12サイン(星座)について

10天体=役者(機能)
12サイン(星座)=役者が演じる役柄(性質)
12ハウス=役者が役柄を演じる舞台(分野)

12サイン(星座)について

占星術では、天空の太陽の通り道(黄道)を、12個の領域=12サイン(星座)に分割しています。

12サインのどこに、どの天体が位置するかを読み取っていくことになります。
10天体の中の「月」が天秤座のサインに位置すれば、「月星座は天秤座」となりますね。


ちなみにこの12サイン(星座)は、《一人の人間が成長するプロセス》になぞらえて説明していくことができます。

たとえば、一番最初の牡羊座を、オギャー!と生まれたばかりの“赤ちゃん”だとします。
生まれたばかりなので、「とにかくやってみる!」。

初めてのチャレンジを繰り返しながら、次の牡牛座に変化し、今度は「五感を使ってじっくり味わう」ようになります。

そして次の双子座に変化し、今度は世の中全体に視野を広げます。
「たくさんの情報を掴み、知識を増やす」ことに奔走しながら、やがて蟹座に変化し、「家族(仲間)を形成する」。

・・・こういった感じです。

おおまかに言うと、前半(牡羊座〜乙女座)と後半(天秤座〜魚座)で分けて説明できたりしますが、
それはまた別の記事で書こうと思います。


ここでは、12サイン(星座)の分類を紹介します。

12サイン(星座)のそれぞれの特質の、どこに視点を置くかで、いくつかの分類方法と分け方があります。


二区分(男性星座/女性星座)

男性的か女性的かということで、こちらは分かりやすいと思います。
《エネルギーが外に向かうか、内側に向かうか》です。

──────────────────────────
◆男性星座(奇数サイン)
牡羊座/双子座/獅子座/天秤座/射手座/水瓶座

→宇宙が膨張するように、外界に向かって積極的に自ら働きかける(外向性)
→能動的、外交的、理想主義、変化、攻め、アウトプット
──────────────────────────
◆女性星座(偶数サイン)
牡牛座/蟹座/乙女座/蠍座/山羊座/魚座

→宇宙が収縮するように、受身的な反応によつて対象物を抱え込む内向き(内向性)
→受動的、内交的、現実主義、維持、守り、インプット
──────────────────────────



三区分(活動宮/不動宮/柔軟宮)

主に行動形態に特化した3分類です。

──────────────────────────
◆活動宮
牡羊座/蟹座/天秤座/山羊座

→スタート。自ら動く。動きながら考える。有言実行。

・牡羊座は個人で活動
・蟹座はグループで活動
・天秤座は社交で活動
・山羊座は社会で活動

──────────────────────────
◆不動宮
牡牛座/獅子座/蠍座/水瓶座

→保守。維持や持続にこだわる。ブレない軸。動く前に考える。不言実行。

・牡牛座は物質を保守
・獅子座は自己実現を保守
・蠍座は信念を保守
・水瓶座は価値観を保守

──────────────────────────
◆柔軟宮
双子座/乙女座/射手座/魚座

→変化と適応。臨機応変。融通が効き、状況に応じて我が身を変化できる。活動宮と不動宮の間の“円滑油”となる。

・双子座は情報に柔軟
・乙女座は仕事に柔軟
・射手座は思想に柔軟
・魚座は人情に柔軟

──────────────────────────

12サインは、活動宮→不動宮→柔軟宮のサイクルを4周します。

◆活動宮で、外の世界に飛び出し、創り上げたものを

◆不動宮で、内の世界に含んで定着させ

◆柔軟宮で、他者との関わり合いの中で(他者への還元・他者からの吸収で)変化させる

・・・という考え方から、創造→定着(維持)→変化(破壊)という捉え方でもできます。



四元素(火/地/風/水)

価値観に特化した分類で、火、地、風、水の四元素(エレメンツ)に分けられます。

──────────────────────────
◆火星座(直感)(上昇)
牡羊座/獅子座/射手座

【価値観:情熱=精神】
→強い自意識、向上心、生命力、体育会系、一生懸命、情熱、熱意、感動、歓喜、熱狂、興奮、エネルギッシュ
結果よりプロセス重視。未来志向で、情熱的に主体的に行動する。精神性が高い。興奮しやすい。

<弱点>
客観的に現実を直視したり、振り返って整理することが苦手。
ルーティン的なマンネリに弱く、目的ややりがいがないと意気消沈してしまう。
──────────────────────────
◆地星座(感覚)(着地)
牡牛座/乙女座/山羊座

【価値観:現実=肉体】
→現実主義、シビア、堅実、着実、保守的、安定感、責任感、信頼感、計画、合理性
目に見える形や結果を重視する。現実主義で、安定や保証や対価を求める。五感で確認する。

<弱点>
口約束を嫌い、シビアに対価を求める打算的な節があり、うつろう人の気持ちには疎い。
堅苦しく、夢や感動(ムード)に欠けるところがある。
──────────────────────────
◆風星座(思考)(拡散)
双子座/天秤座/水瓶座

【価値観:知性=知識】
→知的好奇心、知識、情報、言語、論理、評論、思考、変化、フェア、アイデア、コミュニケーション
現実や情熱よりも客観性・論理性を重視する。新しい知識を習得し、考え、伝える。

<弱点>
知ること・考えること・伝えることが生きがいなために、現実や人情には疎い。
客観的な評論家気質なため、場をしらけさせてしまったり、冷たく淡々とした印象を与えてしまう場合がある。
──────────────────────────
◆水星座(感情)(吸収)
蟹座/蠍座/魚座

【価値観:感情=情緒】
→気分、感情、情緒、ムード、イメージ、共感、共有、同情、癒し、一体感
実利や論理ではなく、気持ち(フィーリング)やニュアンスやムード、一体感を重視する。

<弱点>
気分で動くため、抽象的であいまい。現実を直視すること、具体的・論理的に説明することが苦手。
水のように流されやすく、良くも悪くも他者から影響を受けやすい。
──────────────────────────


◆ちなみに。最近では血液型も四区分に分けられたりします。
星座+血液型で組み合わせてみると面白い。

火・・・B型
地・・・A型
風・・・AB型
水・・・O型

(例えば、牡羊座O型なら火+水、魚座AB型なら水+風。12星座×4血液型で、48パターンもできます)


<関連記事>
▶︎占星術とは(1)ホロスコープについて
▶︎占星術とは(2)10天体について
▶︎占星術とは(3)12サイン(星座)について
▶︎占星術とは(4)12ハウスについて
▶︎占星術とは(5)アスペクトについて
▶︎占星術とは(6)何通りの人格パターンがあるか

クリックいただけたら、励みになります!



西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する