《金星》が牡羊座にある人 〜何に幸せを感じるか〜



venus_aries.jpg


星読みカウンセラー・miraimikuです。



先日の予告通り、しばらくは【金星×12サイン別の傾向】を書いていきます。

今回は【金星:牡羊座】です

金星が牡羊座の人は、太陽星座が、牡羊座 or 牡牛座 or 双子座 or 水瓶座 or 魚座の人です。

*太陽と金星の最大離角=48度のため






(1)金星は、[幸せ]がたくさん詰まった宝箱


[太陽][火星]男性原理をあらわす【攻め】の天体 であるのに対して、

[月][金星]女性原理をあらわす【受け身】の天体 です。

そして、【受け身】の天体である[月][金星]の違いは


 =日常的に繰り返される事柄。リラックスしているとき。母性。
金星=非日常的な事柄。ドキドキワクワクして楽しいとき。女性性。




リラックスしているとき、無意識状態のときは[月]が稼働していますが、

何かを楽しんでいるとき、幸せを感じているときは[金星]がフル稼働しています。


金星は、あなたの“幸せ”がぎゅーっと詰まっている【宝箱】。

金星を紐解いていけば
自分がどういうことに幸せを感じるのかが
見えてくるはずです。



◎どんなことに幸せを感じるか。どんなときに笑顔になるか。恍惚するか。
◎喜び・楽しみ・好きなもの・好きなこと・好みの状態
◎恋愛・デート・食べ物・ファッション・音楽・芸術の好み



[金星]は【受け身】の天体なので、

恋愛においては 愛され方・扱われ方の好み になります。

※「金星があわらすもの」については、こちらの記事も合わせてご覧ください




(2)【金星牡羊座】幸せの状態・好みの状態


20151120.jpg



star.gif 幸せの状態・好みの状態

何か新しいことを始めたとき。
好きなターゲットを追いかけているとき。
前に進んでいるとき!



そういうときが一番幸せで、ドキドキワクワクキラキラします。

牡羊座は12サインの1番目。そして活動宮のサインです。

西洋占星術で考える「1年のサイクル」は、太陽が牡羊座に入る【春分】からスタートします。

牡羊座の最大のデーマは「新しく始めること」

この世に誕生したばかり、生まれたての “赤ちゃん” の牡羊座にとって、

この世のあらゆるすべてのことが初体験です。

生まれたばかりなので、後ろを振り返ろうにも、何もない。

必然的に、前に進むしかないわけです(笑)

過去の事例(比較検討する材料)が一切ない状態なので

ためらったり、迷ったりする意識自体がありません。

とにかくやってみないと分からない、前進あるのみ

金星が牡羊座にある人は、常に新しい体験・新しい刺激を追い求め、常にアクティブです。

迷ったり遠回りしたりせず、何事も決断が早い

思い立ったら即、動き出しているかんじ。

一度思い立ってしまった以上、いてもたってもいられず、前に進めないとイライラします。

進めないで止まっている状態は、大袈裟ではなく【拷問】なのです。

また、好き嫌いの好みがとてもハッキリしていますし、

好きか嫌いかは瞬間的に決まります。

好きだと思ったターゲットを「追いかけている」ときこそが、もっとも幸せな状態でしょう。

ターゲットを「追いかけている」状態が幸せなのであって、

それが手に入った、と確信すると、途端に興味が薄れてしまいます。

安定やマンネリ=停止状態だからです。

そういう状態になると、また別のターゲットを求めて、前進しようとします。




(3)【金星牡羊座】愛され方・扱われ方の好み


スピーディーに、ストレートに、わかりやすく、情熱的に
愛して欲しい。愛されたい。



牡羊座にある金星は、占術用語では「デトリメント(障害)」と呼ばれ、

よく「金星の品位が良くない」などと言われたりします。

品位が悪いというとネガティブなイメージですが、悪いというわけではありません。

前述したとおり、金星は女性原理をあらわす【受身】の天体ですが、

牡羊座は男性的で【攻め】の性質を持つサインです。

【受身】の天体である[金星]が、【攻め】のサイン=牡羊座 に位置することによって、

金星が持つ本来の作用が打ち消され、牡羊座の性質が優先される傾向にある、ということです。

ですから、金星が牡羊座にある人は、受身の恋愛にはなりにくく、どうしても攻めてしまう。

相手からのアプローチを待っていられない。

自分から動いてしまう
のです。

金星射手座 と同じく、自分が好きになった相手を追いかけたい(追っていたい)という願望があります。

恋に落ちるのは瞬間的で、じわじわ好きになることは稀です。

12サインの中で一番、一目惚れしやすいのは金星牡羊座でしょう。

せっかちで待てないので、テンポよく進展させたがります。

金星射手座が「知恵」を使い、時には「変化球」も織り交ぜながら追いかけていくのに対して、

金星牡羊座は体当たり、駆け引きなしの一直線で追いかけます。

情熱的でストレートですが、やや一方的なところがあり、慎重さや繊細さには欠ける傾向にあります。

金星牡羊座にニュアンスで好意を伝えても気づきません。

「行間を読む」ようなことはできないのです。

スピード命なので、まわりくどい言い回しや駆け引きめいたことをされるとイラッとしますし、

待たされすぎると冷めてしまいます。

( 特に恋愛や趣味関係で )スピードが早い、

熱しやすく冷めやすいのが金星牡羊座です。

獲得欲求が高いので、略奪愛にも燃えるタイプでしょう。



(4)【金星牡羊座】デートの好み


アクティブでバリエーション豊かなデート。

「次は何する?」「次はどこ行く!?」

部屋の中でまったりのんびりするより、どこでもいいから出かけたい。

とりあえず出掛けよう(笑)。

いろんなことをしたいし、「楽しみ上手」です。



(5)金星牡羊座の女性の[女性としての魅力]


金星が牡羊座にある女性は、明るい雰囲気で、ハキハキした人が多いです。

好き嫌いや気分がそのまま顔に出やすくて、非常に分かりやすい。

感情表現が豊かで、表情がクルクルと変わります。

子供のように無邪気で屈託のない笑顔。泣き虫でもあります。

素直で、頑張り屋で、健気。

失敗しても、傷ついても、たとえ同じパターンの繰り返しであったとしても、

その都度その都度、全力で立ち向かって、受け止めて、

ちゃんと初心に戻って立ち直るのです。

決めるときは決める、野性的で男前な潔さもあります。

そういうところが、金星牡羊座の女性の魅力です。



(6)金星牡羊座の男性の[惹かれる女性のタイプ]


男性のホロスコープにおいて、金星星座は【惹かれる女性のタイプ】をあらわします。

つまり、金星が牡羊座にある男性は、牡羊座っぽい資質を持った女性に惹かれるということになりますので、

上記に書いてあるような女性に惹かれます。

もっと詳しく知りたい方は、金星が牡羊座の彼の『好みの女性像』をご覧ください。


ちなみに、女性の場合は火星星座が【惹かれる男性のタイプ】をあらわしますが、

【実際につきあってみてフィーリングが合う男性】は金星星座を観たほうがいいでしょう。

【惹かれる男性のタイプ】と【実際につきあってみてフィーリングが合う男性】は違う、ということです。



(7)金星牡羊座の著名人


福山雅治さん、山下智久さん、菅田将暉さん、桑田佳祐さん

浜田雅功さん、有吉弘行さん、出川哲朗さん、原田泰造さん、宮迫博之さん、藤森慎吾さん

木村佳乃さん、綾瀬はるかさん、YUKIさん、中川翔子さん、吉澤ひとみさん など





▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧












関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する