【12年に一度】木星@蠍座の一年へ 〜その2(本編) 〜


20171010.jpg



星読みカウンセラー・miraimikuです。



【木星@蠍座の一年】 について。

その1(リアルタイムで取り急ぎ書いた記事 に、大幅に肉付けしていくような形で、改めて書いていきます。

(内容が被る部分もあると思いますが、ご了承ください)




2017年10月10日(火)22:21、【木星】が蠍座に入宮しました。


次の射手座に移動するまでのおよそ一年間、

2017年10月10日〜2018年11月8日が【木星@蠍座】の時間になります。

【拡大・発展の星:木星】が ひとつの星座(サイン)に巡ってくるのは、12年に一度

木星が一年間 滞在する星座(サイン)は

(個人レベルでも社会レベルでも)その一年間の【大テーマ】を示唆します。



というわけで、【木星@蠍座の一年】 について、ひたすら書いていきます。

大ボリューム(相当な長文)になりますので、

適度に休憩を入れながら読んでみてください(笑)

または、段落ごとに飛べるようにしておきますので、読みたい箇所だけ読んでくださいね。




 20160908-1


(1)木星の作用・役割とは

<木星の基本データ>

◆大きさ:地球の約11倍(大きさ・質量ともに太陽系で最大)

◆並び順:太陽>水星→金星→地球(月)→火星→《木星》→土星→天王星→海王星→冥王星

◆公転周期:約12年(12年かけて12星座を一周)

◆ギリシャ神話:全知全能の最高神・ゼウス

射手座の支配星(守護星)

◆木星のプラス作用 :幸運・拡大・発展・成長・援助・可能性(追い風)
◆木星のマイナス作用:堕落・贅沢・怠惰・ルーズ・過剰・キャパオーバー




占星術をかじったことのある方であればご存知だと思いますが、

木星は、太陽系の中で(占星術で扱う10天体の中で)最大の【大吉星であり、

「天のサンタクロース」「ギフト」などと表現されることもあります。

太陽射手座の自分にとって、射手座の支配星が木星であることは、ひそかな自慢だったりします(笑)

具体的に言うと、木星には、拡大・発展・追い風の作用 があります。



太陽系の天体(占星術で扱う10天体)には、それぞれ神話に基づいた名前が付けられています。

「木星=ジュピター」は、ローマ神話に登場する天空神・ユーピテルの英語名です。

ギリシャ神話では、全知全能の最高神(オリンポスの最高神)・ゼウスが木星を象徴します。

神々の王であるゼウスを象徴とするわけですから、

木星はつまり「神の星」なんです、スゴイんです!

木星は「ガリレオ衛星」と呼ばれる4つの大きな衛星を持ちますが、

この4つの衛星には、ゼウスの愛人の名前がつけられていたりします(笑)

大きさの点でもスゴイのが木星。太陽系の中で、大きさ・質量ともに最大です。






全知全能の最高神・ゼウスを象徴とする【大吉星】木星 は、

古代より人々から愛され、求められてきました。

よく雑誌の星占いなどで「今年は○○座が12年に一度の大幸期!」と書かれていたりしますが、

それには一応根拠があって、木星が滞在している星座のことを指しているわけです。

木星は約12年かけて12星座を一周しますので、ひとつの星座に滞在するのは約一年。

だから「12年に一度の大幸期!」なのです。

つまり、雑誌の星占い風に言うと、

2017年10月10日〜2018年11月8日の一年間は、

太陽星座が蠍座の方が「12年に一度の大幸運期」に当たります。

また、木星星座が蠍座の方はジュピターリターン(木星回帰)になりますので、

同じく「12年に一度の大幸期」だと言えるでしょう。

そのほかで特記するとしたら

ASC・MC・DSC・月星座・水星星座・金星星座・火星星座が蠍座の方、

太陽星座が牡牛座の方も、強い影響を受けそうです。

もちろん、それ以外の方にも、影響はあります。

「木星が何座にあるのか/一年のテーマは何か」を把握しておくことは、【開運】につながります。




前述のとおり、【大吉星】である木星には、拡大・発展・追い風の作用がありますが、

こちら側の望む・望まないに関わらず、ひたすら拡大・発展・増幅させていく

──という点では、「いいことばかり」とも言えません。

たとえば、仕事の縁や依頼がどんどん広がって、キャパオーバーになるとか。

あちこちから「お誘い」がかかって、交際費が膨れ上がるとか。

喩えるなら、

ひさしぶりに実家に帰省したら、お母さんが「あれも食べなさい、これも食べなさい」と、
どんどんご飯を食べさせてきて、1週間で○○キロも太ってしまった!!


──みたいなイメージです。

もうお腹いっぱい!いらない!と思っても、優しい笑顔でどんどん与えてくれるのが[木星]です。

どんな人格/物事にも、必ず良い面/悪い面の両極があるように、

どんな天体にも、プラスの作用/マイナスの作用があるのです。



(2)木星は追い風/土星は向かい風

<木星と土星>

◆木星:幸運・拡大・発展・期待・可能性・アメとムチのアメ(追い風)
◆土星:試練・集中・圧力・責任・課題・現実・アメとムチのムチ(向かい風)


木星も土星も【社会天体】であり、

◆外側(社会との関わり)から内側(個人の性格・生活)に影響を及ぼす
◆個人に影響を及ぼすとともに、社会全体の風潮や価値観にも影響を及ぼす




占星術の世界では、

(あまりこういう言い方はしたくありませんが)木星は「大吉星」/土星は「大凶星」と呼ばれ、

対比してセットで考えられます。

木星土星 の動きを中心に「運勢」を観ていくケースも多いと思います。


シンプルに言えば、木星は追い風/土星は向かい風


2014年12月下旬〜2017年12月下旬の3年間は
土星は射手座に滞在しますので、
太陽射手座(土星射手座)の方にとっては
この3年間は「向かい風」のときに当たります




木星が人気者 であるのに対して、どうしても 土星は忌み嫌われる存在 ですが

先ほど、どんな天体にもプラスの作用/マイナスの作用があると書いたとおり、

「木星が幸運で、土星が試練」とは簡単には言えません。

たとえば【成長】と一言で言っても、

「追い風」の中で成長する場合もあれば、「向かい風」の中でこそ成長する場合もある。

結果的に振り返って、木星と土星のどちらが「幸運」だったのかは、

一概には言えないものがあるのです。



確実に言えるのは、木星と土星の2天体は【社会天体】と呼ばれ

◆外側(社会との関わり)から内側(個人の性格・生活)に影響を及ぼす
◆個人に影響を及ぼすとともに、社会全体の風潮や価値観にも影響を及ぼす


──と考えられる点では同じです。

もっと突っ込んで言うと、占星術で扱う10天体の中では、

【木星・土星】よりも【天王星・海王星・冥王星】のエネルギーのほうが遥かに上ですが、

【天王星・海王星・冥王星】の影響は、人間の意識や力ではコントロールできないレベルのものです。


たとえば 天災や生死(存在)に関わるような問題など、

個人の力ではもちろん、社会の力でもどうしようもできない、

不可抗力的・宿命的な宇宙エネルギーになります。

【木星・土星】は、あくまで、社会との関わり合いの中で個人が受ける影響(変化)であり、

私たちの意識次第でコントロールできるということです。

(プラスのエネルギーにできるか、マイナスのエネルギーにしてしまうかは、自分次第)




