蟹座満月。「2017年・新しいステージ」を牽引する満月(2017/1/12 蟹座満月)



miraimikuです。

更新が直前になってしまいましたが、ギリギリセーフ!!


1月12日(木)20時35分、蟹座の位置で、満月を迎えます。



ダイナミック!パワフル!!
「2017年最初の満月」であり、まさに、
2017年・新しいステージ】を牽引するかのような満月です。




大きな出来事が起こる、大きな節目を迎えるなど、

否応なしの「方向転換」を促されるような満月になるかもしれません。

特に、活動宮(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)太陽、月、アングル(ASC・IC・DSC・MC)をお持ちの方は、

今回の満月の影響を受けやすいでしょう。

20170112-1.jpg

1月12日・蟹座満月 ホロスコープ


 2017/1/12/20:35 東京都 (さくっとホロスコープを利用させていただきました)

20170112-2.jpg


<2017/1/12 蟹座満月 ホロスコープ 注目ポイント>

◆活動5/不動0/柔軟6(ASC含む)
◆火3/地3/風1/水4(ASC含む)
全天体が順行(逆行天体なし)

◆山羊座太陽─蟹座月がオポジション(180度満月
◆山羊座太陽&冥王星─蟹座月─天秤座木星─牡羊座天王星で「活動宮グランドクロス」





なんといっても、今回の満月図のポイントは

◆不動宮サインがない
◆すべての天体が順行(逆行天体なし)
◆活動宮グランドクロス(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)




山羊座で逆行していた水星が1月8日に順行に戻り、

現在は、すべての天体が順行中です。

2月6日に木星が逆行を開始するまでの約1ヶ月間は、全天体が順行になります。

全天体が順行している期間は、なかなか稀有です

物事がスムーズに進みやすい、「アクセルのみ」というイメージ。

不動宮サインもないので、「アクセルのみ」のニュアンスは強まります。



──そして、 すべての天体が順行の中での、活動宮グランドクロス!!

人知を超越した不可抗力的エネルギーが宇宙全体に渦巻いています。

(地震などの天変地異も起こりやすい配置図です)

自分の意志や本意にかかわらず、事態がどんどん進展(前進)していく流れです。

冒頭でも書いたとおり、まさに

【2017年・新しいステージ】を牽引するかのような満月

だと言えるでしょう。

以下、2016年12月29日・山羊座新月の記事から引用させていただきます。



2016年(特に9月以降)は、社会が・日本が・世界が・・・大きく動いた一年でした。

個人レベルでも、多くの人にとって、

何かを終わらせて何かを始める──「激動の一年」「転機の一年」だったと思います。

たとえば、出会いと別れ。

結婚・離婚。

出産・死別。

就職・退職・休職。

独立起業・転職・異動・新しいビジネス・資格取得。

「自分の内側」にしろ、「自分の外側」にしろ、

「自分で決断する変化」にしろ、「不可抗力的な変化」にしろ、

まさに【死と再生】【根源的変容】を彷彿とさせる局面があったはず。

「激動の2016年」でした。



何かを終わらせて何かを始める──「激動の一年」「転機の一年」の背景にあったのは、

「自己変革意識」「自立意識」です。

この社会で、この地上で、限りある命を、自分はどう生きていくべきか。
一人ひとりが「自分の人生を生きる」について考え、自問自答した2016年。


その「答え」に沿って、

既に実行に移した人もいるでしょうし、

自分の中での決意・覚悟・確信が固まってきているという段階の人もいるでしょう。



激動の2016年」を踏まえて、2017年からは
個人レベル・社会レベル・世界レベルで
ステージが明確に変わります



それぞれ一人ひとりが

「自分の人生を生きる」を、理想論ではなく現実化していく

個々の「自己変革意識」「自立意識」

社会を、世界を、「当たり前」を、「常識」を

大きく変えていく一年となるでしょう。

西洋占星術的に言えば、

「新しいステージ」に本格的に切り替わるのは春分(3月末)以降ですが冬至の記事を参照

2017年1月から、それに向けての計画・準備は始まっていきます。





2016年秋頃から、社会が・日本が・世界が・そして自分の周囲の人達が

「転換期」を迎えているのは、明らかなはずです。

(自分の友人知人を見渡してみてください。

結婚した人、出産した人、彼氏彼女ができた人、

昇進した人、転職した人、独立した人・・・

そういう人ばかりだったりしませんか?)

