2020秋分【導かれるままに】 次に繋がる、動き出す。



20200922-miraimiku1.png






星読みカウンセラー・miraimiku 【西洋占星術の入口®︎ 】 です。



2020年9月22日(火) 22時30分ごろ

乙女座に別れを告げて、[太陽]が天秤座に入宮 します。

実際には、 9月23日(水) の朝日 〜 10月22(木)夜までの約1ヶ月、

太陽は、天秤座の位置から私たちを照らします

太陽天秤座のみなさま、年に一度の【天秤座シーズン】

主役の季節、おめでとうございます!




二十四節気 (にじゅうしせっき)で言うと

「太陽が天秤座に入宮する日=天秤座1度になる瞬間」 は

【秋分】 に当たります。

昼と夜の長さが等しい 【春分】 【秋分】 と、

昼間の長さがもっとも長い 【夏至】、 もっとも短い 【冬至】 ──

季節の移り変わりでもある 【春分】【秋分】【夏至】【冬至】 二至二分は

1年の中でのターニングポイント(方向転換・節目) になります。





【秋分の日】 は

「 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日 」

と法律で定められた 【国民の祝日】。

前後7日間を 「彼岸」 と言い、各寺院・家庭で、彼岸会の法要が行なわれます。

ご先祖さまのお墓参りに行くのはもちろん、

お寺や神社やパワースポットに行くには良いタイミングです。

それにしても、毎年ながら・・・

あっという間に< 秋の到来 >ですね。




20170923-4.jpg







(1)春分・夏至・秋分・冬至は、エネルギー転換の大きな節目


昼と夜の長さが等しい 【春分】 と 【秋分】。

昼間の長さがもっとも長い 【夏至】、 昼間の長さがもっとも短い 【冬至】。

【春分】 【秋分】 【夏至】 【冬至】 の 「二至二分」 は

一年の中でのターニングポイント( 方向転換・節目 ) になります。


季節が切り替わるのと同時に、私たちのエネルギー(テーマ)も大きく切り替わります

【4つの節目】 それぞれの意味合い・テーマについては、

以下をご覧いただければ幸いです。



20190101-milestone.png






(2)天秤座のテーマ / I balance 〜私は調和する〜


20190929-02.png



star.gif 天秤座(9月23日〜10月23日)


【 I balance 】 私は調和する
〜浅く広く・多様性の享受・社交・人脈・調和・バランス感覚〜



◆二 極:男性星座(外側へのエネルギー)
◆三区分:活動宮 (自発・実行・創造エネルギー)
◆四元素:   (知性・思考・言語化・拡散エネルギー)
◆支配星:金星  (美・愛・官能・芸術・趣味・お金)


さあ!いよいよ、ドキドキのデビューです!!
牡羊座から乙女座までで完成させた[自分自身]で、社交界へ。
喩えるなら、大学デビュー。あるいは新入社員。
身だしなみ・マナー・言動・・・立ち振る舞いはスマートに。
まずは誰が相手であっても、とにかく 【皆と公平に】
バランスよく、あまり好きではない人・興味のない人とも、談笑して(笑)。
【浅く広く】 たくさんの人と交流し、多種多様な価値観に触れ、
世界を広げていきながら、【社交術】を身につけていきます。


★天秤座のキーワード
バランス感覚・客観性・他者目線・第三者目線
社交術・協調性・調和力・争いを極力避ける
公平・中立・正義感・平等主義
品性・節度・常識感覚・マナー・TPO
紳士淑女・エスコート・演出上手
好感度・好印象・八方美人・優柔不断
愛されたい・嫌われたくない・みっともなくなりたくない
美意識・美的感覚・芸術性
オシャレ・洗練・上品・優雅
エレガント・スタイリッシュ・都会的
コーディネーター・アドバイザー


★天秤座の人物像(模範イメージ)
・多種多様でハイセンスな友人知人(人脈)を持ち、どんな人とも温和な関係性を築くことができる
・常に客観的で公平で、十人十色の価値観を尊重し、周囲の意見に耳を傾ける
・人間関係も生活も好みも偏りがなく、均衡生(バランス)を保っている
・常識・マナー・節度・洗練・品行方正


★天秤座の芸能人
石原慎太郎さん・堺雅人さん・松坂桃李さん・郷ひろみさん・東山紀之さん・
吉井和哉さん・松嶋菜々子さん・山口智子さん・黒木瞳さん・石田ゆり子さん・
永作博美さん・浜崎あゆみさん・浅田真央さん 等


