《金星》が双子座にある人 〜何に幸せを感じるか〜



venus_gemini.jpg


星読みカウンセラー・miraimikuです。



先日の予告通り、しばらくは【金星×12サイン別の傾向】を書いていきます。

今回は【金星:双子座】です

金星が双子座の人は、太陽星座が、牡羊座 or 牡牛座 or 双子座 or 蟹座 or 獅子座の人です。

*太陽と金星の最大離角=48度のため






(1)金星は、[幸せ]がたくさん詰まった宝箱


[太陽][火星]男性原理をあらわす【攻め】の天体 であるのに対して、

[月][金星]女性原理をあらわす【受け身】の天体 です。

そして、【受け身】の天体である[月][金星]の違いは


 =日常的に繰り返される事柄。リラックスしているとき。母性。
金星=非日常的な事柄。ドキドキワクワクして楽しいとき。女性性。




リラックスしているとき、無意識状態のときは[月]が稼働していますが、

何かを楽しんでいるとき、幸せを感じているときは[金星]がフル稼働しています。


金星は、あなたの“幸せ”がぎゅーっと詰まっている【宝箱】。

金星を紐解いていけば
自分がどういうことに幸せを感じるのかが
見えてくるはずです。



◎どんなことに幸せを感じるか。どんなときに笑顔になるか。恍惚するか。
◎喜び・楽しみ・好きなもの・好きなこと・好みの状態
◎恋愛・デート・食べ物・ファッション・音楽・芸術の好み



[金星]は【受け身】の天体なので、

恋愛においては 愛され方・扱われ方の好み になります。

※「金星があわらすもの」については、こちらの記事も合わせてご覧ください



(2)【金星双子座】幸せの状態・好みの状態


20151126.jpg


star.gif幸せの状態・好みの状態

脳をフル回転させて、工夫したりアレンジしたりしているとき。
新しい体験をしたり、新しい情報を手に入れたとき。
仕入れた情報や自分の体験談を周りの人に発信しているとき。



そういうときが一番幸せで、ドキドキワクワクキラキラします。

双子座のシンボルマークはローマ数字の「2」を表すとともに「二面性」を象徴します。

そこから、「物事の両面を見る」「ひとつのことにこだわらない」「多面的に考える」

・・・というような側面が出てきます。

ですから、謎解きゲームとかパズルとかルービックキューブとかプラモデルとか料理とか手芸とか、

頭と手先を同時に使うようなことを好み、また得意とします。

ああかな?こうしてみたらどうかな?こんなふうにしたらどうなる?

脳をフル回転させて【工夫】しているときに、イキイキとした輝きを放ちます。

また、やはり、双子座に必要不可欠なのは【会話】【おしゃべり】です。

双子座のテーマは、集めた情報や知識や経験を、周囲の人たちに伝えること

双子・天秤・水瓶の3つを指す「風サイン」は、

他者との意思疎通(コミュニケーション)に奔走するサインですが、

双子座は【言語による発信】がメインになります。

知的好奇心が旺盛で、新しいモノに飛びつきますが、

それをほかの人に話して(伝えて)はじめて、満足することができる。

インプット(情報収集・体験)とアウトプット(発信・周知)は必ずセットになるのです。

前述のとおり、アウトプット(発信・周知)のほうがメインテーマになりますので、

インプット(情報収集・体験)は<質より数>です。

深めるのではなく広げていく。

表面的にサラッと網羅していくかんじです。

好奇心旺盛で新しいモノに飛びつくのは 射手座 と同じですが、

射手座のように熱狂的にのめり込むことはありません。

ここまでに書いてきた「多面性」「新しい知識・情報・体験」「質より数」を合わせて考えると、

「落ち着きがない」「器用貧乏」「情報過多による不安定さ」などの面も出てくるかもしれません。

また、これは双子座と射手座に共通することですが、新しい体験=非日常という意味で、

遠方に旅行に出かけるのが好きです。



(3)【金星双子座】愛され方・扱われ方の好み


楽しく軽やかに、いつも仲良しの親友のように、遊び心を持って、会話を大切に
愛して欲しい。愛されたい。



ドロドロした重苦しく深刻な関係や、男女を意識しすぎるようなムードはとても苦手です。

親友のように、楽しく爽やかに、一緒に遊んでいたい。

一緒に楽しくお話していたいのです。

ひとつのLOVEというより、たくさんのLIKE・・・好きな人がたくさんいるかんじ。

そして、キーワードは会話・言語・移動性(変化)