 20160908-2



(3)木星が[天秤座]から[蠍座]へ移動することの意味


冒頭に戻りまして、2017年10月10日、木星が[天秤座]に別れを告げて、[蠍座]に入宮しました。

木星がひとつの星座を移動するのは一年に一度なので

占星術の世界では、「木星の移動」は年に一度のビッグイベント。

SNSやネットでも「木星が蠍座へ」という話題で持ちきりでしたよね。

では、木星が[天秤座]から[蠍座]へ移動することによって、

どのような変化が起こり得るのでしょうか。




こちらの記事でも書いていますが

天秤座→蠍座→射手座までは、【自分と相手/わたしとあなた】が大テーマ です。

社会に出て行き、様々な人たちとの出会いや関わり合いの中で、

自分の視野を広げ、レベルアップをしていくとき。

◆天秤座:広く浅く、繋がる(多様性)
  ↓
◆蠍座 :狭く深く、繋がる(深堀り・集中・同化)
  ↓
◆射手座:自分なりの「答え」を出す(昇華・悟り)




つまり、木星が[天秤座]にあるときも、木星が[蠍座]にあるときも、

【自分と相手/わたしとあなた】が大テーマになっていることには変わりありません。

ただし、その「質」が、ガラリと変わるのです。


大テーマ:【自分と相手/わたしとあなた】

star.gif 木星@天秤座【広げる】
 →多種多様な人と出会う・繋がる・話す
 →「新しい出会い」を広げる
 →たくさんの人と予定を組む
 →いろいろな場所へ行く



star.gif 木星@蠍座【深める】
 →「この人」だと選ぶ・絞る
 →「既にある関係性」に真剣に向き合う
 →いつも同じ人と会う
 →いつも同じ場所に行く





また、木星が天秤座にあったときは(2016年9月9日〜2017年10月10日)、

牡羊座の天王星・山羊座の冥王星との「活動宮の三者連携で、

(人間関係や物事が)前進していく・始まっていく・動いていく運気にありました。

射手座の土星との連携も、発展性がありました。



木星@蠍座の一年になると、

山羊座の土星・冥王星牡牛座の天王星との連携がメインになってきます。

(2017年12月20日に、およそ3年間、射手座に滞在していた[土星]が山羊座に移行)

[天秤座木星]+[射手座土星]の一年から

[蠍座木星]+[山羊座土星]の一年へ。


前進していく・始まっていく・動いていくというよりは

固めていく・結果を出す・現実化する・大地に根を下ろすような運気に変わります。

2018年からは、それぞれ一人ひとりが「自分の人生を生きる」を

理想論(口約束)ではなく現実化していく流れになっていくでしょう。

というか、否が応でも「現実」にしなければならないのです。



〜以下、その1(序章)の記事から引用〜


木星が天秤座入りした2016年9月頃からの一年間。
わたしたちの世界は
確実に「広がった」はずです。

新しい出会い。新しい関係性。
新しい景色。新しい世界。新しい挑戦。



( ちなみに、私の身の回りでは
木星@天秤座の一年間に「出会って結婚する」・・
いわゆる “ スピード結婚 ” をした人が
ものすごく多かった!!
木星@天秤座パワーを思い知りましたw )



木星が蠍座になると、今度は
(2016年9月頃からの一年間で)
「新しく広がった世界」の中から
何かを選び、深めていくことになります。

ひとりの相手との(一対一の)関係性に。
ひとつのチームに。
ひとつの仕事に。
ひとつの趣味に、創作活動に、勉強に──。

「対象」を絞り込んで深めていく。
本気で向き合っていく。
本腰を入れて育てていく。
自分の人生を注いでいく。


たとえば人間関係で言うのなら、
「新しい出会い」を広げるのではなく
「既にある関係性」に真剣に向き合うほうがいいし、

「たくさんの人と予定を組む」よりも
「いつも同じ人と会う」ほうがいい。



( 先ほどの“ スピード結婚 ” をしたカップルで言うなら、
木星@蠍座の一年は、ゆっくりと着実に
夫婦としての関係性を深めていく一年になるのでしょう。
「妊活・妊娠」も、木星@蠍座っぽいです )



──選択と集中。
「広げる一年」から「深める一年」へ──。






(4)[蠍座]の二大テーマ


【拡大・発展・追い風の星:木星】が、【蠍座】に、一年間、滞在する。

良くも悪くも 「蠍座のエネルギーが宇宙全体に充満している一年」 ということになります。

具体的に、どんな一年になるのでしょうか。



既述のとおり、一言で言ってしまえば【広げる一年から深める一年へ】なのですが

それだけでは物足りないという方のために、くどくどと書いていきます。

まずは「蠍座の性質・テーマ」を、しっかり丁寧に考えていきましょう。


star.gif 蠍座のキーワード/テーマ

◆二 極:女性星座(内側へのエネルギー)
◆三区分:不動宮 (維持・保守・定着エネルギー)
◆四元素:   (感情・情緒・共感エネルギー)
◆支配星:冥王星 (死と再生・破壊と創造・極限性・変容)

◆蠍座のキーワード
【真実】【真相】【本質】【秘密】
【オールオアナッシング】【ゼロか100か】【白か黒か】【極端】
【掘り下げる】【深める】【極める】【徹底する】【追求する】【解明する】
【信じる】【信じ抜く】【信念】【情念】【秘めた情熱】【執着心】
【偏愛】【独占欲】【支配欲】【狂気的】【強烈】
【吸収】【同化】【一体化】【変容】

◆蠍座のテーマ
真実を追求する
対象(相手)に集中し、同化し、一体化し、変容する
理屈ではなく魂の部分で信じ抜く
狭く深く濃く、奥の奥まで、裏の裏まで、掌握し切る




蠍座は、12星座で一番[ディープ]なサインです。

深く深く。奥の奥まで。 微塵の隙間もなく、密度100%の濃さで──。

色で言えば、[黒]や[ワインレッド]が蠍座のテーマカラーです。


20171115-5.jpg



蠍座の性質やテーマを語るにあたっては

(1)真実
(2)同化と変容


という2つの大きな切り口があるかなと思います。




(1)真実 ────────

真実からは嘘を、嘘からは真実を──。
たとえ残酷な結末になろうとも、「真実」を追求したい衝動。
表面的ではない「真相・本質」への到達欲求。



「真実」の反対は「虚偽」「嘘」です。

闇雲に真実を追求する蠍座は、嘘・偽物・偽善・・・上っ面の媚びや美辞麗句が、大嫌い。

「表面的なもの」「表面的であること」が、もう、本能的に、許せません。

だからこそ、蠍座は寡黙です。

肝心なことほど、秘密主義です。

簡単に口に出してしまえば(言葉にしてしまえば)、嘘っぽくなってしまうから──。

嘘・誤魔化し・取り繕いが大嫌い。

「真実か嘘か」「白か黒か」だけであって、「グレー」はありえない。

さらに言うと、「ゼロか100か」・・・

極端に言えば「生きるか死ぬか」が、蠍座の世界なのです。




(2)同化と変容 ────────

特定の対象(物事・事象・人間関係)との「同化・一体化」欲求。
愛憎や清濁を併せ呑み、盲目的に・極限的に・魂レベルで繋がること。
その過程の中で「変容」を遂げること。



<真実>と同じく、蠍座の大きなテーマが<同化と変容>です。

(同化と変容はセットです)