<CHECK!> 音楽で喩える天秤座の世界観






天秤座といえば
(天秤という名のとおり)【バランス感覚】です。



天秤座の性質である

「社交性・協調性・客観性・調和力・品性・美意識」 などはすべて、

この 【バランス感覚】 が根底にある、と言ってもいいでしょう。




いろいろな記事で何度も書いていますが

西洋占星術では、12星座の前半と後半で、「成長テーマ」が切り替わります


◆12星座の前半( 牡羊座〜乙女座 )= 個人能力 の育成と完成
◆12星座の後半( 天秤座〜魚座 ) = 社会性 の育成と完成



内側から、外側へ ───

前半 (牡羊座〜乙女座) で培ってきた知識や経験= 【個人力】 を

外の世界に打ち出していくようになるのが、天秤座のプロセス です。

ですから、天秤座には

人目にさらす・お披露目する・デビューする・リリースする

・・・といったニュアンスがあります。

自己満足だけでは終われない、

「人目にさらされて、人から評価されてなんぼ」 の世界。

だからこそ、「人から見てどうか。人から見てみっともなくないか」

という <第三者的な目線> を、

天秤座は 常に・無意識に・本能レベルで 持っているのです。

たとえば、お花を 花瓶に生けたとき。

「美しいかどうか」 数歩下がって、

遠巻きに見て確認したりすると思いますが、そういう感覚です。

他人から見て美しくないのなら、それは、美しくない。

「自分視点」 と 「他者視点」 を常に行き来する性質

天秤座の 【バランス感覚】 に繋がっています。

※ 天秤座が 「我を見失う」 ようなことは、ほぼありません




◆牡羊座:意志(誕生/存在)
   ↓
◆牡牛座:肉体(五感)
   ↓
◆双子座:知性(思考)
   ↓
◆蟹 座:情緒(こころ)
   ↓
◆獅子座:主観性(個性・自我の確立)
   ↓
◆乙女座:客観性(最適解)
   ↓
< 個人能力の完成 >
   ↓
秋分(天秤座)から 「 リリース・デビュー 」





