秋分の日。「太陽も木星も天秤座」をチャンスに、いざ後半戦へ!



おはようございます。miraimikuです。


9月22日(木) は【2016年 秋分の日】。


「 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日 」と法律で定められた【国民の祝日】です。

秋分の日は、春分の日と同じく、太陽が真東から昇って真西に沈むため、昼と夜の長さがほぼ同じになります。

そしてこの日から冬至にかけて、昼がだんだん短くなり、夜が長くなります。

西洋占星術では、太陽が天秤座に入宮する日=天秤座0度になる瞬間」が【秋分に当たります。

2016年は、9月22日(木) 23時21分(日本時間)に、「その瞬間」を迎えます。

23日ではなく22日が【秋分の日】になるのは、1896年以来の116年ぶりだそうです。



20160922-01.jpg



12年に一度の「太陽も木星も天秤座」の1ヶ月をチャンスに、いざ後半戦へ!


西洋占星術では、12星座の前半と後半で、「成長テーマ」が切り替わります

◆12星座の前半(牡羊座〜乙女座)=個人能力の育成と完成
◆12星座の後半(天秤座〜魚座) =社会性の育成と完成



秋分(乙女座から天秤座への切り替わり)は、
前半戦と後半戦が切り替わる「極めて重要なタイミング」です。



秋分(乙女座から天秤座への切り替わり)は毎年起こることですが、

それは太陽の動きだけ(一年に一度スケール)の話。


2016年はなんといっても、
太陽と木星がほぼ同じタイミングで乙女座から天秤座に移動しますので
木星が9月9日/太陽が9月22日)


◆12年に一度スケールでの「前半から後半=乙女座から天秤座への切り替わり」
◆12年に一度スケールでの「個人時代から社会時代への転換期」


になります。



さらに、10月1日の天秤座新月では、太陽・月・木星の3天体が天秤座で重なり、

10月7日には水星も天秤座入りします。


10月以降は、活動宮のサイン(牡羊座・天秤座・山羊座)が優勢になり、
世の中全体的に、活発に動いていく(進んでいく)流れになっていきます。



◆8月13日:3月末から逆行していた土星が順行に <再開/前進> 
◆8月18日:水瓶座満月 <月蝕>
◆8月23日:太陽が乙女座入り
◆8月24日:火星・土星・アンタレスが合 <決着>
◆9月1日 :乙女座新月 <日蝕>
◆9月9日 :木星が天秤座入り <乙女座→天秤座>
◆9月17日:魚座満月 <月蝕><最後の追い込み>

━━<天秤座シーズン/12星座の後半戦へ >━━

◆9月22日:太陽が天秤座入り <秋分><水星が順行に>
◆9月27日:4月中旬から逆行していた山羊座冥王星が順行に/火星が山羊座入り
◆10月1日:天秤座新月(太陽・月・木星が天秤座)
◆10月7日:水星が天秤座入り




──というわけで、しつこいですが・・・
本当に重要な「切り替えのタイミング」なので、【リマインド】。


乙女座新月/魚座満月の時のテーマを再度引用しておきます。



乙女座新月/魚座満月のテーマ から抜粋引用 >


9月17日(魚座満月)から10月1日(天秤座新月)までの期間は、
喩えるなら、12月25日〜12月31日(大晦日)。

天秤座シーズン/12星座の後半戦が
本格始動する前の最終調整期間です。

まだ始めなくていい、走り出さなくていい、焦らなくていい。

10月以降、晴れやかな気持ちでスタートを切れるよう
「振り返り」「内省」「浄化」「準備」に
十分な時間をかけましょう。



◆牡羊座から乙女座までの前半戦(半年間)を、丁寧に、振り返る。
 この半年間で、自分は何をして、何を手に入れたのか?
 不足していたものは何か?