そして、「特定の対象」と書きましたが、メインはやはり、

パートナーとの・親子との・親友との──

わたしとあなたとの、深いパートナーシップ(同化・一体化)になるでしょう。

文章で「同化する」と書くと、どうしても薄っぺらくなってしまいますが、

「同化する」って、物凄いエネルギーですよ。

たとえば恋愛で言えば、「相手と同化する」なんて、物理的に、絶対に不可能なんです。

けれど蠍座は、「相手と同化しようとする」。

微塵の隙間もなく、密度100%の濃さで、「完全一致」を目指す。

彼(彼女)になりきって、彼(彼女)の目で、世界を眺めたい。 と願うのです

その対象になりきる=同化するくらい、

全身全霊で、盲目的にのめり込むこと。

表面ではなく、深く深く、奥の奥まで入り込むこと。

愛憎や清濁を併せ呑み、超越し、極限の境地まで達すること──。

既述のとおり、天秤座が「広く浅く繋がる」だったのに対して、

蠍座は「狭く深く繋がる」。

「ソウルメイト」「運命の人」「寄生」「共依存」「セックス」などは、

<蠍座の世界の言葉>です。




対:人間(深いパートナーシップ)に関わらず、

天秤座で広げた世界から、「コレだ」と思うものだけを選別・限定して、

集中していく・深めていくのが蠍座です。

喩えて言うならば。

「あれ入れよう!これも入れてみよう!あ、それ入れたら美味しそう!」

スーパーでワンサカ買い物しているのが天秤座の段階

家に帰ってきて、ドッサリ買ってきた山積みの食材を吟味して、

「コレとコレだけ。」

じっくり選んだものだけを圧力鍋に入れて、

グツグツグツグツ煮込んでいるのが蠍座の段階


煮込んで、煮込んで、煮込んで・・・

食材が溶け合って、形をなくして、やがて「濃厚なソース」に姿を変えました。

これが【変容】です。

特定の対象(物事・事象・人間関係)と「同化・一体化」しようとする物凄いエネルギーの中で、【化学変化=変容】が起こるわけです。

ポイントは、蠍座が最初から【変容】を目指しているわけではないということ。

対象と(相手と)同化しようとする中で、【変容】を遂げる、ということなのです。



(5)木星@蠍座の一年(まとめ)


蠍座]の二大テーマ をしっかり踏まえたうえで、ようやく、まとめです(笑)

2017年10月10日〜2018年11月8日【木星@蠍座の一年】は、

どんな一年になるのでしょうか。

おそらく、こんな感じです。



──「広げる一年」から「深める一年」へ。

「何かを・誰かを」選ぶ。
「何かに・誰かに」エネルギーを集中していく一年。




──「真実」が浮き彫りになる。

秘密・隠しごと・嘘偽りは、暴かれる(バレる)。

相手に対してはもちろん、何よりも、
自分自身に嘘がつけなくなる。
「自分の本心」から目を逸らせなくなる。

<誰といたいか。何をしたいか>

誤魔化すことはできない。
向き合わなければならない。
もう逃げられない。


グレーではなく、
白か黒か、ハッキリさせなければならない。



──「何かを・誰かを」選ぶことは
痛みや犠牲を伴うだろう。

けれど、痛みや犠牲が大きければ大きいほど、
得るものも大きくなる。

だから、痛みや犠牲を引き受ける覚悟を持つ。



──「何かを・誰かを」選ぶことで
世界は狭くなるだろう。

広い世界から遮断されてしまうことへの
不安や恐れもあるかもしれない。

けれどいまは、
平均的にバランスを取るときではない。
バランサーではなくスペシャリストを目指すとき。




──捨てるものと、手に入れるもの。
死にゆくものと、新たに生まれるもの。
その過程を経ての、【自己変容】





【木星@蠍座の一年】は、こんな感じの一年になるでしょう。

既に今年の夏頃から

なんとなくこういったことを意識し始めていた人、

あるいはもう既に渦中(真っ只中)にいる人も、多いはずです。



「真実・真相・深層」を追求し、「表面的な世界」を嫌う蠍座は

「地下を支配する星座」であり、基本的には、水面下・秘密・裏世界の住人です。

そんな蠍座ワールドを

[木星]が照らす・明るみに出す・表社会に駆り出すわけなので

個人レベルでも・社会レベルでも、良いものも悪いものも、

水面下に隠されていたいろいろなものが、次々に表面化しそうな一年
ですね。

見えてなかったもの・かけがえのない愛(宝)に気づいたとき。

あるいは、見たくなかったもの・認識したくなかったものに直面したとき。

私たちはどうなるのでしょうか。



また、蠍座は「セックス・セクシャリティ」「生と死」を司る星座(サイン)なので

◆セクシャルな関係性・セクシャルなテーマ
◆妊娠・出産・子育て
◆介護・人の死


──などを通して

【真実】【痛みや犠牲や不安や恐れ】【自己変容】に直面するケースも多いかと思います。




・・大ボリューム(相当な長文)になりました、【木星@蠍座の一年】

11月18日の蠍座新月から、いよいよ本格始動です。

( きちんと記事を書くのが後回しになっていましたが、

蠍座新月を間近に控え、逃げられませんでした笑 )



20171115-4.jpg




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















【12年に一度】木星@蠍座の一年へ 〜その1(序章) 〜


20171010.jpg



星読みカウンセラー・miraimikuです。


2017年10月10日(火)22:21、【木星】が蠍座に入宮しました。



【拡大と発展の星・木星】

ひとつのサイン(星座)に巡ってくるのは、12年に一度。

木星が一年間 滞在するサイン(星座)は

(個人レベルでも社会レベルでも)その一年間の【大テーマ】を示唆します。



とにもかくにも

占星術の世界では、「木星の移動」は 年に一度のビッグイベント!!

SNSやネットでも「木星が蠍座へ」という話題で

持ちきりですよね(^^)




木星が、天秤座から蠍座へ。
「広げる一年」から「深める一年」へ──。


star.gif木星@天秤座(2016/9/9〜2017/10/10)
 「広がる・広げる一年」
   ↓
star.gif木星@蠍座(2017/10/10〜2018/11/8)
 「深まる・深める一年」




書こうと思えばいくらでも書けるところですが(笑)、

広げる一年」から「深める一年」へ

・・・この、たった一文だけでも、

ピンとくる・身に覚えがある・なんとなく腑に落ちる、という方が

多いのではないかな〜と思います。




木星が天秤座入りした2016年9月頃からの一年間。
わたしたちの世界は
確実に「広がった」はずです。

新しい出会い。新しい関係性。
新しい景色。新しい世界。新しい挑戦。



( ちなみに、私の身の回りでは
木星@天秤座の一年間に「出会って結婚する」・・
いわゆる “ スピード結婚 ” をした人が
ものすごく多かった!!
木星@天秤座パワーを思い知りましたw )



・・木星が蠍座になると、今度は
(2016年9月頃からの一年間で)
「新しく広がった世界」の中から
何かを選び、深めていくことになります。

ひとりの相手との(一対一の)関係性に。
ひとつのチームに。
ひとつの仕事に。
ひとつの趣味に、創作活動に、勉強に──。

「対象」を絞り込んで深めていく。
本気で向き合っていく。
本腰を入れて育てていく。
自分の人生を注いでいく。


たとえば人間関係で言うのなら、
「新しい出会い」を広げるのではなく
「既にある関係性」に真剣に向き合うほうがいいし、

「たくさんの人と予定を組む」よりも
「いつも同じ人と会う」ほうがいい。



( 先ほどの“ スピード結婚 ” をしたカップルで言うなら、
木星@蠍座の一年は、ゆっくりと着実に
夫婦としての関係性を深めていく一年になるのでしょう。
「妊活・妊娠」も、木星@蠍座っぽいです )



──選択と集中。
「広げる一年」から「深める一年」へ──。


木星が蠍座入りした今日からは
そういう一年になっていくでしょう。

ここから先は
本当に必要なもの・・・
「自分にとってのホンモノ」しか、
持っていくことはできません。





──木星が天秤座から蠍座へ移動した本日、

リアルタイムで みなさんと一緒に味わいたかったので

まずは、取り急ぎ。

【木星@蠍座の一年】については

既にいろいろな方が書いてくださっていますが

私は私の言葉で書きたいと思っていますので

(リアルタイムで書けなかったですが・・泣)

また改めて、どこかで書きますね(^^)



「広げる一年」から「深める一年」へ。
「自分にとってのホンモノ」だけ。



木星@蠍座の一年、
今日からスタートです!