リリース、デビュー、外の世界へ・・・

いわば、天秤座は、 【新入社員1年目】 のようなもの。

ドラマや映画で言えば、

「山場・見せどころ・クライマックス」 にあたるのが

天秤座シーズンです。


初登場の人物が出てきたり、

そこで想定外のハプニングが起きたり、

いろいろと 華やかになってきます。

「社交の世界」 に出て行って、さまざまな人と交流し、

多種多様な価値観に触れながら

自分の世界(視野)を 広げていくプロセスであり、

【パートナーシップ】 について

じっくり学んでいく時間でもありますね。





(3)【2020秋分】 ホロスコープからのメッセージ


20200922-miraimiku0.png



秋分のホロスコープ (秋分図)は、

12月21日:冬至までの 【3ヶ月の流れ】 を象徴すると言われています。




2020年は、

春分図・夏至図・秋分図・冬至図 すべてにおいて

山羊座で三位一体となる 【大物天体群ー木星+土星+冥王星】 が

DSC および 7ハウス に 鎮座します。


改めて、1年を通して<共通するメッセージ>

ここで確認しておきましょう。



★以下、2020春分の記事 から引用抜粋


2020年は、

自分が歌いたい歌(自分が目指す方向性)ありきで

必然的に、人間関係が選別/絞り込まれていくような1年


広げるのではなく、 「絞られていく」




自分自身が、自分の “中心” とつながる・・・

“自分の中が一致する” と

必然的に、

自分に必要な人(周波数が同じ人たち) とは繋がり

自分に必要のない人(周波数が違う人たち) とは

自然と離れていくことになります。

ただし、離れていく場合であっても

どちらが正しい/間違っている

どちらが優れている/劣っている

正義や優劣を問うものではなく、

単純に “周波数が違う” だけの話

互いにジャッジし合ったり、

否定し合ったりするものではありません。




また一方で、2020年は、

「不要な人間関係」 が清算・整理されていくかわりに

これまで縁がなかった、

苦手な人種だと思い込んで関わらないようにしていた人達と

<自分が歌いたい歌のために>

新たに繋がっていく ような1年でもあります。


人間関係における 【開かずの扉】 が開く───

つまり 【人間関係の新旧交代=入れ替え】 ですね。

これまでとは全く違う、新しい人間関係の中で

自分1人では思いつかなかったアイデアや企画、

自分1人では尻込みしていた新しい挑戦を後押しし、

新しい世界に導かれていくようなストーリーです。








また、さらに、特筆すべきなのは

春分図・夏至図・秋分図は、ASCが 【蟹座】 であること。

春分図・夏至図については、度数まで同じでした(ASC=蟹座29度)。

蟹座の支配星は、月。

この時点で、

<個人>あるいは<女性的なもの>が

クローズアップされる1年になる


ということがまず言えますし、

実際、そうだったと思いませんか?

・・・というわけで、

【春分】の記事【夏至】の記事 でも参照しましたが、

改めての<まとめ>を。




★【春分図】・【夏至図】・【秋分図】 すべてに共通するメッセージ



★人間関係を選別する・絞り込む<選択と集中>

★人間関係の新旧交代=書き換え<入れ替え>

★個人と個人

★自分が歌いたい歌のために
 選び抜いた最小限の人間関係と
 密に、コミットしていく




✔︎企業と企業ではなく
 個人と個人が提携/協働していくビジネス

✔︎独立起業・個人事業主・副業などの加速

✔︎【物理的な場所にとらわれない】
 ネットを通じたやり取り・ビジネス
  (IT革命の加速)

✔︎男性社会の業界で、女性が注目されるようになる
 女性的感性の表現や作品
 女性的分野の活性化







──そして、いよいよ!

12月末の <グレート・コンジャンクション>

12月21日の冬至図 では、ASCは 【獅子座】 になります。

春分図・夏至図・秋分図と、ずっと 【蟹座】 だったASCが、

冬至図で、 【獅子座】 になる。


これはなんとも、 ストーリー性がありますね〜!

しかも、( 冬至図のASC獅子座の ) サビアンシンボルは

獅子座4度 = 「正装した男と角を刈られた鹿」

このサビアンシンボルは


★個人としての、自分の実力・実績を証明する
★自分の存在意義を確立する



という、力強い姿です。

この1年、いえ、この何十年 ──

自分が努力奮闘してきたことの、結果が出るのでしょうか。

それぞれが、重ねた年齢分のケジメ/決着をつける。

<2020年:山羊座のケジメイヤー> の集大成と

リンクするようなサビアンシンボルですね。








──12月末に控えた 【冬至】【グレート・コンジャンクション 】 を見据えながら、

9月22日・【秋分図】 の話に戻りましょう。

前述の通り、


★個人力
★人間関係の選別<選択と集中>



というのは、【春分】【夏至】から続いている 共通テーマですが

そのうえで、やはり、

【秋分】から【冬至】 までの3ヶ月間は(9/22〜12/21)

起承転結の <転>、 クライマックスになります。




20200922horo_miraimiku.png




秋分図を単体で見ても

太陽・月・水星・金星・火星までが

すべて男性サイン(天秤座・射手座・獅子座・牡羊座)、

全体的に活動サインも多く、

ベクトルが一気に、外に向く。


個人と個人が連携しながら
物凄いスピードで
どんどん事態が動いていく



そんな様子が、手に取るように、読み取れます。

じっくり考え込むような余裕 (時間) はない感じ。

でも、それでいい。


考えるな、感じろ


損得勘定や理屈云々ではなく

自分の<動物的嗅覚>で決めるのが

<自分にとっての正解>。


また、自分の意志で判断するというより、

周囲の人によって最善の方向へと導かれていく ような

メッセージも読み取れます。


導かれるまま、天命に従う


こころを無にして、「委ねる」 ことができるかどうか。

あれこれ考えて、わざわざ 掻き回したり、

無闇に抵抗したりしないことです。





──そして最後に。

11月14日までは 【火星】 が<逆行中>であること

くれぐれも、お忘れなく!


戦い合うのではなく、助け合うこと


本当に何度もしつこいですが (笑)

肝に銘じましょう!!!

