗を けして枯れない涙を

幅広い心を くだらないアイデアを
軽く笑えるユーモアを うまくやり抜く賢さを

眠らない体を すべて欲しがる欲望を
大げさに言うのならば きっとそういう事なんだろう

誇らしげに言うならば きっとそういう感じだろう







──長くなりましたが、ああ、楽しかった

ここまでお付き合いくださった方は、どうもどうも、ありがとうございます(笑)



太陽牡牛座のみなさま、残りわずかですが、年に一度の「牡牛座シーズン」を満喫してくださいね。

牡牛座に幸あれ



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











音楽で喩える「牡羊座の世界観」



こんにちは。miraimikuです。


占星術を極めるうえで重要なことは、

自分を取り巻く「あらゆる現象」を、12星座(12サイン)に喩えてみるクセをつけること。


──ということで、

12星座の世界観を、音楽で喩えるシリーズ【その2】です。

いま太陽は牡羊座にあるので、今回は牡羊座です。 

「牡羊座っぽい世界観」を彷彿とさせる歌詞(曲)をいくつかご紹介しますが、

「あくまでも私の独断と偏見」ということで、面白がっていただけたなら幸いです(^^)


※【その1】魚座の世界観はこちら



20160410.jpg



牡羊座は 12星座の1番目、火のサイン、活動宮。「生まれたての赤ちゃん」です。

生命力、スタート、前進あるのみ、猪突猛進、チャレンジ精神、冒険心、勇気、独立心、自分らしさ追求、
瞬発力、スピード、ストレート、率直、純粋、闘争心、負けず嫌い、短気、せっかち、衝動性

・・・などの性質を持ちます。

また、その支配星である「火星」とともに、

本能、衝動、情熱、積極性、攻め、行動力、主張、アウトプット、獲得欲求、攻撃性、男性性

・・・などを象徴し、12星座でもっとも勢いのあるサインです。







まずはこちら。初めて聴いたときに「牡羊座っぽい曲っ!」と思った曲です。(中略あり)

《 Wake Me Up ! 》SPEED  作詞作曲:伊秩弘将

何だかパッとしない毎日
イマイチ恋もうまくいってないし
やりたいこと、ありすぎるのに
モタモタしてたら乗り遅れちゃう


生きてるっていいことばかりじゃきっと味気ないよね
さあ、急がなきゃ!
まだ眠いけど遅刻しちゃうよ!


シャワー浴びて メイクして
ラズベリーのパン 頬張って
ダッシュで行けば いつものに間に合うよ

Wake me up! 朝の太陽
疲れたBody目覚めさせて

街中がみんな 他人に見えても
仲間たちに会えるよ

Someday Growin up!
ありのままの自分を もっと好きになりたい!
新しい朝、動き出す街
ビタミン不足の冴えない顔に Say-Good-Bye!


出遅れた夏を取り返して
夜が短くなっちゃう前に
好きならこっちから行かなくちゃ!
待ってるだけじゃ奇跡は起こらない


失うことを恐れずに ずっと強気で生きてきた
元気を出して!ふさぎこんでちゃ アタシらしくない

明日から早起きして サボってたダイエットも始めよう!
いつかあなたを振り向かせたい

Wake me up! 明けていく空
地球は今日も回っている
この瞬間を胸に刻もう
生きてるって感じたい!


どんな時でも明日を信じてる
もう泣かない
Gonna keep on growin up!




まずタイトル【Wake Me Up ! 】の時点で牡羊座っぽいですが、

全体的に牡羊座を連想させるキーワードが散りばめられていて、

「牡羊座の世界観」があらわれているように思います。

面白いのは、この曲の作詞をされた伊秩弘将さんは、金星が牡羊座

そして、SPEEDの島袋寛子さん・新垣仁絵さんは、太陽が牡羊座でした。








次は、またちょっと違うテイストで「牡羊座っぽいなあ」と思う曲。(中略あり)

《 ばっさりやってよ 》森高千里  作詞:森高千里

この頃あなたにも 会ってないわね
私を避けてるの とてもわかるわ

私はあなたのことを今も好き
何も変わらないわ
昔と 5年も経つけれど
私のことが嫌いになったなら
隠さないでいてね
始めに 約束したでしょう?