→ つづき記事(本編)はこちら! 木星@蠍座の一年へ 〜その2(本編)〜



20171005-5.jpg




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















蠍座新月。深く深く、奥の奥まで、突き詰める(2016/10/31 蠍座新月ブラックムーン&ハロウィン)



miraimikuです。


10月31日(月) AM2時39分、蠍座の位置で、新月を迎えます。


10月、二度目の新月ですね。

一回目は10月1日・天秤座での新月でした。

(しつこいですが)この 天秤座新月 に至るまでの経緯は、本当に見事でした。

「10月」に焦点を絞って、宇宙全体が体勢を整えていったとしか思えないような流れがありました。

多くの人が「ターニングポイント」「新展開」を迎えたであろう10月。

最終日の31日に、「極め付け」の、二度目の新月です。


天秤座の【間口を広げる/始める】から
蠍座の 【選別する/深める・集中する・根付かせる】へ。



「9〜10月で手にした新展開を根付かせること」がメインテーマになる新月です。


20161031-1.jpg




【蠍座】×【ブラックムーン】×【ハロウィン】

新月は月齢0。 【スタート】【生まれ変わり】の時。

生まれたての新月は、新しいものを生み出す生命力に満ち溢れ、

新月の日は「願望実現」のパワーが最も強いときだと言われています。

また、意志(太陽)と感情(月)が一致する(重なる)という意味でも、

願望実現に向けてスタートを切るには絶好のタイミング。

ですから、願いごとをするのは、満月のときではなく新月のときです。

新月のときに立てた目標(願いごと)を、満月のときに見直すという「一連のサイクル」を繰り返します。



通常、新月は1ヶ月に1度ペースで起こる現象ですが、

今回の10月のように、1ヶ月の中で新月が2回起こることがあります。(2〜3年に一度)

その場合、2回目の新月のことを【ブラックムーン】と呼びます。

今回の新月は、【蠍座のブラックムーン】ということになりますね。

(ちなみに、1ヶ月の中で満月が2回起こる場合、2回目の満月はブルームーンと呼ばれます)

【ブラックムーン】というだけで、通常の新月より特別なパワーがありそうですが、

さらに、この日は【ハロウィン】でもあります。


【蠍座】×【ブラックムーン】×【ハロウィン】──。
──静かに、自分の「魂の声」に耳を傾けてみる。


蠍座には、「死と再生」「生まれ変わり」「変容」という意味がありますが、

ブラックムーンにも、同じような意味があります。

ハロウィンも「死者が蘇る日」とされますから、

なんだかとても神秘的でミステリアスな新月です。

情熱的・華やか・勢いがあるというより、

「魂を静める」とか、「魂を浄化する」とか。

スピリチュアルで神聖なムードが漂います。



20161001-3.jpg




蠍座のテーマ


star.gif 蠍座(10月23日~11月22日)

◆二 極:女性星座(内側へのエネルギー)
◆三区分:不動宮 (維持・保守・定着エネルギー)
◆四元素:   (感情・情緒・共感エネルギー)
◆支配星:冥王星 (死と再生・破壊と創造・極限性・変容)

◆蠍座のキーワード
【一極集中】【オールオアナッシング】【ゼロか100か】【偏愛】【極端】
【掘り下げる】【深める】【極める】【徹底する】【追求する】【支配する】
【信じる】【信じ抜く】【信念】【情念】【秘めた情熱】【執着】【狂気的】【強烈】
【吸収】【同化】【一体化】【変容】

◆蠍座のテーマ
内側に吸収・蓄積・定着・所有していく
対象(相手)に集中し、同化し、一体化し、変容する
理屈ではなく魂の部分で信じ抜く
狭く、深く、濃く、奥の奥まで、裏の裏まで、味わい尽くす




表面的ではない「真実」「真相」「真理」「本質」への到達欲求──。

蠍座のテーマを一言で言うとしたら、

【特定の対象(物事・事象・人間関係)と同化すること】です。

文章で「同化する」と書くと、どうしても薄っぺらくなってしまいますが、

「同化する」って、物凄いエネルギーですよ。

たとえば恋愛で言えば、「相手と同化する」なんて、物理的に絶対に不可能なんです。

けれど蠍座は、「相手と同化しようとする」。

彼(彼女)になりきって、彼(彼女)の目で、世界を眺めたい。と願うのです

その対象になりきる=同化するくらい、

全身全霊のエネルギーを注ぐこと。

狂気的にのめり込むこと。

表面ではなく、深く深く、奥の奥まで入り込むこと。

徹底的に突き詰めること、掌握しきること、完遂すること。

愛憎や清濁を併せ呑み、極限の境地まで達すること。

──それが、蠍座のテーマです。


ひとつ前の 天秤座が「広く浅く」だったのに対して、

蠍座は「狭く深く」

天秤座で広げた世界から、「コレだ」と思うものだけを選別・限定して、

深めていくのが蠍座なのです。



喩えて言うならば。

「あれ入れよう!これも入れてみよう!あ、それ入れたら美味しそう!」

スーパーでワンサカ買い物しているのが天秤座の段階

家に帰ってきて、ドッサリ買ってきた山積みの食材を吟味して、

「コレとコレとコレだけ。」

じっくり選んだものだけを圧力鍋に入れて、

グツグツグツグツ煮込んでいるのが蠍座の段階


煮込んで、煮込んで、煮込んで・・・

食材が溶け合って、形をなくして、やがて「濃厚なソース」に姿を変えました。

これが【変容】です。



【特定の対象(物事・事象・人間関係)と同化すること】が蠍座のテーマです。

そして、その「同化しようとする」物凄いエネルギーの中で、

【化学変化=変容】が起こります。

ポイントは、蠍座が最初から【変容】を目指しているわけではないということ。

対象と同化しようとする中で、【変容】を遂げるということなのです。



ここでまとめになりますが、

蠍座の新月では、

◆静かに、自分の「魂の声」に耳を傾けてみる。
◆そして、コレだと思う対象(物事・事象・人間関係)を選別する。
◆選別したものを、深める・集中する・根付かせる。
◆その対象に同化するくらい、突き詰める。


──これらのことを意識しながら、願いごと(目標設定)を立てると良いでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新月の願いごとの仕方>

◆新月から48時間以内(8時間以内が理想)
◆ノートなどに手書きで書く
◆願い事は2項目以上、10項目まで
◆自分を主語にし、既に叶った形の肯定文(アファメーション)で書く
◆一日一回、特に何も考えなくていいので、書いたものに目を通す
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



10月31日・蠍座新月ホロスコープ

 2016/10/31/02:39 東京都 (さくっとホロスコープを利用させていただきました)
20161031-2.jpg

<2016/10/31 蠍座新月 ホロスコープ ポイント>

◆活動4/不動3/柔軟4(ASC含む)
◆火3/地3/風1/水4(ASC含む)
◆天王星・海王星が逆行中

◆太陽・月・水星が、蠍座でトリプルコンジャンクション(0度)
◆上記に対して、魚座海王星がトライン(120度
◆金星・土星が、射手座でコンジャンクション(0度
◆上記に対して、魚座海王星がスクエア(90度
◆牡羊座天王星ー山羊座火星&冥王星がスクエア(90度
◆天秤座木製ー山羊座冥王星がスクエア(90度




外側の世界に開かれていた天秤座新月とは打って変わって、

内側へ向かうエネルギー

自分自身が本当に必要としていること、目指したいことを
妥協せずに追求していくこと。
自分自身に問い続けること。



ホロスコープ全体図を見ても、ここまで書いてきたことと、テーマは変わりません。

しいて付け加えるなら、

2ハウスー6ハウスが強調されているので、

「実利を出すこと」「成果を出すこと」

もっとストレートに言うなら「お金を稼ぐこと」

意識が強く向かうかもしれません。

周囲からの援助を受けながら、

あるいは周囲をサポートするような形で、

生産的なサイクルをもたらすことができそう。

そして11月14日の牡牛座ウルトラスーパームーン前後で、

何か大きな「手応え」が得られるのかもしれません。

なんて言ったって、牡牛座は「物質的・金銭的な豊かさ」を象徴するサインですからね(^^)

牡牛座ウルトラスーパームーンについては、また後日に書きます。




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















蠍座で輝く太陽。「拡大・拡散」から「集約・集中」へ



こんばんは。miraimikuです。


更新のタイミングが遅くなってしまいましたが・・!