どんなに美男美女の人であっても、楽しい会話が成り立たない人は、恋愛対象になりません。

「言葉で言わなくてもわかりあえる関係」なんていう話は、金星双子座にとってはありえない話。

会話がなくなったとき=愛の終わりを意味します。

会話・言語・移動性(変化)をすべて含むという意味では、

「二人で一緒にああだこうだと旅行の計画を立てているとき」なんて、幸せ絶頂かもしれませんね(笑)。

旅行でなくても、近所を散歩するだけでもOK。

クルクル変わる景色の中で、ああだこうだと、いろいろなことを話したいのです。

「話すことが苦手・・・」という方、安心してください。

極論を言えば、こちらが話さなくても、金星双子座の話を聞いているだけでもかまいません(笑)

ただし無反応だと機嫌を損ねてしまうでしょうから、上手に相槌を打ってください。

贅沢はけして望みません。

二人で言葉を交わし合うこと。

そして、どんなに年老いても、「遊び心」を失わないことが何よりも大切です。



(4)【金星双子座】デートの好み


会話のネタになるようなデート。

基本的にミーハーなので、話題のスポットに行くデート。

逆に、人が行ったことのないようなマイナースポットに行くのも大好きなはず。

「○○に行ってきたよ!「○○をしたよ!」など、話のネタにできるようなデートがいいです。

デート中にSNSにアップするかもしれません(笑)



(5)金星双子座の女性の[女性としての魅力]


金星が双子座にある女性は、実年齢より若く見えることがほとんどでしょう。

フレキシブルでアグレッシブ、そして会話上手です。

楽しいこと、面白いことを求めてやまないので、いくつになっても子供のような無邪気さを失いません。

“しっとりした色気” とか “オトナの落ち着き” はありませんが、

一緒にいて楽しい気分にさせてくれる女性です。

家事や育児にも、自分なりの工夫やアレンジを加えます。

なにごとからも“遊びの要素”を見出す天才で、“楽しみ上手”なのです。

(なぜなら、楽しくないことはできないから・・・)

また、楽しみながら、工夫しながら、時間や空間を有効活用するのが上手です。

そういうところが、金星双子座の女性の魅力です。



(6)金星双子座の男性の[惹かれる女性のタイプ]


男性のホロスコープにおいては、金星星座は【惹かれる女性のタイプ】をあらわします。

つまり、金星が双子座にある男性は、双子座っぽい資質を持った女性に惹かれるということになりますので、

上記に書いてあるような女性に惹かれます。

もっと詳しく知りたい方は、金星が双子座の彼の『好みの女性像』をご覧ください。

ちなみに、女性の場合は火星星座が【惹かれる男性のタイプ】をあらわしますが、

【実際につきあってみてフィーリングが合う男性】は金星星座を観たほうがいいでしょう。

【惹かれる男性のタイプ】と【実際につきあってみてフィーリングが合う男性】は違う、ということです。



(7)金星双子座の著名人


阿部寛さん、松田龍平さん、草彅剛さん、西野亮廣さん、三谷幸喜さん

明石家さんまさん、内村光良さん、太田光さん、上田晋也さん

藤原紀香さん、広末涼子さん、新垣結衣さん、小嶋陽菜さん、久本雅美さん など





▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします!!
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

【初心者向け】ホロスコープ鑑定会 ご予約受付中


star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧












関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する