◆振り返るだけではなく、
 許す、受け入れる、浄化する、感謝する。

◆酷使してきた身体・脳・こころを、労わってあげる。

◆家族や身内との会話を心がける。
 自分のルーツを振り返る。

◆相手との関係性、相手の声から自分を見つめ直す。
 相手を「鏡」にして、自分を見つめ直す。


※重要な決断は、できるだけ9月28日以降に!(10月1日以降が理想)




秋分から冬至までは、収穫期(社会デビュー期)


季節の変わり目である春分・夏至・秋分・冬至は、

西洋占星術ではASC・IC・DSC・MCに当たります。

この4点はまとめてアングルと呼ばれ、ホロスコープ(ハウス)において極めて重要な観点になります。


20160322-5.jpg

◆春分=太陽が牡羊座に入る日=ASC(1ハウスの起点)
   ↓
◆夏至=太陽が蟹座 に入る日=IC(4ハウスの起点)
   ↓
◆秋分=太陽が天秤座に入る日=DSC(7ハウスの起点)
   ↓
◆冬至=太陽が山羊座に入る日=MC(10ハウスの起点)



お気づきでしょうか。

牡羊座蟹座天秤座山羊座も、すべて活動宮のサインです。

活動宮のサインの性質は「スタートする」「始める」「自ら動く自発性」ですから、

季節の始まりである春分・夏至・秋分・冬至に対応しているのもうなづけます。

そして春分(牡羊座)、夏至(蟹座)、秋分(天秤座)、冬至(山羊座)の4つのポイントで、

季節が切り替わるのと同時に、私たちのエネルギーも大きく切り替わります。

かなり掻い摘んで書くと、それぞれのテーマは次のとおりです。



<12星座の前半=個人能力の育成と完成>

star.gif春分(牡羊座)=新しい一年がスタート

太陽が牡羊座に入る日。西洋占星術での「新年」に当たり、ここから新しい一年がスタートします。
牡羊座・牡牛座・双子座までは「自分自身」がテーマ。個人能力の開発期間に当たります。


star.gif夏至(蟹座)=熟成期(育成期)

太陽が蟹座に入る日。蟹座・獅子座・乙女座までは「自分と家族/仲間」「身近な集団性」がテーマ。
身近な人との関わり合いを通じて、愛情・情緒性・共感性・自己表現力・調整管理能力を育んでいきます。





<12星座の後半=社会性の育成と完成>

star.gif秋分(天秤座)=収穫期(社会デビュー)

太陽が天秤座に入る日。天秤座・蠍座・射手座までは「自分と相手」「自己理解/他者理解」がテーマ。
様々な人たちとの交流を通じて、社会的人格を形成し、人間理解を深めていきます。


star.gif冬至(山羊座)=完成期(到達点)

太陽が山羊座に入る日。山羊座・水瓶座・魚座までは「自分と社会」「社会的集団性」がテーマ。
社会人としての完成と自己実現。そして社会からの卒業と再生。




秋分(9月22日)から冬至(12月21日)までの3ヶ月間は、
収穫期(社会デビュー期)に当たります。



私たちは、春分から「どの土地でブドウを育てるのか」を模索し、

夏至で土地を定め、種を蒔き、丹精を込めて「ブドウ」を育ててきました。

そのブドウを収穫して、選別して、絞って、瓶に詰めて、ラベルを貼って──

世の中にリリースする時がついにやってきたのです。

12年に一度の「太陽も木星も天秤座」をチャンスに、実り豊かな秋になりますように。

それぞれが愛情を込めた「美味しいワイン」が、

それぞれ必要な人たちに届けられていきますように。



20160922-2.jpg





▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











夏至=蟹座。「本番デビュー」に向けての熟成期間へ



こんばんは。miraimikuです。


昨夜も記事を更新したのに、前のめりで立て続けにすみません(笑)

なんせ、大事なタイミングなもんですから!!


──というわけで。

今夜20:03の射手座満月のエネルギーを保ったまま、明朝6月21日 7:34に、【夏至】を迎えます。

西洋占星術では、「太陽が蟹座に入宮する日=蟹座0度になる瞬間」が【夏至】に当たります。

つまり、6月21日からの1ヶ月は、年に一度の「蟹座シーズン」到来です。

これから1ヶ月は、家族愛や身内意識が高まり、

家族や親しい仲間との交流がメインになってくるでしょう。

仕事に行っても、「一刻も早く家に帰りたい」日々が続きそうです(^^)



【夏至】は、一年で最も昼間(太陽が出ている時間)が長い日で、

【夏至】前後2〜3日の太陽は、一年で最もエネルギーが強いと言われています。

日差しが貴重なヨーロッパでは、夏至祭」と呼ばれるお祭りが催されて、

外でたっぷり日光を浴びながら太陽の恵みに感謝を捧げるそうです。

今夜は満月の光を浴びて、明朝は早起きして太陽の光をたっぷり浴びましょう!