10月23日(日)AM8時47分、天秤座に別れを告げて、太陽が蠍座に入宮しました。

11月22日までの約1ヶ月、太陽は、蠍座の位置から私たちを照らします



二十四節気(にじゅうしせっき)で言うと

「太陽が蠍座に入宮する日=蠍座0度になる瞬間」は、「霜降(そうこう)」に当たり、

毎年10月23日~24日頃を指します。

朝晩の冷え込みが増し、北国や山里では霜(氷の結晶)が降り始める頃。

まさに、朝晩はすっかり冷え込むようになってきましたね!

それにしても、毎年毎年、「春」と「秋」の時間がどんどん短くなっているような・・・。

四季(春夏秋冬)ではなく、二季(夏冬)に収束しているような気がして、寂しい限りです(泣)



20161026.jpg



さて、みなさまにとっての「天秤座シーズン1ヶ月」はいかがでしたでしょうか?


おそらく、「忙しい日々」でしたよね・・?
私も、9〜10月は 「超絶!忙しい日々!」でした(笑)



木星が天秤座入りした9月9日前後から、

太陽が天秤座入りした9月22日(秋分)

天秤座で新月を迎えた10月1日・・・と、

「動く」「始まる」「広がる」を実感されていた方が多いと思います。

天秤座エネルギー(人脈・交流・シェア・拡散)の影響はもちろん、

宇宙全体図として、「活動宮サイン」が優勢になったり、

逆行していた天体が次々と順行に戻ったり、

皆が、世の中全体が活発に動いていく流れにありました。



──こうした慌ただしさは、太陽が蠍座(不動宮サイン)に入ったことで、落ち着いていきます。

太陽が蠍座で輝く1ヶ月は、蠍座のエネルギーが強調されます。


広げたものから選別し、集中していく。
「動く・始まる・広がる」から、「深める・集中する・根付かせる」へ。



9〜10月で手にした「新展開」を

「丁寧に深める」「集中する」「根付かせる」ことを

意識していくとよいでしょう。

こちらの記事でも書かせていただいたとおり、

10月31日の蠍座新月から、蠍座のテーマが本格化していきます。


star.gif 蠍座(10月23日~11月22日)

◆二 極:女性星座(内側へのエネルギー)
◆三区分:不動宮 (維持・保守・定着エネルギー)
◆四元素:   (感情・情緒・共感エネルギー)
◆支配星:冥王星 (死と再生・破壊と創造・極限性・変容)

◆蠍座のキーワード
【一極集中】【オールオアナッシング】【ゼロか100か】【偏愛】【極端】
【掘り下げる】【深める】【極める】【徹底する】【追求する】
【信じる】【信じ抜く】【信念】【情念】【秘めた情熱】【執着】【狂気的】【強烈】
【吸収】【同化】【一体化】【変容】

◆蠍座のテーマ
内側に吸収・蓄積・定着・所有していく
対象(相手)に集中し、同化し、一体化し、変容する
理屈ではなく魂の部分で信じ抜く
狭く、深く、濃く、奥の奥まで、裏の裏まで、味わい尽くす





私も、9〜10月で、色々な「新展開」がありました。

見事に動いていくな〜!広がっていくな〜!と

「宇宙と繋がっていること」を痛感しながらも、

ちょっと「散らかり放題」の状況・・・!!

それらをどう根付かせていくか、

どこにどうエネルギーを分配していくか、

しっかり考えていきたいと思っています。




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















《金星》が蠍座にある人 〜何に幸せを感じるか〜



蠍座にある金星は、占星術用語では デトリメント(障害)と呼ばれ、

「金星が傷ついている」などど言われたりします。

デトリメント(障害)は、その天体の力をうまく発揮できない配置。

【ワクワクキラキラ担当】の金星さんは、蠍座にいると居心地が悪いようです。




蠍座に金星をお持ちの方は、多くの苦悩や葛藤・激しい感情体験をお持ちではないかなと思います。

私自身、太陽は射手座ですが、『蠍座29度の金星』を持っています。

実際、特に若い頃(金星期の20代)は、非常に暗かった( 超根暗 )といいますか

多くの感情的葛藤がありました。

海の奥底で、妖艶に光る万華鏡のような世界 ───

完全に[文章型の人間]である私でも、金星蠍座の世界は、

深すぎて、重すぎて、簡単には言語化することができません。

けれども、自分の中にこの『蠍座29度の金星』があるからこそ

西洋占星術にシンパシーを感じ、助けられ、極限的にのめり込んだはずですし、

【知識】だけではなく、深い深い【こころ=感情】に寄り添うカウンセリング ができているのだろう・・・

『蠍座29度の金星』は、私の中で、絶対にはずせない重要な特質 だと思っています。

──というわけで、今回は、やたら長くなってしまいそうな【金星:蠍座】について書いていきます。

金星が蠍座の人は、太陽星座が乙女座 or 天秤座 or 蠍座 or 射手座 o r山羊座の人です。

※太陽と金星の最大離角=48度のため



《金星》は [幸せ] がたくさん詰まった宝箱


[太陽][火星]男性原理をあらわす【攻め】の天体 であるのに対して、

[月][金星]女性原理をあらわす【受け身】の天体 です。

そして、【受け身】の天体である[月][金星]の違いは

 =日常的に繰り返される事柄。リラックスしているとき。母性。
金星=非日常的な事柄。ドキドキワクワクして楽しいとき。女性性。




リラックスしているとき、無意識状態のときは[月]が稼働していますが、

何かを楽しんでいるとき、幸せを感じているときは[金星]がフル稼働しています。


金星は、あなたの“幸せ”がぎゅーっと詰まっている【宝箱】。
金星を紐解いていけば、
自分がどういうことに幸せを感じるのかが見えてくるはずです。



◎どんなことに幸せを感じるか。どんなときに笑顔になるか。恍惚するか。
◎喜び・楽しみ・好きなもの・好きなこと・好みの状態
◎恋愛・デート・食べ物・ファッション・音楽・芸術の好み



[金星]は【受け身】の天体なので、

恋愛においては 愛され方・扱われ方の好み になります。

※「金星があわらすもの」については、こちらの記事も合わせてご覧ください



金星が蠍座にある人の[幸せ]


star.gif幸せの状態・好みの状態

【濃く深く重く強い感情】を出せたとき、それを受け止めてくれたとき。
愛憎や清濁を併せ呑み、魂レベルの絆でつながることができたとき。
盲目的に極限的に没頭できる対象があるとき。


