【秋分】天秤座→蠍座→射手座までのストーリー。多種多様の人との関わり合いを通して、自分なりの「答え」に辿り着く



20170923-1.jpg



星読みカウンセラー・miraimikuです。



9月23日(土)AM5時3分、乙女座に別れを告げて、太陽が天秤座に入宮しました。

ここから10月23日までの約1ヶ月、太陽は、天秤座の位置から私たちを照らします



二十四節気(にじゅうしせっき)で言うと、

「太陽が天秤座に入宮する日=天秤座0度になる瞬間」【秋分】に当たります。

【秋分】は、【春分】と同じく、昼と夜の長さがほぼ同じになります。

そしてこの日から【冬至】にかけて、昼がだんだん短くなり、夜が長くなっていきます。



(今年は残念ながら土曜日に当たってしまいましたが)

【秋分の日】は「 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日 」と法律で定められた【国民の祝日】。

前後7日間を「彼岸」と言い、各寺院・家庭で、彼岸会の法要が行なわれます。

先祖のお墓参りに行くのはもちろん、

お寺や神社やパワースポットに行くには良いタイミングです。

いやあ、それにしても、あっという間に<秋の到来>ですね!


20170923-4.jpg



「春分・夏至・秋分・冬至」は、エネルギー転換の大きな節目


季節の変わり目である春分・夏至・秋分・冬至は、

西洋占星術では 牡羊座(ASC)・蟹座(IC)・天秤座(DSC)・山羊座(MC)に当たります。

この4点はまとめてアングルと呼ばれ、ホロスコープにおいて 極めて重要な観点 になります。


◆春分=太陽が牡羊座に入る日=ASC(1ハウスの起点)
   ↓
◆夏至=太陽が蟹座 に入る日=IC(4ハウスの起点)
   ↓
◆秋分=太陽が天秤座に入る日=DSC(7ハウスの起点)
   ↓
◆冬至=太陽が山羊座に入る日=MC(10ハウスの起点)




20160322-5.jpg



牡羊座蟹座天秤座山羊座も、すべて活動宮のサインです。

活動宮のサインの性質は「スタートする」「始める」「自ら動く自発性」ですから、

季節の始まりである春分・夏至・秋分・冬至に対応しているのもうなづけます。

そして 春分(牡羊座)・夏至(蟹座)・秋分(天秤座)・冬至(山羊座)の4つのポイントでは、

季節が切り替わるのと同時に、私たちのエネルギー(テーマ)も大きく切り替わります。

かなり掻い摘んで書くと、それぞれのテーマは次のとおりです。



<12星座の前半=個人能力の育成と完成>

star.gif春分(牡羊座)【起】新しい一年がスタート!

太陽が牡羊座に入る日。
西洋占星術での「新年」に当たり、ここから新しい一年がスタートします。
牡羊座・牡牛座・双子座までは「自分自身」がテーマ。個人能力の開発期間に当たります。



star.gif夏至(蟹座) =【承】熟成期(育成期)

太陽が蟹座に入る日。
蟹座・獅子座・乙女座までは「自分と家族/仲間」「身近な集団性」がテーマ。
身近な人との関わり合いを通じて、愛情・情緒性・共感性・自己表現力・自己管理能力を育んでいきます。
乙女座で個人能力の完成





<12星座の後半=社会性の育成と完成>

star.gif秋分(天秤座)【転】収穫期(デビュー・リリース)

太陽が天秤座に入る日。
天秤座・蠍座・射手座までは「自分と相手」「自己理解/他者理解」がテーマ。
社会に出て行き、様々な人たちとの交流を通じて、社会的人格を形成し、人間理解を深めていきます。



star.gif冬至(山羊座)【結】完成期(到達点)

