「桃井かおり」という生き方



こんばんは。miraimikuです。

今夜の牡牛座の満月、とても綺麗ですね。



さて、女優の桃井かおりさん(64)が今年の1月に結婚していたことが、10月17日に明らかになりました。

お相手は2歳年上の音楽プロデューサー。

桃井さんが12歳の頃からの知り合いで、2005年に共通の知人を介してアメリカで再会。

2013年頃から事実婚状態にあったことは、桃井さん自身が明らかにしていましたよね。


20151027-1.jpg
画像引用元:Yahoo!人物


桃井さんが、ついに“人妻”になった!


桃井かおりさんに関しては、個人的に印象に残っているエピソードがあります。

私が30歳を過ぎた頃の話です。

当時の私は、明けても暮れても仕事・仕事・仕事の日々。

平日は深夜まで仕事をし、家にはシャワーと着替えに帰るくらいで、食事もインスタントばかり。

土日も仕事、あるいは普段の睡眠不足を補うために一日中死んだように眠る。

そんな“働き盛りの男性”のような生活を送っていましたので、恋愛の「れ」の字もないような状況でした。

物理的に時間がなかったのもありますが、なにより、仕事以外には関心が向かなかったんでしょうね。

ただ、親にも結婚を急かされ始める時期ですから、

「このままでいいのだろうか」という“焦り”のようなものは常にありました。

恋愛とか結婚とかいうキーワードは、なるべく避けていたかった。



・・・そんなとき。

たしか、ananだったと思うのですが、雑誌に掲載されていた桃井さんのインタビュー記事を読んだのです。

結婚について質問をされた桃井さんは、こんなふうに答えていました。


『結婚願望はありますよ。でも、まだいいかな。
70歳くらいまでにはしてみたいなと思ってます』



当時の桃井さんは、50代後半。

オイオイ・・この人は、普通の人とは次元が違っちゃってるなオイオイ!

笑ってしまったものです。

「天下の桃井かおり様」と自分を同じ土俵で考えるのはおかしな話ですが、

なんだか肩の荷が下りて、ラクな気持ちになりました。

そんな桃井さん、予告通り、70歳を目前にして、ついに【人妻】になられたんですね



桃井かおりという生き方

20151027-2.jpg
画像引用元:Yahoo!人物



桃井さん、結婚おめでとうございます!いうことで、桃井さんの【名言】をいくつかご紹介したいと思います。


(輝いて生きる秘訣を聞かれて)
star.gifたぶん、勇気だと思う。勇気とか元気とか。
  とにかくやりたいことに対して、
  勇気を持って一歩踏み出すんです。



star.gif 夢って、頭で考えるものではなく、体で見るものでしょ。


star.gif 力を発揮するために大切なのは、安全じゃない方向に歩き出すこと。


star.gifスタッフに好かれるために仕事してるわけじゃないから。


star.gif 30過ぎたら、みんな同い年。


star.gif私は120歳くらいまでは生きるでしょうから、80歳からがさらに楽しみ。



占星術的には・・・


20151027-3.jpg

※5つの個人天体×12星座(サイン)を表にまとめたものです
※赤=火星座/茶=地星座/薄緑=風星座/青=水星座

<前提>
◆太陽〜火星の5つの個人天体のみ。ハウス・アスペクトは観ていません。
◆あくまで占星術で観た場合の、個人の勝手な見解ということで、面白がっていただけたなら幸いです。




まず、桃井さんのホロスコープだということがわからなかったとしても、

若くて元気な人だな!という第一印象を抱きます。

(若いサインである牡羊と牡牛だけで構成されている)



桃井さんの太陽〜火星を観て、頭に浮かんだことをざっと書くと・・・


◆太陽と火星が牡羊座

牡羊と牡牛の“獣サイン”(と私は呼んでいます)だけで構成されていますので、

とてもバイタリティのある人。

さらに、男性性を表す太陽と火星が牡羊座ですので、そのエネルギーは相当なものでしょう。

勝負ごとは受けて立つ、一番じゃなきゃ気がすまない、血気盛んな人柄が伺えます。

歯に衣着せぬ発言で物議を醸したり、

共演者やスタッフと衝突することが多かったり、

「自己中心的で生意気」とマスコミに叩かれることも多い桃井さんですが、

太陽と火星が牡羊座なら・・・納得・・・(笑)

【勇気とか元気】【安全じゃない方向に歩き出す】という名言は、

まさに“牡羊座のキーワード”がそのまま出た、というかんじですね。



◆火と地のエレメントだけで構成されている

高い理想を掲げて(火)、それを理想論で終わらせることなく現実のものにする(地)。

夢を夢で終わらせず、現実世界のものにする人。

有言実行の人です。

【夢って、頭で考えるものではなく、体で見るもの】という名言が、それらを物語っているようです。

夢(精神・理想)は火の価値観であり、体(カタチあるもの・現実)は地の価値観です。



◆金星と火星がディグニティ

桃井さんは、金星が牡牛座で、火星が牡羊座です。

つまり、金星と火星がディグニティです。

ディグニティとは、その天体の『本来の居場所』です。

本来持っている金星と火星のパワーが正常に発揮されることになります。



◆月と金星が牡牛座

桃井さんの母性や女性性を表す月と金星が、牡牛座にあります。

女性としての在り方が、牡牛座の支配星である金星(愛と美の女神アフロディーテ)の恩恵を受けます。

容姿に恵まれ、華やかで気品があり、女性としての魅力に溢れます。

これは、先日書かせていただいた三浦理恵子さんと同じです。

(三浦さんの場合は月と金星が天秤座ですが、天秤座の支配星も牡牛座と同じく金星のため)

美食家で、オシャレで、洗練された生活を強く望みます。



・・・ざっと簡易的ではありますが、このあたりで。

“強さ”と“美しさ”を両立させている桃井さんの<謎解き>でした。

桃井さん、120歳まで生き抜いてください!


↓クリックいただけたら、励みになります!


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する