そういうときが一番幸せで、ドキドキワクワクキラキラします。

金星が蠍座にある人は「場にそぐわないヘビーな話をしてギョッとされてしまった経験」が一度はあるはずです。

あるいは「自分では10レベルで捉えていたことを、相手は3レベルくらいにしか捉えていなかった」みたいな経験。

良くも悪くも深く捉えすぎたり深読みしすぎたりして、「取り越し苦悩」が多いのです。

そういった過去の<手痛い経験>を何度か繰り返し、やがて、

自分の中にある「強すぎるエネルギー」や「ヘビーな部分」=【濃く深く重く強い感情】を自覚します。

そしてそれらを抑えること=「隠す術」を覚えるのです。

「隠す術」を覚えた金星蠍座は、品位を失うことなく、基本的にポーカーフェイスです。

深入りすると際限のない自分を自覚しているので、逆に見ないようにしたり距離を取ろうとしたり。

ポーカーフェイスを保ちながら他者と対峙し、相手との距離感=レベル感を見極めています。

自分の中にある「強すぎるエネルギー」をどのレベルまで出していいのか、どのラインまで踏み込んでいいのか。

さりげなく注意深く。無意識の防衛本能による「駆け引き」「心理戦」です。

(これが蠍座の「観察力」「洞察力」の所以でしょう)



わかりやすくトランプゲームの大貧民(大富豪)で喩えましょう。

金星蠍座の手持ちカードは、3<4<5・・・・<K<A<2<ジョーカーまで、すべてのカードが揃っています。

相手に先にカードを出させて、それに合わせたレベルのカードを出すのです。

相手が3を出せば4。相手が6を出せば5か7。

相手のレベル感に合わせて、自分が出す「エネルギー=カード」を調節するのです。

そうして「まだ行けるか?まだ行けるか・・・?」と、試すように、少しずつレベルを上げていき

相手がK(キング)くらいまで出すのであれば、「おっ」と喜び、一気にジョーカーまで持っていく。

けれど本当の本当は、出せるものなら最初からジョーカーを出したいのです。

自分のジョーカーがいかに強烈かを自覚しているがゆえ、

ギョッとされないように、最初は注意深く「様子見」しているだけ。

距離感の「様子見」に疲れて、いきなり相手をバッサリ切る。相手と距離を置くようなこともあるでしょう。

(ゼロか100か。「中途半端」はいらない、ないほうがマシ。極端で不器用なのです)

金星蠍座にとって、相手が同じレベルであることを確認できた時点、そこからようやく「本番」がスタートします。

踏み込み、踏み込まれるような関係だけが「人間関係」であって、表面的な関係は気持ちが悪くて維持できません

金星蠍座と同じレベル感の人はなかなかいませんので、結果的に【狭く深く】の人間関係になります。

いえ、【狭く深く】ではなく、

【狭く深く、奥の奥まで、裏の裏まで、とことん徹底的に、余すことなく、海の底・宇宙の果てまで】です(笑)

人間関係に限らず、それが仕事や趣味であっても同じです。ゼロか100か。

この人だ(これだ)と思った対象に、深く深く、盲目的に極限的に没頭しているとき。

そしてその対象と一体化(同化)していると感じたときに、何よりの幸せを感じるはずです。




star.gif愛され方・扱われ方の好み

深く濃くしつこく、病的なくらいに、
言葉や形式ではなくキモチで、「運命共同体」のように
愛して欲しい。愛されたい。



まさに【愛と憎しみは紙一重】

「恋愛は愛憎が渦巻く重いもの」であって、軽いタッチの恋愛には興味がありません。

12サインの中でもっとも濃厚な恋愛感情を持つのが金星蠍座です。

そしてそれを出していいものなのか、自分でも怖いし、戸惑うのです。

前述のとおり、自分と相手が同じレベル感であることを確認できた時点、

そこからようやく「本番」がスタートします。

つまり、相手から【濃く深く重く強い感情】でぶつかってきてほしい、踏み込んできてほしいのです。

そうでなけりゃ、いっこうに「本番」はスタートしません。

一度踏み込まれたくらいでは確信が持てないので、何度も踏み込んできてほしい

その愛が本物かどうか、相手を突き放して試すようなこともします。

それでも諦めずに、しつこく追いかけてきてほしい。

嫉妬されたり束縛されたりストーカーされたり、ちょっと病的で狂気的なかんじも、金星蠍座の人は喜んだりします。

(もちろん、好きな相手に限りますが)



相手にとっての唯一無二感、特別感、ドラマ性を求めるのは金星獅子座と同じですが、

ヒロイン・ヒーロー願望のある金星獅子座が「お前しかいない」「あなたじゃなきゃダメ」に憧れるのだとすれば、

金星蠍座が憧れるのは「お前を失うくらいなら死ぬ」「あなたじゃなきゃ生きていけない」です。

ヒロイン・ヒーローのように輝かしい世界ではなく、重くて深刻で排他的な世界

まさに、生死が関わるくらいのレベルで、キモチで愛してほしいのです。

(金星蠍座の相手がアッサリ淡々としているようでしたら、それはあなたとの関係性が「スタート」していません)

水のエレメントは目に見えないもの=“心の絆”や“気持ち”を重視しますが、

端的に言うとすれば、金星蟹座「家族愛」金星蠍座「偏愛」金星魚座は「博愛」です。




star.gifデートの好み

二人だけの世界に浸れるデート。

誰にも見られない密室。密閉空間を好みます。

たくさんの人で賑わうところより、二人だけの世界に浸れるような空間。

オフィシャルな場所より、プライベートな場所。

好きな相手とのデートであれば断然、野外より室内、昼より夜、青空より星空でしょう。




star.gif金星蠍座の女性の【女性としての魅力】

金星が蠍座にある女性には、謎めいた色気があります。

品位を失うことなく、常にポーカーフェイスなので、何を考えているのかいまいち掴めません。

何も考えていないだけにも見えるし、奥深くに【何か】が隠されているようにも見える。

(実際問題、「そのこと」については何も考えていないかもしれませんが、そもそもとして【濃く深く重く強い感情】が隠されているので)

