男は理性/女は感情(結婚と離婚について)



・・・で?と言われてしまうと元も子もないのですが、男女についての私の自論を。

前回と同じく、“占星術的観点”は抜きにして!



今回のテーマは、結婚と離婚です。






理性婚/感情婚


まずは【結婚】について。

結婚には、大きく分けると《理性婚》《感情婚》の2つがあると思います。


「お見合い結婚」であれば《理性婚》

《感情婚》本能婚とも言えますが、「恋愛結婚」であればこちらですよね。


理性で決めた「お見合い結婚」は現実的だけれど、永続きする。

感情で決めた「恋愛結婚」はロマンチックだけれど、儚くもろい。


昔の人たちの結婚は、前者(理性婚)のほうが圧倒的に多かった。

祖父・祖母の世代の話を聞くと、大体が「お見合い結婚」の類であるはずです。


男は理性婚/女は感情婚


さて、ここからが本題です。

お見合い結婚であれば《理性婚》
恋愛結婚であれば《感情婚》

と言えますが、

お見合い結婚=《理性婚》
恋愛結婚=《感情婚》

と、イコールで結べるものではないと思っています。


・・・と言うのも、<あくまで私の考え>ですが、

そもそも、男性の場合は、「お見合い結婚」だろうが「恋愛結婚」だろうが、《理性婚》だと思うから。


だからイコールで結ぶとしたら、

男性=《理性婚》
女性=《感情婚》


のほうがしっくり来ます。

もちろん、男性でも100%が理性ではないだろうし、
女性でも100%が感情ではない。

割合の差こそあれ、大まかに言えば、です。



好きで好きで好きで、ひとときも離れたくない。
ずーっと一緒にいたい。

相思相愛で、情熱的に本能レベルで求め合う二人であったとしても、
男性にとっては、結婚となると話は別。

脳が、感情から理性に、右脳から左脳に切り替わる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
男として、一生、彼女のことを守っていけるのか?
養っていけるのか。
責任を取れるのか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一言で言えば、責任

本能レベルで愛していれば愛しているほど、
より理性的に・現実的に、ストイックに考えると思うのです。



一方、女性はそこまでストイックに考えないことがほとんどだと思います。

彼の職業、彼の収入・・・

口ではアレコレ言うかもしれないけれど、

最終的には「どれくらいのレベルで好きか」の感情論で決めている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女として、一生、彼のことを好きでいられるか?
彼のために家事ができるか。
彼の子供が欲しいと思えるか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一言で言えば、好きか好きじゃないか



男は、理性の生き物。
好きな気持ちだけではどうにもならないことを、本能レベルで悟っている


女は、感情の生き物。
好きな気持ちさえあればどうにでもなると、本能レベルで信じている



たとえば、(特に芸能人でよくある)出会って3ヶ月云々のスピード婚

衝動的に思える、たった3ヶ月のスピードの中でも、男はちゃんと理性的に・現実的に考えている。



たとえば、傍目から見ても相思相愛・ラブラブな二人の永い春

彼女は結婚したくてたまらないのに、彼がなかなか決断してくれない。
彼女のことを好きじゃないのか?

そうじゃない。

好きな気持ちだけじゃどうにもならない。
愛しているからこそ、彼は悩んでいる、考えている。






男は理性で離婚しない。女は感情で離婚する


そして私が強く思うのは、結婚に限らず、離婚も同じ理屈が通るのではないかということです。

つまり、離婚についても同じで、

男は理性で離婚を考える。
女は感情で離婚を考える。



断言してしまうには危険すぎますが、あえて断言してしまうとすれば

世間で成立している《離婚》という現象は
<双方、もしくは女性側が離婚を望んだ場合に限られる>
ような気がするのです。



事実上、とっくに夫婦関係が破綻していたとしても、
見たくない現実に目を瞑ってでも、男はできるだけ結婚を維持しようと努める。

男は、自分が理性で下した決断(結婚)を、男として、そうそう簡単には覆さない。

それが<男の意地>だと思うのです。

突き放した言い方をすれば、
奥さんを愛しているから云々というより、子供のこと、
そして自分自身の意地の問題のほうが大きいかもしれない。

たとえ外に愛人がいて、ちっとも家に帰ってこないとしても、
男はめったに離婚を考えない。

外の愛人は感情論であって、
あくまで理性は、結婚生活にあるのです。



貴方のそのつまらない<男の意地>のためだけに、
この破綻しきった夫婦関係を我慢して続けなきゃならないの!?!