(・・と言いたいところですが、明日は雨っぽいですね・・)



20160620.jpg



さて、季節の変わり目である春分・夏至・秋分・冬至は、

西洋占星術ではASC・IC・DSC・MCに当たります。

この4点はまとめてアングルと呼ばれ、ホロスコープ(ハウス)において極めて重要な観点になります。

20160322-5.jpg

◆春分=太陽が牡羊座に入る日=ASC(1ハウスの起点)
   ↓
◆夏至=太陽が蟹座に入る日=IC(4ハウスの起点)
   ↓
◆秋分=太陽が天秤座に入る日=DSC(7ハウスの起点)
   ↓
◆冬至=太陽が山羊座に入る日=MC(10ハウスの起点)




お気づきでしょうか。

牡羊座蟹座天秤座山羊座も、すべて活動宮のサインです。

活動宮のサインの性質は「スタートする」「始める」「自ら動く自発性」ですから、

季節の始まりである春分・夏至・秋分・冬至に対応しているのもうなづけます。

そして春分(牡羊座)、夏至(蟹座)、秋分(天秤座)、冬至(山羊座)の4つのポイントで、

季節が切り替わるのと同時に、私たちのエネルギーも大きく切り替わります。

かなり掻い摘んで書くと、それぞれのテーマは次のとおり。


star.gif春分=新しい一年がスタート

太陽が牡羊座に入る日。西洋占星術での「新年」に当たり、ここから新しい一年がスタートします。
牡羊座・牡牛座・双子座までは「自分自身」がテーマ。個人能力の開発期間に当たります。



star.gif夏至=熟成期(育成期)

太陽が蟹座に入る日。蟹座・獅子座・乙女座までは「自分と家族/仲間」「身近な集団性」がテーマ。
身近な人との関わり合いを通じて、愛情・情緒性・共感性・自己表現力・調整管理能力を育んでいきます。



star.gif秋分=収穫期(社会デビュー)

太陽が天秤座に入る日。天秤座・蠍座・射手座までは「自分と相手」「自己理解/他者理解」がテーマ。
様々な人たちとの交流を通じて、社会的人格を形成し、人間理解を深めていきます。



star.gif冬至=完成期(到達点)

太陽が山羊座に入る日。山羊座・水瓶座・魚座までは「自分と社会」「社会的集団性」がテーマ。
社会人としての完成と自己実現。そして社会からの卒業と再生。





夏至(6月21日)から秋分の日(9月22日)までの3ヶ月間は、

「本番デビュー」に向けての熟成期間に当たります。



3月以降から模索してきた方向性にある程度の「目処」をつけて、7月からはそこを耕していく。

「本番デビュー」に向けて、エネルギーを蓄えていく期間です。

熟成期とはいえ、いや熟成期だからこそ、活動量は活発になります。



いわば、「どの土地で葡萄を育てるのか」を模索していたのがこれまで。

そして夏至からは、いよいよ種を蒔き、「美味しいワイン」をつくるために、

丹精込めて「葡萄」を育てていく大事な期間
に当たります。

「美味しいワイン」を瓶に詰めて、世の中にリリースするのは秋分以降。

今年の「マイワイン」は美味しくできるでしょうか。

楽しみですね(^^)



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら




月蝕/天秤座の満月/牡羊座の太陽(2016/3/23 天秤座満月)



おはようございます。miraimikuです。


本日、3月23日(水) 21:02頃に、天秤座の位置で満月を迎えます。

そして今回の満月では、18:37頃〜22:57頃にかけて、【半影月食】も起こります。

日蝕→春分の日→月蝕と、3月はビッグイベントが目白押し。

宇宙が【新しいエネルギー】に満ち溢れています。


◆3月9日: 日蝕(魚座新月
   ↓
◆3月20日:春分の日(宇宙元旦/太陽牡羊座入り
   ↓
◆3月23日:月蝕(天秤座満月)





20160323-001.jpg



今回も長〜くなりますので、段落ごとに飛べるようにしておきますね。(読みたい箇所をお読みください)