太陽が山羊座に入る日。
山羊座・水瓶座・魚座までは「自分と社会」「社会的集団性」がテーマ。
社会人としての完成と自己実現
そして社会からの卒業と再生






【秋分=天秤座】から「12星座の後半戦」に切り替わる


【秋分】=天秤座から、いよいよ「12星座の後半戦」に切り替わります。

「わたし」がテーマだった前半ステージ(半年間)を経て、

「わたしとあなた」「わたしと社会」がテーマの後半ステージ(半年間)へ。



牡羊座で授かった「生命 いのち」。

牡牛座で磨いた「肉体=五感」。

双子座で集めた「知識」。

蟹座で築いた「愛」「仲間」「居場所」。

獅子座で確信した「自分らしさ」「情熱」「信念」。

前半最終走者の乙女座で「厳しいチェック」をかけて───

天秤座で、【外の世界/地上の世界】に出て行くことになります。



◆牡羊座:意志(存在)
   ↓
◆牡牛座:肉体(五感)
   ↓
◆双子座:知性(思考)
   ↓
◆蟹座 :情緒(こころ)
   ↓
◆獅子座:主観性(個性・自我の確立)
   ↓
◆乙女座:客観性(最適解)
   ↓
<個人能力の完成>
   ↓
秋分(天秤座)からの「社会デビュー」へ




私の大好きな「競馬」で喩えるなら(笑)

「愛情込めて育成・調教してきた馬を、いよいよレースに出走させるときが来た」

みたいなかんじですね^_^



【秋分】からの3ヶ月(天秤座→蠍座→射手座)のテーマ

star.gif秋分(天秤座)【転】収穫期(デビュー・リリース)

太陽が天秤座に入る日。
天秤座・蠍座・射手座までは「自分と相手」「自己理解/他者理解」がテーマ。
社会に出て行き、様々な人たちとの交流を通じて、社会的人格を形成し、人間理解を深めていきます。




【秋分】=天秤座のポイントは、「起承転結」の「転」。

ドラマや映画で言えば、いわゆる「山場・見せどころ・クライマックス」。

初登場の人物が出てきたり、想定外のハプニングが起きたり、

<新しい展開>が起きるシーンです。


◆起:桃から生まれた桃太郎

◆承:立派に成長して仲間もできて、鬼を退治することを決意

◆転:いざ、鬼ヶ島へ!鬼退治へ!!<クライマックス>

◆結:財宝を手にして、故郷へ帰還




──同様に、

天秤座→蠍座→射手座までの3ヶ月間は、

占星術で考える「一年間のサイクル」の中で

もっとも華やかで動きの出てくるシーズンになります。



天秤座→蠍座→射手座。
この3ヶ月間のテーマは【わたしとあなた】。


「身内の人間関係」ではなく
「社交の場での人間関係」が大テーマです。

前半で築いてきた「自分」の力試し。

人との出会いや関わり合いの中で
自分の視野を広げ、さらにレベルアップしていくとき。



◆天秤座:広く浅く、繋がる(多様性)
   ↓
◆蠍座 :狭く深く、繋がる(深堀り・集中・同化)
   ↓
◆射手座:自分なりの「答え」を出す(昇華・悟り)





獅子座で確立した「これが私だ!!」という個性(自我)が

(様々な人たちとの交流の中で切磋琢磨されて)

射手座でさらにバージョンアップする。

「一皮むける」みたいな感じですね。

そして、「自分の中での答え」が出る。

「紆余曲折あったけど、最終的に、これが私だ。

私が生きている意味は、これだったんだ」
と──。




そんなテーマを意識しながら、

【冬至】までの3ヶ月を過ごしてみてください。

ドラマや映画の「山場・見せどころ・クライマックス」。

どんなストーリーが待っているのか、楽しみですね♡



20170923-3.jpg


20170923-2.jpg





▼最新記事情報/友達&フォロー大歓迎です(^^)
 (下の画像をクリックしていただくと、miraimikuのFBページに飛びます)




▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします。励みになります!
0001.jpg
にほんブログ村 占い
0002.jpg
人気ブログランキング


ブログ開設2年で、総アクセス数【 292万PV 】を突破しました。ありがとうございます。
今後も「夜空や星や宇宙を身近に」「すべては個性・唯一無二」「わかりやすさ」を心がけてまいります。


西洋占星術の入口│miraimiku
〜西洋占星術・数秘術・タロット・宿曜占術〜
star.gif対面鑑定はこちらから
star.gif電話鑑定はこちらから
star.gifメール鑑定はこちらから
star.gif全記事一覧はこちらから 

<おすすめ記事>
▶︎12星座の「成長ストーリー」
▶︎「地球のスピード」、知っていますか?
▶︎太陽系の動きを《視覚》で感じられる動画
▶︎《太陽》が表すものはこちら
▶︎《月》が表すものはこちら
▶︎《水星》が表すものはこちら
▶︎《金星》が表すものはこちら
▶︎《火星》が表すものはこちら


関連記事