2018春分・宇宙元旦【自画像としての踏み絵】〜「新しい自分」に進むのか、「過去の自分」に留まるのか〜



20180321-00.jpg



星読みカウンセラー・miraimikuです。


3月21日(水)深夜1時17分頃、魚座に別れを告げて、[太陽]が牡羊座に入宮します。

ここから4月20日までの約1ヶ月、[太陽]は、牡羊座の位置から私たちを照らします



二十四節気(にじゅうしせっき)で言うと、

「太陽が牡羊座に入宮する日=牡羊座0度になる瞬間」【春分】に当たります。

日本では、「自然を称え、生物をいつくしむ日」と法律で定められた「国民の祝日」。



西洋占星術の世界では
【春分】は「新年の幕開け=元旦」にあたる、
神聖かつとても重要な日です。




1月1日に「初詣&祈願」をするように

春分の日は、お寺や神社やパワースポットへ行くことをおすすめします。

天気模様やカレンダーを考えると

2018年は[春分祈願]に行くのは週末(3月24日ー25日)になりそうですね。



宇宙元旦。今回も超長文になります。

そもそもの前提(西洋占星術における春分とは何か)が分かっている方は

(1)を飛ばして(2)へ進んでください。





20170320-1.jpg



(1)西洋占星術における【春分】の位置付け


一般的には元旦(1月1日)からが「新しい一年のスタート」になりますが、

西洋占星術では、【春分の日】からが「新しい一年のスタート」になります。

これについては、12サイン(12星座)で考えればしっくり来るはず。

12サイン(12星座)は牡羊座からスタートしますよね?(詳しくはこちら

そう、「太陽が牡羊座に入宮する日=春分の日」が、

西洋占星術における「新しい一年の始まり」なのです。


◆春分=太陽が牡羊座に入る日=ASC(1ハウスの起点)
   ↓
◆夏至=太陽が蟹座 に入る日=IC(4ハウスの起点)
   ↓
◆秋分=太陽が天秤座に入る日=DSC(7ハウスの起点)
   ↓
◆冬至=太陽が山羊座に入る日=MC(10ハウスの起点)




牡羊座蟹座天秤座山羊座も、すべて活動宮のサインです。

活動宮のサインの性質は「スタートする」「始める」「自ら動く自発性」ですから、

季節の始まりである春分・夏至・秋分・冬至に対応しているのもうなづけます。

この春分・夏至・秋分・冬至は、西洋占星術ではASC・IC・DSC・MCに当たり、

ホロスコープにおいて 極めて重要な観点 になります。



20160322-5.jpg



春分(牡羊座)・夏至(蟹座)・秋分(天秤座)・冬至(山羊座)の4つのポイントでは、

季節が切り替わるのと同時に、私たちのエネルギー(テーマ)も大きく切り替わります。

かなり掻い摘んで書くと、それぞれのテーマは次のとおりです。


<12星座の前半=個人能力の育成と完成>

star.gif春分(牡羊座)【起】新しい一年がスタート!

太陽が牡羊座に入る日。
西洋占星術での「新年」に当たり、ここから新しい一年がスタートします。
牡羊座・牡牛座・双子座までは「自分自身」がテーマ。個人能力の開発期間に当たります。



star.gif夏至(蟹座) =【承】熟成期(育成期)

太陽が蟹座に入る日。
蟹座・獅子座・乙女座までは「自分と家族/仲間」「身近な集団性」がテーマ。
身近な人との関わり合いを通じて、愛情・情緒性・共感性・自己表現力・自己管理能力を育んでいきます。
乙女座で個人能力の完成





<12星座の後半=社会性の育成と完成>

star.gif秋分(天秤座)【転】収穫期(デビュー・リリース)

太陽が天秤座に入る日。
天秤座・蠍座・射手座までは「自分と相手」「自己理解/他者理解」がテーマ。
社会に出て行き、様々な人たちとの交流を通じて、社会的人格を形成し、人間理解を深めていきます。



star.gif冬至(山羊座)【結】完成期(到達点)

太陽が山羊座に入る日。
山羊座・水瓶座・魚座までは「自分と社会」「社会的集団性」がテーマ。
社会人としての完成と自己実現
そして社会からの卒業と再生







(2)【2018年・春分】ホロスコープからのメッセージ


ここまでは、大前提としての部分。

そもそもの 西洋占星術における【春分】の位置付け ──

「毎年恒例」の話を引用してきましたが、お待たせしました。

ここからは、【2018年の春分】について の話に移ります。


20170320-2.jpg

20180317-3.jpg

◆2018/3/21/01:17/ 東京都 <春分図> (さくっとホロスコープを利用させていただきました)



春分ホロスコープの雰囲気をあらわすかのように

今年は、底冷えの厳しい天気模様 となりました。

🌸桜の花々、寒さと雨に負けぬよう、頑張って!