月蝕とは 〜年2回、満月のときに起こる〜

月蝕とは、太陽・地球・月の順番で一直線に並んでいる状態=つまり満月の時に、月が地球の影に隠れてしまい、

(太陽の光が届かず)満月なのに一部が欠けているように見えたり、暗く見えたり、赤っぽく見えたりする現象です。

満月は毎月1度ペースで起こる現象ですが、月蝕が起こるのは1年に2回ほどです。

(満月の時に月蝕とは限らないが、月蝕が起こるのは必ず満月の時)



月蝕には、皆既月蝕・部分月蝕・半影月蝕の3種類があります。

◆皆既月蝕:月全体が地球の本影にスッポリ隠れる現象
◆部分月蝕:月の一部が地球の本影に隠れる現象
◆半影月蝕:月全体もしくは月の一部が、地球の半影に隠れる現象


20160323-003.jpg
※画像引用元:国立天文台


▼とてもわかりやすく説明してくださっているページがありましたので、引用させていただきますね。
━━━━━━━━━━━━━━━━
月蝕の種類について
━━━━━━━━━━━━━━━━

ちなみに、日蝕は限られた時間・限られた場所でしか観測できませんが、

月蝕は月が見える場所であれば地球上のどこからでも同時に観測できるそうです。



3月23日は「半影月蝕」

3月23日の月蝕は、月の一部がわずかに暗くなる【半影月蝕】です。

地球の「本影」ではなく、「本影」の周りの薄暗い部分=「半影」に月が隠れる現象です。

【皆既月蝕】や【部分月蝕】に比べると、【半影月蝕】は肉眼では分かりづらいようですが、

今回は「満月の時間」と「月蝕の最大時刻」がほとんど重なるので、

晴れていれば肉眼でも見えるかもしれません。

21:00前後、夜空を見上げてみてください。


20160323-004.jpg
※画像引用元:郡山市ふれあい科学館



先ほど、月蝕が起こるのは1年に2回ほどだと書きましたが、

2016年は珍しく、3回も月蝕が発生します。(3月23日・8月18日・9月17日)

そして3回とも【半影月蝕】です。



月蝕=満月のパワーがさらに強くなる

満月は月齢15【ゴール】【完成】のときです。

願いごとをするのは、満月の時ではなく新月のとき。

新月のときに立てた目標(願いごと)を、満月のときに見直すという「一連のサイクル」を繰り返します。

今回の満月は月蝕でもありますので、

大きな契約・商談が成立したり、ビッグプロジェクトに区切りがついたりする人もいるかもしれません。



満月のときに効果的なのは【振り返り】と【手放し】です。

手放したい感情や物事を振り返り、満月に解放を願いましょう。


star.gif 満月にするとよいこと

◆目標の見直しと再計画
◆身辺整理・断捨離
◆不必要なものを手放す
◆悪い習慣を手放す
◆マイナスの感情を手放す




天秤座の満月(月蝕)

“天秤座満月"
冒頭に戻りまして、本日3月23日の満月は、天秤座に位置する満月(月蝕)です。

天秤座は「社交」「友好」「調和」「共栄共存」「パートナーシップ」「バランス」「美的感覚」に密接な関係があるサイン。

「多種多様の人々と交流し、調和すること」が天秤座のテーマです。

他者と相互理解をし合う中で、自己理解を深めていくこと。
他者とパートナーシップを築き、お互いを高め合うこと。

そのために、「まず相手の主張に耳を傾ける」のが天秤座です。

天秤座の満月は、他者に対する自分の言動を見直す、あるいは人間関係そのものを見直すには最適なときでしょう。



また、満月の日はたくさんの人と会ったり、華やかな場で過ごすと良いときです。

特に今回は天秤座の満月ですので、積極的に人と関わったほうが良い3日間。

多くの人との交流の中に、「宝」や「ヒント」、「解決の糸口」が散りばめられているはずです。



さて、満月が天秤座にあるということは、太陽はその真逆の位置の牡羊座にあり、真っ直ぐに満月を捉えています。

(月と太陽がオポジション

天秤座とは一転、牡羊座は「我ここにあり」「まず主張する」「自分らしさを追求する」サインですから、

「牡羊座の太陽」と「天秤座の満月」、両者の睨み合い=自分を貫くか相手に譲るか、絶対軸か相対軸かの間で葛藤しやすい満月配置です。

ただし今回は、両者の睨み合いを緩和する位置に射手座の火星があり、

「まあまあ、そんなに難しく深刻に考えないで、“直感”に身を任せてみなよ」と助言してきています(^^)