その隠された【何か】が相手に見え隠れしてしまうために、

謎めいた色気を醸し出すのでしょう。

生活感がなく、普段どう過ごしているか想像がつかないというのも、神秘性に拍車をかけます。

天然なのか計算なのか、天使なのか悪魔なのか、淑女なのか娼婦なのか、いかようにも見えてしまう。

正体のわからない怖さが「魔性の女」的で、深入りしたいような深入りしたくないような──。

そういうところが金星蠍座の女性の魅力です。



star.gif金星蠍座の男性の【惹かれる女性のタイプ】

男性のホロスコープにおいては、金星星座は【惹かれる女性のタイプ】をあらわします。

つまり、金星が蠍座にある男性は、蠍座っぽい資質を持った女性に惹かれるということになりますので、

上記に書いてあるような女性に惹かれます。

もっと詳しく知りたい方は、金星が蠍座の彼の『好みの女性像』をご覧ください。

ちなみに、女性の場合は火星星座が【惹かれる男性のタイプ】をあらわしますが、

【実際につきあってみてフィーリングが合う男性】は金星星座を観たほうがいいでしょう。

【惹かれる男性のタイプ】と【実際につきあってみてフィーリングが合う男性】は違う、ということです。




言いたいことなら どれくらい
あるかわからなく 溢れてる
私、心は おしゃべりだわ

言いたいことなら あなたには
あとからあとから 溢れてる
私、意外と おしゃべりだわ

なのに いざとなると内気になる
遠い場所から 何度も話しかけてるのに

目と目で 通じ合う
かすかに、ん、色っぽい
目と目で 通じ合う
そうゆう 仲になりたいわ

無言 いくじなしね
無言 淋しがりね

言いたいことなら あの日から
誰にも負けずに 溢れてる
私、気持ちはわがままだわ

なのに いざとなると内気になる
書いた手紙も しまい込んで 誰も知らない

目と目で 通じ合う
かすかに、ん、色っぽい
目と目で 通じ合う
そうゆう 仲になりたいわ

明日 少し 勇気を出して
視線 投げてみようかしら

無言 いくじなしね
無言 淋しがりね

言えないのよ 言えないのよ


金星蠍座の世界
━ MUGO・ん…色っぽい(工藤静香) ━






▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















「検索流入ランキング」から分かること



こんばんは。miraimikuです。

突然ですが、あるランキングをご紹介。

━━━━━━━━━━━━━━
1位 :not provided
2位 :miraimiku
3位 :ホロスコープ診断
4位 :金星蠍座
5位 :金星蠍 女
6位 :9/13 新月
7位 :金星蠍座 男性
8位 :西洋占星術 ブログ
9位 :川島なお美 ホロスコープ
10位:乙女座 新月
11位:金星 牡牛座
12位:金星 乙女座
13位:火星星座
14位:蠍座 獅子座
15位:西洋占星術
16位:金星 蠍座 恋愛
17位:金星 天秤座 男性
18位:蠍座 集中力
19位:金星 獅子座
20位:金星 魚座
21位:金星 射手座
22位:牡牛座 満月
23位:2015.10.13 新月
24位:火地風水
25位:蠍座 秘密主義
26位:占星術 火星
27位:新月 日食
28位:金星 好み
29位:山羊座
30位:金星 双子座


※2015/6/8〜2015/11/12現在
━━━━━━━━━━━━━━


これは、

Googleなどの「検索エンジン」経由で私のブログに辿り着いた方について、
どういう「検索キーワード」で来たかをあらわすランキングです。


(by GoogleAnalytics 解析)



自分が書きたいことはたくさーーーんあるのですが、

できればみなさまが興味のあることについて書いていきたいなと思っていて。

このランキングを見れば、

みなさまがどういうことに興味があるのかなということがわかったりするので

たまにチェックしているのですが、おもしろいです。



1位の「not provided」についての説明は省略させていただきますが、

このランキングからわかることは

金星について興味のある方が多い

・・・のかな?ということです。

やはり、金星は、恋愛を司る天体ですもんね(^^)



そして特筆すべきは、

【金星蠍座】および【蠍座】というキーワードで私のブログに辿り着く方が多い

・・・ということです。

実は、私自身が金星蠍座なので、引き寄せていたりして!?!


━━━━━━━━━━━━━━
1位 :not provided
2位 :miraimiku
3位 :ホロスコープ診断
4位 :金星蠍座
5位 :金星蠍 女
6位 :9/13 新月
7位 :金星蠍座 男性
8位 :西洋占星術 ブログ
9位 :川島なお美 ホロスコープ
10位:乙女座 新月
11位:金星 牡牛座
12位:金星 乙女座
13位:火星星座
14位:蠍座 獅子座
15位:西洋占星術
16位:金星 蠍座 恋愛
17位:金星 天秤座 男性
18位:蠍座 集中力
19位:金星 獅子座
20位:金星 魚座
21位:金星 射手座
22位:牡牛座 満月
23位:2015.10.13 新月
24位:火地風水
25位:蠍座 秘密主義
26位:占星術 火星
27位:新月 日食
28位:金星 好み
29位:山羊座
30位:金星 双子座


※2015/6/8〜2015/11/12現在
━━━━━━━━━━━━━━


・・・というわけで、

来週以降は、金星に関する記事を連載形式で書いていきたいなと思っています。



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















今日は1111の日! 明日は蠍座新月(2015/11/12 蠍座新月)



こんにちは。miraimikuです。

今日は、11月11日。

年に一度の1111の日。

なんだか、いかにも縁起が良いかんじですよね。

今日が誕生日の人がうらやましいです(笑)



数秘術では、ナンバー【1】は、一番上位に存在する「王冠」

1を先頭にして他の数字が続きますので、

「スタート」「新しく始める」「意志」「勇気」「勝利」「独立」「カリスマ」などの意味を持ちます。

タロットカードで言えば【魔術師】ですね。



そして、日付が変わった11月12日(木)午前2:47頃、蠍座の位置で新月を迎えます。

(明日誕生する人は、太陽星座も月星座も蠍座です)

10月27日の牡牛座満月から、もう15日が経ったなんて、時が経つのは本当に早いですね〜。






新月の仕組みについてはこちらの記事をご参照ください。

およそ14日ごとに訪れる新月と満月のタイミングについては、
このブログでお伝えしていきたいと考えています。

月のリズムを意識することで
定期的に「自分を振り返る」良いきっかけになると思うからです。



新月は月齢0【スタート】【始まり】の時。

願いごとをするのは、満月の時ではなく新月の時です。

新月の日は「願望実現」のパワーが最も強いと言われています。



今回の新月は蠍座。

蠍座のキーワードは【信念】【信頼】【一点集中】【探究】【洞察】【支配】【完遂】【共有】【同化】【絆】【ソウルメイト】【秘密】【セックス】などなど。

天秤座で広げた人間関係を、蠍座では深めていくことになります。

人間関係に限らず、蠍座のテーマは、深めること・追求すること・集中すること

つまり、<対象と同化すること>です。

「他者との深い関わり」「何かを極めること」に関する願いごとがいいですね。

一方で、支配欲や独占欲や嫉妬心が強すぎると自覚されている方、執着しすぎて思い詰め過ぎている部分がある方は、
客観的に冷静になることを意識しながら願いごとを書くとよいでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<願いごとの仕方>

◆新月から48時間以内(8時間以内が理想)
◆ノートなどに手書きで書く
◆願い事は2項目以上、10項目まで
◆自分を主語にし、既に叶った形の肯定文(アファメーション)で書く

『私は◯◯さんと信頼関係を築き、絆を深めます』
『私は◯◯に集中し、必ず完遂します』

◆一日一回、特に何も考えなくていいので、書いたものに目を通す
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※今回のボイドタイムは11/12 23:55〜11/13 00:14です。

※ボイドタイムとは、月の状態が不安定で混乱が起こりやすくなるとされる時間帯のことです。
気にされる方はボイドタイムを避けてください。


それでは、良い新月を

来週からは、12月に向けてのカウントダウンがいよいよ始まりますね。



ブログ開設5ヶ月で、総アクセス数が10万PVを突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


↓クリックいただけたら、励みになります!


