《金星》が水瓶座にある人 〜何に幸せを感じるか〜



連載中の【金星の幸せ】シリーズ。

予定よりかなりスローペースの更新になってしまってますが・・・もう少しおつきあいくださいませ!



本日、太陽が水瓶座入りしましたね。

それに合わせたわけではないのですが、今回は【金星:水瓶座】です

金星が水瓶座の人は、太陽星座が牡羊座 or 射手座 or 山羊座 or 水瓶座 or 魚座の人です。
(太陽と金星の最大離角=48度のため)


《金星》=“幸せ”がたくさん詰まった宝箱

太陽火星が男性原理をあらわす【攻め】の天体であるのに対して、
金星は女性原理をあらわす【受け身】の天体です。

そして、【受け身】の天体である金星の違いは

=日常的に繰り返される事柄。リラックスしているとき。母性。
金星=非日常的な事柄。ドキドキワクワクして楽しいとき。女性性。

リラックスしているとき、無意識状態のときはが稼働していますが、
何かを楽しんでいるとき、幸せを感じているときは金星がフル稼働しています。


金星は、あなたの“幸せ”がぎゅーっと詰まっている【宝箱】。
金星を紐解いていけば、自分がどういうことに幸せを感じるのかが見えてくるはずです。


◎どんなことに幸せを感じるか。どんなときに笑顔になるか。恍惚するか。
◎喜び・楽しみ・好きなもの・好きなこと・好みの状態
◎恋愛・デート・食べ物・ファッション・音楽・芸術の好み


金星【受け身】の天体ですので、恋愛においては愛され方・扱われ方の好みになります。

※「金星があわらすもの」については、こちらの記事も合わせてご覧ください



金星が水瓶座にある人の「幸せ」
kinsei_mizugame.jpg

star.gif幸せの状態・好みの状態

何かに縛られることなく、【自分流】でいられるとき。
固定観念や常識を覆すような個性・思想・文化・体験に触れたとき。
性別・年齢・国籍を超えた【人間同士のフェアな関係性】を築けたとき。


そういうときが一番幸せで、ドキドキワクワクキラキラします。

金星水瓶座が願う幸せ=「人類の幸せ」と言えそう。

水瓶座の価値観はスケールが大きいので、「個人的な幸せ」とは結びつけづらいものがあります(笑)