2017年からは、それぞれが「新しいステージ」を生きて行くことになりますが、

今回の満月は、それを牽引(象徴)するかのような満月なのです。




2017年の幕開けにふさわしい、2017年最初の満月。

「新しいステージ」に向けての覚悟と期待を胸に。

神聖な心持ちで、夜空を見上げてみてください。




20170112-3.jpg



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











“十字架”を背負った人生 〜グランド・クロス〜



こんばんは。miraimikuです。

アスペクトについてのリクエストをいただき、何回かに分けて書いています。

アスペクトとは、『ホロスコープ上で天体同士が形成する角度』のことです。

この記事では『グランド・クロス』についての概要を書きます。


グランド・クロス=『波乱に満ちた人生を送る宿命』

グランド・クロスとは、凶座相のスクエア(90度)が4つ合体した複合アスペクトで、稀有で特殊なアスペクトです。

オポジション(180度)も2つ含みます。

スクエアが4つ形成されると、円形のホロスコープの中で、綺麗な正方形(十字架)を形成します(下図参照)。

grandcross.jpg


自分の中にグランド・クロスがある人って、いったいどんな感じなのだろう・・・。

ワナワナしながらも、とても興味深いアスペクトです。



凶座相が4つ分(6つ分)ですから、占星術では『大凶』『最高の不幸』とされ、

困難や障害が多い、波乱に満ちた人生を送る宿命にあると言われています。



しかしながら、社会的に大きな影響を残した成功者の出生ホロスコープでたまに見られるアスペクトだと言われます。

『次々に降りかかる困難や障害を乗り越えていくうちに、
誰も成し得ないような偉業を成し遂げてしまっていた』


・・・という人生になるのかもしれません。

いや、本人からすると、『別に普通のこと』であって、

困難や障害が降りかかっているという感覚はないのかもしれません。



偉大な成功者となるのか、奇人・変人で終わるのか。

結果論として振り返ったときに『大凶』にも『大吉』にもなりうる未知数のアスペクトと言えるでしょう。

いずれにしろ、現状に満足しづらく、
『もっと良くなりたい・もっと違う何かがあるはず』という強い衝動を常に抱えていて、
慌ただしく落ち着かない、強烈な個性を持つなどと言われます。

特に、アンギュラーハウス(1・4・7・10ハウス)で形成されるグランド・クロスは強いエネルギーを持つでしょう。


スクエアが4つ分ですから、

行動パターンが同じ(三区分が同じ)中で、4つの価値観がせめぎあう(バラバラの四元素)

ことになります。


活動宮グランド・クロス

◆正方形の4点が、牡羊座(火)・蟹座(水)・天秤座(風)・山羊座(地)の活動宮サインで形成されているグランド・クロス

個人として動こうとする。身内に向けて動こうとする。社交に向けて動こうとする。社会に向けて動こうとする。

ベクトルがあちこちに向き、すべてに対して働きかけようと突き進む。

次々に目標を掲げ、たとえ失敗してもけしてへこたれず、また次々に目標を打ち立てては突き進む。

普通は尻込みして手を出さないような危険な賭けにも積極的に挑戦する。

寝食を後回しにして動き回る。活動量(精神力・体力)が普通の人のキャパを超越している。

『オーバーワーク』という言葉はこの人のためにある。



不動宮グランド・クロス

◆正方形の4点が、牡牛座(地)・獅子座(火)・蠍座(水)・水瓶座(風)の不動宮サインで形成されているグランド・クロス

対価を保守しようとする。自己実現を保守しようとする。信念を保守しようとする。価値観を保守しようとする。

すべてのものを守ろうとするがゆえ、結果的に身動きできなくなる。

超ミラクルスーパー頑固。人の意見に耳を傾ける気配がない。

緻密で計画的で隙のない理想的な構想を描くが、描き続けるだけで命の期限が訪れてしまうかもしれない。

帝王のような、圧倒的な安定感と存在感がある。

『テコでも動かない』にもほどがあるほど動かない。



柔軟宮グランド・クロス

◆正方形の4点が、双子座(風)・乙女座(地)・射手座(火)・魚座(水)の柔軟宮サインで形成されているグランド・クロス

情報に柔軟であろうとする。仕事に柔軟であろうとする。思想に柔軟であろうとする。人情に柔軟であろうとする。

好奇心の塊で、すべてを理解しようとし、自分の中に何かを受け入れること・取り入れることに限度がない。

新しさや刺激、変化することを常に追い求めていて、“いまここにいる自分”がまったく定まらない。

自分が定まらないということは、目標や方針も定まらない。

流動的で考えや言動がコロコロ変わるため、結果的に『大ホラ吹き』になってしまう恐れがある。







▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