・・・それが女の言い分です。


相手の浮気が原因なのか、はたまた自分の浮気(本気?)が原因なのか、
あるいは浮気なんかじゃない真っ当な理由だとしても、

女が『感情で好きじゃなくなってしまった』時点で、結婚生活は維持できなくなる。

好きじゃない相手のために、女は料理も洗濯も掃除もできないし、
同じ空間にいることさえも苦痛になるからです。



結婚の主導権は男性/離婚の主導権は女性にある?


◎男は理性で結婚し、女は感情で結婚する

◎女がどんなに結婚したくても、男が理性で決断してくれない限り、結婚は成立しない

→世間で成立している【結婚】は、男性側が覚悟を決めた場合のみである

→結婚の主導権は男性側にある



◎男は理性で結婚を維持しようとするが、女は感情で結婚を終わらせようとする

◎男がどんなに離婚したくなくても、女が『感情で好きじゃなくなった』のであれば、結婚生活は維持できない

→世間で成立している【離婚】は、双方もしくは女性側が離婚を望んだ場合のみである

→離婚の主導権は女性側にある



断言してしまうにはあまりにも乱暴ですが、
この傾向が強いのではないかなあと、個人的には考えています。



男は理性/女は感情


話はもとに戻って。


理性で始めたものは、味気ないかもしれないけれど、そうそう終わるものではない。

感情で始めたものは、ロマンチックだけれど、儚くもろい。

昔の人の結婚は圧倒的に《理性婚》が多かった。



・・・でも男性は、昔も今も《理性婚》であって、根本的には変わっていないように思うのです。

変わったのは、おそらく女性側。

変わったというより、元来、「感情の生き物」である女性が、ありのままでいられるようになった

女性が感情を解放できる社会になった。

そして、男性に頼らなくても生活できるレベルの収入も得るようになった。

良かったのか悪かったのかは置いておいて・・・。



ひとまず、結婚や離婚については、私はここに書いたように考えています。

・・・で?と言われてしまうと、元も子もないけれど😅





<関連記事>
▶︎男女の間でよくある話


↓クリックいただけたら、励みになります!


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


関連記事

Comment

No title
みみ #- - URL
2016/05/05 (Thu) 14:11

面白いですね
私もほとんど同意です
男が中々結婚を決断できない理由の一つに一夫一婦制もあると思うのです
たった一人の妻しか選べない上、それはほとんどの場合社会的な成功(男は女よりも社会性がありますから)を目的として選ばざるを得ないため、往々にして本能的に惹かれる女を諦めざるを得ない、という状況です
で、長々と、ずるずると別れられない
ですが、一夫多妻となれば、社会的な成功を目的とした女(権力者の娘など)も、親が気にいった女(気立てが良いなど)も、本能的に惹かれる女も、場合によっては忘れられない初恋の女も、あきらめる必要が無いので、即決できます
どんなにあこがれて止まなかった高嶺の花も、結婚してしまえば普通の女ですからあこがれも地に落ちて落ち着くでしょう
少子化や、未婚女性の増加、自由恋愛の結果のとり残された女性、シングルマザーの増加と貧困化などの今の日本社会の問題は、一夫多妻制の合法化によってかなり解決できると思います
かくいう私も友人も、好きな男が一人の女を選んだために振られたり(私たちは定期的に会ってくれさえすれば二番でも良かった)、利口な女だけがトクをしたり、を見て来たため今の一夫一婦制には懐疑的です

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する