自分の立ち位置や全体のバランスを見計らうのではなく、

無邪気に相手の懐に飛び込んでしまってもいいのかもしれません。



ちなみに、天秤座は美意識を司るサインでもありますので、

今夜はいつもよりお高めのコスメで、いつもより丁寧に美容ケアしてみようかな〜なんて思っています。

魚座の位置では、金星と海王星が重なっています。

華やかでロマンチックな満月の夜をお過ごしください




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら




乙女座の満月/魚座の太陽(2016/02/23 乙女座満月)



こんにちは。miraimikuです。

2月23日(火)午前3時21分頃乙女座の位置で満月を迎えます。


1月10日の山羊座新月(太陽・月・冥王星のトリプルコンジャンクション)を皮切りに

   ↓

1月24日の獅子座満月

   ↓

2月8日の水瓶座新月



──と、良くも悪くもピリピリした「緊迫状態」が続いていましたが、

今回の乙女座満月は「いったん小休止」というか、穏やかな宇宙模様なのではないかなと思います。



20160223-1.jpg




新月から満月は“吸収”/満月から新月は“放出”

月の引力で潮が満ち干きするように、私たち人間の身体も月の引力の影響を受けると言われています。

月が満ちていくように、新月から満月にかけては【吸収】していくとき。

月が欠けていくように、満月から新月にかけては【放出】していくとき。

(満月のときは【吸収】パワーが最大限になるので、「最も太りやすい日」だと言われます)

満月を境にダイエットを始めたり、サウナや岩盤浴でデトックスをしたり、

【放出】に切り替えると効果が出やすいそうです。



満月は月齢15【ゴール】【完成】のときです。

願いごとをするのは、満月の時ではなく新月のとき。

新月のときに立てた目標(願いごと)を、満月のときに見直すという「一連のサイクル」を繰り返します。

満月のときに効果的なのは【振り返り】と【手放し】です。

手放したい感情や物事を振り返り、満月に解放を願いましょう。


star.gif 満月にするとよいこと

◆目標の見直しと再計画
◆身辺整理・断捨離
◆不必要なものを手放す
◆悪い習慣を手放す
◆マイナスの感情を手放す




乙女座の満月

“乙女座満月"
冒頭に戻りまして、2月23日の満月は、乙女座に位置する満月です。

乙女座は「知性」「理性」「内省」「分析」「秩序」「奉仕的労働」「健康管理」に密接な関係があるサイン。

「混沌とした世界を秩序化すること」が乙女座のテーマです。

12星座の成長ストーリーでも書いたとおり、

乙女座は「自己確立の最終段階」

何事も慎重に分析し、効率化・合理化・体系化しようとするのは、

「欲望=好き嫌いの感情論」をできるだけ排除し、

理路整然と事態(自分自身)を把握することで「純潔な完璧」を目指そうとするがゆえです。



「振り返り」を意味する満月「内省」を意味する乙女座は非常にマッチングする組み合わせですが・・・

満月が乙女座にあるということは、太陽はその真逆の位置の魚座にあり、真っ直ぐに満月を捉えています。

(月と太陽がオポジション



乙女座とは一転、魚座はイマジネーションやフィーリングで動く混沌としたサインですから、

「魚座の太陽」と「乙女座の満月」、両者の睨み合い=夢と現実、感情と理性の間で揺らぎやすい、迷いやすい満月配置です。



ただし今回は、この「魚座の太陽」に、海王星が重なっています。

海王星は、ファンタジー(幻想)、イマジネーション(想像力)、エクスタシー(忘我・恍惚・陶酔)、スピリチュアル(精神世界・潜在意識)、夢、瞑想、覚醒、現実逃避、映像、芸術、音楽・・・などを象徴します。

つまり今回は、「魚座の太陽+魚座の海王星」のイマジネーションパワーに軍配が上がりそう。

魚座も乙女座も「奉仕的」という点では一致しますので、

インスピレーションや芸術的感性が冴え、人のために何かしてあげたくなるような3日間になりそうです。



また、時を同じくして、【拡大と発展】を意味する木星が冥王星・火星と調和角度にありますので、

自分の意思や理性はさておき、ふわふわふわ〜っと流されるように進んで行ってしまうような感覚に陥るかもしれませんね。




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら




獅子座の満月/水瓶座の太陽(2016/01/24 獅子座満月)



