誰でもできる『ホロスコープ10秒診断』



こんばんは。miraimikuです。

ホロスコープを解読するに当たっては、それ相応の知識・集中力・判断力(直観力)etc・・・を要しますが、

今回は「出生ホロスコープ」をパッと一目見ただけで、誰でも診断できる方法をご紹介します。

※ただし、正確な「出生時間」をもとに作成した「出生ホロスコープ」の場合に限ってのみ使える方法です



ご自身の「出生ホロスコープ」をパッと見たときに、10個の天体はどんなふうにレイアウトされていますか?

・上側(上半球)に偏っていますか?

・下側(下半球)に偏っていますか?

・左側(左半球)に偏っていますか?

・右側(右半球)に偏っていますか?



たとえば、下図の「出生ホロスコープ」の場合。

20151012.jpg


パッと見たときに、天体が上側(上半球)に偏っていますよね。

パッと見のファーストインスピレーション=第一印象が重要です。



ホロスコープの上側(上半球)に天体が偏っている場合

「公的活動が中心の人」です。

ホロスコープの上側(上半球)は地平線の上=昼間をあらわしています。
ホロスコープの上側(上半球)に天体が偏っている人は、「表舞台」に身を置きます。
昼間のほうが活動的であったり、脳が活性化したりする傾向にあるでしょう。
外の世界に出て行こう、社会に関わろうとします。
特に太陽や火星などの強い天体がある場合はその傾向が強まります。



ホロスコープの下側(下半球)に天体が偏っている場合

「私的活動が中心の人」です。

ホロスコープの下側(下半球)は地平線の下=夜をあらわしています。
ホロスコープの下側(下半球)に天体が偏っている人は、「裏舞台」に身を置きます。
夜のほうが活動的であったり、脳が活性化したりする傾向にあるでしょう。
私的活動や趣味、芸術的創作活動に重きを置く人です。
特に太陽や火星などの強い天体がある場合はその傾向が強まります。



ホロスコープの左側(左半球)に天体が偏っている場合

「個人力(絶対軸)の人」です。

ホロスコープの左側(左半球)に天体が偏っている人は、「個人力(絶対軸)の人」です。
人に合わせて動くより、自分のペースで動くことを好みます。
また、人に合わせるよりも自分の考えを貫くほうが、本来持っている能力や強みを発揮できる人です。
特に太陽や火星などの強い天体がある場合はその傾向が強まります。



ホロスコープの右側(右半球)に天体が偏っている場合

「チームワーク(相対軸)の人」です。

ホロスコープの右側(右半球)に天体が偏っている人は、「チームワーク(相対軸)の人」です。
自分を抑えて、周囲に合わせて動いていく人です。
また、人と協力し合い助け合う中でこそ、潜在能力や強みが引き出されていく人です。
特に太陽や火星などの強い天体がある場合はその傾向が強まります。



組み合わせで捉える

パッと見のファーストインスピレーション=第一印象で判断がつかない場合、
もしくはもう少し掘り下げたい場合は、組み合わせで捉えてみます。

◆上+左(10・11・12ハウス)=公的活動+個人力(絶対軸)
◆上+右(7・8・9ハウス)=公的活動+チームワーク(相対軸)
◆下+左(1・2・3ハウス)=私的活動+個人力(絶対軸)
◆下+右(4・5・6ハウス)=私的活動+チームワーク(相対軸)



組み合わせで捉える場合でも、パッと見のファーストインスピレーション=第一印象を優先してください。

たとえば、最初に『右!』という第一印象で、そのあとが『上かな?』であれば、

【チームワーク(相対軸)の人】がまず先に来て、

そのあとに、どちらかというと【公的活動が中心の人】となります。



★具体例★

20151012.jpg


先ほどのホロスコープに戻ります。

まずパッと見たときの第一印象で、天体が【上側】に偏っています。

まずは【公的活動が中心の人】だろうということが分かります。

次に、どちらかというと左寄りかな?ということで、

【上側+左側=公的活動+個人力(絶対軸)の人】だろうということになります。

サラリーマンより自営業(独立起業)のほうが本来の能力を発揮しやすいかもしれません。

サラリーマンであっても、全体を先導していくリーダー的な立場になりやすいでしょう。

いずれにしても、社会の枠組みの中(表舞台)に身を置き、仕事を好む傾向にあるでしょう。

さらに気づくこととして、この方は、下側+右側(4・5・6ハウス)に天体が一つもないですね。

【私的活動+チームワーク】には縁がなかったり、あるいはウィークポイントであったりするかもしれません。



ちなみに私の場合は・・・

まずパッと見たときの第一印象は、【完全に左側】に偏っています。

つまり【個人力(絶対軸)の人】になりますが、異議なしでございます(笑)

次に、どちからというと下寄りかな?ということで、

【左側+下側=個人力(絶対軸)+私的活動の人】になります。

また、上側+右側(7・8・9ハウス)に天体が一つもないので、

【公的活動+チームワーク】がウィークポイントと言えると思います。

私は15年以上のサラリーマン生活を経験していますので、
【公的活動+チームワーク】ができないわけではないと思っていますが、
強みが引き出されることよりも打ち消されてしまうことのほうが多いのかもしれません。

(ただし、その15年間があってこその現在であり、その中での経験が大きな財産になっています)



さて、みなさんはいかがでしょうか。

ホロスコープをきちんと解読しようとすると、アスペクト(天体同士の角度)などの複雑な感受点が絡み合いますが、

この診断方法は誰でも簡単にでき、簡単なわりにはなかなか的を得ていることが多いと思っています。

ただし、正確な「出生時間」をもとに作成した「出生ホロスコープ」の場合に限るという点だけご注意ください。

※12ハウスについては、こちらの記事もご参照ください。


↓クリックいただけたら、励みになります!


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


関連記事

Comment

Re:
miraimiku #- - URL
2015/10/16 (Fri) 00:12

コメントありがとうございます。
これからも【分かりやすさ】だけはこだわっていきたいと思っていますので、よろしければまたお立ち寄りくださいませ(^^)

No title
#- - URL
2015/10/15 (Thu) 04:06

最近占星術に興味を持ち色々な本やネットを見ている者です。まだ自分では全然わからないですが10秒ホロスコープ診断はとても分かりやすく、良かったです🎶🎶

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する