観ようと思えばいくらでも観れてしまうのがホロスコープですが、

今回の【2018年・春分ホロスコープ】で

肝(大目玉)となるポイントは4つ。


<2018春分ホロスコープ ポイント>

(1)活動サインの強調( 活動8/不動2/柔軟1)
(2)風サインの欠如(火4/地5/風0/水2)
(3)左半球+下半球の強調(1ハウス・3ハウス・4ハウス)
(4)ASC山羊座での、[火星]と[土星]のコンジャンクション(0度)



・過去の精算・過去との区切り

・自分も周囲もどんどん動いていく中で
 自分の軸を見失わない

・対外的に動いていく・広げていく前に
 まず、地盤を固めていく

・自分自身のコンディション(住む場所・一緒にいる人・お金・健康)を
 整えていく。ケジメをつける





大筋としては、3月17日・魚座新月】の記事 で書いたことと変わりませんが

読んでいらっしゃらない方もいると思いますので

そのまま引用する部分もありつつ、さらなる補足も追加していきます。

どういう流れの中にいま置かれているのか、しっかり刻み付けてください




[魚座=終焉]から[牡羊座=新しい幕開け]への【新旧 切り替わり】

毎年一回、訪れるタイミングですが

【牡羊座シーズンのスタート=春分の日=宇宙元旦】

「 ハイ心機一転! 新しいスタート!」

と都合よくキッカリ切り替えられることは

なかなかないことだと思います。




けれど、今年は特に、例年以上に、誰しもが【新旧 切り替わり】の準備が整っていない

こころは置いてけぼりのまま、周りの環境や状況だけが

目まぐるしく変わって行っているような。


いま現時点、そういう状況なのではないでしょうか。




【大きな変容・生まれ変わり】を前に、【 踏み絵 】を促してくるような。

過去の傷やトラウマを無理矢理 引っ張り出してきて、見せつけてくるような。

海の中で溺れてしまうような【魚座新月】でした。

その直後に迎える【2018年・春分】であるということ 。





── この方向で、合っているのだろうか?

前に進んでいくしかない状況下での
【慢性的なこころもとなさ】

けれども
腰を据えて「意味」や「理由」を
考える猶予はなく

何か得体の知れない力に
強制的に引っ張られていくように
「歯車」に巻き込まれていく

めまぐるしく動いていく時間の中で

【過去の記憶】が
途切れ途切れに蘇る

私の宝物──七色に光り輝く勲章
私のトラウマ──暗闇の鉄格子にしまいこんだ傷

自分の中の【光】と【闇】
両極の記憶が
交互に浮かび上がってきては消えて
「感情」も「意志」も不安定

【希望】と【絶望】の狭間で揺れて
本当はまだ覚悟がつかない

このまま進んでもよいのだろうか?──




20180321-02.jpg



そして、今回の【2018年・春分ホロスコープ】でさらに追記すべきなのは

なんといっても

ASC山羊座での、[火星]と[土星]のコンジャンクション(0度)

これに尽きます。


[火星]と[土星]の コンジャンクション(0度は、約2年に1度の頻度で起こる現象。

前回は、2016年8月下旬、射手座で起こりました

緊張状態・対立・内乱・過去との区切り・決着・ケジメ。

それが【春分=宇宙元旦】に【山羊座】で起こる。

つまりどういうことかと言うと


生半可ではない、生易しいものではない。
自分自身との戦い──犠牲や痛みや覚悟を伴う
過酷な【終わりと始まり=社会的な自己変容】になるであろう



──ということを、【春分=宇宙元旦】で

公に<宣告> されているようなものだと、私は受け取ります。




この[火星]と[土星]のコンジャンクション(0度)は

魚座新月の直後 ── 3月19日頃 から始まっていて

ピークになるのは 3月27日〜4月11日

奇しくも、この期間は丸々、

水星の逆行期間(3月23日ー4月15日)ともピッタリ重なります。

これは 相当ヘビーなプロセスになりそうです。。。




でも、「今はそういう流れの中に置かれているのだ」ということを

知っているのと知っていないのとでは

心構え(耐久性・工夫性)がぜんぜん違ってきますからね。

宇宙の流れ(エネルギー)にうまく乗る、ということは

そういうことなのです。


<3月9日〜4月15日の期間は・・・>

◆蠍座[木星]の逆行(3/9-7/11)
◆魚座新月(3/17)
◆山羊座8度付近での[火星]ー[土星]0度(ピークは3/27-4/11)
◆牡羊座[水星]の逆行(3/23-4/15)


水面下で起こっていた、あるいは隠されていた
【過去の問題】が表面化して(明るみに出て)
向き合わざるを得ない。

自分自身の傷やトラウマ
【乗り越えられなかった壁】
【後回しにしていたこと】
とも向き合わざるを得ない。


・過去との決着・精算・区切り
・何かが終わって何かが始まる
・犠牲や痛みや覚悟を伴う「終わりと始まり」「新旧交代」

・社会的制裁を受ける
・社会的責任を取る
・社会的にカタをつける
・社会的にケジメをつける
・社会的な立ち位置(肩書き)が変わる





しばらくは、外側(環境)も、内側(自分自身)も、不安定な状況。

視界も心境もクリアになってくるのは

【4月16日・牡羊座新月】以降になりそう。

ただし、対外的に動けるようになるのは、おそらく

【7月13日の蟹座新月@日食】【8月11日の獅子座新月@日食】以降。

4月16日〜8月中旬ごろまでの3〜4ヶ月間は

自分自身のコンディション(住む場所・一緒にいる人・お金・健康)を整えていく時間になりそうです


焦らずに、落ち着いて、長期スパンで!





──それにしても

◆「働き方改革」の普及(自分らしい働き方)
◆「森友問題」の大論争(不正が表面化する・社会的制裁)


・・・などなど、宇宙の流れ(エネルギー)と人間社会(我々)は

常にリンクしているのだと、つくづく痛感します。

【自分らしい生き方】【水面下の問題が表面化する】というキーワード=事象 は

2018年はまだまだ続くでしょう。





宇宙の流れに乗る──

2018年・2019年・2020年の3年間、
【自分の人生を生きるために】という時空(サイクル)の中で
私たちは生きています





star.gif 2017夏:【スイッチ】初動・きっかけ・きづき
 (自分らしく、生きたい。)



◆1回目の獅子座 新月( 2017/7/23
◆2回目の獅子座 新月( 2017/8/22皆既日食
水瓶座 満月( 2017/8/8部分月食
◆[木星]が蠍座へ( 2017/10/10
◆[土星]が山羊座へ( 2017/12/20


〜 自分を生きるために。【個性】の時代へ 〜
2018年・2019年・2020年の3年間のストーリー開幕



star.gif 2018前半:【実行・調整・修正】実行・調整・修正の繰り返し

◆全惑星順行(2018/1/2ー2018/3/9)
木星]逆行(2018/3/9ー2018/7/11)
◆魚座新月(2018/3/17)   
◆[火星]と[土星]が0度(2018/3/19ー2018/4/17)
◆【春分】=宇宙元旦(2018/3/21) ←←←イマココ!!
水星]逆行(2018/3/23ー2018/4/11)
◆牡羊座新月(2018/4/16)
◆牡牛座新月(2018/5/15 )
◆[天王星]が牡牛座へ( 2018/5/16 )※プレ




star.gif 2018後半:【自分軌道の確定】

◆蟹座新月(2018/7/13、部分日食)
水瓶座 満月(2018/7/28、皆既月食
獅子座 新月(2018/8/11、部分日食

◆[天王星]が牡羊座へ( 2018/11/7 )
◆[木星]が射手座へ( 2018/11/8 )




star.gif 2019年:【ブラッシュアップ・昇華】

◆[天王星]が牡牛座へ( 2019/3/6 )※本番



star.gif 2020年:【結果・結論・土台確定】



star.gif 2021年〜:【自分の人生を生きる】本格運転スタート







2018春分・宇宙元旦【自画像としての踏み絵】
〜「新しい自分」に進むのか、「過去の自分」に留まるのか〜


20180321-01.jpg



▼ブログの応援をしてくださる方は、ハートをクリックお願いします😊
 読んでくださってるんだなと、とても励みになります! 書き続けます(笑)!!

0001.jpg
にほんブログ村 西洋占星術
0002.jpg
人気ブログランキング

2018/5/3(木)・5/19(土)【初心者向け】ホロスコープ鑑定会
ご予約受付中



star.gif【ホロスコープ鑑定・講座】メニュー一覧













関連記事