おはようございます。miraimikuです。


<おおまかに時系列順>
◆ベッキー&ゲスの極み乙女の不倫騒動
◆デビッド・ボウイさん訃報
◆竹田圭吾さん訃報
SMAP解散騒動
◆関東大雪で大混乱
◆中国株価下落問題
◆軽井沢スキーバス転落事故
◆40年に一度の大寒波襲来・・・etc


1月10日の山羊座新月(太陽・月・冥王星のトリプルコンジャンクション)の前後あたりから、

「まさか」の衝撃やショック、喪失感、混乱、困惑のニュースやスキャンダルが続く日々ですね。

(めでたいニュースはDAIGOさん&北川景子さんの結婚報道くらい?)

「死と再生」「不可抗力」を意味する冥王星が太陽・月に重なった時に放ったエネルギーは、どれほどのものだったのでしょう。。



宇宙の動きは引き続きピリピリした「緊迫状態」がつづいていますが、

明日の1月24日(日)午前10時46分頃獅子座の位置で、2016年最初の満月を迎えます。



20160123-1.jpg



新月から満月は“吸収”/満月から新月は“放出”

月の引力で潮が満ち干きするように、私たち人間の身体も月の引力の影響を受けると言われています。

月が満ちていくように、新月から満月にかけては【吸収】していくとき。

月が欠けていくように、満月から新月にかけては【放出】していくとき。

(満月のときは【吸収】パワーが最大限になるので、「最も太りやすい日」だと言われます)

満月を境にダイエットを始めたり、サウナや岩盤浴でデトックスをしたり、

【放出】に切り替えると効果が出やすいそうです。



満月は月齢15【ゴール】【完成】のときです。

願いごとをするのは、満月の時ではなく新月のとき。

満月のときに効果的なのは【振り返り】と【手放し】です。

手放したい感情や物事を振り返り、満月に解放を願いましょう。


star.gif 満月にするとよいこと

◆目標の見直しと再計画
◆身辺整理・断捨離
◆不必要なものを手放す
◆悪い習慣を手放す
◆マイナスの感情を手放す




獅子座の満月

獅子座満月

冒頭に戻りまして、1月24日の満月は、獅子座に位置する満月です。

獅子座は「情熱」「生命力」「創造力」「自己表現」「自我」に密接な関係があるサイン。

支配星である太陽が、自ら光を放ち、中心となって輝くように

「自ら光を放つことによって、周囲に注目されること」が獅子座のテーマです。

そこに位置する満月なので、この3日ほどは、自分の内側から外側に向けてのエネルギーが強く湧き上がってくるかもしれません。

(自分を表現したい、話したい、書きたい、伝えたい、主張したい。自分のことを理解してもらいたい、褒めてもらいたい、認めてもらいたい・・・など)

特に今回の獅子座満月の場合は、自我欲求が前面に出やすく、自分を抑えることが難しくなりそうです。



満月が獅子座にあるということは、太陽はその真逆の位置の水瓶座にあり、真っ直ぐに満月を捉えています。

(月と太陽がオポジション

そして、この水瓶座の太陽/獅子座の月それぞれに対して、蠍座にある火星スクエア(凶角度を形成します。

さらに、山羊座で重なっている水星と冥王星に対して、牡羊座にある天王星スクエア(凶角度を形成。



やや物々しい、ピリピリした雰囲気が漂う満月模様です。

いつもなら許せるようなことが気に障ってしまってイライラしたり、カッとしたり。

自分の存在価値を必要以上に高く見せようとしたり、相手と張り合おうとしたり。

周りの気持ちを考えず、自分本意な行動を取ってしまったり。

感情的、攻撃的、傲慢、強引になりやすい気配があります。

言葉自体にもトゲが出やすく、相手を傷つけてしまうようなことを口走ってしまうかもしれません。



獅子座満月の力強いエネルギーを、自分の中にプラスに取り込めるか、マイナスに取り込んでしまうか。

満月の【手放し】【解放】を意識して、うまく取り込むことができるといいですね。

それにしても、事故や混乱、野次が飛び交うスキャンダルなど、

ニュースから目が離せない日々がまだしばらく続きそうな気がします・・・。



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧











<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら