音楽で喩える「天秤座の世界観」



こんばんは。miraimikuです。


占星術を極めるうえで重要なことは、

自分を取り巻く「あらゆる現象」を、12星座(12サイン)に喩えてみるクセをつけること。

──ということで、今年に入ってから【月1】で連載中、

12星座の世界観を、音楽で喩えるシリーズ【その8】です。



いま太陽は天秤座にあるので、今回は天秤座です。 

「天秤座っぽい世界観」を彷彿とさせる曲をいくつかご紹介しますが、

あくまでも私の独断と偏見ということで、面白がっていただけたなら幸いです(^^)



※【その1】魚座の世界観は こちら
※【その2】牡羊座の世界観はこちら
※【その3】牡牛座の世界観はこちら
※【その4】双子座の世界観はこちら
※【その5】蟹座の世界観は こちら
※【その6】獅子座の世界観はこちら
※【その7】乙女座の世界観はこちら



20161020-1.jpg


天秤座は 12星座の7番目、風のサイン、活動宮。

バランス感覚、フェア、公平性、中立性、客観性、正義感、常識感覚、TPO、
社交性、八方美人、協調性、調和力、平和主義、パートナーシップ、役割分担、
オシャレ、美意識、美的感覚、芸術性、審美眼、上品、都会的、洗練、スタイリッシュ、華やかさ、エスコート、淑女・紳士


・・・などの性質を持ちます。


また、その支配星である「金星」とともに、

愛、美意識、美的感覚、美学、芸術性、審美眼、調和、平和、社交性

・・・などを象徴し、12星座でもっともバランス感覚に優れるサインです。

(天秤座のキーフレーズは「 I balance 」=「私は調和する」です)




天秤座といえば、(天秤という名のとおり)【バランス感覚】です。

天秤座の性質である「社交性」「協調性」「客観性」「調和力」「品性」「美意識」・・・などはすべて、

この【バランス感覚】が根底にあると言ってもいいでしょう。



既にいろいろな記事で書いていますが、

西洋占星術では、12星座の前半と後半で、「成長テーマ」が切り替わります

◆12星座の前半(牡羊座〜乙女座)=個人能力の育成と完成
◆12星座の後半(天秤座〜魚座) =社会性の育成と完成



前半戦(牡羊座〜乙女座)で培ってきた知識や経験=「個人力」を、

外の世界に打ち出していくのが天秤座のタイミングです。

ですから、天秤座には

人目にさらす・お披露目する・デビューする・リリースする

・・・といったニュアンスがあります。

自己満足だけでは終われない。

「人目にさらされて、人から評価されてなんぼ」なんです。

「自分自身がどう思うか」はもちろん、

「人から見てどうか」「人から見てみっともなくないか」という客観的な視点を、

天秤座は 常に・強く・無意識レベルで 持っています。

たとえば、花を花瓶に生けたとき。

「美しいかどうか」、数歩下がって、遠巻きに見て確認したりすると思いますが、そういう感覚。

「自分視点」と「他者視点」を常に行き来する性質

天秤座の【バランス感覚】に繋がっています。

(天秤座が「我を見失う」ようなことは、ほぼありません)



さて、「天秤座」「音楽」を絡めて書くにあたっては、

「天秤座の支配星が金星であること」が大きな切り口になります。

「愛と美を司る金星」を支配星に持つのは、牡牛座天秤座

「愛と美を司る金星」を支配星に持つわけですから、

牡牛座天秤座【美意識】【美的感覚】【芸術性】に優れますが、

両者の「美意識」には、「内向き or 外向き」「五感 or 思考」の違いがあります。



牡牛座の『美意識』=自分が美しいと思うかどうか

<内向き・五感型>

“他人から見てどうか”ということはあまり関係なく、自己満足的な性質が強い

第三者が否定しても、本人が美しいと思えば、それは「美しい」のです。

そして、“五感”が優れているからこそ、細かいディティールにこだわります。

たとえば女性を対象にするのであれば、目の大きさとか、髪の毛の質感とか、肌触りとか、足の長さとか細さとか。

そういう部分的なディティール・マニアックなポイントに美しさを見出すんですね。

そして、自分が美しいと思ったものを“コレクション”したがります。

自分一人で眺めて、幸せな気分に浸るのです。



天秤座の『美意識』=他人から見ても美しいかどうか

<外向き・思考型>

先ほどの【バランス感覚】が美意識にプラスされますので、

・他人から見て美しいかどうか
・客観的に見て美しいかどうか
・トータルバランスが取れているかどうか


が【美の基準】になります。

「第三者から見て美しくなければ、美しくない」のです。

そして、五感で“感じる”というより、頭で美を“理解”します。

たとえば女性を対象にするのであれば、「全体的なトータルバランス」にこだわります。

どこかひとつが突出しているのではなく、

全体的にバランス(調和)が取れているかというところに美しさを見出すのです。

そして、自分が美しいと感じたものを、他の人にも見てもらいたがります。



──こうした牡牛座と天秤座の美意識の違いは、「音楽性」にも如実にあらわれていると思います。

是非、牡牛座の音楽の記事と比較して読んでいただきたいなーと思いつつ、

ここで、太陽が天秤座のミュージシャンをご紹介。


◆吉井和哉さん(THE YELLOW MONKEY ボーカル)
◆Toshlさん(XJAPAN ボーカル)
◆Fukaseさん(SEKAI NO OWARI ボーカル)
◆アキヒトさん(ポルノグラフィティ ボーカル)
◆JIROさん(GLAY ベース)
◆tetsuyaさん(L'Arc〜en〜Ciel ベース)
◆郷ひろみさん
◆氷室京介さん
◆浜崎あゆみさん



見事に、「美意識」が高そうな人ばかり!!

音楽や歌詞を参照しなくても、ミュージシャンの面々を見るだけでも、語れますね。

天秤座の音楽は、ビジュアル重視。
「音声」「BGM」だけでは完結しない。


美しさ・華やかさ・オシャレ感・ゴージャス感。

ショー・ミュージカル・演劇・舞台のように、「全体演出で魅せる音楽」。

舞台を見上げるオーディエンス(観客)がいてこそ成り立つ音楽。


どんなに才能や音楽性に優れていても、

【ビジュアル=衣装・演出・照明・舞台装置・・・】が地味だったりダサかったりしたら、

それはもう、絶対にダメなんです。



ちなみに私は、奥田民生さんMr.Childrenエレファントカシマシとともに

THE YELLOW MONKEYの大ファンでもありますが、

THE YELLOW MONKEYは「天秤座音楽のシンボル」

・・・と言ってもいいんじゃないかとさえ思います。



20161020-2.jpg
※画像引用元:THE YELLOW MONKEYオフィシャルサイト



◆まず単純に。メンバー4人全員が、美しく、麗しい(笑)。

◆全員180cm 以上の高身長なので、「衣装映え」がする。
 4人がズラリと並んだ時に、「見映え」がする。
 4人のバランスが取れている。

◆独自のファッション性(ジャパングラムロックの先駆け)。

◆ジャケットやポスターなどのビジュアル性(芸術性)。

◆華やか・ゴージャス・カラフル・クラシカル・貴族的。

◆「日々の日常に寄り添う音楽」ではなく、壮大なテーマ/ドラマ性のある音楽。
 演劇・舞台・ミュージカルを見ているかのような世界観。



SEKAI NO OWARI・XJAPAN・浜崎あゆみさんにも、

同じようなことが言えると思います。

生活感がないというか、芸術性・エンターテイメント性が高いんですよね。

そして、「ビジュアル」「ファッション」への強いこだわりを感じます。




──というわけで、長くなりましたが

「天秤座の世界観」をあらわす音楽を選曲するにあたっては、
「ビジュアルで魅せる音楽=アートミュージック」をテーマにしました。


「目で観る音楽」ということで、あえて解説文や歌詞はつけず、動画を引用していきますね(^^)




◆「ビジュアルで魅せる音楽」THE YELLOW MONKEY(天秤座)











◆「ビジュアルで魅せる音楽」SEKAI NO OWARI(天秤座)











◆「ビジュアルで魅せる音楽」浜崎あゆみ(天秤座)










──いつものとおり、今回も長〜くなりましたが、

ここまでお付き合いくださった方はスゴイ!ありがとうございます(笑)



太陽天秤座のみなさま、残りあと数日の「天秤座シーズン」を満喫してくださいね。

とはいえ、<ラッキースター・木星>は2017年10月まで天秤座にありますからね(^^)

天秤座に、たくさんの幸あれ




↓↓ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 占い
0002.jpg
人気ブログランキング


ブログ開設16ヶ月で、総アクセス数【 134万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら




関連記事