もう会いたくないなら 男らしくしてよ
逃げ回ってるようで 私とてもつらい

だから 正直な気持ちを話してほしい
うじうじされるのは 性に合わない


私に遠慮しないで いつもどうり
恋の終わりぐらい 私はかっこよくしたいから

あなたは誤解してるよ
この私 あなたよりいつでも
物事、割り切っていたわよ


何にも言えないなら 私から言うわよ
早く別れましょうと あなたよりも男らしく

みじめな女には なりたくないわ
どうせふられるなら ばっさりやってよ




曲調はかわいらしいですが、牡羊座っぽい!潔い女!ってかんじ。

森高千里さんは、太陽・金星・火星が牡羊座です。









次に、「牡羊座の恋」その1。(中略あり)

《 CHE.R.RY 》YUI  作詞作曲:YUI

返事はすぐにしちゃダメだって 誰かに聞いたことあるけど
駆け引きなんて出来ないの


好きなのよ ah ah ah ah

恋しちゃったんだ たぶん 気づいてないでしょう?
星の夜 願い込めて CHE.R.RY
~指先で送るキミへのメッセージ

サクラが咲いている この部屋から見えてる景色を全部
今キミが感じた世界と10秒取り替えてもらうより

ほんの一行でも構わないんだ
キミからの言葉が欲しいんだ
ウソでも信じ続けられるの




YUIさんは、太陽が牡羊座です。








「牡羊座の恋」その2。(中略あり)

《 ゲレンデがとけるほど恋したい 》広瀬香美  作詞作曲:広瀬香美

絶好調 真冬の恋 スピードに乗って
急上昇 熱いハート とけるほど恋したい 
ブレイク寸前 幸せへのゴール
私だけに White Love Song 歌ってほしいの

恋って素敵なことね
偶然出会ったあなたが 一番大事な人に変わる



《 ロマンスの神様 》広瀬香美  作詞作曲:広瀬香美

待っていました!合格ライン
早くサングラス取って見せてよ
笑顔が素敵、真顔も素敵、思わず見とれてしまうの


幸せになれるものならば 友情より愛情
帰りは送らせてと早速OK!
ちょっと!信じられない


Boy Meets Girl 恋してる瞬間 きっとあなたを感じてる
Fall In Love ロマンスの神様 願いを叶えて
Boy Meets Girl 恋する気持ち 何より素敵な宝物
Fall In Love ロマンスの神様 どうもありがとう




広瀬香美さんは、太陽が牡羊座です。







───きりがないのでこのくらいにしておきますが、小ネタを。

ELTの持田香織さんは、太陽・水星・金星が牡羊座ですが、

ライブでテンションが上がると

『おらぁ、お前ら〜!アホになる気はあんのか〜!?』と叫ぶそうです(笑)

男前ですね!!素敵!

持田香織さんに限らず、そしてミュージシャンに限らず、

牡羊座の女性って、見た目が女性っぽいとしても、気質的には男前だったり負けん気が強かったり、

「生命力」に満ち溢れた人が本当に多い
ように思います。

牡羊座は、男性よりも女性のほうが目立つし、強いような・・・!?



star.gif太陽が牡羊座の女性<順不同>

◆島袋寛子さん・新垣仁絵さん(SPEED)
◆森高千里さん
◆YUIさん
◆広瀬香美さん
◆ELT持田香織さん
◆工藤静香さん
◆今井美樹さん
◆高橋みなみさん(AKB)
◆渡辺麻友さん(AKB)

◆桃井かおりさん
◆沢尻エリカさん
◆竹内結子さん
◆木村佳乃さん
◆宮沢りえさん
◆後藤久美子さん
◆RICAKOさん
◆神田うのさん
◆上原さくらさん
◆西川史子さん
◆青木さやかさん
◆和田アキ子さん
◆上沼恵美子さん
◆野村沙知代さん
◆細木数子さん


特に後半は「強い女」のオンパレードですよね(笑)



太陽牡羊座のみなさま、年に一度の「牡羊座シーズン」を満喫してくださいね。

牡羊座に幸あれ



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