天秤座の真骨頂、 【パートナーシップ】 が試されるときです。







▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング


お知らせ/ご案内
2020年6月19日〜
【note】 も始めました。


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧




















宇宙の流れに乗る──

2018年・2019年・2020年の3年間、
【自分の人生を生きるために】という時空(サイクル)の中で
私たちは生きています





star.gif 2017夏:【スイッチ】初動・きっかけ・きづき
 (自分らしく、生きたい。)



◆1回目の獅子座 新月( 2017/7/23
◆2回目の獅子座 新月( 2017/8/22皆既日食
水瓶座 満月( 2017/8/8部分月食
◆[木星]が蠍座へ( 2017/10/10
◆[土星]が山羊座へ( 2017/12/20


〜 自分の人生を生きるために。【個性】の時代へ 〜
2018年・2019年・2020年の3年間のストーリー開幕




star.gif 2018前半:【試行錯誤】実行・調整・修正の繰り返し

◆全惑星順行(2018/1/2ー2018/3/9)
獅子座 満月( 2018/1/31皆既月食
水瓶座 新月( 2018/2/16部分日食
◆【2018木星逆行】2018/3/9ー2018/7/11
◆魚座新月( 2018/3/17 )   
◆[火星]と[土星]が0度(2018/3/19ー2018/4/17)
◆【2018春分】=宇宙元旦( 2018/3/21 ) 
◆【2018水星逆行1】2018/3/23ー2018/4/15
◆牡羊座新月( 2018/4/16
◆【2018土星逆行】( 2018/4/18─2018/9/6 )
◆【2018冥王星逆行】( 2018/4/23─2018/10/1 )
◆牡牛座新月( 2018/5/15
◆[天王星]が牡牛座へ( 2018/5/16
◆射手座満月( 2018/5/29
◆双子座新月( 2018/6/14
◆【2018海王星逆行】( 2018/6/19─2018/11/25 )
◆【2018夏至】( 2018/6/21
◆【2018火星逆行】2018/6/27ー2018/8/27
◆山羊座満月( 2018/6/28




star.gif 2018後半:【自分軌道の確定】

◆ 蟹座新月( 2018/7/13部分日食
◆【2018水星逆行2】2018/7/26ー2018/8/19
水瓶座 満月( 2018/7/28皆既月食
◆ 逆行中の[火星]が15年ぶりの地球最接近(2018/7/31)
◆【2018天王星逆行】2018/8/8─2019/1/7
獅子座 新月( 2018/8/11部分日食
◆ 魚座満月+地グランドトライン+カイト( 2018/8/26
◆ 乙女座新月( 2018/9/10
◆【2018秋分】( 2018/9/23
◆【中秋の名月】( 2018/9/24
◆ 牡羊座満月( 2018/9/25
◆【2018金星逆行】2018/10/6ー2018/11/16
◆ 天秤座新月( 2018/10/9
◆ 牡牛座満月( 2018/10/25
◆ 逆行中の[天王星]が牡羊座へ戻る( 2018/11/7
◆ 蠍座新月+[木星]が射手座入り( 2018/11/8
◆【2018水星逆行3】2018/11/17ー2018/12/7
◆ 双子座満月( 2018/11/23
◆ 射手座新月+水星逆行( 2018/12/7
◆【2018冬至】( 2018/12/22