<おすすめ記事>
▶︎12星座の成長ストーリー
▶︎10天体の成長ストーリー
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら

西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜

star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 



90度(スクエア) 〜異質同士の交じり合えない関係〜


こんばんは。miraimikuです。

アスペクトについてのリクエストをいただきましたので、メジャー・アスペクトについて何回かに分けて書きます。

アスペクトとは、『ホロスコープ上で天体同士が形成する角度』のことです。

この記事では『スクエア=90度』についての概要を書きます。


スクエア=90度

“ohitsuji.jpg"

◆種類 :メジャーアスペクト/凶(ハード)
◆二極 :異なる
◆三区分:同じ
◆四元素:不和
(火と水/地と風)or 普通(火と地/風と水)
◆ハウス:3つ離れる
◆意味 :不安定・障害・困難





ホロスコープ上で、天体同士が90度の角度を形成する場合を『スクエア』もしくは『矩(く)』と呼びます。

アスペクトについての記事でも書いたとおり、完全にピッタリ90度という状態は稀有で“誤差”が生じますが

前後10度までをオーブ(許容範囲)とするのが一般的です。


スクエア=90度の関係にある12サイン(12パターン)

◆活動宮同士のスクエア
牡羊座と蟹座(火と水) /蟹座と天秤座(水と風)
天秤座と山羊座(風と地)/山羊座と牡羊座(地と火)

◆不動宮同士のスクエア
牡牛座と獅子座(地と火)/獅子座と蠍座(火と水)
蠍座と水瓶座(水と風) /水瓶座と牡牛座(風と地)

◆柔軟宮同士のスクエア
双子座と乙女座(風と地)/乙女座と射手座(地と火)
射手座と魚座(火と水) /魚座と双子座(水と風)

↑たとえば、太陽が牡羊座・月が蟹座の人は、『太陽と月がスクエア』ということになります。

恋愛相性を観る場合で言えば、たとえば自分(女)の金星が牡羊座で、相手(男)の火星が蟹座の場合に『金星と火星がスクエアの相性』ということになります。


『異質同士の交じり合えない関係』

オポジションとスクエアは、ハードアスペクトととして一緒くたにされることも多いようですが、

個人的には、スクエアのほうが断然ハードだと思っています。

スクエアは、ホロスコープ上で、天体同士が死角にある状態です。

異質すぎて、お互いにお互いを視界に入れず、関わろうとしません。シカト状態です。

もし喧嘩をするとしたら、オポジションが真正面から正々堂々と衝突してくるのに対して、

スクエアは死角から、藪から棒に攻撃してくるイメージ。より険悪な感じです。



オポジションは、『二極が同じ=四元素で調和的でありながら、三区分で折り合わない』と書きました。

似ている部分があるからこそ、反発し合い、補完し合うこともある反面教師(合わせ鏡)の間柄オポジションでした。

それに対してスクエアは、二極も違うし、四元素でも三区分でも不和な間柄になります。

噛み合うところがない異質同士なのです。

四元素の相性の記事でも書きましたが、特に、『火と水』『地と風』で生じるスクエアは衝突が激しいと思います。

(牡羊座と蟹座、天秤座と山羊座、獅子座と蠍座、水瓶座と牡牛座、双子座と乙女座、射手座と魚座)



太陽と月がスクエアで、イメージしやすい例を挙げるなら、太陽が獅子座で月が蠍座の人。(太陽が蠍座で月が獅子座も同様)

どちらも強烈なパワーを持つサインですが、四元素で考えると火と水。

火は水を枯らし、水は火を消します。

お互いの良さを打ち消し合うような関係です。

また、三区分で考えるとどちらも不動宮で、どちらも譲りません。

これまたイメージしやすく説明してしまうと、

『見て見て!褒めて褒めて!』という“みんなに見てもらいたい”獅子座の太陽と、

『見られたくない。どう思われるかわかったもんじゃない』という“水面下で進めたい”蠍座の月が、

強烈なパワーでぶつかり合い、両者とも譲らない。

この太陽と月を持つ人は、自分の脳内でこの二つが常にぶつかり合っているようなものです。

つまり、自分の中で、激しい矛盾と葛藤が生じることになります。

見られたい/見られたくない。 褒められたい/中傷されたくない。

ああ、結局、自分はどうしたいんだ?と・・・。



こんなふうに、自分の中にスクエアを持つ人は、自分の中にまったく異質の人格が共存することになります。

常に激しい脳内会議をしていますが、表面的には飄々としていることが多く、苦悩や葛藤を表には出しません。

自分の中で抱え込み、自分の中で乗り越えようとする頑張り屋の人・根性のある人が多いのです。


ここまで書くと、大変そう・・・。

なんだか救いようがないような雰囲気ですが・・・。


大きな成功は、平和の中では生まれにくい。

『生みの苦しみ』とはよく言いますが、苦しみや葛藤が多ければ多いほど、そこから生まれる“光”があります。

スクエアは、異質同士が衝突・反発し合う関係ですが、そのエネルギーが大きな原動力となり、

平穏の中では乗り越えられないような逆境を乗り越えてしまったり、

普通では生み出せないような新しい価値観を生み出したりすることがあるのです。



いずれにしても、葛藤によって激しいパワーが生み出される角度です。

自分の中にスクエアがある場合、本人の中では大変かもしれませんが、

言葉では説明のつかない強い魅力(オーラ)を放っている場合が多いと思います。



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。
















太陽星座:蠍座(10/24〜11/21生まれ)



uo.jpg ◆◆◆蠍座◆◆◆
 ニ極/女性星座
 三区分(クオリティ)/不動宮
 四元素(エレメント)/水
 支配星(ルーラー)/冥王星

─────────────────────────────
◆蠍座座の芸能人(順不同)

<男性>
木村拓哉、長瀬智也、岡田准一、城島茂、高良健吾、加瀬亮、
西田敏行、坂口憲二、塚本高史、及川光博、美木良介、
つんく、伊集院光、糸井重里、堀江貴文、松岡修造、
名倉潤、リリー・フランキー、マツコ・デラックス etc

<女性>
指原莉乃、深田恭子、仲間由紀恵、尾野真千子、小池栄子、
木村カエラ、池脇千鶴、内田有紀、小西真奈美、小倉優子、
菜々緒、サエコ、スザンヌ、片瀬那奈、千秋、渡辺満里奈、
井森美幸、川島なお美、田中美佐子、高樹マリア、
麻木久仁子、鬼束ちひろ、BOA etc

◆蠍座を表すキーワード
信念(執念)/集中/オールオアナッシング/秘密主義/自制心
─────────────────────────────

12星座の中で、一種独特な存在かもしれません。

蠍は“猛毒”を持っていることで知られる恐ろしい生き物。
何故それがシンボルになっているのか。

また、蠍座の支配星は“地下世界”を支配するとされる「冥王星」。
なんだかとても興味深い星座です。

ゼロか100かの一点集中主義。オールオアナッシングと言えば蠍座、と言ってもいいのではないかと思うほどです。

「これだ」と思うものに関しては、“狂気”と言えるほどの、強烈な探究心と集中力を発揮します。
突き詰めて突き詰めて、考え抜いて考え抜いて行動に移していくので、策略的かつ慎重になります。

物事の裏の裏まで、奥の奥まで捉えようとするので、洞察力、観察眼、推理力に優れます。
蠍座が自分の中で目標を定めたのであれば、時間はかかっても、必ず達成することでしょう。

決して目立とうとせず、主張もせず、黙々と実力を蓄えていくタイプですが、周囲はみんな、その実力に気づいていて、ひれ伏しています。

秘密主義ですし、《不言実行》を美徳としていますので、目立とうとしていない、むしろ目立つのは好きではない。
それなのに、圧倒的な存在感を放ってしまっている《影の実力者》なのです。

こうして書くと、なんだか恐ろしいイメージですが、
12星座の中で最も一途。ひたむきで情深い人です。
(そのぶん、裏切られた時の復讐心はひとしおです。絶対に許すことはありません)

芸能人を見ると、男女ともに、濡れたような色気を醸し出している人が多いように感じます。

控えめで奥ゆかしい佇まいからは計り知れない、奥に秘めた情熱と信念。
どんなに明るくオープンに振舞っていても、確実に存在する《ここからは立ち入り禁止》の壁。
そういった蠍座の特性が、ミステリアスな色気を漂わせてしまうのでしょう。

木村拓哉・長瀬智哉・岡田准一を見ると、《影の実力者》という表現が納得いただけるかと思います。
リーダーではないし、目立とうともしていないのに、その実力で《一番》になってしまうのです。

蠍座のキーフレーズは《 I desire 》《私は求める》です。



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

ブログ開設2年半で、総アクセス数【 370万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。