山羊座「社会」視点なら、水瓶座は「人類」視点と言えるでしょうか。

【完成させること】が山羊座のテーマだったとすれば、

次の水瓶座のテーマは【完成させたものをぶち壊すこと】です。

自分自身が作り上げてきたもの、積み上げてきたもの、培ってきた知識や経験はもちろん、

世間の常識、社会通念、既成概念、さらには性別や年齢や国籍にまで “疑いの目” を向けるのが水瓶座です。

男ならこうするべき、女ならこうするべき、親ならこうするべき、社会人ならこうするべき、日本人ならこうするべき───

《こうするのが普通》という一般論に対して、

「本当にそうなのか?」「それは本当に正しいのか?」「それは本当に必要なのか?」と問いかける。

一旦すべてをクリアにして、真理眼でもって【ほんとうのこと】を見極めようとするのです。

押し付けがましい一般論や価値観に敏感に反応し、疑問を感じ、反発します。

そんな狭い視野ではなく、【人間としてどうあるべきか】という根源的な問いを、常に自分自身に投げかけるのです。

歴史や伝統、秩序や常識や規範を尊ぶ山羊座とは打って変わり、そういうものを否定しはじめる。

言葉や出来事をそのまま真に受けるのではなく、

常に自分の中で咀嚼し、多面的に捉える姿勢が、「個性」「独創性」「斬新な着眼点」につながります。

そして相手の「個性」「独創性」「斬新な着眼点」も尊重し、賛美します。

何かに迎合すること、染まること、傾倒すること、先入観に縛られることを恐れ、

定期的にアップデート(刷新)しようとします。

わかりやすく喩えるなら【使い捨てコンタクト】

「色眼鏡」をかけたくないから、常に新しいコンタクトをつけていたいんですね。

こうしたことから、人間関係も非常にフェアなものになります。

自他の区別が明確で、良い意味で【人は人・自分は自分】。

特定の人に深入りしたり傾倒したりすることに抵抗感があり、分け隔てなく平等で自由な人間関係を築こうとします。

金星蠍座のように「狭く深く」ではなく、浅く広く中立的に、様々な価値観や考え方に触れたいのです。

【平等性】という点では、身内と他人がもめたとしても、他人のほうが正しいと判断すれば他人を支持するほど。

金星水瓶座に対しては、泣き落としや感情論は通用しません。

あまりにも中立的なので、場合によっては冷血な印象を与えてしまうこともあるでしょう。

けれど、フェアで中立的な姿勢を貫き通す金星水瓶座は、本当の意味で一番、信頼できる人なのかもしれません。



star.gif愛され方・扱われ方の好み

常識や一般論に囚われず、【同士】として、
お互いの自由と個性を尊重しながら、広い視野でフェアに
愛して欲しい。愛されたい。


先ほど書いたとおり、恋愛においても、性別・年齢・国籍を超えた【人間同士のフェアな関係性】を築こうとするはずです。

男だとか女だとか、年上だとか年下だとかは関係ないのです。

また、もともと特定の人に深入りしたり傾倒したりすることに抵抗感があるので、

恋愛であってもベタベタした関係ではなく、サッパリした友愛的なものになるでしょう。

金星水瓶座さんはフランクで人懐っこい人が多いのですが、実はけっこうクールなので、そのギャップにたじろぐ人が多いかもしれません。

まず、連絡はけしてマメな方ではありません。義務感でメールやLINEをするのは苦痛なのです。

自由や個性を尊重するという意味で、恋人同士や夫婦同士であっても【人は人・自分は自分】

自由と責任は切り離せないものですから、「自己責任」という概念を強く持っています。

「自分の尻拭いは自分でする。あなたも自分の尻拭いは自分でするべき」というようなスタンスですので、

相手は突き放されたように感じ、寂しく思うこともあるでしょう。

つまり、精神的に自立していて、自分の足で立っていられる人でなければ、金星水瓶座のパートナーになることは難しいかもしれません。

また、「個性」「独創性」「斬新な着眼点」を賛美するので、自分の考えがない人には魅力を感じません。

様々な価値観や考え方に触れたいので、ああだこうだと議論を交わすことが好きですが、恋人や夫婦とも議論を交わしたがります。

金星双子座と同じく、「会話が成り立つかどうか」がパートナーに求める重要な条件になりますが、

金星双子座よりシビアでレベルが高い。

金星双子座の場合は話し上手ではなくても聞き上手であればOKですが、金星水瓶座の場合は話し上手であることも求めます。

つまり、普通で無難な相槌を打つだけではなく、自分の意見や考えを、自分の言葉で語ることができる頭の良さに惹かれるのです。

ただし、頭がいい・悪いという基準の圏外にいるような「例外的な人」、極端にぶっ飛んだエキセントリックな人を好む場合もあります。

要は、金星水瓶座が好むのは、「個性」「独自性」「自分の世界が確立している人」なのです。



star.gifデートの好み

脳が活性化するようなデート。

固定観念や常識を覆すような個性・思想・文化・体験に触れられるようなデート。

でも、家から出たがらない出不精な面もあるかもしれません。

外出するなら、ちょっと風変わりなデートが好きなはず。

秘境にあるパワースポットとか、珍百景とか、珍味巡りとか!?

落ち着けるお店で、何時間も議論を交わすようなデートも好きでしょう。



star.gif金星水瓶座の女性の【女性としての魅力】

金星が水瓶座にある女性は、中性的です。

「性別に縛られたくない」という潜在意識があるからか、あまり<女>を感じさせません。

中性的なだけではなく、どこか人間離れしていて“ドール的”というか、無機質なかんじがあります。

常に「本能」から一歩引いたところにいるからかもしれません。

アクがない、泥臭さ(人間臭さ)がないのです。

また、金星牡牛座金星天秤座もオシャレな人が多いですが、金星水瓶座は個性的なオシャレさん。

一般的にはあまり知られていないようなマイナーブランドの服をさらっと着こなしていたりします。

金星水瓶座にとっては、ファッションも「個性の表現」になるのでしょう。

また、前述したとおり、フランクな人懐っこさと理知的なクールさが同居している【ギャップ】も特徴です。

初対面ですごく仲良くなって「脈あり!?」と期待したのに、その後、連絡がぜんぜん来なかったり、会っても淡々としていたり、意外な毒舌をさらっと発したり、妙に“オトナ”だったり。

金星水瓶座にとっては別にそんなつもりはないのですが、近寄ったかと思うと突き放される、

そういう振り回されてしまうかんじが、男性を虜にしてしまうかもしれません。

そういうところが金星水瓶座の女性の魅力です。



star.gif金星水瓶座の男性の【惹かれる女性のタイプ】

男性のホロスコープにおいては、金星星座は【惹かれる女性のタイプ】をあらわします。

つまり、金星が水瓶座にある男性は、水瓶座っぽい資質を持った女性に惹かれるということになりますので、

上記に書いてあるような女性に惹かれます。

もっと詳しく知りたい方は、金星が水瓶座の彼の『好みの女性像』をご覧ください。

ちなみに、女性の場合は火星星座が【惹かれる男性のタイプ】をあらわしますが、

【実際につきあってみてフィーリングが合う男性】は金星星座を観たほうがいいでしょう。

【惹かれる男性のタイプ】と【実際につきあってみてフィーリングが合う男性】は違う、ということです。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-9010057982365201"
data-ad-slot="2639177779">




↓↓ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 占い
0002.jpg
人気ブログランキング


ブログ開設6ヶ月で、総アクセス数【 17万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら



関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する