star.gif 2019年:【ブラッシュアップ・リスタート】

山羊座 新月( 2019/1/6部分日食
◆ 全惑星順行1回目2019/1/7ー2019/3/5
獅子座 満月( 2019/1/21皆既月食
◆ 水瓶座新月( 2019/2/5
◆[火星]が牡牛座入り( 2019/2/14
◆ 乙女座満月スーパームーン( 2019/2/5
◆【2019水星逆行1@魚座】2019/3/6ー2019/3/28
◆[天王星]が牡牛座入り( 2019/3/6 )※天王星牡牛座時代の本格始動
◆ 魚座新月( 2019/3/7
◆ 【2019春分】=宇宙元旦( 2019/3/21
◆ 天秤座満月1回目(春分満月)( 2019/3/21
◆ 全惑星順行2回目2019/3/28ー2019/4/10
◆ 牡羊座新月( 2019/4/5
◆【2019木星逆行】2019/4/11ー2019/8/11
◆ 天秤座満月2回目(平成最後の満月)( 2019/4/19
◆【2019冥王星逆行】2019/4/25ー2019/10/3
◆【2019土星逆行】2019/4/30ー2019/9/18
◆ 牡牛座新月(令和最初の新月)( 2019/5/5
◆ 蠍座満月(ウエサク満月)( 2019/4/19
◆ 双子座新月(大安)( 2019/6/3
◆ 射手座満月(ジュピタームーン)( 2019/6/17
◆【2019海王星逆行】2019/6/21ー2020/11/27
◆ 【2019夏至】( 2019/6/22
蟹座 新月( 2019/7/3皆既日食
◆【2019水星逆行2@獅子座→蟹座】2019/7/8ー8/1
山羊座 満月( 2019/7/17部分月食
◆ 獅子座新月/水星順行/一粒万倍日( 2019/8/1
◆【2019天王星逆行】2019/8/12ー2020/1/11
◆ 水瓶座満月( 2019/8/15
◆ 乙女座新月ブラックムーン( 2019/8/30
◆ 魚座満月( 2019/9/14
◆ 土星順行( 2019/9/18
◆ 【2019秋分】( 2019/9/23
◆ 天秤座新月( 2019/9/29
◆ 牡羊座満月( 2019/10/14
◆ 蠍座新月( 2019/10/28
◆【2019水星逆行3@蠍座】2019/11/1ー11/21
◆ 牡牛座満月( 2019/11/12
◆ 火星が蠍座へ( 2019/11/19〜2020/1/3
◆ 射手座新月/射手座木星フィナーレ( 2019/11/27
◆[木星]が山羊座入り( 2019/12/3
◆ 双子座満月( 2019/12/12
◆【2019冬至】( 2019//12/22
◆ 山羊座新月/金環日食( 2019/12/26、



star.gif 2020年:【結果・結論・土台確定】

◆ 蟹座満月/半影月食( 2020/1/11
◆ 全惑星順行1回目2020/1/11ー2/16
◆ 水瓶座新月( 2020/1/25
◆ 獅子座満月( 2020/2/9
◆【2020水星逆行1@魚座】2020/2/17ー3/10
◆ 魚座新月( 2020/2/24
◆ 乙女座満月( 2020/3/10
◆ 全惑星順行2回目2020/3/10ー4/25
◆ 乙女座満月( 2020/3/10
◆【2020春分=宇宙元旦】( 2020/3/20
◆[土星]が水瓶座入り①( 2020/3/22 )
◆ 牡羊座新月( 2020/3/24
◆ [金星]が双子座へ( 2020/4/4〜8/8まで、4ヶ月滞在
◆ 天秤座満月スーパームーン( 2020/4/8
◆ 牡牛座新月( 2020/4/23
◆【2020冥王星逆行】2020/4/26ー2020/10/4
◆ドラゴンヘッドが双子座へ( 2020/5/5ー2022/1/18
◆ 蠍座ウエサク満月( 2020/5/7
◆【2020土星逆行】2020/5/11ー2020/9/29
◆【2020金星逆行】2020/5/13ー2020/6/25
◆【2020木星逆行】2020/5/14ー2020/9/13
◆ 双子座新月( 2020/5/23
◆ 射手座満月( 2020/6/6、月食+ストロベリームーン
◆【2020水星逆行2@蟹座】2020/6/18ー7/12
◆【2020夏至】( 2020/6/21
◆ 蟹座新月/金環日食( 2020/6/21
◆ [火星]が牡羊座へ ( 2020/6/28〜翌1/7まで、半年滞在
◆ 逆行の[土星]が山羊座にリターン2020/7/2
◆ 山羊座満月 ( 2020/7/5、月食
◆ 蟹座新月/2回目( 2020/7/21
◆ 水瓶座満月( 2020/8/4
◆【2020天王星逆行】2020/8/15ー2021/1/14
◆ 獅子座新月( 2020/8/19
◆ 魚座満月+天赦日( 2020/9/2
◆【2020火星逆行】2020/9/10ー2020/11/14
◆ 乙女座新月( 2020/9/17

◆ 【2020秋分】( 2020/9/22 ) ←←←イマココ!!


◆ 牡羊座満月( 2020/10/2 )
◆【2020水星逆行3@蠍座】2020/10/14ー11/4
◆ 天秤座新月( 2020/10/17 )
◆ 牡牛座満月・ブルームーン( 2020/10/31 )


◆ [木星][土星]が【水瓶座1度付近】で
 グレート・コンジャンクション
 ( 2020年12月末〜2021年1月中旬がピーク )




star.gif 2021年〜:【自分の人生を生きる】本格運転スタート

◆自由と責任/自立の時代
 土星@水瓶座時代へ( 風の時代へ )





関連記事