「僕は哲学者ではないけれど」〜Mr.Children Stadium Tour 2015 未完〜


※ライブのネタバレ(MC)を含む内容となっております。ご注意ください※


こんにちは。miraimikuです。

占星術的な観点でMr.Childrenについて書かせていただいた記事がありますが、

私は20年以上にわたって、Mr.Childrenの大ファンです。

(少しだけ自慢をさせていただくと・・・昨年10月、親友の【奇跡パワー】にあやかり、一番前・最前列でMr.Childrenのライブを観ることができたのですが、その親友には生涯、頭が上がりません!!!)



というわけで、2015年9月5日。

横浜の日産スタジアムで行われたMr.Children Stadium Tour 2015 未完に行ってきました。

この記事を読んでくださっている方の中に、同じ場所にいた方がいらっしゃったらとても嬉しいです


20150907-1.jpg


20150907-2.jpg


20150907-3.jpg




・・・いえ、正確に言えば、9月5日・9月6日の二日間

二日目は、【音漏れあやかり隊】として現地に赴きました(笑)

音漏れでもいいからまた聴きたい。

そう思ってしまうほど、ライブが素晴らしかったことは言わずもがな。

ここで触れたいのは、印象的だった桜井さんのMC についてです。



『この人は・・・・神の使者なのだろうか?』

そう思えてしまうほど、数々の名言・格言がある方ですが、今回のテーマは【愛について】でした。




───僕は、宗教家でも哲学者でもないんだけどね。

愛とは何かということについて、ちょっと考えてみたんです。

愛には、いろんな種類がありますよね。

家族愛もそうですし、動物愛もそうですし、肉欲にまみれた恋愛もそうだし、横浜愛、マリノス愛、いろいろなカタチの愛がある。

じゃあ愛の反対は何かと調べてみると、それは「憎しみ」だと書いてあるものもあれば、「無関心」だと書いてあるものもあって。

なるほどなあと思いました。





桜井さんは、「愛とは何か」を考えるうえで、

手塚治虫さんの漫画の中に出てきたというブッダ(仏陀)の言葉を引用していました。



子を亡くした母親が、その遺体を何日も抱きかかえたまま、絶望と悲しみに明け暮れている。

やがて、ブッダ(仏陀)のもとに、「子を生き返らせてほしい」と頼みに行った母親は、

生き返らせる条件として『死人を出したことのない家から“けしの実”を貰ってきなさい』とブッダから告げられる。

夢中で探しに行く母親だったが、探せど探せど、“けしの実”を見つけることはできなかった───。




───どの家でも、自分と同じように、大切な人を失っているんだということに、その母親は気づくんですね。

生きている子供でも、死んでしまった子供でも、同じように愛すればいい。

この作品を読んで、僕は、【愛】とは【想像力】なんじゃないかなと思ったんです





桜井さんがゆっくりと紡ぎ出す一つひとつの言葉に、6万9千人が、一心に耳を傾けていました。

そして、6万9千人の魂が浄化されていく様子を、

優しい気持ちが会場全体に、水のように広がり渡っていく様子を、

私は肌で感じました。

慈悲、浄化、癒し、再生




愛とは何か。

極めて壮大で哲学的なテーマです。

この極めて壮大で哲学的なテーマを、これほど嫌味なく語れる人っているんだろうか。

喜びも悲しみも、憎しみも愛情も、すべての感情、一瞬一瞬を、ひたむきに、全身で受け止める桜井さんが紡ぎ出す言葉(歌)だからこそ、多くの人に受け入れられるのだろうと思うのです。



『僕は哲学者ではないんだけど・・・』

いつもさりげなく、そっと語りかける桜井さんの【言葉】によって、【歌】によって、

どれほどの人々が救われているか、励まされているか。

改めて感動して、胸がいっぱいになった私でした。


20150907-5.jpg


20150907-4.jpg



↓クリックいただけたら、励みになります!


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する